25歳から薄毛予防を!女性の育毛に効くアイテムと改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「薄毛」というと男性の悩みというイメージが強いかもしれませんが、女性も年とともに髪が薄くなっていきます。
男性の薄毛と女性の薄毛は種類が違うことをご存知ですか?
そして25歳を過ぎたら薄毛ケアをしていった方がいいということをご存知ですか?
今回は女性の薄毛の原因や、正しいケア方法、若いときから始めてほしい予防方法をご紹介します。
今現在薄毛に悩んでいる方から、未来の髪の毛が心配だという方まで、是非参考にしてみて下さい。

おすすめ育毛サプリメント

マイナチュレサプリ

【内容量】90粒(1日3粒、1ヵ月分)
【通常価格】6523円(税込)
【定期価格】5695円(税込)
女性用育毛剤でも有名なマイナチュレの、育毛サプリメントです。
マイナチュレは3年連続でモンドセレクション金賞・銀賞を受賞していることからも分かるように、多くの方に親しまれています。
この商品は「髪のボリュームアップ」「健康」「美容」と3つの観点からつくられています。
毛髪に必要だけれども、普段の食生活で補うのが難しい栄養素を5つ配合し、髪にハリ・コシ・ツヤを与えてボリュームアップしていきます。
健康面では植物酵素を109種類も配合しています。
美容面ではコラーゲンヒアルロン酸、ビタミンCなど、年齢と共に不足してしまう美肌要素を配合しています。
「ペタっとしていた髪にボリュームが出た」「疲れにくくなった」「肌がキレイになった」という声を多く寄せられている優秀なサプリです。

 

【目次】

女性の薄毛は何歳から?
薄毛になりやすい女性の特徴
男性の薄毛と女性の薄毛の違いについて
女性の薄毛に効果的なアイテムとは?
薄毛を改善するための生活とは?

 

女性の薄毛は何歳から?


女性の髪が薄くなってくるのは何歳からなのでしょうか。
一般的には40歳前後と言われています。
薄毛は老化現象のひとつではありますが、生活習慣やホルモンのバランス、生まれつきの髪質など人によって薄毛になるスピードにかなりばらつきがあります。

最近では30代で薄毛に悩む人が増えてきているという傾向があります。
完全な薄毛ではなくても、
「以前よりボリュームがなくなった」
「髪の立ち上がりが悪くなり、ヘアスタイルが上手くいかなくなった」
という、以前とは違う・・・という変化を感じている方が多いのです。

そして薄毛予防として大切なのは、薄毛になってしまってからではなく、その手前から育毛ケアが出来ているかどうかです。
薄毛になってからそれを改善することも可能ですが、そうなる前に予防をしておく方がはるかに簡単だからです。

なので、25歳を過ぎた辺りから、将来の髪の毛のことを考えて対策しておくことは決して無駄なことではありません。

とくに生まれつき「髪の量が少ない」「髪が細い」などの人は、その変化に気づきやすいようです。
量が少なく細いから薄毛になるわけではありませんが、少しでも髪が減ってきたときに目立ちやすいからです。

薄毛は、老けて見られたり貧相に見られたり、ヘアスタイルを楽しめなくなったりと、女性にとって大きな痛手となってしまいます。
髪の毛は思っている以上にその人の印象を決める大きな要因となっています。
薄毛にならないためには、早いうちからのケアがとても大切です。

 

薄毛になりやすい女性の特徴


今はまだ大丈夫だけど将来が不安・・・という方も多いと思います。
以下の薄毛になりやすい女性の特徴を見て、自身が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

●ヘアカラーやパーマを常用している
●入浴はシャワーで済ませることが多い
●髪の毛を洗う際、すすぎよりも洗うことに時間をかける
●入浴後、髪をすぐに乾かさない
●脂っこい食べ物がすき
●よくお酒を飲む
●タバコを吸う
●睡眠時間が短い
●ストレスが溜め込みやすい
●親が薄毛

以上の項目に当てはまる数が多ければ多いほど、将来薄毛になる危険性が高くなります。
もちろん体質、髪質の問題もありますが、数が多かった方は要注意です。

 

男性の薄毛と女性の薄毛の違いについて


薄毛が気になってきた女性でよくありがちなのは、薬局などでもたくさん売り出されていて手にしやすい「男性用育毛剤」をそのまま使ってしまうというパターンです。
全く効果がないとは言いませんが、女性には女性に適した育毛剤や方法を選んだほうが効果的です。
何故なら、男性と女性の薄毛は種類が違うからです。

