飲みすぎた時に…辛い二日酔いを治す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辛い二日酔いを治す方法

辛い二日酔いを治す食べ物や薬

送別会や忘年会など、お酒を飲む機会が増えがちなこの時期。
ついつい飲み過ぎてしまって翌日二日酔いになり苦しい思いをした経験、皆様一度はあるのではないでしょうか?
楽しくお酒を飲むためにも、辛い二日酔いを予防する方法と、二日酔いになってしまった時の対処法をまとめます!

 

なぜ二日酔いはおきるの?

こめかみをおさえる女性 貧血
そもそも二日酔いはなぜ起きるのでしょうか?
二日酔いは、アルコールを代謝させようとするために体内で発生するアセトアルデヒドという物質が身体に残るためおこるといわれています。
アルコール摂取による利尿作用で体内が脱水症状になることも二日酔いの要因となるそうです。
また、日本酒等のお酒に多く含まれるアデノシンという成分は血管を拡張させるといわれており、血管の拡張が長時間続くと血管の炎症が悪化してズキズキとした頭痛を引き起こすといわれています。
ワインやウイスキーなどのお酒に多く含まれるメタノールという成分は摂取しすぎると頭痛やだるさだけではなく身体の痛みを引き起こすともいわれています。

 

二日酔いにならないための飲み方

水を飲む

水
前述したように、二日酔いになる原因のひとつに脱水症状があります。
そのため、お酒を飲むときはお酒と同じ量、もしくは更に多い量の水を飲むことが大切です。
お水でお腹を膨らませれば、アルコールを飲む量も減らせるかもしれませんよね。
お水をたくさん飲むことで胃の中のアルコールが薄まり、アルコールを代謝する力が強まるともいわれています。

空腹で飲まない

お豆腐 オシャレな食事
胃がからっぽな状態だと酔いもまわりやすく二日酔いにもなりやすいといわれています。
おつまみは簡単にせずに、栄養のあるものをたっぷりいただきながらお酒を楽しむことが大切です。

ちゃんぽんをしない

350 日本人女性
複数種類のお酒を一緒に飲むと、胃の中のアルコール代謝が遅れ、二日酔いの原因になるといわれています。
もちろん同じ種類でも飲み過ぎては意味がないのですが、ビールを飲んでワインを飲んで日本酒を飲んで・・・などとしていると二日酔いの危険が高まるので注意が必要です。

お酒を飲んだ後すぐ寝ない

うつぶせに寝る女性
起きている時と寝ているときとでは、代謝のエネルギーが異なります。
起きている時のほうが積極的にアルコールを分解しようとするのです。
その為、お酒を飲んでからすぐ寝てしまうと、身体が安まっているのでアルコール分解が遅れてしまい、起きてもまだアルコールが抜けておらず二日酔いを招くことがあるのです。
酔っ払ったまま着替えもせずに寝てしまった、なんて経験がある方もいるかもしれませんが、まずはそうなるほど飲まないこと!そしてもし酔っ払って帰ってきても、しっかり水分をとってから眠るようにしましょう。
すぐ寝てはだめだからといって、酔っ払った状態で激しい運動や、入浴は危険なのでやめましょうね。

 

二日酔いを改善する救世主はコンビニでゲット!

350
気をつけていたのに、やっぱり二日酔いになってしまった!
そんな時の救世主は、近くのコンビニで簡単に手に入ります。

しじみ

しじみに含まれるタウリンという成分が、肝臓の解毒作用を増し、アルコールを分解させるのに役立ちます。
しじみの味噌汁はコンビニでも手軽に手に入るのでお勧めです。
また、嬉しいことに味噌にはアルコールに含まれる脂肪分を体内に蓄積させにくくする効果もあるんです!
つい飲みすぎ・食べ過ぎてしまった翌朝に、しじみ汁で身体をリセットしてみてはいかがでしょうか。

はちみつ

350 はちみつ
はちみつに含まれる果糖はアルコールの分解を助ける働きがあります。
果糖は果物にも含まれますが、はちみつはもっとも効果が高いといわれ、スプーン一杯でも十分だということです。
はちみつは飲む前にも効果があるので、コップ一杯のお水にスプーン一杯のはちみつを溶かして飲むだけで、酔いすぎたり二日酔いになるのを防ぐことができるそうです。
はちみつレモンのドリンクなどはコンビニにも置いてありますので、購入してみてくださいね。

梅干し

梅干しに含まれるピクリン酸が肝機能を活性化させ、アルコールを分解させる力を増すといわれています。
そのままいただいてもいいですし、梅入りお粥なので胃を休めるのもいいですよ。

トマトジュース

トマトジュース
トマトに含まれるリコピンは、先述したアセトアルデヒドの作用を抑える効果があるといわれています。
解毒作用のあるグルタチオンや利尿作用のあるカリウムも多く含まれているため、トマトは二日酔いに効果のある食品といえます。
トマトジュースならコンビニで手軽に手に入りますし、食欲がなくても取り入れることができます。
水分をとることで脱水症状を改善する効果も期待できますよ。

 

おわりに

ワインのボトルを持って自撮りする女性たち
いかがでしたか?
お酒は適量が一番ですが、ついつい飲み過ぎてしまうことも、これからの時期増えるかもしれません。
お酒をおいしく、楽しく飲むためにも、二日酔いの予防法や対処法をしっかり理解しておきたいですよね。

飲み会続きでも太らないようにするための4つのポイント飲み会続きでも太らないようにするための4つのポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:sae

著者の記事一覧

はじめまして ライターのSaeです!
1986年生まれ、都内在住です。
美容情報やカフェめぐりが好きなので、皆さまに興味を持っていただける記事をどんどん発信していきたいです☆
昨年結婚をしたので、プレ花嫁さんに役立つ情報も記事にしていきたいなと思っています。よろしくおねがいします!







関連記事











ページ上部へ戻る