写真を始めてみたけど全然上手く撮れない!初心者でも写真を上手く撮れるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真を始めてみたけど全然上手く撮れない!初心者でも写真を上手く撮れるコツ

最近カメラを持つ女子、通称「カメラ女子」が増えていますよね。
オーソドックスなコンデジは勿論のこと、大きなデジイチを首から下げている人も多く見ます。
さらに近頃はカメラの軽量化が図られ、女の子でも扱いやすいカメラが多く登場してきました。

カメラに興味が無かった人も、友達や芸能人などの影響で始めてみようかな~と思うようになったのでは??
実は私もその一人です。(笑)
しかし、これが中々上手く撮れないんですよね~。
自分のセンスが無いのか?と疑ってしまうほどです。
しかし、何事にもやり方とコツがあります。
今回はカメラのハウツーを教えたいと思います。

カメラを始めてみたけど上手く撮れない人はもちろん、Facebookなどの写真を今より綺麗に撮りたい人にもお勧めです。
簡単なコツを押えて、友達に自慢できる写真を撮っちゃいましょう!

 

1.構図を組み立てる

写真を撮る時に助けになるのが”グリッド機能”です。
グリッドとは写真を撮る時に表示される網目模様の線の事です。
水平さを保ったり、構図を決定するうえで便利なものなんですよ。
横と縦にそれぞれ2本あり、合計9マスの枠で囲まれています。

より良い写真を撮るためには、撮りたい対象を線の交わる所に持ってきて、焦点を合わせましょう。
写真の構図が安定して、より印象の強い写真に仕上がります。

 

2.フィルターを使う

フィルターの使用と言った時、その意味は2種類あります。
1つは一眼レフを使用する際に、写真の色合いを鮮やかにしたり落ち着かせるフィルターを使用する事です。
そしてもう1つは、スマートフォンなどで使用される、写真の反射を取り除いてプロのような写真に見せてくれる機能の事。

フィルターを使うと、一見普通の写真でも雰囲気が一変して、違う写真を楽しめます。
今やフィルターにも様々な種類のものがありますから、自分の目的に合わせて選ぶと良いと思いますよ!

 

3.対象物にクローズアップする

普通な写真と良い写真に分かれてしまう決定的な違いは、どれだけ対象物に近づいたかどうかです。
写真を撮るとき、撮りたい物に怖がらずにどんどん近づいていきましょう!
そして、色々なアングルから対象物を見てみましょう。
どの位置やアングルがベストなのかを探るのが、良い写真に繋がるポイントですよ。

写真には勇気が必要です。
物怖じしないで積極的に撮っていきましょう♪

 

4.設定を確認する

一眼レフを買っても、自動設定に沿えばすぐに写真を撮り始める事ができますよね。
説明書の隅から隅まで読んでいる人ってかなり少ないんじゃないでしょうか?
しっかり読んだとしても、すべてが頭に入っているわけではないと思います。
もしカメラの設定で手を煩わせているようなら、写真に詳しい人に教えてもらったり、初心者の写真教室などに顔を出してみましょう!

カメラの設定を知っているという事は、カメラの基本を押さえることです。
色々な機能を学んでおけば、写真だけでなく自分のカメラにも愛着が湧くと思いますよ!

 

5.照明について学ぶ

明るさも良い写真を撮るための大切な鍵になります。
自然光だけでなく、スタジオ照明下での写真技術を学んでおくと、プロのような写真にグッと近づきます。
でも、初心者の方は難易度の低い野外での撮影から始めましょう。

明るさや照明について学びたい人はこちらの本がお勧め。

基礎から始める、プロのためのライティング
『基礎から始める、プロのためのライティング』玄光社 (2002/09)

写真に関する技術が詳しく書いてあり、また掲載されている写真も息をのむように綺麗なものばかりで、ビギナーさんでもお勧めできます。

 

6.とにかく撮る

使い捨てカメラだろうと一眼レフだろうと、良い写真への近道は「とにかく写真をたくさん撮る事」。
素晴らしい写真を撮るのにモデルや可愛らしいセットは必要ありません。
友達を連れて、どこか出かけてみましょう。
そこで友達をモデルにして、色々な写真を撮ってみるんです。

また出かける時はいつでもカメラを持っていき、自分の人生を記録していくのもいいかもしれません。
こういうとなんだか大層な感じがしますが、要はいつでも写真が撮れるようにしておく、という事ですね。
何事も練習、経験あるのみです。
それはカメラでも同じ。
撮って撮って撮りまくりましょう。

 

7.自分のペースで

あなたの身の回りに写真が上手な友達がいるかもしれません。
撮る写真は全部綺麗で、誰からも「上手だね!」と褒められるような。
それに比べて自分のはダメダメ、普通か普通以下の写真。

それでは自分の腕に自信が無くなって、カメラを投げちゃいたくもなるかもしれません。
でも、そんなの気にしないで下さい。
他人は他人、自分は自分です。
周りのペースに乱されずに、自分のペースで成長していきましょう。
焦っては上手な写真が撮れるようになりません。
先ほども言いましたが、プロへの近道はとにかく練習あるのみなんです。

自分の時間を大切にして、写真を撮っていきましょうね!

 

8.撮った写真をネットでシェアする

自分で撮った写真をネットにアップするのはちょっと恥ずかしいかもしれません。
しかし、見た人の感想やアドバイスを貰う事が成長に繋がるんですよ!
またオンラインでの写真投稿サイトに参加してみるのも、色々なフィードバックが貰えて良いと思います。
お勧めしたいのが、海外の「Flickr」というサイト。
無料で登録できて、色々な方の写真を見たり自分の写真を投稿する事ができます。
自分の写真の評価が欲しい人は、登録してみるのも一つの手ですね!

flickr http://www.flickr.com/

 

おわりに

ここで紹介したのは、ほんの基礎の部分です。
しかし、これらの知識を知っているのと知らないのとでは、写真の出来が全然違ってきます。
もし本当に写真が上手になりたいのなら、今回紹介したポイントを押えて、たくさん写真を撮るようにしましょう!
きっと今よりずっと素敵な写真が撮れるようになりますよ♪

参考元:all women stalk
Photo by 55Laney69

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事



ページ上部へ戻る