女子が大好きおまじない。本気で叶えるための心構えと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女子が大好きおまじない。本気で叶えるための心構えと注意点

みなさんはおまじないというものをしたことはありますか?
小学生の頃に、おまじないの本を買ってもらい勉強や部活、友達のことから恋愛まで、様々なおまじないを試した記憶があります。
女の子なら誰もが1度は経験したことがあるであろうおまじない。
調べてみると、大人になっても何かの目的のためにおまじないをかけたりする人もいるようです。
おまじないを掘り下げてみると、明日天気になーれ、みたいな簡単なものから、黒魔術並みの本格的なおまじないまでかなり数多くのおまじないが存在しています。
子どものころによく作ったてるてる坊主や病気やケガなどで入院した際に作る千羽鶴。
緊張をなくす為に手のひらに人という字を書いて飲み込む、なんて身近な願掛けみたいなものも一種のおまじないです。
よく怖い話に登場するわら人形なんかは大変危険なおまじないとも言えます。
おまじないという行為、そのやり方はどこで誰が考え出して広めているのか、それは謎です。
けれど、願をかける、強く思い信じるという行動は時にものすごい力を発揮するのです。
それ叶うということは、人間に秘められた未知なるスピリチュアル的な要素が効力を持つということなのです。
信じる信じないはあなた次第、なんて言われたりもしていますが、人間の力が物事を動かしているとしたら、信じない人に効く訳がありません。
それほど人間の念というものには、私達自身が知りえないなにかすごいパワーを秘めているということなのです。
遊び感覚や、安易な気持ちで、また相手がいるおまじないの場合は相手を陥し入れたり相手に不幸をもたらすようなことは絶対にしてはいけません。
どうせ気休め程度だろうと甘く考えていては、最後に自分が苦しむことになりかねません。
今日は、おまじないをする際の心構えや注意点をお話したいと思います。

 

おまじないをはじめる前に

占いをする女性

まず、注意しなければならない事がいくつかあります。
まず本当にその願いを叶えたいと思っていますか?
半信半疑でおまじないをしても願いは叶いません。
願い事によっては悪い方向へと力が働いてしまう場合があります。
悪い方向とは、自分自身に害が及ぶということ。
おまじないは、漢字で書くと、“お呪い”となります。
一種の魔術と同じです。
昔は魔女がおまじないというものを使っていたそうです。
自分の中の邪悪な心を満たそうとする場合、必ず何らかの見返りがくるということは忘れないようにしましょう。
極力誰かの不幸を望むようなおまじないには手を出さないようにしましょう。
例えば、気の合わない嫌いな人と離れたいという場合は、お互いが距離を置いて穏やかに過ごせるような願いをかけましょう。
いくら悪い人であっても、人を陥し入れるようなことはあなたの品格やあなたの人生に傷をつけることになりかねません。
おまじないはあくまでも幸せの為に使うよう、心掛けてください。

 

おまじないに適した日

クリスタルを使って占いをする占い師

おまじないにもその種類によって適した日があるそうです。
基本は満月、新月の日。
雲一つない綺麗な満月の日は月のパワーも借りることが出来るので効力が上がると言われています。
ですが、女の子の場合は他にも条件があります。
それは生理の日です。
体調が優れない日もおまじないは存分な力を発揮できなくなってしまいますので避けた方がいいでしょう。
おまじないによって、またあなた自身の星座によって、適した曜日というのも存在するようです。
曜日ごとに適したおまじないと力を発揮しやすい星座をご紹介します。

日曜日

全ての星座
願望達成、自己実現、友人を増やす、名声を獲得する

月曜日

山羊座、獅子座
取引の成功、和解、身を守る、旅の安全

火曜日

牡牛座、蟹座
ライバル退散、勝負事に勝つ、勇気を奮い立たせる

水曜日

乙女座、魚座
未来の予測、仕事、勉強に知性や知恵を授かる、コミュニケーション能力の向上

木曜日

天秤座、牡羊座
心の平穏、金運アップ、健康の祈願、友達と仲良くする、土地に関すること

金曜日

射手座、水瓶座
恋愛、美しくなる、優しさを持つ、創造性を磨く

土曜日

双子座、蠍座
死者との交流、何かを制限する

本当に願いを叶えたい場合は自分の星座や目的に合った曜日、かつ綺麗な満月の夜がBESTだということです。
自分の運勢も左右するようです。
占いをチェックしながら自分の運勢がいい時を選ぶことも重要です。
全てのいい条件がそろう日なんてなかなかない!なんて思うかもしれませんが、それだけ願いを叶えるということは安易なことではないということなのかもしれませんね。

 

