歯列矯正って何?経験者が疑問を解消!メリット・デメリット、食べ物の不安まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯列矯正

いきなりですが、みなさんは自分の歯に自信がありますか?
日本では、歯に注目が集まることはあまりありませんが、アメリカなどの海外では、歯並びに対する意識がまったく違います!
日本とアメリカで、歯に対する美意識の差があることは確かだと思います。

実際、歯が与える印象はとても大きいものだと思います。
歯がキレイなだけで、とても印象が良くなることもあると思うんです。

そこで今回は、歯列矯正についてご紹介しようと思います。
筆者の周りでは、最近歯列矯正を始めた人が多いので、大人になってからでも遅くはありませんよ!
実は筆者も、歯列矯正経験者。
いろんな苦しみや痛みを乗り越えて、綺麗な歯並びを手に入れました。
経験者だからこそわかる、歯列矯正のあれやこれやについて、今回はご紹介したいと思います!

 

歯列矯正とは?

歯列矯正未経験者の方は、歯列矯正というとどんなイメージを持ちますか?
なんだか歯に騒々しい銀色の器具をつけていて、怖い…痛そう…。
実際、最初は痛いです(泣)
これは個人差があるようですが、私の場合は器具を装着して1週間ほど、通院して器具を調整して1週間ほどは歯が痛くて、やわらかいものしか食べられませんでした。
だけど、「この痛みも美しい歯並びを手に入れるため!」と思い、モチベーションを下げることなくがんばって耐えました。

歯列矯正には、種類が3つほどあります。

1.ブランケット矯正

ブランケット矯正

筆者が経験したのはこれです。
一番一般的で、長い間取られてきた処置法です。

ブランケット矯正では、一つ一つの歯に矯正器具をつけます。
0.1mm単位で歯の位置を決めることができるので、一番理想通りの美しい歯並びや噛み合わせを叶えることができます。

歯列矯正 ゴム

噛みあわせを調節するために、このようなゴムを使うこともあります。
食事と歯磨きの時以外は、一日中常につけておく必要があります。

デメリット

歯の表面に器具を装着するので、口を開けると目立ってしまうのが弱点です。
それに、唇の内側に器具が常に当たってしまうので、慣れるまでは口内炎が発症するのが辛いところです。
しかし、ワックスという保護材のようなものをもらえて、口内にあたる部分にカバーすることができるので、それほど大問題ではないでしょう。

費用と期間

費用は、80万円程度。それに加え、1~3か月に一度の検診料が5000円ほどかかります。
期間は、人によりますが、目安は早い人で1年半、通常2~3年です。

 

2.舌側ブランケット矯正

舌側ブランケット矯正

こちらはブランケット矯正とはちがって、歯の内側に器具をつける方法です。
なので、歯を開けても器具が見えることはありません!
矯正をしていると気づかれることなく、生活できます。

デメリット

器具を歯の内側に装着するので、どうしても舌が当たってしまいます。
そのため、違和感が他の治療法よりも多くなってしまうのが弱点です。
費用も、通常のブランケット矯正よりも1.5倍ほど高くなります。

費用と期間

費用は、120万円程度。それに加え、1万円ほどの検診料がかかります。
期間は、3年ほどです。

 

3.マウスピース矯正

マウスピース矯正

こちらの方法は、マウスピースを付け替えながら、少しずつ歯を矯正していくものです。
マウスピースは透明なので、目立つことはありません!
なので、矯正をしていると気づかれません。
また、自分で付け外しが可能なので、食事の時や歯を磨く時に取り外すことができます。

デメリット

大きなねじれや、抜歯をしなければならないほどの噛み合わせのズレがあると、時間がとてもかかってしまいます。
完全に歯を動かすことは難しいので、多少の傾きやズレが残ってしまいます。

また、取り外しが可能なので、自己管理で装置をつけなければなりません。
完璧な歯並びを目指すなら、ブランケット矯正がいいかもしれないですね!

費用と期間

費用は、80万円程度。
期間は、1年~2年ほどのようです。

 

リテーナー

矯正装置が取れたあとは、このような取り外し可能の「リテーナー」を、歯並びが安定するまでつけます。
これは、歯が元の位置に戻らないようにするための器具です。
「寝る間だけ」など、徐々に装着する時間を減らしていって、最終的に外します。

このような段階を踏んで、矯正はやっとゴールを迎えます!

 

歯列矯正をするメリットは?

虫歯や歯周病になりにくい

白い歯 女性

歯並びが綺麗に揃うことで、歯のお手入れもしやすくなります。
歯の磨き残しがなくなり、虫歯や歯周病の予防にもなります。
歯を矯正してから、歯に対する意識がまったく変わったので、歯の健康を守ろうと歯磨きの時間が楽しくなりました!
そして、取り入れたのがフロス。
歯並びが揃ったので、フロスも使いやすくなり、毎日の日課となりました。
鏡で歯を眺める時間も、気持ちいいものとなりました。

 

バランスがとれる

落ち葉

歯がもたらしてくれるバランスは、身体全体に影響します。
噛みあわせが良くなるので、力を入れるときにしっかりと食いしばれます。
歯が左右均等だと、力が均等に分散するので、重心の偏りもなくなります。
歯並びが左右対称なので、顔の歪みもなくなりますし、バランスのとれた顔立ちになります。

 

見た目の印象

女性 白い歯

歯が美しく並び変わることで、清潔で好印象をもたれます。
生まれ変わった自分の歯を見るたびに、ニヤニヤと嬉しい気分になりますよ(笑)
歯を眺めるのが楽しくなります!

