ニキビ跡もシミも消える!?トレチノインとハイドロキノンの塗り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはトレチノインとハイドロキノンという成分を聞いたことがありますか?
これはシミやニキビ跡、毛穴、現役のニキビにも効果的な皮膚科で処方される塗り薬です。
実際に私も愛用していますが、とにかく効果が高い反面、副作用も強いのが特徴!
正しい使い方をしないと悩みが改善するどころか逆にひどくなったり、治りにくい色素沈着ができることもあります。
しかし、きちんと使えばお肌の悩みの救世主にもなってくれる心強いお薬♪その効果は化粧品の比ではありません!
今回は、トレチノインとハイドロキノンの効果や使い方、併用は可能なのか、副作用にはどんなものがあるのかなど詳しく紹介していきます。
これから使ってみたいと思っている人はぜひ目を通してみてくださいね♪

 

トレチノインの効果とは

トレチノインは、ビタミンAの誘導体。市販の化粧品に入っているレチノールの約100倍の効果があると言われています。
おもな効果はこちらです。

  • ターンオーバーを促進させる
  • 真皮のコラー
  • ゲンやヒアルロン酸を増やす
  • 表皮を厚くする

①ターンオーバーの促進

皮膚の構造
まず一番大きな特徴は「ターンオーバーを促進させる」ということです。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのこと。
健康な肌の20代では28日周期ですが、30代では40日、40代では50日以上かかるといわれているんですよ!
ターンオーバーが衰えると肌の中にメラニンが蓄積し、シミやくすみとなって現れます。
それをどんどん排出してくれる力がトレチノインにはあるんです。

 

②真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を増やす

皮膚の構造
 私たちの肌のハリや弾力は、真皮にあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが司っています。
これらが紫外線などで切れたり変性することによって、シワやたるみがでてくるんです。
若々しい肌に必要不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸は、真皮にある「繊維芽細胞」が指令を出すことでしか作られません。
つまり化粧品で肌に直接塗っても、保湿以上の意味はないということなんです。
そんな繊維芽細胞を活性化し、指令を出すように働きかけるのがトレチノイン
使い続けるうちに弾力がよみがえり、プルンと弾むような肌へと導きます。

③表皮を厚くする
女性の首元

肌を生まれ変わらせる皮膚科の治療には「ケミカルピーリング」がありますよね。
これは酸を使って肌表面の角質を溶かし、ターンオーバーを促進させるものです。
しかしトレチノインは、肌を溶かすわけではありません。
細胞を上へ上へと押し上げることで肌を生まれ変わらせているので、正しく使えばどんどん細胞が増殖し「表皮が厚くなる」という実験結果も出ているんです!
表皮が厚くなると肌にハリが出て小じわや乾燥肌が改善したり、刺激に負けない強い肌になっていきます。
トレチノインは肌そのものを若返らせてくれる、画期的な治療薬なんですね♪

 

トレチノインの副作用

首をかく女性

これだけ劇的な効果があれば、すぐに使ってみたいと思う人も多いと思いますが、効果があるものにはそれだけ副作用もあります。おもに言われている副作用はこの3つです。

  • 楽屑(皮むけ)
  • 肌の赤みや痛み、かゆみ
  • 炎症性色素沈着

まずターンオーバーを促進する効果によって、肌に皮むけが起こります。
濃度にもよりますが、メイクができないほどボロボロと肌表面の皮が剥がれ落ちることも珍しくありません。
また、トレチノインは肌が厚くなると紹介しましたが、それは長期間使用した場合。
短期間の使用では一時的に肌が薄くなり、いわゆる「赤むけ」の状態になったり、痛みやかゆみをともなうこともあります。
この赤むけの状態は放っておいても治りますが、炎症が刺激となり塗った部分が茶色い「炎症性色素沈着」として残ってしまうこともあるんです。
肌が皮剥けしている状態ですから、もちろん紫外線に当たるのも厳禁です。

ちょっと使いにくそうな印象を持ちますよね。
しかし、正しい使い方をすれば炎症性色素沈着になったりはしないので安心してください。
その使い方の前に、併用すると効果的なハイドロキノンについて紹介していきます!

