ほうれい線は何故出来る?ほうれい線に効く化粧水や消し方を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老け顔の大きな原因として挙げられる「ほうれい線」。
ほうれい線があるかないかでは、見た目年齢に10歳も差が出ると言います。
そんなほうれい線、一刻も早く消してしまいたいですよね!
何故、ほうれい線が出来るのか。その原因や、改善方法、おすすめの化粧水をご紹介します。

 

ほうれい線とは

ほうれい線は鼻の両側から、くちびるの両端に伸びる線です。
「しわ」の一種と認識されている方も多いと思いますが、性格には、頬の脂肪が支えられなくなって下がってくることによって出来る「たるみ」の一種です。

その「たるみ」を放置してしまうと、笑った時などにたるみが線になり、年月の経過でそれが深く刻まれて「しわ」となります。
なので、ほうれい線は「たるみ」である段階で、早めにケアをしていくことが大事です。

 

ほうれい線の原因

むくみ

顔のむくみを放置してしまうと、老廃物や水分でぱんぱんに張った頬を支えられなくなり、鼻や口の境目のほうれい線がくっきり浮き上がってしまいます。
頬の脂肪が重力によって下がってくると、さらにほうれい線が目立ってきます。

乾燥

乾燥している肌は、キメが粗く肌が固くなっています。
紫外線などの外部刺激の影響も受けやすい状態です。
この状態で笑ったり、表情を動かすと、肌が元に戻る弾力が足りず、ほうれい線が定着しやすくなります。

真皮層の老化

肌の奥深くに真皮層があります。
そこには肌のハリや弾力の元となる「コラーゲン」や「エラスチン」が存在していて、ピンと張った若々しい肌を保ってくれています。
ところが年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンの生産量はどんどん減少していきます。
外側からコラーゲンやエラスチンなどを与えて真皮層を整えるケアをしていかないと、肌表面のハリや弾力を保てなくなり、「たるみ」が生じほうれい線になります。

表情筋の衰え

顔にはいくつもの表情筋があり、私達が表情を動かす際に活躍しています。
真顔の際にも、顔の脂肪を支えるために筋肉が必要です。
この表情筋が衰えてしまうと、皮膚が重力に耐えられなくなり下に下がってきます。
頬は顔の中でも脂肪の多い箇所なので、下がりやすいため、ほうれい線も出来やすいのです。

ほうれい線を消すには・・・・

1 【保湿】【ハリ・弾力】効果を狙ったスキンケアをする
2 顔のエクササイズをして、表情筋を鍛える
3 生活習慣を見なおし、たるみを改善する

以上3点に注意し、ほうれい線を消していきましょう!

 

5000円以下!ほうれい線に効くおすすめ化粧水3選

今回おすすめするほうれい線に効果的な商品は、3つの観点から選びました。
1.保湿効果が高い
2.たるみ改善に適している
3.お手ごろ価格で続けやすい
という3点です。

ほうれい線の敵である、「乾燥」と「たるみ」の改善はもちろん、続けていきやすい価格で評価の高いものを選びました。商品を選ぶ際の参考にして頂けたらと思います。

ほうれい線に効く化粧水①

オルビスユーモイストアップローション

【販売価格】2800円(税抜)
【内容量】180ml
オルビスユーはエイジングケアに着目して作られたオルビスのシリーズです。
こちらはHSP(ヒートショックプロテイン)を配合した化粧水です。
紫外線などのダメージで、傷ついた酵素を修復、活性化することが出来ます。
酵素が元気を取り戻すと、肌にハリや弾力、透明感が生まれます
保湿力も高く、吸い込まれていくような吸収力を感じられる化粧水です。

今なら1200円のトライアルセットも販売中!
ジュレになった洗顔料は、肌に優しくしっかり汚れを落としてくれます。
また、昼用と夜用で、保湿液の使い分けができるのも嬉しいですね。
昼用保湿液には日焼止め効果もあり、冬の紫外線対策もこれでバッチリできますよ!

