人生を有意義に、充実したものにするために辞めたい10の習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

多くの人がそうだと思いますが、誰もが幸せになりたいと思いますよね。
幸せになることが、人生のゴールなのかもしれないです。
「幸せな人生」とは、有意義で、充実した生活のことではないでしょうか。

ですが、私たちは毎日の生活の中で、どうしてもそれとは程遠い行いをしてしまうこともあるかと思います。
だけど、安心してください!

小さなことですが、少し変えるだけで人生をいいものに導くことができます。
ポジティブな引用に触れたり、ポジティブになろうと努力するという方法もありますが、今回ご紹介するのは、今の生活の中のやめるべき要素を取り除くという方法です。

以下にやめるべきことを上げたので、参考にしてみてくださいね。

 

1.悪い人間関係にとらわれる

歳を取るにつれ、人生で次のステージに移るにつれ、関わる人は多くなり、知り合いも増えていきます。
そんな中で、今目の前にいる人とのことで精一杯で、本当に大切な人との時間やコミュニケーションを疎かにしていませんか?
幸せは、自分が関わる人と直結する、という考え方もあります。
あなたの人生が幸せで満たされるものになるかどうかは、「付き合う人」に関係するのです。

内緒話 女性二人

あなたのことを見下していたり、存在を認めなかったり、貶めようとしている人に時間をかけすぎて、頭が一杯一杯になっていることはありませんか?
もちろん、そういう人物から学ぶこともたくさんありますし、キーパーソンとなって逆にいい方向に導いてくれることもあります。

モノクロ 女性二人 悲しそう

しかし、あまりにも時間をかけすぎて、傷ついたり、自分を見失うことがあるようなら、今の人間関係を見つめ直してみましょう。
始めは勇気がいりますが、時にはバッサリと人間関係を切ることも、全く悪いことではないと思います。

と言っても、目の前にいる人に丁寧に接することも、大切なことです。
そのバランスを掴むことは難しいですが、これからも学び続けたいことですね!

 

2.スケジュールを詰め込み過ぎる

デスクワーク 頭を抱える女性

時間に追われることの多い、現代の私たちの生活。
一日のスケジュールをみっちり立てて、コントロールしようとすることもあると思います。

予定を立てることは、何も悪いことではありませんし、タスクが時間通りに終わるように調整するのは当たり前のことですよね。
だけど、一番あってほしくないのは、「締め切りを間に合わせるための時間も、もうない…絶望的だ」という状況ですよね。

寝起き 遅刻 アラーム 目覚まし時計

オーバースケジュールは、ストレスを溜めさせるだけです。
なぜなら、いつも時間通りに物事が始まって終わる、というわけには行かないからです。
なので、いつも一日の終わりには、 「やらなければならなかったことをまだ始められてもいないし、今日も終わらせることが出来なかった…」 と罪悪感いっぱいの気分になってしまうでしょう。
そんなの嫌ですよね(泣)

厳しい締切りを決めるよりも、始める時間を決めて、物事に取り掛かるモチベーションを生み出しましょう!
私の高校の恩師も、「『起きる時間』と『始める時間』と『寝る時間』だけは設定しなさい」と言っていたものです!

 

3.写真を撮ることに心を奪われる

最近は、instagramなどの写真がメインのSNSが流行っていることからも、日常の中で写真をパチパチ撮る人が増えてきたような気がします。
SNSにのっけるためなのか、思い出を保管しておきたいからなのか、食べ物に至るまで何から何まで写真を撮る女子も多いですね。

食べ物 写真

何かの写真を撮っているとき、あなたは被写体と自分自身を分離させています。
写真の中に、あなたは存在していないのです。
ちょっと難しいですかね。

たとえば、好きなアイドルや俳優に会えたとしましょう。
その人物は、あなたの目の前にいるのに、あなたが彼の写真を撮ったとしたら、その現場には彼というその人物の存在しか認められていません。
写真の中には彼しか写っていないし、実際あなたは彼とつながりを持つこともなく、彼という存在単体で扱っています。
その瞬間は一度しかないのに、あなたはその瞬間から弾き出されているのです。

セルフィー プールサイド

そこから思い出は生まれるのでしょうか。
一瞬をとらえるのも楽しいかもしれませんが、そこに生身の経験や体感といったものは含まれていますか?
フィルターで加工をして、コメントをつけて、アップするのに忙しくなっている中で、本当に楽しさを感じられているのでしょうか。
考え方は人それぞれなので、やっぱり”スマホ”で写真を撮ることが好きな人はどうぞそのままでいてください。

 

4.良い人でいようとする

歳を取るにつれ、公向けの顔を取り繕うことが多くなると思います。
仕事の面などでは必要なスキルですが、人からいい人と思われようとしすぎて、自分の感情を無意識に押し殺してしまっている、なんてことはありませんか?
そういう病気にかかる人も多いそうですよ。

鏡 笑顔 悩む

意識したいのは、怒りの感情です。
通常、人には(仲の良い友達にも)あまり怒りを露わにすることって少ないですよね。
怒り以外にも、嫌だという思いや、不愉快な気持ちを隠すことがあると思います。
しかし、そういう感情も、自分の大切な感情です。
相手に自分のことを知ってもらうためにも、そのような感情を見せることは大事です。
あまり無理して自分の感情を押し殺さないようにしましょう。
不必要に良い人であろうという態度を取る必要はないと思います!