男性の薄毛

男性の薄毛の主な原因は「男性ホルモン」によるものです。
男性ホルモンは「ジヒドロテストステロン」という、毛髪の成長妨害する物質に変化します。
また、頭皮の皮脂が過剰分泌することも、男性の薄毛の大きな原因です。
そして男性の薄毛は、M字型やO字型に後退していったり、頭頂部から薄毛が広がっていったりします。
要するに決まった箇所から髪が生えなくなり、それが徐序に広がっていくという特徴があります。
一度髪が生えなくなってしまった毛穴から、再びフサフサの毛を生やすことが難しいのも特徴です。

女性の薄毛

女性の薄毛の場合、原因にもっと多様性があります。
ひとつは「女性ホルモンが減少し、変わりに男性ホルモンが分泌されるようになる」ことがあります。
これは男性の薄毛の原因とよく似ています。
ですがそれだけではなく、「妊娠・出産」や「加齢」、「生活習慣」や「ストレス」など、様々な原因があります。(※中には男女共通の原因も含まれます)
また男性のようにどこか一箇所から薄毛になることはなく、髪全体のボリュームがなくなって髪が細くなるという特徴があります。髪が薄くなって分け目が目立つようなことはあっても、男性のように全体に渡ってツルツルになることはありません。
男性の薄毛に比べると、女性の薄毛の方が改善しやすいのも特徴です。

 

女性の薄毛に効果的なアイテムとは?

女性の育毛をサポートするアイテムはどんなものがあるでしょう。
たくさんある中でジャンル毎にオススメの商品を紹介していきます。
気になった商品は是非試してみてください。

育毛サプリメント


近年の健康志向から育毛においても、「栄養を取り入れて身体の中から育毛を促す」という考えが高まっています。
それを実現できるのが「育毛サプリメント」です。
中でも、育毛だけでなく、美容や健康への効果もある商品が人気です。
髪と身体、両方を元気にして、更に肌まで整える効果が1つに詰まっている人気サプリを紹介します。

おすすめ育毛サプリメント

マイナチュレサプリ

【内容量】90粒(1日3粒、1ヵ月分)
【通常価格】6523円(税込)
【定期価格】5695円(税込)
女性用育毛剤でも有名なマイナチュレの、育毛サプリメントです。
マイナチュレは3年連続でモンドセレクション金賞・銀賞を受賞していることからも分かるように、多くの方に親しまれています。
この商品は「髪のボリュームアップ」「健康」「美容」と3つの観点からつくられています。
毛髪に必要だけれども、普段の食生活で補うのが難しい栄養素を5つ配合し、髪にハリ・コシ・ツヤを与えてボリュームアップしていきます。
健康面では植物酵素を109種類も配合しています。
美容面ではコラーゲンヒアルロン酸、ビタミンCなど、年齢と共に不足してしまう美肌要素を配合しています。
「ペタっとしていた髪にボリュームが出た」「疲れにくくなった」「肌がキレイになった」という声を多く寄せられている優秀なサプリです。

女性用育毛剤


育毛剤には、男性用、女性用、男女兼用と、種類が分かれます。
一般的に女性用は、保湿剤や栄養成分がたっぷり配合されて低刺激な商品が多く、男性用は皮脂分解成分、抗菌成分、清涼剤などを使った少し刺激のある商品が多いです。
女性の場合、油分が足りず頭皮が乾燥して硬くなっていることが多いので、マイルドにつくられた女性用育毛剤を使うことをオススメします。

おすすめ女性用育毛剤

ベルタ育毛剤

【内容量】80ml(使用目安1カ月分)
【通常価格】5980円(税抜)
【初回限定価格】3980円(税抜)
【定期価格】4980円(税抜)
イソフラボンなどの女性ホルモンに近い成分や、植物由来成分を中心とした栄養成分をぎゅっと一本に凝縮させた女性用育毛剤です。
99.6%が天然由来の成分でつくられています。
固くなった頭皮を柔らかくし健康な状態にすることで、抜け毛を防ぎ、強い髪の毛を作ります。
また、粒子が小さく、毛穴の奥にも栄養成分が浸透しやすいのも特徴。
育毛剤だと分からないようなおしゃれなデザインも人気です。
楽天サイトなどでも1位を獲得し、妊婦や敏感肌の人でも使えるので、多くの女性に愛用されています。

女性用育毛シャンプー


育毛では、毎日するシャンプーを見直してみるのも大事です。
最近はノンシリコンやオーガニックのシャンプーが人気ですが、薄毛でお悩みなら、髪にハリやコシを与えて育毛を促す、ボリュームアップに特化したシャンプーを使うことをオススメします。

おすすめ女性用育毛シャンプー

スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(ボリューム)

【内容量】350ml
【通常価格】3900円(税込)
【定期価格】3315円(税込)
男性用育毛剤などでも有名なの「アンファー」から出た、女性用育毛シャンプーです。
髪にハリやコシや潤いを与える美容成分が64%、イソフラボン含んだ豆乳発酵液が16%、洗浄成分が17%という構成でつくられています。
乾燥とベタつき、両方の頭皮トラブルにアプローチします。
抜け毛が減る、髪が立ち上がりフワっとするといった育毛効果はもちろん、シャンプーとして大事な「洗浄力が高いのにキシキシしない」「泡立ちがすごくいい」などの、使い心地の良さも好評です。

 

薄毛を改善するための生活とは?