 

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは別名「シミの漂白剤」と呼ばれる成分。今までは医師の処方以外で手に入れることはできませんでしたが、2001年から化粧品にも配合されるようになりました。おもな効果はこちら。

  • メラニンを還元する
  • メラノサイトの働きを抑制する

 

今あるシミを消す&メラニンを作らせない

皮膚の構造

まず、ハイドロキノンにはメラニンを還元する力があります。
これは、すでにできてしまったシミ(黒色メラニン)を薄くできるということ。
その効果はビタミンCなど一般的な美白成分の約100倍とも言われているんです!
またメラノサイトの働きを抑制する効果によって、メラニンが過剰に作られるのを抑えます。
すでにできてしまったシミを改善しながら、新しいシミも作らせない!
ハイドロキノンがシミの救世主といわれるのはこんな働きがあるからなんですね♪

 

ハイドロキノンの副作用

やけどした手

トレチノインと同じく、ハイドロキノンにも副作用があります。有名なものはこの3つです。

  • 白班
  • 赤みや炎症
  • 光毒性

まず一番大きな副作用は「白班」。
白班とは皮膚の色が白く抜けてしまうもので、一度なってしまうと治すことは困難です。
しかし、ハイドロキノンによって白班が心配されるのは高濃度のものを長期間使用した場合。
4%以下ならできにくいといわれていますので、決して高濃度のものを自己判断で使用しないでください。
また、ハイドロキノンにアレルギーを持っている人が100人に1人いるといわれています。
ひどい赤みや炎症が起こった場合はすぐに使用を中止し、医師の診察を受けてください。
ハイドロキノンには光毒性があるため、アレルギーじゃない人でも塗ったまま紫外線に当たると赤み、かゆみ、炎症を起こすことがあります。
使用中は必ず日焼け止めをしっかり塗り、光毒性を防ぎましょう。

 

トレチノインとハイドロキノンは併用しよう!

薬の容器

シミに絶大な効果を発揮するハイドロキノンですが、単体では非常に浸透しにくいという特徴も持っています。
つまり、ただ塗っただけではシミを消すほどの効果は期待できないんです。

それをサポートしてくれるのがトレチノイン。ターンオーバーを促進することで一時的に肌を薄くし、ハイドロキノンが浸透しやすい肌状態にしてくれます。
また、トレチノインで起こりやすいといわれる「炎症性色素沈着」も、メラニンを作らせないハイドロキノンを併用することで防ぐことができます。
2つは一緒使うことでお互いのデメリットを補い合うとっても相性がいい成分。
これから使ってみたいという方は、ぜひ2つとも用意してくださいね♪

 

トレチノインとハイドロキノンの使い方

クリームを塗る女性

トレチノインとハイドロキノンの使い方では「東大式」という方法が最も有名です。
お悩み別の使用方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

シミ治療の使い方

①優しく泡洗顔をする
②保湿力の高い化粧水を塗る
③高濃度ビタミンCローションを塗る
④シミからはみ出さないように綿棒でトレチノインを塗る
⑤乾いたら、ハイドロキノンをシミからはみ出すように広めに塗る
⑥必要に応じて保湿をし、朝は必ず日焼け止めを使う

 

ニキビ・毛穴治療の使い方

①優しく泡洗顔をする
②保湿力の高い化粧水を塗る
③高濃度ビタミンCローションを塗る
④ニキビや毛穴が気になる部分全体にトレチノインをごく薄く塗る
⑤トレチノインが乾いたらハイドロキノンを広めに塗る
⑥必要に応じて保湿をし、朝は必ず日焼け止めを使う

ハイドロキノンは朝晩、トレチノインは反応が出てきたら夜のみの使用にしてください。
これらを2〜6週間続け、さらに2〜6週間ハイドロキノンのみを塗ります。
このセットを1クールと数えて、もっと効果が欲しいときは2クール目に突入するというのが東大式のやり方です。
最後のハイドロキノンのみの期間も炎症性色素沈着を起こさないために重要なので、必ず守ってくださいね!
まずは2週間+2週間の短い1クールから試してみてはいかがでしょうか。

 

副作用を起こしにくい使い方

カードを持つ女性

効果が高い反面、副作用も大きいトレチノインとハイドロキノン。
しかし正しく使えば副作用を抑えながら美肌を作ることができます!大切なポイントはこちら。

  • 自分に合った濃度を使う
  • 紫外線対策をしっかりする

 

自分に合った濃度とは?