 

5.質ではなく量を追及する

何ごとにおいても、質と両のバランスって難しいですよね。
ですが、幸せになることを追求しているのなら、量よりも質を大切にする方がいいと思います。
これは、仕事や友達、そして突き詰めると一日をどう過ごすか、に関わってきます。

イライラを生み、ストレスを溜めるような、エンドレスのto-do listを作るのは避けましょう。
大切な時間は、ある程度意味のあることを終わらせるために使いましょう。
集中力はまとめて一つのことに使った方が、効率的ですよ。
どうでもいいことを複数行うよりも、鍵となる物事一つ一つを達成させることに意識を向けましょう!

 

6.幸せよりも「居心地の良さ」を重視する

人によっては、「幸せ」と「居心地の良さ」を同じと考える人もいます。
居心地の良いところや、親しみやすいところにいれば、安心感を得られるかもしれません。
けれど、究極的には幸せにはなりません。

馴染みのある物事にずっとしがみついていたら、ずっと同じ位置にいるままです。
学業やキャリアの中で、次のステップに進むためには、自分のコンフォートゾーンから踏み出して馴染んでいる場所から出る必要が、時にはあります。

居心地の良さに囚われることのないように、このことを認識しておきましょう!
もちろん、リラックスする時や休む時は、居心地の良さ重視です。

 

7.十分に理解していないのに直そうとする

仕事や学校で、私たちは問題があればそれを解決しようとしますよね。
一方で、自分自身のプライベートでのことを、どのように今まで解決してきたか思い出せますか?

私もやってしまいますが、問題が起こったときに、ただ表面に絆創膏を貼っただけで、その奥の部分、本当の原因に気づかずに対処してしまうことがあると思います。
それだと、結局は上手くいかないことが多いです。

本当に問題を解決したいなら、取り組む箇所を見極めなければなりません。
すべてを理解した上で、直そうと努力しましょう。

 

8.奇跡の瞬間を待つ

世の中には、奇跡のような体験やチャンスを掴んだ人の話が溢れていますよね。
「人生を変えたような話」は、人々に希望を抱かせますし、自分もそうなる可能性があるかも!とつい期待を持ってしまいます。

しかし、これに期待をかけすぎると、現実生活で理想を叶えるために精一杯がんばることを忘れてしまう可能性があります。
それに、人生に意味を持たせるには、その奇跡の瞬間がくるのを待つしかない、と信じてしまいます。

これは危険です。
人生は、自分で作り上げるものです!

自分の人生を変えてくれる事や人が現れるのを待つか、自分で人生を描いてコントロールするか、私たちは選べるのです。

 

9.お金をむやみに使う

空の財布

最新の流行やその時に一番のものを持つことは、一見素晴らしいことのように見えますが、少し引いて見ると、本当に必要なことのために使うお金が減ってしまうということです。

お金をどのように使うかには気をつけましょう。
そして、軽薄なことに使う前に、自分自身に投資をしましょう!

健全なマインドや身体を鍛えるために投資をすれば、直接、幸せになるためにお金を使うことができます。
衝動買いをしたり、ランダムにものを買って自責の念を感じるよりも、よっぽどいいですよね?

 

10.待ち時間を無駄にする

生きている時間の中で、待ち時間やすきま時間ってたくさんあると思うんです。
たとえば、通勤通学中の電車の中。病院での待合室。予定と予定の間のちょっとした空き時間。
これらの時間をまとめたら相当な時間量になると想像したら、なんとか有効的に使いたい!と思ってきますよね。

では、さて。
このスキマ時間、どうやって活用しましょうか。

電車 頬杖 女の子

定番は、音楽を聴いたり、小説やマンガを読んだり、スマホで映画やアニメを見たり、ですよね。
でも、ボーっとしていたとしても、くだらないゲームをやっていたとしても、そこに頭を働かせて考えているという動作が加われば、なんでもいいと思うんです。
そうしていれば、時間をムダにはしていないということだと思います。

ボーっとしていたとしても、一生懸命何かを考えていれば、それが自分の考え方の元になるのですから、無駄にはなりません!
そうやって待ち時間やすきま時間を、意識して過ごしてみましょう。
そうすれば、それだけで意義のある時間になると思います。

 

おわりに

いかがでしたか?
普段の生活の中で、ついやってしまうことばかりだと思いますが、意識して行動してみることでちょっとずつ変えていけると思います。
みなさんの人生が有意義で充実したものとなりますように。

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!

関連記事



ページ上部へ戻る