ニキビの悪化、原因は「洗顔」にあり!?本当にニキビに効く洗顔料とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性的にニキビが出来てしまう人、周期的にニキビを繰り返してしまう人、年齢と共にニキビが出来やすくなったという人、ニキビに悩む方はたくさんいます。
ニキビを増やす原因の大きな理由として挙げられるのが、「洗顔が肌に合っていない」ということです。
広告やCMでニキビに効くとされている商品を使っていても、一向に良くならないという場合、今すぐに洗顔料を変えてみたほうがいいかもしれません。
今回は、ニキビの出来る原因や洗顔の与える影響、オススメの洗顔料を紹介します。

目次

洗顔でニキビは治るの?
原因その1【洗顔による肌の乾燥】
原因その2【界面活性剤の使用】
原因その3【ピーリング系洗顔の使用】
本当にニキビに効くおすすめ洗顔料【低刺激の優しい商品5選】

 

洗顔でニキビは治るの?


そもそもニキビは洗顔で改善するものなのでしょうか。
ニキビは毛穴に汚れが詰まって菌が繁殖し出来るものです。
なので、肌を清潔に保つことが絶対条件であるように思いますよね?それはその通りなのですが、洗顔で出来ることは「ニキビを治す」のではなく「ニキビを予防する」ことです。

ニキビケア用の洗顔料もたくさんありますが、そういった商品を使っていくら顔を洗ってもニキビが治るわけではありませんし、過剰な洗顔はニキビを悪化させるだけです。
「ニキビ=汚れ」だ思って、ついつい洗顔で「顔の汚れや皮脂を取り除く」を意識してしまいがちですが、洗顔で本当に大事なのは「肌を清潔にし、必要なものを残す」ということです。
長年ニキビに悩まされている方は是非、「取り除く」から「残す」ことに着目して洗顔をしてみて下さい。

では、どんな洗顔がニキビの原因となっているのか見ていきましょう。

 

原因その1【洗顔による肌の乾燥】


ニキビは毛穴に皮脂が詰まって出来るので、オイリー肌だと出来ると思われがちですが、それは思春期からせいぜい25歳くらいまでのニキビに限った話です。
26歳を過ぎてから出来るニキビは、ホルモンの影響などもありますが、ほとんどが肌の乾燥によって引き起こされる乾燥ニキビです。
そもそも25歳を過ぎると、本当の意味でのオイリー肌の人はあまりいません
顔がテカるからオイリー肌だと思っている方も、肌が乾燥しているから毛穴が必死に皮脂を出しているに過ぎないのです。

肌の乾燥は、「肌内部の水分量が足りていない」、「肌表面の皮脂量が足りていない」ということです。こうなると下記のようなことが起こります。

・角質層や毛穴が硬くなり、毛穴汚れが落としにくく、毛穴詰まりを起こしやすくなる
・肌の水分が逃げないように毛穴が必要以上に多く皮脂を分泌する
・肌のバリア機能が下がり、角質が厚くなる
・皮脂上在菌が少なく、外部からの刺激に肌が敏感になる
・皮脂量が少ないと、肌内部の水分がどんどん蒸発し乾燥肌の悪循環を繰り返す

ニキビは「毛穴に詰まった皮脂に菌が繁殖する」ことで出来ます。
乾燥していると、毛穴が詰まりやすくなって肌のバリア機能も落ちている状態なので、どう考えてもニキビが出来やすそうですよね。
また、乾燥が原因で皮脂の過剰分泌を起こす人と、そうでない人がいますが、どちらにしてもニキビに悪影響です。

 

「乾燥」への対策は?


ニキビに悩む方は、ニキビケアに特化した洗顔を使ってる方も多いと思います。
ですが、そういった商品は必要な皮脂まで洗い落としてしまう高い洗浄力や、強い刺激を伴うことが多く、汚れや皮脂を落とすことを優先しているため、保湿力に関しては一切配慮されていないことも多いです。
そのような洗顔料を使っているのは自ら乾燥肌になりに行っているようなもの。一時的にニキビが治ったとしても、使い続けることによって肌が弱くなり、将来的に余計にニキビの出来やすい肌をつくる原因となります。

洗顔後にきっちり保湿すれば問題なののでは?と思うかもしれませんが、一度根こそぎ奪い去ってしまった水分や油分を、もう一度取り戻すには、かなり丁寧なスキンケアが必要。

毎日毎日スキンケアにそんなに時間をかけれず、気付いたらやっぱり潤い不足の肌になってしまうのです。
洗浄力がそれ程高くなくても、潤いを残すことに特化した洗顔料に変えることで、驚くほどニキビが改善する場合も多いです。

