「すっぴんの日」で肌を休めて更なる美肌へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

化粧は異物を顔に塗る行為?!
メイクは長「時」間で長「期」間でも肌ダメージが溜まる
肌休めって具体的にどうすれば良いの?
・朝クレンジングや、スペシャルケアで肌をぴかぴかに
・面倒な時はオールインワンに頼るのもアリ
・すっぴんだからこそ出来る、「昼のスキンケア」
・肌休め中でも外に出る時は紫外線対策を!
頑張り続ける肌に、たまのお休みを

化粧は異物を顔に塗る行為?!


「日中はお肌のためにもお化粧をしましょう」
そんな言葉を聞いたことはありませんか?

一歩外に出れば、紫外線や花粉、空気の汚れなど肌に悪影響や刺激を与えるものが沢山あります。化粧品はそうした刺激から肌を守ってくれる、堅牢な鎧のようなもの。
でも、よく考えてみて下さい。鎧は重装備です。堅牢であればあるほど重さは増し、装備しているだけで削られる体力も増えていきます。
ごく普通の生活をしている時に重量級の鎧を着たりするでしょうか。

察しの良い方はもうお分かりですね。化粧は肌を守ってくれるものでもありますが、本来であれば身に着けるはずの無い異物なのです。

一日中ずっしりと重い鎧を身に着けていれば、当然肌は疲れます。化粧を落とすクレンジングはその重い鎧を外してあげる行為。
だからこそ毎日のクレンジングは大切なのですが、実は、それだけでは肌の疲れは取れないのです。

 

メイクは長「時」間でも長「期」間でも肌ダメージが溜まる

350 肌 トラブル 疲れ
あなたの肌は常に頑張って戦っています。
日中はメイクという重い鎧をまとって紫外線や外気に含まれる刺激物と戦い、夜は空気と身体の乾燥と戦っています。冬場ならば冷気とも戦わねばなりません。
私たちが行う朝晩のスキンケアは、いわば戦いの疲れを回復させるために食べさせるご飯。肌が回復したり、次に戦う活力を養ったりするために必要なものです。

「家に帰ったらメイクは出来るだけ早く落とした方が良い」というのはもはや常識になりつつあります。
長時間重労働をした後は誰でも疲れますよね。長時間の化粧というのは肌にとって、朝から晩まで鎧を着こんで仕事をしているようなもの。
メイクをしている時間が長ければ長い程、肌はじわじわと疲れていきます。これが「長時間」の化粧が肌に良くないとされる理由です。

長「時」間のメイクが肌への負担になるのと同様に、長「期」間のメイクも肌への負担になります。
たとえ毎日ご飯を食べていても、休みなく働き続けたら誰だって疲れますよね。肌も同じで、立て続けに重い鎧を着せられて戦い続けていると、疲れてぐったりし始めます。
肌はぐったりすると、荒れたりくすんだり、ハリがなくなったりしてきます。もちろん肌トラブルは生活習慣によるものも多いのですが、連日の化粧による負担も馬鹿にはできません。

肌へのダメージは毎日溜まっていきます。すぐに表面には現れなくても、大抵は朝晩のスキンケアだけでは回復しきれず、ひっそりと疲れやダメージが蓄積されています。
だからこそ、たまには丸一日お肌を休ませてあげる日を作ってあげましょう!

 

肌休めって具体的にどうすれば良いの?

さて、では肌を休ませるためには何をすれば良いのでしょうか。
答えはシンプルで、「化粧をしない日を作る」ことです。
具体的にどんなケアをするのが良いのか、一緒に見ていきましょう。

朝クレンジングや、スペシャルケアで肌をぴかぴかに


肌休めの日はすっぴんの日。当然化粧をしないため、普段メイクにかけている時間が余りますよね。
せっかくなので普段よりもじっくり丁寧にスキンケアをしてあげましょう!

朝はクレンジングをしない、という方も多いかと思います。
ですが、寝ている間に皮脂が多く出る脂性肌の方には朝クレンジングもおすすめです。寝ている間に酸化してしまった皮脂や、肌の老廃物などを一掃することができます。
皮脂分泌の少ない方の場合は必要な油分まで洗い流してしまうため洗顔のみに留めておくか、クレンジング後の保湿を手厚くするのがおすすめ。
もちろん乾燥が酷い場合は洗顔料を使わず、ぬるま湯で優しく洗うだけでも十分ですよ。ぬるま湯洗顔なら、肌を乾燥から守るための油分を適度に残したまま、寝ている間の汚れが落とせます。

洗顔後にパックをしたり、化粧水の後に美容液やシートマスクをつけてスペシャルケアをするのも肌へのご褒美としてはとても良いことです。
スキンケアは肌が受けたダメージを回復するためのものでもありますが、将来起こり得る肌トラブルを予防するためのものでもあります。
起きてしまったトラブルをスキンケアで治すのは途方もなく大変ですが、毎日のケアをしっかりして強く元気な肌を作ることはできます。
しっかりと手をかけてうるおった肌は、多少の刺激や紫外線には負けなくなりますし、回復力も高くなります。
是非、手をかけられる時には惜しみなくかけてあげて下さいね。

 

