ダイエットが続かないのはあなたのせいではなくホルモンのせい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットが続かないのはあなたのせいではなくホルモンのせい

ダイエットをしたい気持ちはたくさんある…
やる気はあるのになぜか身体が動かない…
こんな時ありませんか??
そんな時に無理矢理身体を動かしたり、食事を我慢したりしてもその後に我慢したストレスで甘いものを食べてしまったりしちゃいますよね…
頑張っているのにどうしてうまくいかないのだろうと思う事もあるかもしれません。そんな時は一度、自分のホルモンと向き合ってみてはいかがでしょうか??
ホルモンと上手く付き合うと自分の意志でダイエットをしなくても自然と健康体な身体へと導いてくれる事が出来ます。
ホルモンと上手く付き合うという事は生活習慣を気をつける事に直接的に繋がります。
今、あなたの身体が何故不安定になってしまっているのか原因を理解しホルモンのバランスを取り戻しましょう。

 

インスリン

ココナッツオイル

インスリンとは膵臓から出るホルモンの一種です。
食事をした時に血中の糖が上がりますがその糖がしっかりエネルギーへと変換されればなにも問題はありませんが、現代はそれ以上に糖を摂る人が大半です。
そうなると血中の糖を減らそうとしてインスリンが膵臓より分泌されます。
インスリンは血中の糖を脂肪細胞の中へと取り込んで蓄えていくので、そうすると脂肪細胞が肥大化しサイズが増えていく直接的な原因となっていきます。
ですのでなるべく糖の吸収を抑えてインスリンの急激な分泌を抑えていく事がダイエットの中ではポイントとなってきます。

 

対策

野菜から食べる

サラダを食べる女性
→血糖値が急激に上がる原因として、炭水化物から食事をすると急激に血糖値が上がります
そうするとインスリンがたくさん分泌されてしまい脂肪細胞に蓄えられる原因となるので、先に野菜から食べるなどすると糖の吸収は抑える事が出来ます。
『野菜から食べるダイエット』はこのことから来ています。
ダイエットをたとえしていなくても血糖値が上がるという事は病気の原因にもなってしまうので野菜から食べる癖付けは必ずと言っていい程しておいた方が良いでしょう。
もし、食事会などで野菜から食べられそうにない場合は先に野菜ジュースなどを飲んでおくといいでしょう。
野菜ジュースの中にはお砂糖が入ったようなものもあるので、100%の野菜ジュースを選ぶようにしてください。

 

コルチゾール・セロトニンとメラトニン

仲の良いカップル

コルチゾールはストレスから身体を守ってくれるホルモンと言われています。
セロトニンとメラトニンは睡眠をコントロールしてくれるホルモンと言われており、セロトニンに関しては食欲を抑えてくれる作用があります。
日中にはセロトニンが分泌されて、日が落ちてから身体がおやすみモードになる為にメラトニンが分泌されるのですが、日中に仕事などでストレスを受けるとコルチゾールが大量に分泌されると、セロトニンとメラトニンの分泌が不安定になり睡眠が浅くなったりします。
睡眠をよく取れなかった次の日に食欲が旺盛になったことはありませんか?
それは上手くセロトニンが分泌されていないという事です。

対策

ビタミンCを摂る

たくさんの野菜と果物
ビタミンCはコルチゾールの分泌を抑えてくれる作用があります。
仕事をしていたり子育てをしているとストレスとは切っても切れない関係にあルと思うので、ストレスに強い身体作りをしていくことが鍵となります。
普段からしっかりビタミンCを摂取するようにしてストレスに強い身体作りをしていきましょう。

日光に当たる

太陽の光を浴びる女性
→日光に当たるとセロトニンが分泌されますので、食欲を抑えていく事ができます。
お天気のいい日にお散歩したりすると気分が良くなったりしませんか?
それはセロトニンが分泌されている証拠です。
日光にあたるとセロトニン・メラトニンの分泌が上手く行くので睡眠の質も上がります。
直接日差しに当たるのが嫌な女性も多いと思うので、背を向けて背中に日光を浴びるだけでも大丈夫ですので、お昼休みなどはなるべく外に出て日光を浴びながらランチを取る事をオススメします。

 

レプチン・グレリン

料理する女性
レプチンは食事を摂った後に分泌されるホルモンで、脂肪細胞から分泌され満腹中枢を刺激してくれます。
グレリンはお腹が空いた時に胃から分泌されるホルモンで、お腹が空いたよと脳に指令を出してくれる作用があります。
ですのでこの二つのホルモンが上手く伝達し合うと食欲が正常になります。
ただレプチンは体脂肪が多いと伝達が鈍くなり、体脂肪が多ければ多い程食欲が出て来てしまう事に繋がります。
少し体重が増えた時に食欲が増す事はありませんか??
それはレプチンが原因かもしれません。

対策

体脂肪を減らす

腕を鍛える女性
→脂肪が多い程レプチンの伝達が鈍くなってしまうので脂肪を減らす事が直接的に
食欲を抑えていく事に繋がります。
ダイエットのやり初めがしんどいかもしれませんが、少し踏ん張って体重が上手く落ちてくるとダイエットは順調に進むようになるので初期段階で諦めないようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

ぐっすりと眠る女性
→睡眠時間が短ければレプリンの分泌が少なくなり、グレリンの分泌が盛んになってしまうという研究結果も出ているみたいです。
上記にもあったように睡眠をしっかり取る事はダイエットにも効果的なので良質な睡眠を取るようにしましょう。

 

おわりに

なかなかダイエットのやる気が起きない、食欲がコントロール出来ない理由が少しは見つかったのではないでしょうか?
睡眠など生活習慣を整える事によってすべての身体のバランスが整ってきます。
なかなか抑える事の出来ない食欲と戦うのならまずは上記のことを試していきましょう。

ぐっすりと眠る女性ホルモンがダイエットを妨害!?睡眠不足が太るって本当?
脱おデブ習慣!!痩せない理由を見つけ出せば、ダイエットの成功法が見つかる!
30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~30代のダイエット、コツは頑張らないこと!6つのポイントご紹介~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る