睡眠の質を高めて美肌を目指そう!睡眠の質を高める7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠の質を高めて美肌を目指そう!睡眠の質を高める7つのコツ

肌荒れに悩んでいませんか?その肌荒れは睡眠不足や睡眠の質が悪いことが原因かもしれません。睡眠の質の低下は肌荒れだけでなく、頭皮や髪トラブル、身体の不調なども引き起こしてしまうことがあります。睡眠の質を高めるコツをご紹介していきますね。

 

どうして睡眠の質が大切なの?

眠る女性
自律神経には運動するときなど起きているときに働く交感神経と、リラックスしているときに働く副交感神経の2つがあります。
私たちの体は夜寝ている間に副交感神経が優位になり、お肌や髪など様々な部位の修復が行われます。
睡眠の質が悪いとこの副交感神経がうまく働かず、お肌や髪の修復ができなくなります。
すると肌荒れなどの肌トラブル、髪が細くなったりしてしまう髪トラブルにつながります。
睡眠時に副交感神経が優位になると筋肉や腸などの内臓を休め次の日にうまく活動できるように準備をしています。睡眠の質が悪く、うまく副交感神経が働いていないと、起きても疲れが取れていない、便秘になりやすいなどの症状が表れます。

また、睡眠不足は集中力の低下にもつながり、仕事などの作業効率が悪くなってしまいます。
脳は寝ている間に情報の処理など様々なことをしているとされています。

 

睡眠の質を高めるメリットとは?

アイマスクをして寝る女性

 

睡眠の質が上がると様々な効果が期待できます。

老化防止

本来は寝ているときに成長ホルモンなど様々なホルモンが分泌され、お肌や髪の修復が行われます。美肌や美髪には睡眠がかかせません。

集中力アップ

寝ている間に筋肉や内臓など体を休めて、次の日の活動に備えています。十分な睡眠は集中力を高めて、パフォーマンス向上につながります。

記憶力アップ

寝ているときに脳は起きていたときに得た情報の処理を行っていると言われています。睡眠の質が高いとこの情報の処理もうまくおこなうことができるため、記憶力も上がります。

 

睡眠の質を高めるコツ

350 寝る 眠る 女性 夜

生活リズムを整える

夜更かしや睡眠不足など不規則な生活を送っていませんか?
不規則な生活は睡眠の質を低下させてしまいます。
できるだけ寝る時間・起きる時間を一定にしましょう。
そうすることで体内リズムが整って寝つきもよくなり、朝起きやすくなります。脳に生活リズムを覚えさせましょう。

寝る前のスマホはやめる

夜寝る前までずっとスマホを見ていませんか?
スマホやテレビ、パソコンなどに使われるディスプレイにはブルーライトが使われています。
このブルーライトは脳に朝だと錯覚させてしまい、寝る前に見ると睡眠の質を悪化させてしまうことがわかっています。
できるだけ寝る前にスマホやテレビなどは見ないようにしましょう。
特にベットで使ったり見たりすると、脳が寝る場所ではないと判断してしまうのでベットで見るのは避けたほうがいいでしょう。

寝室をリラックスできる環境にしてみる

副交感神経はリラックスした状態のときに働きます。寝室をリラックスできるように変えてみましょう。

  • 自分の好きなアロマを焚く
  • 寝る前に好きな音楽を聞く
  • スタンドライトなどを付ける場合は、明るすぎないものを選ぶ

自分なりに工夫してみましょう。
また、締め付けが強いルームウェアで寝たり、寒いからといって布団を何枚もかけてしまったりすると、重みで寝苦しかったり、寝返りがうまくできなかったりと睡眠の質を低下させてしまう可能性があるので注意しましょう。

寝る直前に食事をしない

仕事が夜遅くまでしていたり、つい夜食を取ってしまったりしていませんか?
できるだけ寝る直前に食事はしないようにしましょう。
食べ物の消化活動は睡眠の質を低下させてしまいます。
どうしても食事が寝る直前になってしまう人は、消化の良い食べ物を少量、よく噛んで食べるようにしましょう。

カフェインなどは寝る前に摂らない

寝る前にコーヒーやお茶、紅茶などのカフェインが入っている飲み物を飲んでいませんか?
カフェインなどの刺激物は交感神経を刺激してしまい、寝付きにくくなってしまいます。
寝る前には摂らないようにしましょう。寝る前に飲むならホットミルクがおすすめです。

昼間に長時間昼寝はしない

長時間昼寝をしていませんか?
15時以降に30分以上昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に影響すると言われています。
お昼寝は15時までにするようにし、20分以内にしましょう。

適度な運動をする

運動不足になっていませんか?
運動不足も睡眠の質を下げてしまうことがあります。
適度の疲労は睡眠を助ける働きもあります。
睡眠の質を上げるだけでなく、健康的なのでぜひ日々の習慣に軽い運動でもいいので取り入れてみましょう。
エスカレーターなどを使わず階段を使うなども習慣にすると、自律神経を刺激し整えることができると言われています。
できるだけ小さな運動でもするようにしましょう。

 

おわりに

睡眠はとっているのに疲れが取れない、肌荒れする、という人も多いのではないでしょうか?それは睡眠の質が低下しているからかもしれません。今日から睡眠の質を高め、美肌や美髪、健康な体を手に入れましょう。

眠る子供1日何時間寝るのが理想??睡眠で得る健康と美容
ベッドルーム居心地のいいベッドルームを作るには?お部屋づくりのテクニックをご紹介!
良い睡眠でいびき・腰痛改善!気持ちよくてカワイイ抱き枕特集良い睡眠でいびき・腰痛改善!気持ちよくてカワイイ抱き枕特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る