そして、人に会ったときに、服装よりも顔よりも、まず歯に目が行くのは、経験者なら共感してくれることではないでしょうか?笑

それから、口を大きく開けて笑うことに対する抵抗も、なくなります。
歯が唇に引っかかることもなくなるので、笑いやすくなります!
素敵な笑顔を振りまくことができますよ。

以上、メリットをご紹介しました。
何よりも、自分の歯に自信を持てます!
思いっきり笑うことができますし、みなぎる自信はあなたを輝かせてくれるでしょう!

 

一方、デメリットは?

初めはとにかく痛い

個人差はありますが、矯正はやはり痛いものです。
では、その痛みとはどんな痛みなのでしょうか?

①何もしていなくても痛い。

矯正では、少しずつ歯に圧力をかけて動かしていくので、慢性的な痛みが生じます。
痛みは、だいたいワイヤーを締めてから4時間後くらいに出てきます。
この間は、何も食べる気が起こりません(泣)
噛むだけで痛みが生じます。

一週間が痛みのピークで、それ以降は落ち着いていき、私は二週間目には完全に痛みがなくなっている状態でした。
しかし、通院の度にまたワイヤーを調節し、力をかけていくので、再び痛みに耐えなければいけません。

歯列矯正 歯医者

これを何度か繰り返し、やっと理想的な歯並びを手に入れることが可能となります…!
この期間は、美しい歯並びを手に入れるために、ひたすら我慢と忍耐です。
しかし、通院の度に少しずつ変わっていく自分の歯を鏡で見ることがモチベーションとなります!

②矯正装置が当たって痛い。

硬い装置が常に口の内側に当たっている状態なので、当然口内炎が多く発生します(泣)
口の内側のやわらかい部分に器具がひっかかることもあります。
うまく口の動かし方を習得して、対処しましょう。
他にも、ワックスと呼ばれる器具をカバーする粘土のようなものをつけて、痛みをしのぐ方法があります。

 

器具にものが挟まる

食事のときが大変です。
食べ物が器具に挟まるので、自然と食べるスピードが遅くなります。
私は高校生の時に矯正をしていたのですが、お昼の時間は友達に置いて行かれ、いつも食べ終わるのが最後でした(泣)

肉や繊維の多い食べ物は、器具に挟まってやっかいであるし、また器具が変形してしまったり、取れてしまう恐れがあるので、矯正を始める前に十分堪能しておきましょう。
他にも、フランスパンやおせんべい・スルメとはしばしの別れを告げておきましょうね。
自然と噛みやすい柔らかいもの、ゼリーや飲み物ばかりの食生活になっていきます。

歯間ブラシ 歯列矯正

そして、食べた後は歯磨きがマストです!
歯ブラシと併用して、歯間ブラシも使いこなしていました。
入念に歯の後処理をしていたので、歯磨きタイムは10分くらいかかっていました…。
しかし、食後の歯磨きタイムで同じ矯正仲間と出会え、情報交換や苦しさを共有できるというメリットも!(笑)

 

しゃべりにくい・笑いにくい

矯正器具が邪魔で、痛みも伴って、口がとても動かしにくくなります(泣)
それにより、しゃべりづらく、笑いづらくなってしまいます…。
なにより滑舌が悪くなり、何度も聞き返されたりもします。
器具が目立つのが嫌で、そして何か食べ物が挟まっていないか心配で、大きく口を開けて笑うことも躊躇われたり。

しかし、今ツライのもすべては美しい歯を手に入れるため!
そう信じて、がんばりました。
本当に辛くなったときは、ケイティー・ペリーの”Last Friday Night”のミュージックビデオを見て、元気を出しましょう。

 

食事はどうなる?矯正中に食べがちな物

歯列矯正 りんご

矯正中は、食べ物にも気を遣わなければならなくなります。
やわらかいもの、すぐに胃に流せるもの、強く噛まなくて済むもの。
これが矯正中の神食材となります。
それでは神ファイブを発表していきましょう。

5位 スムージーやアイスクリーム(甘いもの)
甘いものは、ストレスが溜まっているときにこそ食べたくなります。
それに、飲み物のように簡単に口に入れられますし、器具に挟まる心配などしなくて済みます。
矯正中は、このように甘いスムージーや柔らかいケーキなど、デザートをたくさん食べてしまった傾向があります…。
食べ物が食べられなくて痩せられると思ったものの、結局甘いものを食べ、「矯正ダイエット」というわけにはいきませんでした(笑)

4位 シチュー
スープのように流し込めるので、矯正中の救世主です!
それに、おいしい!
ふだん食べていてもおいしいので、シチューを食べているときは、まるで矯正をしていないかのような気分でいられます。
具材は小さめ、やわらかめに煮込んであると、とても食べやすいです◎

※ちなみに、カレーは矯正中には最悪な食べ物です。
 ゴムや器具に色が付着してしまいます。
 黄色くなるので、すぐにカレーを食べたとバレてしまいます。
 要注意メニューです。
 通院日の前日に食べるようにするなど、工夫が必要ですよ!

3位 ヨーグルト
2位 豆腐
1位 ゼリー
矯正中には、何度もお世話になりました。
つるんとした舌触りに、何度感動したことか。
矯正中は買い溜めておくことをおすすめします。

 

おわりに

白い歯 赤リップ

矯正中は、辛いこともたくさんあるかと思います。
しかし、工夫をすることで耐えられることもありますし、経験者や仲間に救われることもあるかと思います。
矯正をするかお悩みの方のご参考になれば嬉しいです!
これから矯正をする、矯正をしている最中だという方は、がんばってくださいね!
美しい歯を手に入れるまで、もうすぐです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!

関連記事



ページ上部へ戻る