不満が多いあなたに警鐘を鳴らす!不満に対する考え方を改めてハッピーになる方法7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
叫ぶ 怒る わめく

あなたがこぼしがちな不満は?

私たちは毎日、自分がやりたいことだけをできるわけでもないし、すべてが思い通りになるわけもないので、ついつい不満の一つや二つをこぼしてしまいますよね。

しかし、そんな不満に一日を台無しにされてしまっては、気分よく日々を過ごせないもの。

今回は、ついこぼしがちな不満を集めてみました。
もっと毎日楽しく過ごせるように、不満に対するマインドの変え方をお教えします!

 

1.「イイ男がいない」

イイ男性はみんな取られている、と思わないでください!
実際、そうではない場合もあります。その考え方にずっと囚われていたら、本当の愛を得るチャンスを失ってしまいます。

本当はすごくいい人だとしても、自分のその先入観のせいで、その人の良さに気付けていないのかもしれませんよ?

それに、「イイ男なんていない!」と思っているのに、なぜ男性に手を出したり、デートをしたりするのですか?

本当に自分に合う男性が現れるかもしれないので、その日まで信じ続けていましょう。

 

2.「私には難しすぎる」

メンタル

挑戦を求められた時、「私には無理だ。出来ない。」と、思い込むのはやめましょう。

本当に達成したいものならば、ゴールに辿りつくのは可能であると、自分自身に言い聞かせましょう。

それに、チャレンジはどんな時でも、あなた自身の心と体を強くしてくれます。
もしすべてのことがあなたにとって簡単ならば、成長したいという意欲を抱くことはできません!

 

3.「ここにいるのが嫌だ」

メンタル

自分の置かれている場所に不満を持つことが時にあるかと思います。
それは、人間関係だったり、環境だったり、国や場所のことだったり…

しかし、どんなことでも良い面と悪い面があります。
それに、たいていの場合は、自分の気持ちの持ち用次第で、劇的に状況を変えられます。

今置かれている場所で良い所を見つける努力をしてみましょう。

あなたをサポートしてくれる人や、味方がいるはずです。
その人たちを大事にしましょう。

おすすめ書籍

9784344021747

「置かれた場所で咲きなさい」

 

価格:1,028円(税込・送料無料)

 

 

4.「自分の見た目はよくない」 

「私はそれほど綺麗でも可愛くもないし、頭も良くないし、平均以下だ…」
と思い込むのは、絶対にやめましょう。

あなたは、価値のある立派な一人の女性です。
あなたが自分で思っているよりも、あなたには価値があるのです。
あなたがいるだけで、助かっている人がたくさんいるはずです。

私たち誰にでも、不安はありますが、自分の性格や容姿に不満を持つ理由はありません。

たいてい、自分で思っているよりも、そんなに気にする必要のないことが多いからです!
周囲の人から見るあなたと、あなたの思うあなたとでは、感じ方が違うことが多いですよ。

友達に聞いてみてみましょう。
あなたがいかに素晴らしいか、快く答えてくれるはずです!
かけてくれる言葉に偽りはないはずですから、その言葉を信じましょう。

 

5.「自分の仕事が嫌い」

メンタル

世の中には、必死に仕事を探している人がいます。
ですので、不満をもらせる仕事があることは、嬉しいことですよ。

本当に、本当に、自分の仕事がイヤなら、あなたには辞める勇気があるはずです。

不満をもらす代わりに、今持っているものに感謝しましょう。

もしくは、自分のキャリアに満足できるように、今いる状況を変えるように努力しましょう。

 

6.「暇だ」

つまらない

暇で、何もすることがなく退屈である状況に、落胆しないようにしましょう。
なぜなら、やることが多すぎて自由な時間が欲しい、と切実に願う日がその内くるからです。

それに、いくら暇でも、やれることはいくらでもあります。
本を読んだり、テレビを見たり、古い友人に電話をかけたり。

暇な時間は、いくらでも癒せます!
なぜそのことに不満を抱く必要がありますか!?

 

7.「やりたくない」

これは最もよくある不満かもしれません。
私たちには、本当ならやりたくない、タスクや仕事がたくさんありますもんね。

しかし、その仕事があなたに回り巡ってきたということは、あなただから任せられる、あなたを信頼している、と誰かが考えたからかもしれません。
それか、今それをできるのがあなたしかいないからかもしれません。

やりたくないことをやる中で、今までには気付かなかった、自分の得意なものも見えてくるかもしれません。

何事も、ネガティブに遮断することはやめましょう。

必ず、役に立つことが後々あるはずです!

 

おわりに

不満には、大きなことも小さなことも、関係ありません。
泣きごとを言っていても、今の状況を変えることはほとんどありません。

ですので、くどくどと不満をもらすのをやめれば、今よりもっとハッピーになれるはずです。

あなたは、どの不満を一番よく漏らしますか?
今一度、自分自身の言動を振り返ってみましょう!

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る