女性はハゲません!薄毛の不安にお答えします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性はハゲません!薄毛の不安にお答えします!!

女性であっても、薄毛を気にされている方は結構たくさんいらっしゃいます。
1番多いのは年齢的な理由。
もう1つ多いのは産後の抜け毛です。
他にも稀に、病気などによる薬の影響で脱毛を起こす場合もありますが、後者2つに関しては脱毛してしまったとしても、時間が経てば、また病気が改善されれば生えてくることは間違いありません。

 

男性の抜け毛を加速させる原因

頭を抱える男性
さて、今日話題にしたいのは加齢による薄毛の悩み。
男性で早い方は20代半ばから脱毛し始める、生え際が後退するなどの悩みを聞いたりします。
若くして脱毛や薄毛になる場合考えられるのは、遺伝やホルモンの関係の他、毛穴の詰まり、ストレスなどが挙げられます。
男性の抜け毛で特に気になる原因は仕事柄ヘルメットや帽子を被るスタイリング剤をかなり使う1日何度も洗髪をするということでしょうか。
前者2つは皮脂や汚れ、汗などが毛穴を詰めてしまう為に抜け毛が起こると考えられます。
なのでこまめに帽子やヘルメットを外して通気を良くしたり、スタイリング剤はなるべく頭皮につかないよう量などもほどほどにする。
問題なのは3つめ。
だいたいが、前者2つが抜け毛の原因だと理解されている方は多く、それを理由に1日に何度もシャンプーをしてしまうという方がかなり多いです。
気持ちは分かります。
洗わなければ気持ち悪いのも分かります。
ですが、これは抜け毛を加速させる事になりかねません。
1日に何度も洗髪をすると、通常必要な皮脂までも洗い流してしまいます。
これによって頭皮は、乾燥を防ぐ為にさらに多くの皮脂を分泌し始める訳で、結果また毛穴を詰まらせる…という繰り返しになってしまうのです。
過剰分泌は頭皮ニキビなどのトラブルも引き起こします。
良かれと思ってしていたシャンプーが、抜け毛を促進させる事にもなってしまいますので注意が必要です。

 

女性の薄毛は脱毛が原因ではない

髪が傷んだ女性
では女性の話に戻りましょう。
女性の薄毛、これの大半は脱毛が原因ではありません。
髪の毛が異常に減ってきたのでウィッグの相談がしたいなどのお話をいただきますが、毛穴から髪の毛がなくなった訳ではないのです。
ほとんどの原因は細毛化
毛の太さが細くなってしまった事により、毛が減ってしまったという錯覚を起こしているのです。
毛が細くなると、必然的に全体のボリュームが減ってしまいます。
思うようにボリュームが出なくなり、頭が寂しい印象を受けてしまうのです。

髪の毛は女性の場合、30代後半頃から次第に細くなってくると言われています。
それは、頭皮環境の変化と、髪の毛を作る毛母細胞の減少によるもの。
頭皮の環境が変化すると、毛細血管の流れが悪くなる為、うまく栄養が行き渡らなくなってしまいます。
充分な栄養がなければ、毛母細胞が存在していたとしても良い髪の毛は育てられません。
このことから次第に髪の毛が痩せてしまうということなのです。
髪の毛の太さが約半分になると、頭全体のボリュームは4分の1にまで減ってしまうそうです。
それだけ頭が小さくなれば、自分は薄毛かもと悩むのは無理もありません。

 

髪の毛とホルモンの影響

セクシーなカップル
タイトルに、女性はハゲません!と書きましたが、女性の中に頭がツルツルの人を見たことがありますか??
よくお客様にこの質問をすると、ハッ!となります。
私は今のところ、1人も見ていません。
何故ハゲるのは男性だけなのか。
これは管理しているホルモンが違うからなのです。

女性ホルモンが多い場合、髪の毛はフサフサで体毛はツルツル。
男性ホルモンが多い場合は、髪の毛がツルツルで体毛がフサフサ。
極端な言い方になりましたが、そういう仕組みになっています。

髪の毛は女性ホルモンが管理しています。
なので、基本女性ホルモンが多い女性はハゲにくいということが言えます。
体毛に関しては、男性ホルモンが管理しています。
なので男性は体毛やヒゲが濃くなるのです。
でも髪の毛は無くなる。
よく、体毛が物凄いのに髪の毛が無い人がいます。
これは男性ホルモンが多いというのが理由です。

ですので、女性は基本的にはハゲにくいということ。
相当なホルモン異常と相当男性ホルモンが多い場合を除いては、髪の毛が無くなるということはないと思います。

特に生え際や頭頂部に関しては、男性ホルモンの影響を受けやすい場所とされている為、生え際や頭頂部から髪の毛が無くなってしまいます。
てっぺんが薄くなるのは男性特有の現象だと言えます。

 

細くなってしまった髪の毛は元には戻らない

イライラしている女性
とはいえ、髪の毛が無くならないと分かっても髪の毛が少なく見えてしまえば同じような事です。
細くなってしまった髪の毛は元には戻らないのでしょうか。

残念ながら、今のところ、加齢による細毛を元に戻す治療法はないようです。
ですが、ハリやコシを与えることは十分に可能です。
最近は女性用の育毛剤なるものが増えてきていますが、育毛剤と聞くと少し手が出しにくいかもしれませんね。
育毛剤とは書いてありますが、頭皮の化粧水と考えてみてください。
老化と共に補うことが難しくなった栄養分を外部から補ってあげることはとても効果的だと思います。

育毛剤に頼るのも1つの手ですが、普段の生活を少し工夫するだけでも髪の毛にいい影響を与えることが出来るのは確実です。
これ以上髪の毛が細くならないように予防をすることは非常に大切です。
本当に基本的な事ばかりですが、これが日ごろ出来ている人は老化によって細毛になることが少ないということが分かっています。

