正月太りは何故起こる?原因と対策・解消法が知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正月太りは何故起こる?原因と対策・解消法を伝授します!

正月太りは何故起こる?

 今年も残りわずかとなりました。
仕事がてんてこ舞いだ!という人が多いかと思います。
しかし、あと少しの辛抱で楽しい楽しいお正月休みが待っています!
お正月と言えば、おせちやお雑煮…美味しいものがたくさん並びますね。
はい、そこで気になるのが正月太りです。

正月太りの原因って何でしょう?
ダラダラした生活?お餅の食べ過ぎ?
確かにそれらも十分な原因になりますが、それよりも年末の食生活が影響している可能性の方が大です。
年末は忘年会などで遅い時間まで脂っこいものを食べたり、アルコールを飲んだりという機会が増えますね。
正月太りの一番の原因はこれです。

そんな年末の忙しい仕事が終わると、今度はお蕎麦やお餅といった炭水化物を食べる機会が増えてきます。
炭水化物は水分を多く含んでいますから、取りすぎるとむくみやすくなります。

さらに注意が必要なのがお節料理。
重箱に入っている色鮮やかなお正月料理、お家で手作りする人もいれば、デパートで注文するという人もいるでしょう。
このおせち、日持ちするものが多い事にお気づきでしょうか?
そうなんです、おせちは保存食なんですね。
これには、お正月くらいはお母さんが食事の支度を休めるようにという意味があるんだよと幼い頃聞いたことがあるのではないでしょうか?
正確には、お正月は火を焚いたり家事をするなど騒々しい事は控えて、仏前では静かに過ごしましょうという意味があります。

話が逸れましたが、このようにおせちは保存食であるが故、塩分が高めです。
塩分の取りすぎもむくみの原因になります。
一見ヘルシーに見えるので、お餅を控えておせちでお腹を満たそうとすると、逆効果だったりするんです。

年末の飲み会と太りやすいお正月料理のダブルパンチに加え、寒いからといってコタツの中でゴロゴロと運動不足に陥ることで、年明けに服がキツイ…という現象が起こってしまうのです。

 

正月太りを回避するために

では、正月太りを回避するためにはどうすればいいのでしょうか?
年末の飲み会はお付き合いなので断れないことが大半。
そこで、気をつけたいポイントをまとめました。

年末のお付き合い編 

1 アルコールは控えめに

アルコールって実はとてもカロリーが高いんです。
ですから、初めの乾杯以降はウーロン茶などにできれば最高です。
そうもいかない時は、まずビールを避けましょう。
ビールは食欲増進効果があるので要注意です。
次に、ジュース類で割ってあるものも避けましょう。
甘いカクテルなどは美味しいですが、我慢して水割りやお茶割りにしましょう。
お湯割りなら食道が温められて代謝が上がります。

 

2 アルコールはお水と一緒に飲む

お水とアルコールを交互に飲むことで、全体のアルコール摂取量を減らすことになります。
また、お水はアルコールの代謝を上げ、二日酔い防止にもなり一石二鳥です。
大してアルコール度数が高くなくてもチェイサーを頼みましょう。
注文時にこっそり、アルコール薄めにしてくださいと店員さんにお願いするのも良いかもしれません。

 

3 おつまみは野菜から

おつまみを食べる順番ですが、まず野菜から!これ鉄則です!
野菜に含まれる食物繊維が、アルコールの吸収をゆるやかにしてくれます。
野菜の次はお肉系を食べ、麺類や米類は一番最後に食べましょう。

 

4 調味料つけすぎ注意

サラダ、揚げ物、お刺身…何れも必ずといって言いほど調味料がついてきますよね。
ケチャップやマヨネーズ、ドレッシングなどはカロリーが高めなのでつけすぎに注意が必要です。
調味料がなくても食べられるものは、なるべくそのままでいただきましょう。

 

5 締めのラーメンは絶対だめ!

当たり前ですが飲み終わった後にラーメンを食べる事は絶対に×!
太ります。
また、締めと言えばアイスやパフェなどのデザートもよく食べられますが、こちらも胃が冷やされるので我慢した方が良いでしょう。
胃を冷やすと吐き気の原因になるとも言われています。
どうしても最後に何か口にしたい時は、温かいスープやフルーツがおすすめです。

 

お正月編

1 初詣で運動不足解消

寒いし人ごみは嫌い!とついコタツでTVを見ながらゴロゴロしたくなるお正月ですが、運動不足は正月太りに繋がります。
食っちゃ寝生活にならないように、なるべく車などを使わず、歩いて初詣へ出掛けましょう。
初売り戦争に赴くのも体力を使うのでおススメです。

2 お餅は二個まで!

お餅のカロリーを見てみると、ご飯1膳(150g)が約252kcalに対し、切り餅はひとつ(約50g)で120kcal前後です。
切り餅2個までならご飯1膳分とほとんどカロリーは変わりません。
ですから2個くらいまでなら食べてもOKですが、それ以上になるとカロリー取りすぎになってしまうので我慢しましょう。

3 お雑煮は具をいっぱい入れる

お雑煮と言えばお餅ですが、②でも述べたとおり、お餅を入れ過ぎるとカロリーオーバーです。
お雑煮は地域によってレシピが様々だと思いますが、出来る限りお餅を控えるように食べましょう。
ほうれん草や小松菜、大根、きのこなどの具をなるべく多く摂ります。
鶏肉はモモ肉よりもささみを使うとヘルシーです。

 

4 七草粥を食べる

1月7日に食べる七草粥は、飲み会やお正月料理で疲れ気味の胃をリセットするのに最適です。
七草全てを揃えるのは大変そうに感じますが、お正月になるとスーパーで「七草粥セット」が売られています。

作り方ですが、著者は炊飯器を使って作っちゃいます。

  • 材料
    七草(セリ・ナズナ・ハハコグサ・ハコベ・コオニタビラコ・カブ・大根)
    お米
    水塩
    醤油
    だしの素
  1. 七草は細かく刻んでおきます。
  2. 研いだお米、カブ、大根、だしの素、塩、醤油をお釜に入れ、「全がゆ」の表示まで水を入れます。
  3. 炊飯スイッチをON!
  4. 炊き上がったら、刻んだ七草を加えて少し蒸したらできあがりです!

簡単ですよね!
お米は玄米が健康的でおススメです。

 

おわりに

いかがでしょうか。
ついつい気を抜いてしまいがちな年末年始。
お休みが明けてから後悔しない為に、少しでも健康について意識しておくことが大切です。
これから飲み会に参加するときは、実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Aya

著者の記事一覧

こんにちは、趣味は掃除と通販、嫌いなものは人ごみというインドアなアラサ―主婦です。
27歳を迎えた頃から急激にお肌の老化を感じ、スボラながらに美容を意識するようになりました。
Lierでは化粧品のレビューやおすすめしたいカワイイものなどの紹介をしていきます。
大学で学んだ心理学と、女の職場で働いた経験を活かして、人間関係やストレスについての記事も書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る