新婚さん必見!結婚生活がマンネリ化しないために今日から実践したい習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新婚さん必見!結婚生活がマンネリ化しないために今日から実践したい習慣

結婚生活を快適に送るためには、大切になるルールや習慣がいくつかあります。
その習慣があるかないかでは、結婚生活に大きく違いを生んでしまうんです。

習慣とは言っても、ほんの小さな事に気を付けるだけの簡単なものです。
あなたの結婚生活やパートナーとの関係がより幸せなものになるためにも、今日から実践してみましょう!

 

1.「いってらっしゃい」と「おかえり」のキス

日頃のあいさつの時にお互いにキスをしていますか?
結婚生活をより良くするためにも、キスはとっても重要。

彼が家を離れる時には「さみしいから、早く帰ってきてね」の気持ちを込めて、
彼が家に帰って来た時には「帰ってきてくれて嬉しい」の気持ちを込めて、キスしてあげましょう。

「毎日キスなんて恥ずかしいし、面倒だなぁ…」なんて思っていませんか?

でも、朝や帰りの、ほんのちょっとの時間で済むんです。
これで結婚生活が円満に遅れたらハッピーじゃないですか?

結婚生活が長くなるとこういった習慣もだんだん無くなってしまいますが、意識してキスをする事が肝心ですよ!

 

2.「愛してるよ」の言葉を

「好き」「愛してる」などの言葉は、とっても重要。
しかし、分かってはいてもやっぱり年々言わなくなってしまうんですよね。
またそうでなくても、お互いが「好き」だとすでに認識しているので、あえて口に出さなくてもいいと思いがちです。

しかし!それは間違った考えです。

恥ずかしくても、「愛してるよ」と言い続ける事が肝心。
こんな甘い言葉、嫌いな人なんていません。
言われた彼はきっと嬉しいですよ。

愛の囁きに「言い過ぎ」なんて存在しません!

 

3.あなたの1日の話を聞かせてあげて

今の旦那様と初めて会った時をちょっと思い出してみて下さい。
一緒にいる間、楽しくておしゃべりが絶えなかったのではないでしょうか?
きっとあなたの口は閉じる事が無くて、彼はうんうん、と笑いながら聞いてくれてた事でしょう。

実はこれも、結婚生活において無くてはならない物の1つ。
楽しくおしゃべりをしていた自分を思い出してください。

結婚してしまうとなんだか落ち着いてしまい、お互いあまり話さなくなります。
これはきっと、喋らなくてもお互い何を考えているのかが分かってくるからなんだと思います。

でも、楽しい結婚生活に会話は大切です。
まずは今日1日の出来事から話してみましょう。
きっとそれがきっかけになって、どんどん話は膨らんでいきますよ!

 

4.「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」をしっかり!

先ほど、日頃のあいさつの時にはキスをしましょうと言いました。
しかし皆さん、そもそもあいさつ、しっかりできていますか?

寝る時間や起きる時間が違うために、こういったあいさつを出来ていない人は多いと思います。
ですが、やっぱり毎日言い続けることが大事です。
会えないのなら、電話やメールもいいと思います。

「おはよう!今日も頑張ってね」
「おやすみ。今日もお疲れ様!」

の一言でも、旦那様は嬉しくなると思いますよ!
こんな簡単なあいさつでも、毎日続ければ2人の仲は深まっていきます。

また、「ありがとう」も同じです。
感謝の気持ちを忘れずに、相手に伝えてあげましょう。

 

5.手を握ってあげましょう

結婚生活がどんなに長くなっても、手を握ることは止めちゃいけません。
手を握るなんてほんの些細な事と思いがち。
ですが、パートナーに「愛してるよ」「一緒にいたいよ」というサインを送るものなので、すごく大切なんですよ。

また、特に女性は”手を握る”という行動のおかげで落ち着きや安らぎを得られるんです。
さらに、血圧も一時的に下げてくれる効果もあるそうです。

2人の関係を長続きさせるためにも、今日から旦那様の手をそっと握ってあげましょうね。

 

おわりに

どうでしたか?
「なんだ、こんな簡単な事でいいんだ!」と思われた方が多いのでは?

この些細な習慣が、2人の関係や毎日の生活をより楽しく幸せにしてくれるでしょう。

繰り返しますが、小さな行動が大きな結果を生むんです!
今日から一歩を踏み出してみましょう♪

参考元:all women stalk
Photo by seanmcgrath

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事


ページ上部へ戻る