美味しく食べて健康オイル痩せ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健康オイル痩せ♪

オイル痩せとは

オイル痩せと聞いて思いつくのは何のオイルですか?
今回紹介するのはボディーに使うマッサージオイルではなく、食べ物のオイルです。
いつもの食事にオイルをプラスするだけで、身体の調子が良くなり、ダイエットの味方になってくれるオイル。
ダイエットには油分はNGと思われがちですが、脂質は三大栄養素の一つですし、油を取るころで髪の毛もつやが出ます。
良い油を選んで正しいダイエットをしましょう。

 

油の種類

オリーブオイル
油は、油脂に入っている脂肪酸によって分類されます。
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と大きく分けて二種類あります。
さらに不飽和脂肪酸の中には、トランス脂肪酸・オメガ3・オメガ6・オメガ9とさらに分かれています。
では、どれを取ればよいのでしょうか。

①飽和脂肪酸

脂身の多い肉(豚バラ・牛タンなど)、バター、ベーコン・ソーセージ・ココナッツオイル、パーム油、ヤシ油などに多く含まれます。
飽和脂肪酸は太りやすいものが多いですが、人間が摂取しなければならない油脂の一つでもあります。
ですから、全く取らないということがないようにしましょう。
例えば私なら、ココナッツオイルと疲労回復したい時は、豚肉を摂取します。

ココナッツオイルはオーガニックエキストラバージン

フレッシュなココナッツミルクを遠心分離させてオイルを抽出する遠心分離法。
最も鮮度の高いオイルを作ることができる製法のココナッツオイル。

おすすめ

有機エキストラバージンココナッツオイル

ブラウンシュガーファースト
内容量:425g
価格:1,780円
有機JAS・USDAオーガニック認証取得のエキストラバージンココナッツオイルです。

私はJR新宿駅構内の成城石井で購入しました。
トランス脂肪酸やコレステロールを一切含みません。
そして、この油は中鎖脂肪酸で、エネルギーにすぐに変えてくれてくれるので中性脂肪になりにくいという優れもの。
動物性の脂肪や身体に付いた脂肪の燃焼効果もありますから、ダイエッターの強い味方ですね。

ココナッツオイルは熱にも強いので、加熱する料理にもってこいの油です。
やはりココナッツの風味は残りますので、味付けはあまりしなくて良いと思います。
私はサツマイモやニンジン、ゴーヤなどの野菜をココナッツオイルで炒めて黒ゴマと醤油を少々かけて頂きましたが、相性が良かったですよ。
また、購入の際はオーガニック認証を受けているJASマークやUSDA ORGANICマークがあると安心です。

②不飽和脂肪酸

トランス脂肪酸

農林水産省の調べによると、、日本人の総エネルギー量で換算すると、トランス脂肪酸は一人一日当たり約2g未満にとどめる数値を出しています。
過剰摂取すると、ガンやアレルギー性疾患などを引き起こす可能性が懸念されています。
トランス脂肪酸は極力取らないほうが良いですね。
トランス脂肪酸が含まれるものは、マーガリン、ケーキ、菓子パン、食パン、アイスクリーム、スナック菓子などです。

オメガ3とオメガ6

この二つは全く正反対の働きを持っていて、どちらも摂取をすると細胞膜が柔軟性とハリを持つことができるなど、両方バランスよく取ることが大事です。
そして、これらは身体が作り出せない油なので、口からの摂取が必要です。
オメガ3に分類されるαリレイン酸が取れるという亜麻仁油を私は使っています。
黒酢とオレガノを合わせ、自家製のドレッシングとして使用します。
健康オイル痩せ♪
クセがないので、かなり使いやすいですよ。
一日当たり、2~2.9gほどの量を目安に取り入れてくださいね。

私は亜麻仁油も成城石井で購入しました。
体感できたことは、腸の調子がすごくよくなったこと。
お腹の張りが改善されたように感じます。肌あれも気にならなくなりました。
えごま油も良いそうですから、お好きな方でお試しください。
主に魚から摂取できるのが今話題のEPA・DHA。これらもオメガ3に属されるものですので積極的に取りましょう。

他にはクルミ、アーモンド、貝類、海藻類にもオメガ3を含みます。
オメガ3は非常に酸化しやすく、熱にも弱いので直射日光に注意して保存し、高温になる場所に置かないようにしましょう。

オメガ6は紅花油・ひまわり油・コーン油などです。
揚げ物などで摂取できます。
最近はオメガ6の取りすぎが問題となっています。
全く摂取しないのは問題なのですが、取りすぎには注意しましょう。

オメガ9

代表的なオメガ9はオリーブオイルです。
善玉コレステロールを下げないのに、悪玉コレステロールを下げてくれるという優れものって知っていましたか?
ということは、悪玉コレステロールによって発症すると言われている心筋梗塞や脳梗塞などを予防してくれるのです。
ですから、健康のためにも摂取したほうが良いですね。
オメガ9は酸化しにいので加熱料理が可能ですが、150度以上になると有害な過酸化脂質やトランス脂肪酸を生成してしまうそうなので調理の際は注意が必要です。

 

さいごに

【飽和脂肪酸】3:【オメガ9】4:【オメガ6】+【オメガ3】3でバランスよく取ることが、健康オイル痩せへの近道です。
日常生活の中で意識してみてくださいね。
健康オイル痩せ♪
↑私のお気に入りの二品です☆

ニキビやシラミ、その他たくさんにも効果あり!ティーツリーオイルの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:結香

著者の記事一覧

年齢を重ねるごとに増す深みある美しさが好きです。
化粧品販売の経験を生かして化粧セラピストとしてボランティアをメインに高齢者・障碍者の方々に整容講座やメイクを行う活動をしています。
一人一人がそれぞれの美しさの形を見付け、生涯健やかで美しく生きることのお手伝いができたら嬉しいです。
活動ページはこちら







関連記事











ページ上部へ戻る