ヴァセリンはメイクにも使える!便利な使い方7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴァセリン

ヴァセリンの使い方はいろいろ!

一家にひとつはあるかも?
そんな身近な存在であるヴァセリン。

あなたはどうやって活用していますか?
ヴァセリンには、使い道がたくさんあります! 
その中でも今回は、メイクで使えるヴァセリンの活用術をご紹介します♪

 

1.唇に

唇 リップ ワセリン

唇に使うと言っても、いくつかの使用法があります。
ただ塗るだけでも、唇にツヤが生まれ、やわらかく、しなやかに仕上がります。

お気に入りのグロスが切れてしまって何も塗る物がないときや、唇の持つ自然な色味を出したいときには、ヴァセリンを塗ると、つややかなリップになります!

もう一つの使い道として、こんな方法もありますよ。
唇にリップカラーを塗り終えたら、上唇の真上と、下唇の真ん中にヴァセリンを一塗しましょう。
機能的なハイライトとして使えます!
ハイライトのようなツヤを生み出し、唇をみずみずしく、ぷっくりと見せてくれますよ!

 

2.長持ちアイシャドウ

目元 メイク アイシャドウ

メイクにヴァセリンを使う方法②。
それは、アイシャドウに使う、ということです!

アイシャドウを塗る前に、ヴァセリンをまぶたに塗りましょう。
そうすると、あら不思議。
艶が生まれ、明るくなる効果が出るんです!

一方で、ヴァセリンは影を出したいところにも使えます。
色は出ませんが、ソフトで、露を帯びた、濡れたような質感が生まれます。

しかし、塗り過ぎには注意です。
脂ぎった肌感になってしまいます!

 

3.ハイライトとして

350 ハイライト メイク

ヴァセリンは、ハイライトとしても使うことができます。
どんな肌色の人にも使えるので、おすすめです。

この使い方も、顔にツヤを生み出してくれます。
ヴァセリンをほんの少し、頬骨と眉骨のトップに塗ってください。

こうすることで、光が反射し、顔に明るさを取り入れます。
ハイライト用のメイク用品を買わなくても、この輝きが手に入りますよ!

 

4.メイク道具を変身させる

化粧品 コスメ メイク

ヴァセリンを使って、メイク道具を新しいものに生まれ変わらせましょう!
簡単にできるものを紹介します。

とても気に入っている色のコスメはありますか?
たとえば、とてもお気に入りの色のチークを持っているなら、それをリップにも使ってみたいですよね。
そんな時に、ヴァセリンが夢を叶えてくれるのです!

チークの粉をヴァセリンとミックスしてください。
それをリップグロスとして使うことができます!

逆に、リップグロスからチークとしても使用可能です。
同じ方法で、チークにも、アイシャドウにも使うことができます。

お気に入りの色をいろんな使い方ができるなんて嬉しいですよね!

 

5.眉毛に

眉毛を指す女性

眉毛がいつの間にか無くなっていた・・・
なんてこと、ありませんか!?
とっても恥ずかしいですよね…。

そんな時にも、ヴァセリンが使えるんです!
メイクし終った眉毛にヴァセリンを塗って、セットしましょう!

その状態を長時間キープしてくれます。

 

6.ひび割れ肌を修復する

乾燥肌 ドライスキン

乾燥肌さんはこんなこと、ありませんか?
ファンデーションを塗った肌がひび割れてしまう。
そんな経験があるなら、この方法、きっと気に入りますよ!

この現象は、よくTゾーンや口周りで起こりますよね。
ファンデーションをつける前に、ヴァセリンを塗り込みましょう。
特に、ひどく乾燥する箇所にです!

ファンデーションやパウダーをその上から軽くのせ、やさしくブレンドしていきます。
こうすれば、もう乾燥肌でひび割れたファンデーションを見ることはなくなりますよ!

 

7.メイク落としとして

洗顔をする女性

ヴァセリンは、メイク落としとしても使えます!
赤ちゃんでも使える、お肌に良い成分でできているので、やさしくメイクオフができるんです。

やり方は、ヴァセリンを顔に塗り、メイクとよくなじませます。
その後、やさしくぬるま湯になじませて、洗い流します。

保湿成分が含まれているので、メイクを落としたら肌がすぐにうるおっているという、嬉しい効果が!

 

おわりに

どうでしたか?
ヴァセリンの使い道が広がりますね!
ぜひご紹介した方法を試してみて下さい♪

参考元:allwomenstalk

紅茶のティーパックこんな物で美容ケアできちゃうの!?身近な物で簡単にできちゃう美容の小ワザ・裏技8つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!

関連記事






ページ上部へ戻る