また、洗顔後の保湿も大事!
丁寧にスキンケアをし保湿を心がけていると、ほんの数日でも変化が見られるはずです。
とくにあごや首周りのニキビは保湿不足が原因となっていることも多いので、忘れないようにきちんとケアしましょう。

 

原因その2【界面活性剤の使用】


最近は界面活性剤不使用の洗顔が人気ですよね。

界面活性剤とは、成分を混ぜ合わせたり、泡立ちや洗浄力を上げるために必要で、洗顔料や洗剤、化粧品などにも使われているものです。

界面活性剤は挙げればキリがないくらいに種類がたくさんあります。その全てが肌に悪いわけではありませんが、「石油系」の界面活性剤は、本当に肌に悪影響とされています。
石油系界面活性剤の使われている洗顔料を使っていては、ニキビは治るはずもありません。

 

「界面活性剤不使用」の洗顔料を選んで


「界面活性剤不使用」と書いてある洗顔料を使うようにしましょう。
分からなければ商品のHPなどを見れば調べられます。
ただし、界面活性剤不使用と書いてあっても、「一番有害とされている石油系は使っていませんよ」という意味で、何かしらの界面活性剤は使っていることもよくあります。
気になるようでしたら、界面活性剤を一切使用していない商品を探す、またはどんな界面活性剤を使っているのか、安全性はどうなのかを確認しておきましょう。
クレンジングも併せて確認しておきましょう。

 

原因その3【ピーリング系洗顔の使用】


ピーリングは「古い角質を落として肌のターンオーバーを促す」役割があります。
ニキビケアの一環としてピーリングを取り入れている方も多いかと思います。
ですがこのピーリング、かなり肌に負担をかけています。
ピーリングが効果的なのは、肌のターンオーバーが送れてしまっている時のみです。

ピーリングは、肌の一番上の角質を半ば強制的に剥ぎ取ることになります。
ターンオーバーが遅れているなら、それによってターンオーバーを早め肌を健康な状態にしますが、肌が荒れているからと言って、ターンオーバーが遅れているとは限りません。
逆にターンオーバーが早まっているから、肌が荒れている場合のほうが多いのです。
ターンオーバーが早まっていると、まだ完成していない未成熟な細胞が角質層まで出てきます。
まだ角質の役割を果たせない細胞なので、外部刺激にとても弱く肌が荒れやすくなっています。
そんな状態でピーリングを行っては、肌を傷めて悪化させるだけです。

また、ピーリングのやり過ぎもNGです。
角質を剥がすと、当たり前ですが角質が薄くなります。
薄くなった分、肌を守ってくれる機能も衰えて、ちょっとした外部刺激に耐えられない弱い肌になってしまいます。
ピーリング系の洗顔を使っている方は、もしかしたら知らず知らずのうちに弱い肌を作っているかもしれません

ピーリングは、常日頃と自分の肌の状態をチェックし、やるべきタイミングを見極められる方でしたら、上手く使いこなせることが出来るでしょう。
その上、ピーリングの刺激に耐えられる強い肌を持っているということも条件になってきます。
ですが、ニキビで悩んでいる人の肌は、強いとはいえませんよね。
ただでさえトラブルと抱えている肌に刺激になるようなことをするのはご法度です。

 

ピーリングが合うのは一部の人だけ。慎重に行って!


市販のピーリング商品などもたくさん販売されていて、誰でも手軽に自宅でできますよね。
ですが、本来ピーリングはもっと慎重にならなければいけない行為です。
「毎日朝、晩、洗顔をしてスキンケアをしている」という人で、なんとなく肌がごわつく、調子が悪いといった場合、ほとんどの場合がターンオーバーが早まっていることに原因があります。
クレンジングや洗顔などの普通のケアのつもりでも、肌にとっては過剰なスキンケアである場合が多いのです。

ピーリングを行うべき人は、

・消極的なスキンケアをしている(水洗顔)など
・体質的、または加齢により、ターンオーバーが遅い

などの人です。

また、ピーリングを行うと一時的に肌がキレイに見えます。
角質がとれたので、肌がツルツルになりくすみも消えたからです。
なので「やっぱりピーリングはいいんだ!」と思って続けてしまう人が多いのです。
ですが、あくまでそれは一時的なもの。肌自体は本当は弱ってしまっているかもしれません。
ピーリングはタイミングや肌質を見極めて、慎重に行いましょう。

 

本当にニキビに効くおすすめ洗顔料【低刺激の優しい商品5選】


ニキビケアに特化した商品は、刺激が強かったり乾燥しやすいものが多いのですが、本当は肌に合わないことを気付かずに使い続けてしまっているという方も多いです。
また、一時的に良くなったように思ってもまたすぐに再発してしまうのも、肌に合っていないからかもしれません。そうとは気づかずに、ニキビが出来たかたまた刺激の強い商品を使い続けてしまう・・・。
そんな悪循環を断ち切るためにも、今回紹介する肌を労わってくれるような「低刺激で優しい」商品にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?

