PMSでもう悩まない!辛いPMSを緩和する美習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PMSでもう悩まない!辛いPMSを緩和する美習慣

なんだかいつもよりイライラしたり、ネガティブになったり。身体がいつもより重く感じるし、だるくてとっても眠い・・・。生理3~10日くらい前から、こころや身体にさまざまな不快症状を感じる女性が多いのではないかと思います。
これらの症状を、PMS(月経前症候群)といいます。個人差はありますが、生理のある女性の多くがなんらかのPMS症状を経験しています。でも、生理は将来子供を産みたいと考える女性にとって必要な期間。きまってやってくるこの時期を、毎回辛い思いをして過ごしていてはもったいないですよね。少しでも緩和できるように、手軽に生活にとりいれられる対処法や習慣をまとめました。

 

食事のケア

350

コーヒーや緑茶はなるべく控えましょう。
カフェインはアドレナリンの分泌をふやし、PMS期のイライラした気持ちや不安を悪化させます。
かわりに、ノンカフェインのハーブティーや、大豆イソフラボンを多く含む豆乳がお勧めです。身体を冷やさないようにあたたかくてほっとするドリンクを飲むようにしてくださいね。
最近はコーヒーショップでもデカフェ(カフェインレス)のドリンクを提供しているところもありますよ。
また、糖分や塩分のとりすぎに注意が必要です!
お菓子やジャンクフードは塩分や脂肪分がたっぷりはいっているのであまり食べないほうがよいでしょう。
お酒も飲みすぎないことが大切です。
しかし、あくまでも無理のない程度に。
我慢はかえってストレスを増大させ、PMS症状を悪化させてしまいます。
お菓子を我慢する代わりに、牛肉や豚肉、マグロ等、ビタミンを多く含むたんぱく質はどんどん食べてOKです。
もしもどうしてもおやつが食べたくなったら、アーモンドなどのナッツがお勧めですよ。

 

 

運動でのケア

350 運動 ストレッチ 外

生理前は黄体ホルモンが増え、身体に水分がたまりやすく、むくみやすくなっている期間なので、身体の冷えに注意が必要です。
身体が内側から温まるような、軽いウォーキングやストレッチ、ヨガが効果的です。
軽い運動は自律神経を整え、気持ちを落ち着かせる効果もあります。
一例として、ヨガでPMS期におすすめのポーズをご紹介します。

合蹠前屈(がっせきぜんくつ)

ストレッチをする女性

両足裏を合わせ膝を左右に開いて座ります。
足先を両手で包むようにもち、かかとを身体に引き寄せます。
ゆっくり息をはきながら、上半身を前に倒します。このとき猫背で頭だけを傾けるのではなく、背中をまっすぐに保ったまま骨盤から前におれまがるようにするのがポイントです。
30秒ほど続けてみてください。
こちらは骨盤の歪みに効果のあるポーズで、骨盤がゆがんでいると周辺の血流が悪くなることに加え、卵巣機能が低下し、ホルモンバランスを崩す原因になります。
実はヒップアップにもきくこのポーズ。
生理前の習慣にして、お風呂あがりや就寝前にためしてみてくださいね。

 

お肌のケア

350 スキンケア 女性 鏡

生理前になるとニキビが増えやすくなります。
それは黄体ホルモンの影響により、皮脂の分泌が増えるためです。
もちろん生理前だけに限りませんが、いつも肌を清潔にしておくようにこころがけましょう。
洗顔するとき、汚れを落とそうとして強くごしごし洗うのは逆効果。
たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。
皮脂の気になるTゾーンだけ洗顔料をつけ、ほほや口周りなど乾燥しやすい部分はお湯だけで優しく洗うのもよいでしょう。
シミもできやすい時期なので日焼けにも要注意です。
刺激の少ない日焼け止めや、UVカットのファンデーションで優しく肌を紫外線から守ることが大切です。
また、肌が敏感になっている時期に新しい化粧品を試すと、悪い反応を起こす可能性もあります。使い慣れたお気に入りの化粧品で、いつもより少しだけ丁寧にケアしてみてください。

 

こころのケア

太陽の光を浴びる女性

なんだか分からないけど不安な気持ちになる、焦ってしまう、イライラしてしまう等、気持ちが不安定になりやすいこの時期には、自分をたっぷり甘やかす期間にしましょう。
アロマをたいてお風呂に入る、好きな音楽を聴く、マッサージクリームを使って丁寧にマッサージをするなど、自分の好きなことや心地よいと感じることに時間をつかい、気持ちをゆるめておくことが大切です。
また、たっぷりと睡眠をとることも重要です。自律神経を整えるホルモンの分泌は午後10時〜午前2時までに活発になるといわれていますので、早くベッドに入ってゆっくり身体を休めてくださいね。
生理前の期間、「~すべき」「~しなければならない」などと、プレッシャーを自分にかけることは極力やめましょう。
ゆるやかな気持ちで「まあいいか」ととらえることが大切です。
いつもよりこころが敏感になっている時期に我慢ばかりしなくてもよいのです。
生理前くらい、自分をたっぷり甘やかして、笑顔で過ごしてみましょう。きっと楽になるはずです。

 

おわりに

いかがでしたか?毎月ブルーな気持ちですごすのではなく、生理前は自分を甘やかせる期間❤と、つらい時期を楽しみに変えてみてください。何が自分にあった改善方法なのか、楽しみながらこれらの習慣を生活に取り入れて、PMSと向き合っていきましょう!

喧嘩中のカップル生理前症候群(PMS)のイライラ、だるさ、情緒不安定・・・PMSを和らげる方法
女性の悩み PMS(月経前症候群)を改善するために女性の悩み PMS(月経前症候群)を改善するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:sae

著者の記事一覧

はじめまして ライターのSaeです!
1986年生まれ、都内在住です。
美容情報やカフェめぐりが好きなので、皆さまに興味を持っていただける記事をどんどん発信していきたいです☆
昨年結婚をしたので、プレ花嫁さんに役立つ情報も記事にしていきたいなと思っています。よろしくおねがいします!

関連記事






ページ上部へ戻る