冬こそ脂肪撃退の季節!『褐色細胞』を活性化して代謝を上げよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬こそ脂肪撃退の季節!『褐色細胞』を活性化して代謝を上げよう

夏の方が汗も出るし痩せそうなイメージが沸きますよね?
でも実は体の中から代謝が上がり脂肪撃退しやすい季節は冬なんです!
外にいる鳩やスズメのように丸まってじっとしているのはとてももったいないです!
お風呂でゆっくり温まり、自分自身にある筋肉を冬眠させずにフル活用してあげて体温を上げてあげましょう!

 

何故、冬の方が代謝が上がりやすいの?

運動をする女性

人間などの哺乳類や鳥類は、爬虫類や魚類などの周りの温度に変化する『変温動物』とは違い、身体の体温を一定に保とうとする『恒温動物』です。
一定の温度に保とうとすれば、冬は自分の身体から代謝を上げて体温を一定に保つ必要があります。
なので、冬は基礎代謝が上がりやすいですが、夏は逆に身体の体温を下げようとする働きが起こるので基礎代謝が下がりやすい時期になります。
基礎代謝とは、身体を横にした状態で心臓が動き呼吸をして体温維持をしていく時のエネルギー発生が基礎代謝と言います。
人間が生きていく上で最低限必要なエネルギー量の事です。
ただこの生命活動だけでも代謝が低い人と高い人の差が出てきます。
そうなるともちろん痩せやすかったり、痩せにくいという差が出てくるのは納得できますよね!
なので基礎代謝を上げていく事が直接的にダイエットにかなり効果的になるということがわかっていただけたでしょうか?

 

代謝を効率良く上げてくれる細胞

ダイエットに成功した女性

実は脂肪細胞には『白色脂肪細胞』『褐色脂肪細胞』という2種類の脂肪細胞があります。
いわゆる肥満の原因となる細胞は『白色脂肪細胞』で、皮下や内臓周辺に蓄積されていくものとなり、女性は男性に比べて多く身体に存在します。
これに対して『褐色脂肪細胞』は、体温を保つ為に体内からエネルギーを発生させる性質を持っているので代謝が上がる為に必要な細胞となります。
実は、この細胞は赤ちゃんに多く存在します。
赤ちゃんの頃は体温も高く、寝ると寝汗もすごくかきますよね?
乳児の時には数が多いのですが、成長するにつれてどんどん減少していき20歳以降になると肩甲骨の周辺にしか残りません。

女性の肩甲骨
この辺りに大菱形筋があり、褐色細胞が集まっているところになります。

 

脂肪を代謝するリパーゼ

汗を拭く女性

代謝が上がると体温ももちろん高くなります。
するとリパーゼという脂肪細胞の代謝を上げてくれるリパーゼという酵素が活発になります。
実際にリパーゼは脂肪を分解していってくれる効果があります!
是非リパーゼを見方につけておきたいもんですね。
しかし、実際にリパーゼが活発になる体温は37度以上と言われています。
でも平熱で37度以上ある方なんて滅多にいないと思いますが、平熱が高ければリパーゼも働きやすくなるということです。
リパーゼを働かせる他の方法は一日の消費エネルギーが一日に必要なエネルギーを下回ることも直接的にリパーゼを働かせる方法になりますが、それはリバウンドに繋がるのであまりおすすめはしません。
やはり身体の代謝を上げる事が最善ですね!

 

肩甲骨周りを温めて代謝を上げる

バスタブ 女性

上記に書いたように、肩甲骨の周りに存在する褐色細胞を活発にすることが代謝を上げていくポイントとなります。
ただ、この季節は寒くて肩もすくんでちっさくなりがちなので褐色細胞も活性されにくくなり更に身体が冷えてしまう原因となります。
冬場のお風呂は半身浴ではなく肩までしっかり浸かるようにしたり、日中はカイロを褐色細胞が多く存在する肩甲骨の間に貼ると全身が温まるようになります。
このように肩甲骨周りを冷さないように工夫しましょう。

 

肩甲骨周りを動かす

一番効果的なのは肩甲骨周りを自分の筋肉を使い褐色細胞を活性化していくことです。
身体を温める一番の方法はやはり今自分にある筋肉を最大限に使ってあげることです。

①大菱形筋のストレッチ

ストレッチをする女性

パソコンを触る方や前屈みになって作業をすることの多い方はここの筋肉がずっと使われず固まったままになります。
ずっと同じ体勢でいるのは筋肉が凝る原因の一つです。
このストレッチなら座ったままでも出来るので、出来れば30分に一回は身体を動かすようにしてあげましょう。
意識して身体を動かすだけでも肩こりはましになります。

②大菱形筋のトレーニング

ストレッチをする女性
家でする時は500㎖くらいのペットボトルを使用し、この画像のように腕を上げ下げすると肩甲骨の間の大菱形筋がしっかり動くトレーニングが出来ます。
10回するだけでもこの部分が温かくなり代謝が上がります。
大菱形筋を普段使っていない方は筋肉痛になる方もいると思うので、しっかり動かして上げましょう。

 

おわりに

冬は身体の代謝が上がりやすくなりますが、更に代謝を上げていく為に肩甲骨周りにある褐色細胞をしっかり使っていく事が代謝を上げて体温を上げていく方法となります。
一日の中で気付いた時にでも肩甲骨周りを動かしてあげましょう!

 

ダイエットするなら冬こそ勝負!体を温め代謝アップしましょう!ダイエットするなら冬こそ勝負!体を温め代謝アップしましょう!
『あまり知られていない身体を温める食べ物、冷やす食べ物』『あまり知られていない身体を温める食べ物、冷やす食べ物』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る