 

本当にニキビに効く洗顔料①

ビーグレン クレイウォッシュ

【内容量】150g
【通常価格】3800円(税抜)
界面活性剤不使用、泡立て不要のクレイ洗顔です。
肌に必要なものを残し、クレイ(泥)の力で汚れだけを吸着させて洗い落とします。
伸びのいいクリームで優しくマッサージすうように洗顔します。もちろん濡れた顔、手が使えます。
洗い上がりのサッパリだけどしっとり感がたまらなく気持ちがよく、毛穴の汚れもよく取れます。
低刺激で、ニキビ予防に最適の洗顔料です。
まずはビーグレンのトライアルセット「ニキビケア」で試してみるのもオススメです。

▶︎ビーグレンニキビケアの口コミ

本当にニキビに効く洗顔料②

富士フィルム ルナメアACファイバーフォーム

【内容量/通常価格】80g/1800円(税抜)・120g/2100円(税抜)
肌への刺激を配慮して作られたニキビ用洗顔フォーム。
食物繊維の力で優しく毛穴の汚れを洗い落とし、アクネシューターという毛穴の油につい寄せられる有効成分を使って、今あるニキビにも直接アプローチします。
また、乾燥ニキビのこともよく考えられていて、顔の水分量の減少を抑えてくれます。
ニキビケアとしてよく手の行き届いた洗顔フォームです。
1000円のお得なトライアルセットもあります!

▶︎ルナメアACの口コミ

本当にニキビに効く洗顔料③

Non A. ノンエー

【内容量】100g
【通常価格】2800円(税抜)
ニキビ予防の為につくられた固形石けんです。
顔だけじゃなく全身に使えて、背中ニキビなどが気になる方にもおすすめ。
きめ細かいモコモコの泡に包まれる感覚はとっても気持ちいいです。
無着色・無鉱物油・無エタノール・無香料で肌にやさしいのですが、洗浄力はちょっと高め。
普段から乾燥の気にならない方におすすめです。

本当にニキビに効く洗顔料④

NOV ACアクティブ ウォッシングフォーム

【内容量】100g
【通常価格】2500円(税抜)
敏感肌でも使えるスキンケアを目指して作られた、安全性の高い洗顔料。
ニキビケアと同時に、保湿と美白にもこだわっています。
低刺激のマイルドピーリング効果が肌をなめらかにし、高い保湿効果で毛穴を柔らかくしニキビを予防します。
洗い上がりのしっとり感が好評。あごニキビに効くという口コミも多いです。
トライアルセットでライン使いも出来ます。

▶︎ノブACアクティブの口コミ

本当にニキビに効く洗顔料⑤

オルビスユー ブライトニングジュレウォッシュ

【内容量】120g
【通常価格】1800円(税抜)
泡立て不要のジュレ洗顔料です。
乾燥によって硬くなってしまった角質や毛穴を柔らかくし、肌に負担をかけずに洗い落とします。
Wうるおいビーズが配合されていて、肌に潤いを残します。
かなりしっとりとした洗いあがりなので、オイリー肌の人には不向きかもしれませんが、乾燥ニキビとの相性は抜群です。
トライアルセットはエイジングケアとしてもオススメです。

▶︎オルビスユーの口コミ

 

おわりに

大人のニキビは本当にしつこくて、きちんとケアしているつもりでもちょっとしたことですぐに再発します。「どうせ出来るからもういいや」なんて、半ば諦めたくなる気持ちも分かります。
ですが、もしも洗顔料を変えるだけで改善できるのだとしたら、絶対にやるべきだと思いませんか?
ニキビケアに本当に必要なのは、肌が本来持っている再生力です。
何を使っても上手くいかなかった方、洗顔を低刺激で肌を労わる優しいものに変えてみて、一度様子を見てみてはいかがでしょうか?

Lier編集部おすすめのニキビケア化粧品

富士フィルム ルナメアACファイバーフォーム

【内容量/通常価格】80g/1800円(税抜)・120g/2100円(税抜)
肌への刺激を配慮して作られたニキビ用洗顔フォーム。
食物繊維の力で優しく毛穴の汚れを洗い落とし、アクネシューターという毛穴の油につい寄せられる有効成分を使って、今あるニキビにも直接アプローチします。
また、乾燥ニキビのこともよく考えられていて、顔の水分量の減少を抑えてくれます。
ニキビケアとしてよく手の行き届いた洗顔フォームです。
1000円のお得なトライアルセットもあります!

▶︎ルナメアACの口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る