化粧をするだけで、脳・心・身体も若返り♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧をするだけで、脳・心・身体も若返り♪

 

化粧が脳に与える効果とは

化粧はただきれいになるための手段ではありません。
他にも沢山の嬉しいことがあるのです♪
今回は資生堂ジャパンの研究で分かった化粧をするときに身体に起きていることをお伝えしながら、最後には若返りメイクをお教えしたいと思います。

 

段取り

脳のイメージ

まず化粧をするときには、使う化粧品を選ぶところからスタートしますね。
その段取りは前頭葉を使っています。
前頭葉とは頭の前半分、側頭葉の上前部にある領域で、前頭前野と運動野、運動前野に分けられます。
前頭前野は、思考や創造性を担う脳の最高中枢と考えられ、生きていくための意欲や、情動に基づく記憶、実行機能などをつかさどっていて、脳全体の司令塔、あるいはオーケストラの指揮者にたとえられます。
ここを使うことによって、老化防止が期待できますね。

 

化粧品を手に取って使う

鏡で肌をチェックする女性

化粧をするときには、腕を動かしながら顔に触れると思います。
そのときは、運動野で動かし、体性・感覚野で触ります。
そして運動機能では小脳を使っています。
化粧をしているときは、五感を刺激しながら、軽運動をしていることになるのです。

 

仕上がりを鏡で見る

鏡で肌をチェックする女性

見るという行為は視覚野を使います。
仕上がりをみることで、快感情・アイデンティティの確認・記憶の想起ができます。

 

化粧をしておしゃべり

女子会

口紅などで色が入ると表情が豊かに変わり、自信も出てくるので、他者とのコミュニケーションもしたくなります。
きれいになると、わくわくして笑顔になり、お出かけなどもしたくなりますよね。
笑顔で人と話したりすることで前頭前野が活性化して脳に良い影響を与えます。

 

継続による生活の変化

350 女性 スキンケア 鏡 笑顔 マッサージ クリーム 洗顔 乳液 化粧水

女性なら美しくなって嬉しくない人はほぼいないと思います。
ですから、毎日化粧を習慣にすることで幸福感が持続するのです!
さらに免疫力も向上しちゃいます♪

心の変化

ひまわりを持つ女性

化粧療法という言葉を知っていますか?
ある高齢者をメインとする病院で化粧を継続的に取り入れた結果、表情が明るくなった方が90%、おむつが必要だった方も自立しご自身で行うようになった方が多数いらしたそうです。
寝たきりで死ぬことばかり考えていたという女性からは、化粧をすることで生きる気力がでたという言葉が上がったり、化粧をすることで自発性を引き起こさせたということがよくわかりますよね。

 

脳の変化

脳のイメージ

はじめに、化粧をするときは前頭葉を使っているということに触れましたが、継続して行うと脳の血流量が増えるので脳の活動が高まることが分かっています。
そして唾液の測定でわかったことはストレスホルモンの減少です。
さらには認知症の方での検証結果では、化粧を継続的に行った人は化粧をしなかった人に比べて、3か月で認知機能低下が抑制されました。

 

身体・口腔の変化

深呼吸をする女性

まず、継続的な化粧行為により握力が上昇します。
さらに化粧動作は食事動作の約2~3倍の筋肉を使うので、運動不足の人はフェイスマッサージをしたりしているだけでも二の腕や胸のトレーニングにも繋がります。
口腔機能においては、唾液の分泌が増加することがわかっています。

 

若返り化粧法のポイント

スキンケアをする女性

年齢を重ねると、シミ・くすみが気になってきたり、全体的につや・弾力が減ってきたりと悩みがつきませんよね。

ベースメイク

まずはスキンケアで肌にうるおいを保つことが最優先です。
塗布するときは、上へ上へと伸ばしていき顔全体のたるみを軽減し、眉間は中央から顔の外側に向かって伸ばし、しわができないようにしましょう。
乳液やクリームなどの保湿液のあとは、手のひらで顔を包み込み温めながら浸透させましょう。

ファンデーションの色選び

メイクは、自然な肌色にすることが基本です。
ファンデーションの色選びは慎重に行いましょう。
首の色と明らかに違うと自然な美しさではなくなり、厚化粧に見えてしまいます。
自分の色がわからず、ビューティーコンサルタントがいない場合には、輪郭のところにファンデーションを2種類くらい試しに塗ってみて浮いていないものを選びましょう。

チーク

次にチークで血色を出しましょう。
チークが苦手な方って意外に多いのですが、一番簡単なのはニコっとか髪を見て笑って一番高い位置のところにくるくるとのせます。
この時注意が必要なのは、色の付けすぎです。
チークブラシで色を取ったら少し落としてから頬に塗りましょう。
薄くのせてみて、さらにのせたいと思ったらまた薄く重ねましょう。
いきなりいっぱい塗るから、チークが浮いてしまうのです。

アイブロウ

眉は少し上昇ラインを意識して眉山から描きましょう。
眉の始まりは、目の始まりと縦軸で同じになるように合わせ、眉尻は眉頭と一直線上になるように、上がりっぱなしにならず戻ってくると横顔も美しいです。

リップ

口元はふっくら艶やかさをだしたいので、リップペンシルで描いてからリキッドタイプで塗るとつやと、しっかり感も演出できます。
目元は、洋服の色や演出したいイメージに合わせて選びましょう。
失敗しない色の選び方は、口元と頬を同じ色系統に合わせることで違和感をなくします。

 

おわりに

毎日の化粧を続けることで、いつまでも健やかで美しい女性でいられたら幸せですよね♪
余力のない時は時短アイテムなどを使いながら、楽しく続けていきましょう。

 

素敵な大人の女性になりたい人必見。アラサーの本気の美人修行素敵な大人の女性になりたい人必見。アラサーの本気の美人修行
Cheerful attractive young woman with towel on her head and face cream on her nose over white background30代・40代のスキンケアで大事なことは?口コミで人気のおすすめ商品をご紹介!
ずっと若々しくいたい・・・ハリ艶のある肌をいつまでも保ち続ける方法ずっと若々しくいたい・・・ハリ艶のある肌をいつまでも保ち続ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 結香

著者の記事一覧

年齢を重ねるごとに増す深みある美しさが好きです。
化粧品販売の経験を生かして化粧セラピストとしてボランティアをメインに高齢者・障碍者の方々に整容講座やメイクを行う活動をしています。
一人一人がそれぞれの美しさの形を見付け、生涯健やかで美しく生きることのお手伝いができたら嬉しいです。
活動ページはこちら

関連記事


ページ上部へ戻る