化粧水で保湿はできない?!化粧水の本当の効果と必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
350 衝撃 驚く 女性

目次

化粧水では保湿できない?!
化粧水はつけ過ぎると逆に乾燥してしまう
化粧水の本当の目的
化粧水の必要性
コラム・拭き取り化粧水
化粧水の正しいつけ方
化粧水によく使われる成分とその目的
化粧水のさっぱり・しっとりの差とは
他のアイテムを引き立てる縁の下の力持ち

 

化粧水では保湿できない?!

「化粧水をつけ過ぎると乾燥する」という話を聞いたことはありますか?
もうひとつ、「化粧水では保湿できない」という話はいかがでしょうか?

実はこれ、どちらもただの噂ではなくて事実なんです。

日本の女性は世界的に見てもスキンケアに手間をかける方が多いといいます。日本では化粧水に美容液、乳液にクリームと、いくつものスキンケア用品を使う方がほとんどかと思います。これは、世界的にはとても珍しいことです。

美容に関する意識が高い方が多いためか、日本の化粧品はスキンケアラインがとても充実しています。特に多い商品が化粧水と乳液。スキンケアといえば、この2つを想像する方も多いでしょう。

ですが、多くの方が考えている「化粧水の効果」は実際に化粧水がもつ効果とは異なることが非常に多いです。

「化粧水をつければ保湿ができる」
「さっぱりとしっとりの2種類があったら、しっとりの方が保湿効果が高い」
「化粧水はたっぷりバシャバシャと使う方が良い」

こんな勘違い、されていませんか…?

 

化粧水はつけ過ぎると逆に乾燥してしまう

350
化粧水の主成分は水です。水分は蒸発する際に周りの水分を巻き込み、表面に引っ張り出すことがあります。すると表面に引き出された水分も蒸発し、結果として周辺一帯が乾燥する…この現象を「過乾燥」といいます。

肌は水分を吸収しすぎてふやけてしまわないよう、バリア機能を持っています。そのため、どれだけ沢山の化粧水をつけても一定以上の水分は浸透せず、蒸発していきます。
するとその際、一度浸透した筈の水分まで一緒に巻き込んで蒸発してしまう「過乾燥」がおきて肌が乾燥してしまうわけです。シートマスクやパックを長時間つけると乾燥するのも同じ原理です。

つまり、「化粧水はたっぷりバシャバシャ使う」というのは必ずしも正しいとは言えない、ということ。ある程度までなら表面が乾燥する程度で済みますが、肌がふやけるまでつけたりすると、今度は肌の表面どころか深層まで乾燥してしまいます。

もちろん正しく使えばしっかりと肌を整えることができますから、適量を守るのが大切、ということですね。

 

化粧水の本当の目的

350
化粧水で保湿ができないならば、化粧水を使う目的とは一体何なのでしょう。

答えは、肌の表面を潤してキメを整えることと、肌に清涼感を与えてさっぱりさせることです。

肌の表面は潤うことでキメが整います。キメが整うと水分が逃げにくくなるため、化粧水を使った後に美容液、乳液、クリームなどを使うとより効果的に保湿をすることができます。

つまり化粧水とは、いわば保湿の前段階に使うブースター的なもの。保湿に関わるアイテムではあるのですが、化粧水そのものに水分を留めておく効果はほとんどありません。

もちろん、保湿成分が配合された化粧水もたくさんあるため、全く保湿効果がないわけではありません。ですが配合量はごくわずかです。保湿成分が一定以上の割合を超えるとそれは「美容液」扱いになります。

保湿もできない、つけたまま放っておくと乾燥する…それなのになぜ、化粧水は必要なのでしょうか?

 

化粧水の必要性

350 肌 化粧水 ローション
先述のとおり、最近の化粧水は保湿成分の多いものも増えてきています。ですが飽くまでも化粧水。それだけつけて後は何もしない、というのは乾燥してしまうので避けた方が無難です。

どうしてもスキンケアが面倒で何か1つしかつけたくない!という時は化粧水ではなく、乳液かクリームをつけることをおすすめします。

このように優先順位としては低い化粧水ですが、意味がないわけではありません。

化粧水を使って肌のキメを整えると、美容液や乳液の美容成分や保湿成分がより効果的に働きます。また、肌表面が潤うことで、美容液や乳液をつける際の摩擦を抑えることができます。

キメが整うことで化粧ノリも良くなります。だからお化粧の前には化粧水を使うと良いのですね。

確かに化粧水は「水分を蓄える」という意味では効果の薄いアイテムです。
ですが、「肌の状態を良くする」「後に使う商品の効果を引き出す」という意味では効果のあるものだといえます。

 

コラム・拭き取り化粧水

350 鏡 化粧水 
拭き取り化粧水とは、コットンにつけて優しく肌表面を拭いて使うタイプの化粧水です。

余分な皮脂や汚れ、不要な角質などの不要なものを落として清潔に保つのが拭き取り化粧水の主な目的です。そのため、アルコールが多めに含まれている物もあります。

肌の表面から不要なものを取り除くことで、次のアイテムがよりよく浸透します。また、継続的に使うことで肌のくすみなどが薄くなる場合もあるようです。

そんな便利な拭き取り化粧水ですが、注意点もあります。

まず拭き取りを行う際に力をかけすぎないこと。ゴシゴシこすってしまうと、逆に肌を傷めてしまいます。軽く滑らせるだけで十分に効果があるので力は入れないようにしましょう。
次に、含まれているアルコールについて。乾燥肌や敏感肌の方には刺激が強すぎて肌が荒れてしまう場合もあります。パッチテストを行ってから使用するか、ノンアルコールの物を使用しましょう。