面倒な時はオールインワンに頼るのもアリ


「すっぴんで居られるような日にスキンケアなんて面倒」という方。お気持ち、よく分かります。せっかくゆっくり出来る日に化粧水だ乳液だ、と色々塗るのがおっくうになることってありますよね。
そんな時は、オールインワン化粧品を上手く活用しましょう!
オールインワン化粧品は名前の通り、スキンケアを一つで仕上げることが出来るアイテムです。
各アイテムをしっかり使ったケアに比べると総合的な保湿力や美容面で多少は劣りますが、何よりも手軽に使えるのがメリット。

最近はエイジングケアや美白など、+αの美容効果を盛り込んだオールインワン化粧品も多く販売されています。
もし毎日オールインワンだけで肌の調子が良いならば日頃から常にオールインワンのみでも問題ありません。
また、逆に普段は化粧水や乳液を使っているけれど、面倒な時だけオールインワンを使う、というスタイルももちろんOKです。

ちなみに「手入れは面倒だけど、わざわざオールインワン化粧品を調達するのも…」という方は乳液かクリームだけつけましょう。最低限の保湿はしてくれます。
化粧水だけ、というのは保湿力に欠けますし、つけ方によっては余計に乾燥してしまうので避けて下さいね。

 

すっぴんだからこそ出来る、「昼のスキンケア」


化粧をしている時、日中の保湿はしていますか?
メイクをしているのに保湿なんてできない、という方もいらっしゃるかと思います。保湿をしている方もミストや美容液をメイクの上からつけるくらい、という場合が多いのではないでしょうか。

化粧をしている日は流石に難しいですが、スキンケアは朝と夜だけしかしてはいけない訳ではありません。乾燥するのなら、昼間でも保湿はした方が肌へのダメージは軽減されます
もちろん肌が四六時中ふやける程スキンケアをし過ぎるのは逆に肌のバリア機能を壊しかねないので決しておすすめはしませんが、適度な保湿は肌を美しく保つためにも必要です。

すっぴんの日ならば、メイクのヨレや崩れを気にすることなくスキンケアをすることができます。
「家でごろごろしていたら寝てしまって、起きたら肌が乾燥している気がする…」
「一日エアコンのきいた室内でくつろいでいて顔がカサカサ…」
そんな時は心置きなくお肌のケアをしてあげましょう。

昼間にのんびり半身浴をして、顔を洗ってさっぱりしてから化粧水をつけて、ゆったりとシートマスクをする…なんていう休日も贅沢で良いものですよ。

 

肌休め中でも外に出る時は紫外線対策を!


「肌休め中は日焼け止めも塗らない方が良いの?」
「外出時でも完全にすっぴんじゃなくちゃいけないの?」
こんな疑問をたまに耳にします。

日焼け止めも本来ならば肌にとっては異物です。もちろん着けないで紫外線を避けられるならば着けないに越したことはありません。
ですが、無防備な状態で紫外線を浴びるくらいなら、肌に優しい日焼け止めをしっかりつけましょう。
敏感肌向けの化粧品ブランドであれば、肌にあまり負担のかからない日焼け止めを出していることもあります。
赤ちゃんでも使える日焼け止めを選ぶのもおすすめです。

外出時にすっぴんで出かけるのに抵抗がある場合は、薄化粧をしましょう。
日焼け止めや下地の上にパウダーを重ねたり、色つきの日焼け止めや乳液、BBクリームなどシンプルな物をうっすらとつけましょう。
クレンジングを多用し過ぎるのも肌に負担がかかるので、石鹸で落とせるものを選ぶのが良いですね。もちろん、帰宅し次第メイクは落としましょうね。その後のスキンケアを忘れずに!

 

頑張り続ける肌に、たまのお休みを


毎日のスキンケアを効果の高い物に変えれば、多少の肌ダメージは回復出来ますし、ちょっとくらいの無理も出来ます。
ただ、それでもやはり蓄積するダメージの方が大抵は多いですし、「塵も積もれば…」で、いずれスキンケアだけでは回復が追い付かなくなってしまいます。

人間だって疲れたら休みたいと思うように、肌も休みたいと感じるもの。

「スキンケアも生活習慣も変えていないのに肌が荒れた」
「何だか最近肌がくすんでいる気がする」

そんな時は、長時間・長期間メイクをしていないか少し振り返ってみて下さい。
肌の疲れが荒れやくすみ、トラブルになって出て来る前に、すっぴんの日で肌をしっかり休めてあげましょう!

編集部おすすめオールインワン化粧品

メディプラス メディプラスゲル

【内容量】180g(約60日分)
【通常価格】3996円(税込)
【初回限定価格】2996円(税込)
化粧水、乳液、美容液が1本になったオールインワン基礎化粧品です。
3大保湿成分である「セラミド」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」が全て配合されています
「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」は、微粒子にして肌への浸透力を高めており、「セラミド」は最も保湿効果のある「ヒト型セラミド」を配合
コラーゲンの生成に欠かせない「ビタミンC]や「アミノ酸」など、66種類もの美容成分が使われていて、肌のハリやツヤを取り戻し「年齢肌」を改善していきます。
オールインワン化粧品は、スキンケア時の肌への摩擦や負担を減らしてくれます。
忙しい40代女性にとってもありがたい商品ですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事











ページ上部へ戻る