一番重要なポイントはトレチノインとハイドロキノンの濃度。
特にトレチノインは合わない高濃度を使うと、ただれたように赤むけしてしまうので注意が必要です。

一般的に使われるトレチノインは、0.025%、0.05%、0.1%の3つ。
医師の指示でない限り、まずは一番低い濃度からはじめることをオススメします。
ニキビや毛穴治療の場合、赤くならない程度でも充分に効果があるといわれているので、決して無理はしないでくださいね。
ハイドロキノンをシミ治療に使う場合、最もよく使われるのは4%です。それ以上の濃度は副作用の危険性が増すので、欲しいときは必ず病院で処方してもらってください。
私は5%を使用していますが、医師の診察の元なので副作用は出ていませんよ♪

 

紫外線対策は完璧にすること

トレチノインを使用中は肌が極端に紫外線の影響を受けやすくなります。
ですので、例え家の中にいても夕方からのお出かけでも、日の光がある限りしっかりと日焼け止めを塗ってください。
紫外線吸収剤不使用の肌に優しいものをこまめに塗り直すのが一番ですね♪
またハイドロキノンには光毒性があるので、トレチノイン不使用のとき(1クールの後半)でも日焼け止めは必須です。

 

ナノエッグトレチノインってなに?

ニキビ跡もシミも消える!?トレチノインとハイドロキノンの塗り方

ナノエッグとは、トレチノインをナノカプセルに入れることで炎症や赤み、かゆみなどの副作用を極力出にくくしたもの。
最新のトレチノイン薬ですね!

私はずっと普通のトレチノインを使っていたのですが、今はナノエッグばかり♪
上記の写真が私が処方してもらっているもので、本来なら副作用がひどくて使えない高濃度でも気軽に使用できています。
私の目的は「真皮のコラーゲンを増やす」こと。
顔全体に週1〜2回塗っていますが、毛穴が目立たなくなりハリも保てていると思います♪

ただ、普通のトレチノインはネットで購入することができますが、ナノエッグは医師の処方のみです。
最近は取り扱っているクリニックも増えてきたので気になる方はぜひお近くで探してみてくださいね!

 

トレチノインとハイドロキノンは正しく使うことが大切!

親指を立てる女性 グッドサイン

特徴を見るとちょっと怖いかも…と思うトレチノインとハイドロキノン。
しかし、正しく使えば副作用も抑えられ、肌はぐんぐんきれいになっていきます。

私も現在お肌のスペシャルケアとして使っていますが、ニキビができてもすぐに治ったり、頬のたるみ毛穴が改善したりともう手放せません♪

しかし自己流で適当に使ってしまうとシミが増えたり、炎症性色素沈着が起こったり、肌が薄くなったまま戻らなくなることもあるのが怖いところ。
個人輸入でも買えますが、劇薬といわれるほど強い作用のある薬なので、まずは医師の処方で購入することをおすすめします。
万が一副作用が強く出ても、かかりつけの皮膚科があれば安心ですよね。
合う人には劇的な効果が現れるトレチノインとハイドロキノン。皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか♪

 

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nao

著者の記事一覧

1984年生まれ。美容部員を経て、現在はライターをしています。
敏感で揺らぎやすい肌質&紫外線アレルギーなので、化粧品には並々ならぬこだわりがあります。
得意なジャンルは美白とアンチエイジング。
実際に私の肌で試したここだけの情報をお伝えしていきますので、参考にして頂けたら嬉しいです。
一緒に自分だけのキレイをつくっていきましょう♪







関連記事











ページ上部へ戻る