結婚式の落とし穴。こんなところに気を付けて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式の落とし穴。こんなところに気を付けて。

結婚式には、誰もが自分の理想がありますよね。
一生に一回だし、周りもみんな協力してくれるし、完璧な一日にしたいですね。
そして、お金さえどうにかなればほぼ理想通りに叶うような気がしてしまいます。
でも、理想通りになる!と信じて準備に励んでも、当日どうにもならない落とし穴にはまってしまうことも…。
少しでも、失敗を防ぐためには、どんなことに注意をして、式場やドレスを決めれば不安を解消できるのでしょうか?

 

天気だけはどうにもならない!

雨の結婚式

結婚式当日、誰もが青い空の下、白いドレスと満面の笑顔をイメージします。
当然のように自分の結婚式は、晴れると疑いませんよね。
だからこそ、外での人前挙式であったり、ガーデンパーティができる会場を選びがちです。
でも、ちょっと待ってください。
天候は神のみぞ知る。
どんなことをしても、天気だけはどうにもなりません。

例えば、挙式は人前式で教会前の広場で、解放感がある雰囲気の中行いたい!
でも、当日雨が降ってしまったら、教会の中での挙式になってしまうんです。
格式ばった教会式と広場で行う人前式とでは、全く雰囲気が違った挙式になってしまいますよね。
挙式のあとに、リングリレーやバルーンを使った演出などを企画していても、雨のせいで全部できないなんて悲しすぎます。
当日になって、急きょ段取りを変更したり、思い描いてたものと変わってしまうなんて絶対に避けたいですよね。
そうならないためにも、式場を選ぶ場合には全天候型を選択するのがおすすめです。
完璧な式にするためには、雨でも理想の演出が可能かどうかが重要ですよ。
式場の方や、周りは「晴れるから大丈夫」なんて言ってくれるかもしれません。
でも、当日の天気は誰にもわかりません。
雨のことは考えたくないと思うかもしれませんが、雨が降ってしまった場合のことも、念頭に置いておきましょう。

 

お色直しのタイミングは念入りに打ち合わせ!

結婚式の司会者

以前行われた披露宴では、新郎新婦がお色直しで不在のまま、司会者が友人や上司にインタビューをしていました。
「おめでとう」や「幸せになってね」なんてメッセージをゲストしかいない会場に言われても…。
これでは誰に向けたメッセージかまったくわかりませんよね。
そして、せっかく来てくれたゲストの皆様からのメッセージ、誰よりも聞きたいのは新郎新婦です。
肝心のタイミングに主役の新郎新婦が不在、なんてことにならないようにプランナーにはお色直しにかかる時間や、不在の間にどんな演出をするのか、しっかりと打ち合わせをしておきましょう。
しかし、プランナーさんや結婚式場によっても、どこまで綿密に打ち合わせをしてくれるかは異なりますが、あらかじめ希望を伝えておくことはできますよ。
伝えたいことは、メモに書いておくと打ち合わせ当日に忘れずにすみます。
細かいことですが、一生に一回の結婚式。
こうしておけばよかった、なんて後悔だけは残したくないですよね。
お色直しの際には、お互いのゲストへ自己紹介の意味でも、プロフィールムービーがおすすめですよ。
最近では、自分で作るためのソフトがあったり簡単に作れるようになっているんです!
小さい頃の写真を集めることができれば、手軽にプロフィールムービーを流すことができるんですよ。

 

ゲストのことも忘れないで

350 結婚

結婚式って、ついつい自分たちのことがメインになってしまいますよね。
やっぱり自分たちが主役のイベントですから、もちろん自分たちのしたいことはできる限り実現しても良いと思います。
でも、お金を払ってドレスアップをして、せっかくお祝いに来てくれるゲストのことも忘れずに。

挙式はお外で、披露宴の合間にガーデンパーティ…など外でのイベントが多いと、真夏や真冬は誰もが苦痛に感じてしまいます。
海が見える立地の式場などでは、想像以上に風が強い場合もあります。
慣れないヒールで来てくれている女性陣は、立ちっぱなしも辛いですよね。
もちろん結婚式だからある程度は大目に見てもらえます。
でも、あとで振り返ったときに思い出されるのが、暑くて大変だった、とか立ちっぱなしで疲れたなんて感想じゃ、悲しいですよね。
挙式は教会で行ったり、ガーデンパーティでは椅子を大目に用意しておくなどの心配りがうかがえると良いかもしれません。
また、真冬の結婚式を行った方の中には、最後にお渡しするプチギフトをホッカイロにしたなんてお話もありました。
暖かい飲み物と一緒にお渡しができると喜ばれるかもしれませんよ。
一生に一回だからと、自分たちのやりたいことを詰め込みすぎて、ゲストのことを全く考えていない結婚式になってしまうと、後々の人間関係にも影響があるかもしれません。
せっかくお祝いのために来てくれる方たちにも、出来る限り楽しんでもらえるように工夫をしてみてはいかがですか?

 

おわりに

結婚式は、人生で一度きり。
自分の理想もあるし、両家の意見も言われるし…。
出来る限り理想に近づけるために、不安要素はできるだけ排除して、本番に挑みたいですよね。
それに対して出来る限りの対策をして、突然のトラブルにも対応できるようにしておきましょう。
でも、どんなに準備をしていても、当日の天候やゲスト関係のトラブルなど、どうにもならないことも残念ながらあるんです。
そんなときこそ、プランナーさんや司会者さんの腕の見せ所。
式場を決める前に、どんな方が担当になるのか今までの経験など、細かなところまでじっくりと見ておきましょう。
そうすることで、万が一プラン通りに進行できなかったとしても、悔いの残らない結婚式にすることができます。

 

今後の付き合いにも支障あり?良い結婚式・悪い結婚式今後の付き合いにも支障あり!!良い結婚式・悪い結婚式
どんな結婚式が理想?式場を選ぶ時のポイント!どんな結婚式が理想?式場を選ぶ時のポイント!
結婚式会場なぜ余興なしの結婚式が増えるのか? 余興をなくすメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪







関連記事











ページ上部へ戻る