肌を潤わせる化粧水と同様に拭き取り化粧水も、一緒に使うアイテムの力をしっかり引き出してくれる縁の下の力持ちです。

 

化粧水の正しいつけ方

350 化粧水 スキンケア 手
繰り返しになりますが、化粧水はたくさんつければ良いというものではありません。

使っている化粧水のボトルに量の目安が書かれていれば、その量をまず使いましょう。書かれていなければ、500円玉大くらいの量を使いましょう。

手を使う場合は手の平に化粧水をとり、顔全体にさっと馴染ませます。その後、目元や口元などの乾燥しやすい部分とフェイスラインを手の平で軽く押さえて馴染ませましょう。
コットンを使う場合はコットンの裏まで化粧水がしみるくらいが目安です。量が少なすぎると肌への刺激になってしまうので注意して下さい。顔の内側から外側へ、まんべんなくコットンを滑らせます。

化粧水をつけた後に触ってみて、肌がひんやりしていたら表面がきちんと潤っている証拠です。

化粧水を何度も重ねづけしたり、しつこくパッティングしたりするのは逆効果。化粧水は何度つけても角層の2,3層、つまり表面部分にしか浸透しません。パッティングは肌への負担になります。

化粧水をつけて、しっかり馴染ませたら美容液、乳液を使ったお手入れに進みましょう。化粧水のみでのお手入れは逆に乾燥してしまうので注意して下さい。

 

化粧水によく使われる成分とその目的

350 肌 レモン
化粧水を選ぶ上で気になるのは、その化粧水に含まれる成分ですね。どのような成分が何に効果があるのかを知った上で化粧品のラベルを見ると、自分が欲しい効果を持つ化粧品が選びやすくなります。

化粧水におすすめの美容成分は何と言ってもビタミンC誘導体です。水溶性で肌には浸透しづらいビタミンCに油溶性の成分をあわせて安定させ、肌へ浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。抗酸化、美白、毛穴の引き締めなどマルチに活躍してくれる成分です。

水溶性の抗酸化成分も化粧水に配合されることが多い美容成分です。アンチエイジングに効果があります。オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなどの植物性の抗酸化成分が配合されることもあります。

化粧水に配合される代表的な保湿成分はアミノ酸ヒアルロン酸コラーゲンセラミドなどです。この中では水分を挟み込んで保湿するセラミドがおすすめですが、化粧水へ配合される量はいずれも多くはありません。
というのも、美容成分が高濃度になると化粧水ではなく美容液という扱いになるのです。保湿成分をたっぷりと補うためにも、美容液や保湿成分配合の乳液やクリームをきちんと使いましょう。

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

【販売価格】1,000円(税別)
美白有効成分 ビタミンC誘導体、アルブチン配合
「ナノ」成分が肌の奥まで<届いて><働く>

・ジェリーアクアリスタ(先行美容液)×10包
・ローション(化粧水)20ml
・エッセンスインフィルト(美容液)5ml
・クリーム(クリーム)5g
【プレゼント/特典】
・パーフェクトUVプロテクター
 (日中用美容液・化粧下地)×5回分

 

化粧水のさっぱり・しっとりの差とは

350 肌 頬 スキンケア
同じラインの化粧水で「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」というように使い心地で分かれている商品が増えてきましたね。

この「さっぱり」「しっとり」ですが、実は保湿効果や美容効果に差があるわけではありません

「さっぱり」「しっとり」の差は使い心地、つまり浸透速度の違いだけです。さっぱりタイプは浸透が早く、しっとりタイプは浸透がゆっくりです。

浸透が早いと、表面から水分が早くなくなるので肌がさらりとします。浸透がゆっくりだと表面に水分が長く留まるため、しっとりしているように感じます。

ですが、実際に含まれている美容成分や保湿成分には大きな違いはないため、どちらを使ってもきちんと保湿ができます

つまり脂性肌だからさっぱり、乾燥肌だからしっとりを選ぶというのは必ずしも正解ではありません。好みの使い心地のものを選べば良いのです。

スキンケア後にべたつく感触が好みではないならばさっぱりタイプ、肌表面がカサカサしているから少しでも表面を潤わせたい、という場合は表面に長く留まるしっとりタイプというように目的に沿って選びましょう。

 

他のアイテムを引き立てる縁の下の力持ち

350 肌
化粧水だけでは保湿はできません。つけすぎれば逆に乾燥してしまいます。

ですから、多くの女性が考えがちな
「化粧水さえつけておけば安心」
というのは大変な勘違いです。

とはいえ、化粧水に意味がないわけではありません。

肌のキメを整えることで後に使う化粧品の効果をぐっと上げる、縁の下の力持ち。それが化粧水の本当の役割です。

正しい使い方、効果を把握して、自分に合った化粧水を使いましょう♪

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪

関連記事


ページ上部へ戻る