ほうれい線に効く化粧水②

アスタリフト モイストローション

【販売価格】3800円 【内容量】130ml
3種類のコラーゲンが配合された、ハリを生み出す化粧水。
ナノ化し浸透力を高めたビタミンAxや、コラーゲンペプチドが、紫外線などのダメージを受けてしまった真皮層のコラーゲンを修復します
しっとりなのにベタ付かない使い心地も好評です。

まずは1000円のトライアルキットで試してみてはいかがですか?
中でも、「アスタキサンチン」や「リコピン」を含んだ先行美容液の「ジェリー アクアリスタ」は、ぷるぷるの肌になる!と口コミ評価がとても高い人気商品です。

ほうれい線に効く化粧水③

エリクシール シュペリエル リフトモイストローション

【販売価格】3240円(税込)
【内容量】170ml

30代~40代のエイジングサインが気になりだした方におすすめの化粧水です。
有効成分を真皮層まで届け、肌の内側からピンっと張ったハリを生み出します。
トロっとした化粧水ですがベタつき感がなく、フローラルの香りがリラックス効果ももたらしてくれます。
「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3タイプから選べて、季節や肌状態によって使い分けできるのも嬉しいですね。
1080円のトライアルセットも好評です。
日中美容液は、肌にベールをするような効果で、紫外線などの外的刺激から肌を守ってくれます。
化粧下地としても使えて、一日中メイクが崩れないと好評です。
プレゼント特典の多いお得なトライアルセットです。

 

ほうれい線に効くエクササイズを紹介

出来てしまったほうれい線を消すには、時間と努力が必要です!
ほうれい線を消すエクササイズは、ほうれい線を内側から張るような筋肉の動きが必要です。
やみくもに「顔ヨガ」をしたり、よく取り上げられる「あいうえおエクササイズ」などは、小顔効果や二重顎の改善に適していますが、ほうれい線には逆効果となる場合もあるので注意が必要です。

舌回しエクササイズ

【効果】

●血行を促進し、むくみを解消する
●表情筋全体を鍛え、頬の肉を持ち上げる
●顔の歪み強制と、小顔効果

【やり方】

①口を閉じる
②歯に沿うように左周りと右周りで舌を20回づつ回す
③1日3セット行う

ペットボトルエクササイズ

【効果】

●頬の筋肉を支えてる「口輪筋」を鍛え、頬を持ち上げる
●小顔効果とたるみ改善

【やり方】

①空のペットボトル(500ml)に水を100ml程度入れる
②「ほー」と声を出しながら、息を吐き出す
③ペットボトルを歯を使わず唇で咥えて、頬の筋肉をへこますように思い切り息を吸い込む(やわらかいペットボトルだとくしゃくしゃになります)
④ペットボトルを咥えたまま、頬の筋肉を膨らませるように思い切り息を吐き出す(ペットボトルの形が戻ります)
⑤一度ペットボトルを口から離し、②~⑤を1日3セット行う

 

生活習慣を見直してほうれい線を消す!

紫外線対策

紫外線のダメージは、肌表面だけでなく、真側層にまで及びます。
真皮層のエラスチンやコラーゲンに影響を与えると、ハリや弾力が失われていきます。
夏だけでなく、1年中、きちんと紫外線対策をしましょう。

姿勢を正す

猫背はたるみの要因となります。
下向き加減になるため、顔の脂肪が垂れやすくなります。
また、首が前に伸びてしまい、二重顎やフェイスラインの崩れにも繋がります。
猫背でなくても、スマフォを長時間いじったり、読書をしている時に、下向きの姿勢を続けてしまうのは良くありません。

嚙み癖を治す

口の片側ばかりを使ってものを食べてしまう嚙み癖も、ほうれい線を作りやすくします。
使っていない方の筋力が落ちて、片方がたるんできます。
顔や顎の歪みにも繋がりますので、意識して改善しましょう。

身体を冷やさない

冷えはむくみの原因となります。
むくんだ顔を放置すると、ほうれい線が出来やすくないます。
防寒対策と、塩分の摂りすぎ、飲酒などに気をつけましょう。
毎日お風呂に浸かるだけでも、冷えの解消や、老廃物を出すのに効果的です。

ほうれい線に効く食生活をする

ハリ肌を意識した食事をしましょう。
代表的な食材をいくつか挙げてみます。
●こんにゃく・・・・セラミドが豊富。肌に潤いを与えます。
●豚足・手羽先・・・・コラーゲンやエラスチンが豊富。肌にハリや弾力を与えます。
●桜エビや紅鮭・・・・・・アスタキサンチンが豊富。抗酸化作用で肌の老化を防ぎます。

 

おわりに

ほうれい線をなくすには、日々の努力が必要なことがよく分かりました。
たるみを放置し、ほうれい線が深く刻まれてしまうと、改善するのがどんどん難しくなっていきます。
早めの段階でケアしていくのが、深刻化させないポイントです!
また、超音波美顔器でたるみケアをする方や、クリニックで治療するという方法を取る方も増えてきています。
まずは、すぐにでも出来る毎日のスキンケアや生活習慣から見直してみてはいかがですか?

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事



ページ上部へ戻る