おまじないの準備をしよう

森で眠る女性

まさに今日だ!!という日を見つけたら、お部屋の掃除をしましょう。
おまじないをする場所は清潔でなければいけません。
布団やクッションなどは日に当てて、埃や汚れのないようにしっかり掃除をしましょう。
風水などで叶えたい願いのサポートを しておくのも効果があるようです。
この機会に運気の上がる配置や小物を揃えてみるのもいいかもしれませんね。
そして、自分自身も綺麗に清めなければいけません。
必ずお風呂に入って清潔な状態にしておきましょう。
塩水をかぶって清めるというのも効果があるようです。
魔女は魔術を使う1週間前から身を清め、肉や魚、香辛料やコーヒーなどの刺激物も経つということをしていたと言われています。
外身だけではなく、身体の内側から身を清めることによって魔術の効力をアップさせたのですね。

おまじないに使う道具は使い古しではいけません。
必要なものの中に例え持っているものがあったとしても、おまじないに使うものは後にお焚き上げなどの処理が必要な場合もありますし、何の念も入っていない真新しいものがいいです。
使う道具は新調してください。

 

おまじないをする時の心構え

占いをする女性

最初に書いた通り、半信半疑であるのならばおまじないはやめておきましょう。
本当に叶うのかな、これで大丈夫かな、なんて不振や不安な気持ちは良い結果は招きません。
必ず叶える、必ず達成する、強い信念とそうなった時の明確なイメージが大切です。
したがって、このおまじないをすることは誰にも話してはいけません。
自分の心の中に自分の思うイメージをしっかり持つことが重要になってきます。
おまじないをする前もした後も、誰かに話すということは避けましょう。
おまじないを軽く口にしたりバカにするような言動もNGです。
なのでおまじないをしている姿、準備、後片付けが終わるまで、見られないように注意してください。
1度おまじないを始めたら、最後の後片付けが済むまで中断してはいけません。
それだけ強い気持ちと万全な環境が揃ったうえで実行しなければいけません。
中途半端なまじないは良い結果を産みません。
それだけの覚悟があるのか、きちんと自分の心と相談して決めましょう。

 

後片付けについて

占いをする女性

おまじないに使ったものは、おまじないによっては処理の仕方が記載されているものもあります。
燃やして灰を土に埋める、川や海に捨てる、掘り起こされない場所に埋める、など指示があるものはその通りに処理してください。
ただ、自然に返す場合は自然を汚さないよう気を付けてください。
ものとして残ってしまう場合も絶対に誰かの目に触れるということは避けなければいけません。
処理の指示がない場合は、神社などに奉納してお焚き上げしてもらうのがいいと思います。
全ての片づけが済むまでがおまじないです。
気を抜かずにきちんとした処理をしてください。

 

その他の注意点

占いをする女性

おまじないは基本1回に1つしかしてはいけません。
2兎追うものは1兎をも得ずということわざもありますがいくつも願いを叶えたいという欲張りは我慢しましょう。
おまじないもいろいろですが永遠に効果が持続するわけではありません。
大体効果のある期間は28週と言われています。
これは月の満ち欠けの周期なのですが満月から次の新月に変わるまでが効果のある期間だと考えるのがいいようです。
違うおまじないをしたい場合は28週待ってから新たな気持ちで行ってください。
この期間中に願いが叶えば大成功です。
叶った場合は必ず神様にお礼をしましょう。
残念ながら叶わなかったという場合はやり方や心構えに問題があったことも考えられます。
もう1度万全を期して再チャレンジしてみましょう。

 

最後に

全てが全ておまじないに頼るということは感心できません。
おまじないといえども何もしない状態で何かが変化するなんてことは考えにくいものです。
もし、何もない状態で願いが叶うとしたらそれは奇跡と呼べるのではないでしょうか。
例えば、良くある話“痩せたい”という願い事。
おまじないをしたからといっていつもと同じようにたくさん食べて寝てばかりでは痩せるはずもないと思います。
“頭が良くなりたい”というのも同様で本の1つも読まない人がいきなり天才になるとは考えにくいもの。
おまじないをする前に、具体的にどうなりたいのかしっかりとしたプランニングが必要だと思います。
それに対して自分はどのような努力をするのか、おまじないはその後押しをしてくれるものだと心得なければいけません。
努力も何もしない人を神様が助けてくれるなんて思えませんよね。
具体的にといいましたが、痩せたい、頭が良くなりたいというよりも、体重を夏までに5キロ落としたい、計算を早くできるようになりたいなど明確な細かい願い事の方が叶いやすいそうですよ。
イメージすることで自分の持つ念が働きやすくなります。
なんとなくなアバウトな願い事ではなく本当に自分はどうなりたいのかという姿を想像しておまじないに挑みましょう。

さて、今日は本気でということをテーマにおまじないというものをご紹介しました。
テルテル坊主のようなかわいいおまじないにそこまでする必要はありません。笑
私も子供のころ、消しゴムに好きな人の名前を書いて使い切るというようなおまじないをした覚えがありますが、使い切った覚えも、恋が叶った記憶もございません。
でもそんな思い出もかわいかったな、なんて自分で思ってしまうほどおまじないというのは女子にとって魔法のような可愛らしい存在であってほしいなと私は思っています。
冒頭にも書きましたが、みんなが幸せでいられるようなそんなおまじないをかけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事



ページ上部へ戻る