【ストレス解消劇場Vo.2】呼吸を忘れて体調も体形も悪化したウーマン達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ストレス解消劇場Vo.2】呼吸を忘れて体調も体形も悪化したウーマン達

◆身体が固まっている、つまり、それは…こういうこと

さて、ストレスは非常に身体にとって危ないことはもうお分かりですよね。
少しのストレスだと、自覚症状も少ないので、大丈夫だという思いがあります。
ですが、いつもストレスにさらされるのが当たり前になっていると、自分がストレスを感じているかどうかの感覚も鈍くなってくることがあります。
つまり、本当はストレスで一杯の状態なのに、自分は一向に気付かない、という恐ろしい状態です。
ここまでの状態になっていくと、溜まり溜まったストレスがいきなりパンッ!と何かがはじけたように病気の症状が出てきたりしますので、ぜひ早めに自分を労わる事を始めて欲しいです。

ストレスに蝕まれている人は身体が凝り固まる、常に緊張状態になっているということは、前回Vo.1でも説明しましたが、身体が固まったままだと、何をしても上手く機能しません。
ゆっくりお風呂に浸かる事に飽きてき始めたら第二段階の対策をしてみて欲しいのです。
お風呂に長く浸かる事により、身体も以前に比べて十分にほぐれてきているはずなので、この状態でぜひ、実践してみて欲しい習慣があります。

それは、呼吸です!

 

◆深い呼吸を十分にしている人は意外と少ない

呼吸なんて毎日していますよ、と感じるかもしれませんが、深い呼吸を毎日している人は意外と少ないと思います。
呼吸が浅くなってくると、胸の筋肉が凝り固まっているのでバストの位置が下がったり、酸素が体に十分に行き渡らない為、脂肪燃焼もされにくくなるので身体のラインも全体的に下がり気味になります。
悲しい事ですよね。
ただ呼吸をしているだけの人と、深い呼吸をしている人とでは身体の機能や、代謝、体形にまで影響が出るなんて恐ろしくないですか。

自分は間違いなく深い呼吸をしているという確固たる自信がある方はどの位いるのでしょうか。
ただでさえ忙しい毎日を過ごしているのに、呼吸なんて意識したことないかもしれませんよね。

しかし、その忙しい毎日を生きているからこそ実践して欲しいのがこの深い呼吸なのです。
今までテレビを見るのに使っていた時間を、お酒を飲むことに使っていた時間を5分程頂くだけでいいのです。

 

◆リラックスすることを意識する時間を設ける

正しい呼吸の方法はいくつもありますが、今回紹介するのは座ったまま呼吸する方法です。

  1. まず、楽な姿勢で座ります
  2. 丹田というへその下10cmの場所の中に丸いボールをイメージします
  3. 鼻から息をゆっくり大きく吸う
  4. 身体のボールの中に息を入れるイメージで口から吐きます。(10秒くらい)
  5. 2,3回繰り返す

たったこれだけです。
自律神経は本来自動的に動いてくれるシステムなのですが、それが崩れたのが自律神経失調症というものです。
自分の意思で調節が出来る呼吸を使って自律神経の調子を整える事が可能になりますので、ぜひ、お試し下さい!

つまり、呼吸をコントロール出来る人は、自律神経もコントロール出来る人だと言う事ですね。
身体の調子も良くなって代謝も上がり、体形も上向きになるならこんなに嬉しい習慣はないですよね!?
しかも、無料でどこでも簡単に出来るのです。
これからは、高いマッサージやエステに行く必要もないかもしれませんよね。

※マッサージやエステを否定している訳ではありません。
 お金に余裕のある人はぜひ、行って下さい^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事






ページ上部へ戻る