普段の生活では、どんなことに気をつければ薄毛の改善に繋がるのでしょうか。
育毛アイテムと併用して行っていきましょう!

大豆製品を摂る

バランスのいい食生活は薄毛対策の基本ですが、とくに意識して取り入れたい栄養素はイソフラボンです。
女性の薄毛は女性ホルモンの減少が大きく関わっているので、女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンは薄毛対策に欠かせません。
イソフラボンは、豆腐や納豆や味噌などの大豆製品の多く含まれています。

頭皮をマッサージする

頭皮が硬く張っている状態は、血流が悪くなっている証拠です。
気がついたときに頭皮をマッサージしてあげることで、新陳代謝が高まり抜け毛の予防になります。
両手の4本指を顔周りの生え際置いて、くるくると円をかくように後ろに向かって動かします。
今度はえりあしに4本指をセットし、円をかくように上に向かって動かします。
ポイントは頭皮を動かすように意識することです。
また、柔らかめのヘアブラシなどで、投資を軽くトントン叩いてあげるのも血行促進に繋がります。

シャンプーをよく洗い流す

シャンプーの洗い残しは、毛穴や頭皮にとってかなりの負担となります。
どんなに天然由来で優しいシャンプーを使っていても地肌にとってはやっぱり刺激となるのです。
地肌に残ったシャンプーは、かゆみ、フケ、などはもちろん抜け毛の原因にもなります。
シャンプーの際は「洗い」よりも「すすぎ」に時間を掛けるくらいの気持ちで行いましょう。

同じヘアスタイルを続けない

ずっと同じヘアスタイルを続けていると、刺激がかかっている頭皮の部分から髪が薄くなっていくことがあります。
特にポニーテールなどのアップスタイルは髪を強く引っ張ってしまうので要注意です。
ダウンスタイルの場合でも、ずっと同じ分け目にしているとそこから髪が薄くなる傾向にあります。
紫外線などの外的刺激から守るためにも、分け目を日によって変えるなどし、頭皮を労わってあげましょう。

ヘアカラーやパーマを極力しない

カラー剤やパーマ液は、オーガニックのものであっても頭皮に強い刺激を与えます
頭皮の健康が損なわれると、抜け毛、薄げの原因となります。
また、髪に与えるダメージも大きく、髪が痩せて細くなり、余計にボリュームダウンしてしまう原因となります。
オシャレを楽しみたい気持ちは分かりますが、本気で薄毛に悩んでいるのなら、コテを使ったヘアアレンジなどを研究し、頭皮への刺激は避けるようにしましょう。

 

おわりに

髪の毛ひとつでその人の印象はかなり変わりますよね。
例えば同じ人でも、パサパサの痛んだ髪と、潤ったツヤのある髪では、後者の方が断然素敵に見えます。
髪のボリュームがあるかないかでは、それ以上に見た目の印象を左右します。
やっぱり髪が薄くペタっとしていると、どうしても老けて見えるし、幸の薄い印象も与えてしまいます。ヘアスタイルも楽しめなくなりいいことがありません。
髪は女性の命なんて言いますが、大げさすぎる表現ではないかもしれないですね。
薄毛になる手前から育毛ケアをしているかどうかが、薄毛になるかどうかの分かれ道だとも言われています。
素敵に年を重ねていくために、自分にあった育毛ケア方法を考えておきましょう。

おすすめ育毛サプリメント

マイナチュレサプリ

【内容量】90粒(1日3粒、1ヵ月分)
【通常価格】6523円(税込)
【定期価格】5695円(税込)
女性用育毛剤でも有名なマイナチュレの、育毛サプリメントです。
マイナチュレは3年連続でモンドセレクション金賞・銀賞を受賞していることからも分かるように、多くの方に親しまれています。
この商品は「髪のボリュームアップ」「健康」「美容」と3つの観点からつくられています。
毛髪に必要だけれども、普段の食生活で補うのが難しい栄養素を5つ配合し、髪にハリ・コシ・ツヤを与えてボリュームアップしていきます。
健康面では植物酵素を109種類も配合しています。
美容面ではコラーゲンヒアルロン酸、ビタミンCなど、年齢と共に不足してしまう美肌要素を配合しています。
「ペタっとしていた髪にボリュームが出た」「疲れにくくなった」「肌がキレイになった」という声を多く寄せられている優秀なサプリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る