こんな恋愛してない?避けたほうが良い8の恋愛パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな恋愛してない?避けたほうが良い8の恋愛パターン

はじめに

恋愛は私たちの人生の中において、幸せな気持ちや悲しい気持ちなどいろいろな気持ちを経験し成長できる大切な機会であると思います。
好きな人のことを考えるだけでとっても幸せな気持ちになり、ときには自分を動かしてくれる原動力にもなります。
ストレスをずっと感じていた職場でも、好きな人が出来るだけで毎日会社に行くのが楽しみになったといった経験をもつ方は女性の中では多いのではないでしょうか。
一方で失恋したり彼氏とケンカしたりなど、恋愛関係で上手く行かなくなることは、日々の生活に多大なストレスを与えることにもなりかねません。
著者も以前長い間付き合っていた相手と顔を合わせればケンカというくらいケンカをしていたときがありましたが、そのころ悩んでいた将来や仕事や勉強のストレスも重なったせいで、毎日が憂鬱な気分でとても苦しかった思い出があります。
やっぱり幸せな恋愛をするには、自分のことを本当に好きでいてくれる誠実な男性とストレスのない関係を保つことが大切なんですよね。
そこで今回は避けたほうが良い8つの恋愛パターンをご紹介したいと思います。

 

1.ネガティブな関係

どんな人でも長い人生の中ではネガティブになってしまうときはいくらでもあると思います。
しかし、もし自分も相手もお互いいつもネガティブに考えてしまうようだったら、何かにつけて相手のことを疑ったり責めたりして疲れてしまいますよね。
こんなことが定期的に起こってしまうと、心も体も疲弊してしまいます。
自分がポジティブに考えるように心がけるか、ポジティブな相手を探すなどしてこのような恋愛パターンは出来るだけ避けるようにしましょう。

2.浮気

もしあなたと相手両方が相手は絶対浮気しないだろうと思いながらも、結局どっちも浮気をしていたと知ったらどう思うでしょうか?
信頼関係のない恋愛など空虚なもの以外の何者でもありませんよね。
愛のある関係には、お互いを信頼できることが必須条件です。
お互いに浮気してしまうような関係は避けましょう。

3.嫉妬

もし片方かもしくは両方が、常に相手の自分に対する気持ちを確かめたいがためだけに、相手の嫉妬心を煽るようなことばかり言ってしまうようなら、一緒にいることで心が休まるどころかすごく疲れてしまいますよね。
「他の友達と遊びに出かけたら彼氏が怒るから行かない」などと思っている方は要注意です。
お互いに嫉妬心から束縛し合わない関係を持つようにしましょう。

4.責める

常にお互いの粗さがしをし、何かあるたび相手を責めてしまうので、顔を合わせればケンカばっかりという経験をした方は多いのではないでしょうか。
相手を責めるということは相手のことを信用していないことであり、良い関係に必要な、お互いが相手を信頼できているということが欠けてしまっています。
何かあってもすぐに感情的にならないで、自分には責任はないのか、相手は責めるという行動から本当は何が言いたいのかなどを冷静に考えてみて、自分と相手を客観的に見つめられるようにしましょう。

5.要求や期待ばかり

同じく、相手に要求したり期待ばかりする恋愛は双方にとって悪影響です。
たとえば、本当は今バリバリ仕事したいのに、「女は家庭を守るべきだ」などと一方的な相手の価値観や期待を押し付けられたらどう思いますか?
「彼は私のことが全然分かっていない」と相手に対する信用を失ってしまったり、関係への不満が募ったりしてしまいます。
良い関係を保つにはお互いに相手のことを思いやり、自分が好きになったそのままの相手を認めてあげることが大切です。

6.完璧主義

相手が完璧主義者で何から何まであなたのことを批判し、そのせいで何に対しても一歩を踏み出せないようになってしまっていたとしたら、そんな恋愛はもう手放しましょう。
自分らしくいることを許してくれないような相手や恋愛関係にしがみつく必要はありません。

7.不安

女性の中にはささいなことに対して不安になってしまい、自分は彼女としてふさわしいか、自分のことをまだ好きでいるか、などついつい相手に確認してしまう人が多いかも知れません。
相手もはじめは優しく諭してくれると思いますが、あまりにも頻度が多いと彼も疲れてしまい、「彼女は自分のことを信じてくれていない」などと信頼を失ってしまうこともあります。
相手に不安を解消してもらうような受動的な解決方法を取るのではなく、何かほかのことに目を向けるなどして自分で不安を解消するようにしましょう。

8.競争心

最後に、相手の行動や言動に対していちいち競争心を抱いたり、相手を操作しようとする関係も避けるべき恋愛関係の一つだと思います。
自分は相手と楽しい時間を過ごしたいだけのに、自分が言ったことに対していちいち張り合われることでそれに対処しないといけなくなり、積み重なるとその関係自体がめんどくさくなってしまうでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
上であげたようなことばかり起こってしまう恋愛は考えただけでも疲れてしまいますよね。
もし今付き合っている相手がこのようなことばかりしてくるようなら、お互いの関係を見直す必要があるのかも知れません。
また自分と相手両方が幸せな恋愛をするためにも、自分もついついこういう行動や言動をとってしまっていないか振り返ってみると良いでしょう。

参考元:all women stalk

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事


ページ上部へ戻る