体の「太る順番」知っていますか?実は顔が太るのは一番最後!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット 体重計

太ったなぁと気づいた時には、もう全身に脂肪がついている!

鏡で顔を見ながら、「最近太ったなぁ」と感じる時ってありますよね。

なんとなくほっぺたがふっくらしていたり、顎のお肉が厚くなっていたり。
しかし、そう感じる時は既に、顔だけでなく全身にお肉が増えているんです!

私たちの体には、お肉がついていく「太る順番」というものがあります。
私たちが太ったと気づきやすい所って、顔ですよね。
実は顔は、私たちの体の中で一番最後に太る場所なんです。
ちゃんと太る順番を知って、体の管理をすれば、見た目の変化を察知しやすくなり、セルフコントロールが簡単になります。
どこから太って、どこから痩せていくのかを知るだけで、もっとダイエットが楽になりますよ♪
また、体の部分別で太りやすい食べ物も紹介しますので、そちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

 

女性は下半身から太っていく!体の太る順番

一般的に、太る順番は以下のように考えられています。

お尻→腰→太もも→お腹→背中→二の腕→肩→ふくらはぎ→足首→顎→頬

女性は、ホルモンバランスの関係で、下半身から太っていく傾向があります。
主に、お尻や太ももからだんだん脂肪がついていきます。
最近履いていないスカートやパンツがきつくなったなぁと感じるのは、初期の段階だと思っていいでしょう。
次いで、お腹や背中にお肉が乗っていき、体の末端である腕、ふくらはぎ、足首などを経て、ほっぺや顎の順番で太っていきます。
個人差はありますが、だいたいこのような順番だと言われていますよ。

セルライト 尻 もも

また、女性ホルモンの関係とは別に、「肝臓の近くから太っていく」という説も有力です。
なぜ肝臓かというと、肝臓は私たちの体の代謝に関わっているからです。
私たちが食べたものは、肝臓で栄養分を分解・合成しており、栄養にならないものやコレステロールなどを排出してくれる働きも持っています。
その関係で、肝臓の働きが弱ってしまうと、代謝が上手く行えなくなり、体重の増加につながってしまうんです。
肝臓を大事にするのは、お酒を飲む人だけでなく、ダイエットに気をつけている人にも言えることなんですよ。
肝臓の働きを正常にしておくためには、普段から食べ過ぎない、アルコールを取り過ぎない、ストレスを溜めないなどを心がけましょう。
また、運動不足も大敵ですから、適度な運動も行うと、なお良いですよ。

 

太る時とは正反対!体の痩せる順番

逆に、痩せる時は太る時とまったく逆の順番です。
太る順番さえ覚えていればOKですよ。

頬→顎→足首→ふくらはぎ→肩→二の腕→背中→お腹→太もも→腰→お尻

おそらく、顔の変化に気づきやすいのは、顔が一番痩せやすいからでしょう。
忙しかったり、体調が悪かったりして2~3日食べていないだけでも、顔は痩せこけて見えたり、スッキリして見えますからね。
逆に、太ももやお尻は、いったん脂肪がついてしまうと落とすのがかなり厄介です。
ですから、下半身太りが気になる人は、集中的に下半身に即効性のあるダイエットを行ったほうが良いでしょう。

二の腕をつまむ女性

また、私たちの体の脂肪には、大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪の2つあります。
内臓脂肪は、内臓の周りにある、私たちの体の中の目に見えない部分についている脂肪です。
一方皮下脂肪は、お腹や二の腕をつかんだらプヨっと解る、私たちにも解りやすい脂肪です。
この二つの脂肪、順番的には、内臓脂肪→皮下脂肪の順番で痩せていきます。
ですから、内臓脂肪を落とすことから始めると、スムーズにダイエットができますよ。

 

内臓脂肪・皮下脂肪の落とし方

ランニングをする女性

内臓脂肪を落とす為には、ジョギング、ウォーキング、エクササイズなどの、有酸素運動が有効的です。
食事面で言うと、白米やパン、小麦粉、ケーキなどの炭水化物を抜く、炭水化物ダイエットがかなり有力。
内臓脂肪は皮下脂肪と違って落ちやすいので、少し運動や食事制限をすれば、スっと減ってくれますよ。

しかし、厄介なのが皮下脂肪です。
こちらは、いったんついてしまうと、なかなか落とすのが面倒です。
皮下脂肪をスッキリ全部なくす為には、2~3年(!)はかかると言われています。
上記のような有酸素運動に加え、筋トレをしたり、直接手で刺激を与えるマッサージが効果的。
また、ショウガやカプサイシンなど、直接体を温めて、代謝をアップさせ、脂肪を燃やしてくれる食べ物も効果ありです。

 

部分別!食べると太る体の場所

さて、ここからは体の部分別で、食べると太るものを紹介していきましょう。

image00

【お尻】
ドーナッツ、アイス、炭酸、ドレッシング、ヨーグルト、

【腰】
クリームシチュー、豆乳

【太もも】
洋菓子、菓子パン、すき焼き

【お腹】
米、パン、納豆、生野菜

【下っ腹】
パン、麺類、砂糖、和菓子、ドライフルーツ、葉野菜

【背中】
天ぷら、フライドポテト、ポテトチップス、オリーブオイル

【二の腕】
生クリーム、バター、アイス、乳製品、肉の脂身

【肩】
から揚げ、ワイン、とんかつ

【ふくらはぎ】
肉類、塩分

【足首】
アイス

一見して、こんなに細かく分かれている事にびっくりしますよね。
食べるものひとつでこんなに変わるの?と疑問に思うかもしれませんが、栄養学的や、私たちの体のつくりを考えると、おおよそ正しい図と言えるんです。
お腹周りは脂肪太りが一般的ですから、脂肪分にすぐ変わる炭水化物が原因と考えられていますし、お尻や太ももは下半身ですから、むくみの影響を受けやすい、甘い物が原因と考えられます。
(甘い物はエネルギーにならなかった分が老廃物や脂肪分として蓄積されやすく、大きなむくみの原因になっています。)

また、背中周りや肩周りは、筋トレでもしない限り、筋肉をあまり使わない部分ですから、油などですぐに脂肪がついてしまうと考えられていますよ。
そして、ふくらはぎに至っては、ずばりむくみの原因となる塩分ですね。肉類にも塩分は豊富ですから、しょっぱいものを食べ過ぎると、ふくらはぎ太りにつながりますよ。
このように説明されると、「あぁ、そうかも!」と納得してもらえるかな、と思います。

 

おわりに

体の太る順番や、部分別で太る食べ物などをしっかり理解しておけば、今後のダイエットがもっと簡単に、効率的に行えるようになります。
また、体調管理もしやすくなるのではないでしょうか?
太もも~お尻にかけて、太ってきたなぁと思ったら、それはダイエットのサインですよ!
日々の変化を見逃さないようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事






ページ上部へ戻る