 

頭皮に良い生活習慣

350

1.睡眠はしっかり取る

髪が成長するのは夜10時から深夜2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間。
この間に成長ホルモンが分泌されることによって良い髪の毛が作られています。
このゴールデンタイムに夜更かしをすると、ホルモンが分泌されないため髪の成長は滞ってしまいます。

2.乱れた食生活はやめる

ジャンクフード 禁
油っこいものやジャンクフードは過剰な皮脂の分泌に繋がってしまったりしてしまいます。
私たちが食べているものは髪だけではなく身体を作る大切な材料となっていますので栄養のあるものを摂取するように心掛けましょう。

3.喫煙習慣をやめる

喫煙は毛細血管を狭くしてしまうため血行が悪くなるほか栄養分や酸素の流れを悪くします。
このため頭皮や髪の毛に十分な栄養分が行き届かなくなってしまうのでいいことは何1つありません。

4.脂質を適度に摂る

大豆・豆乳の美容健康効果
髪の毛はタンパク質から出来ています
髪の毛の成長にはたんぱく質が必要です。
そのたんぱく質を髪の毛に作用させる為には亜鉛などのミネラルも必要です。
脂質はなるべく動物性、植物性のものを適度にバランスよく摂りましょう。
おすすめは大豆製品です。
大豆からはたんぱく質はもちろん、良質なミネラルやイソフラボンという女性ホルモンと同じ働きをしてくれる成分も多く含まれているので髪の毛にもすごく効果があります。

5.アミノ酸系シャンプーを使う

アミノ酸もケラチンたんぱく質といって髪の毛と同じ成分です。
髪の毛に負担をかけず、なおかつ髪の毛にたんぱく質を補うことも出来ますので頭皮も髪の毛も健やかに保つことが出来ます。

 

頭皮に刺激の習慣を

ロングヘアの女性
良い髪の毛を育てるためには良い頭皮を保つということが非常に大切です。
私は頭皮を畑に例えることがありますが、良い土の畑には質のいい植物が育ちますよね。
植物を育てるには良い土と水と栄養分、そして良い気候が必要です。
頭皮もこれと同じで、状態の良い土台にうるおい、必要な栄養分と良い頭皮環境が大切なんです。
この状態が出来ていて、ゴールデンタイムにきちんと睡眠が取れていれば、健康な髪の毛が生えてきてくれるのです。
使うシャンプーや洗い方、ドライヤーの当てすぎなどに注意し、乾燥を防ぎましょう。
良い髪の毛を育てるために、身体に取り入れる食べ物から、そして育毛を助けるローションなどからたんぱく質やミネラルなどの栄養分を摂取しましょう。
そして普段から風通しを良くし、頭皮に負担のかからないよう心がけてください。
中途半端な長さの髪の毛を引っ張る女性
抜け毛や細毛を予防するためには、毛穴を詰まらせないことが必須です。
毛穴が詰まった状態では毛根がやせ細ってしまい髪の毛が抜けやすくなるほか、十分な栄養分を保持することが難しくなるため毛がやせ細ってしまいます。
毎日の生活の中で、皮脂は分泌していますし、汗をかいたり埃や汚れが付着したりしながら次第に毛穴には汚れがたまってしまいます。
そこに紫外線が当たってしまうとその詰まった汚れが化学反応を起こしシャンプーでは取り切れないものへと変化してしまうのです。
かといって毎日汗をかかない、外へ出ない、紫外線を浴びないなんてなかなか出来ることではありません。
帽子などで紫外線がなるべく当たらないようにすることは大切ですが、密封してしまうものを長時間かぶり続けるというのもあまり良いとは言えません。

 

じゃあどうすればいいの!?

ヘッドマッサージを受ける女性
これは定期的な頭皮のクレンジングが重要になってきます。
美容院へ行く際は、トリートメントと一緒にヘッドスパもしていきましょう。
シャンプーで取り切れないものは特殊なクレンジング剤でなければ除去できません。
出来れば最低月に1回はしていただきたいですが、毎月美容院へ行くという方も少ないと思いますので、2、3カ月に1回、せめて美容院へ行ったときはしっかりと毛穴の洗浄をしてもらってください。

ヘッドスパは毛穴の汚れを落とすだけではなく、マッサージもしっかりとしていくものなので普段滞りがちな頭皮の血行も良くしてくれます。
普段のシャンプー時でも自分で頭皮をマッサージすると効果的です。
なかなか日ごろ、頭皮は刺激が加わらない場所なので老化に伴い頭皮自身が固くなってしまいます。
血流が悪くなると健康な髪の毛も育たなくなりますのでマッサージは毎日出来ると理想的です。
髪をブラシでとかす女性/ドライシャンプーをする女性
マッサージより簡単に刺激を与える方法としてブラッシングがあります。
ブラッシングは頭皮にマッサージと同じような効果をもたらしてくれるほか、髪の毛のキューティクルも整いますので髪の毛に艶も出ます。
1日2回、朝晩とブラッシングをする習慣をつけましょう。

 

おわりに

女性はハゲにくい生き物です。
ですが頭皮も髪の毛も歳を取っていくのは避けられません。
だんだんと髪の毛は細くなっていってしまいますが、諦めず、毎日頭皮を労わってあげてください。
年齢を重ねれば重ねるほど、ケアというのは大切になってきます。
早め早めにヘアケアの習慣を身に着けておくことが重要になってきますよ。

髪の毛を補修するのはトリートメントじゃありません。髪の毛を補修するのはトリートメントじゃありません!シャンプーの見直しのすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事






ページ上部へ戻る