ダイエットの定番なのに・・・意外と高カロリーの食べ物8選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中、「コレ食べてれば痩せる」と思って「ソレ」ばっかり食べてたなんて経験はありませんか?
だけど「ソレ」って本当に痩せるの?本当に低カロリーなの?
今回は「痩せる食べ物」というイメージがあるものの、実はカロリーの高い食べ物をご紹介します。
ダイエット中の方、世間のなんとなくのイメージに騙されないよう、ご注意ください!

目次

意外と高カロリーな食べ物8選!ダイエット効果は?
1.そうめん
2.春雨
3.豆腐
4.枝豆
5.アボガド
6.ナッツ類
7.バナナ
8.ヨーグルト

 

意外と高カロリーな食べ物8選!ダイエット効果は?


早速、意外とカロリーの高い食べ物をご紹介していきます。
ダイエットに興味のある人でしたら常識かもしれませんが、意外と知らない人もいるかもしれません。「特別好きでもないのに、なんとなく太らなそうだから食べてた」なんてものが入っているかも・・・・。
そして、「カロリー=栄養」ではないように、カロリーがあるからといって太るわけではありません
カロリーはそこそこあるけれどこんな効果があるという、その食べ物のダイエット効果も併せてご紹介します。

 

1.そうめん


100gあたり:126.9kcal
一人前:約343kcal

冷えたそうめんをちゅるっと食べるのは、夏場なんか最高に美味しいですよね!
「そうめんダイエット」なる夏に流行るダイエット方法もあります。
ですが、ごはん一膳のカロリーが200kcal前後なのに対してそうめんはi一人前で343kcal。決して低カロリーとは言えませんよね。
だけど「そうめんダイエット」が成功した人がいるのも事実。それは何故でしょうか?

【そうめんのダイエット効果】

そうめんが痩せるとされているのは、長期的なダイエットに向いているからです。
そうめんは薬味などで味を変えられるので飽きずに食べられるのと、調理が簡単なので、3日坊主になりがちな方でも続けやすいのです。
また、喉越しが良く特別おかずを用意しなくても箸が進む分、ほかのもので余分なカロリーを摂らずに済むという見方も出来ます。
また、そうめんはミネラルやビタミンが豊富で、身体の新陳代謝を高める効果もあります。
ダイエットをしているとどうしても栄養バランスが偏ってしまいがちですが、そうめんダイエットは比較的健康的に痩せられる置き換ダイエットともされています。
ただし、天ぷらなどと一緒に食べたり、量を食べ過ぎてしまっては元も子もありません。

 

2.春雨


100gあたり:342kcal
一人前:約155kcal

春雨も見た目がいかにもヘルシーなので(しらたきに似ているから?)低カロリーだと信じている人が多いようですが、実はけっこう高カロリーです。
ごはん100gが約140kcalに対して春雨は同量で342kcal!
春雨は緑豆やジャガイモ、サツマイモなどから摂れるデンプンが原材料です。デンプンはダイエットの敵、炭水化物の部類に入ります。
しかも糖質もかなり高め。蕎麦、うどん、中華麺、インスタント麺と比べてもトップの糖質が含まれています。糖質制限のダイエットが流行っている中、これは食べちゃいけないのでは・・・と思いますよね。

【春雨のダイエット効果】

春雨は乾燥した状態で販売されているので茹でることによって3~4倍くらいに膨らみます。なので1人で100g も食べることはなく、せいぜい40~50gくらいが平均的でしょう。
となると、カロリーも約半分になるので150~170kcalくらいになります。
ごはん一膳よりもちょっと少ないですね。スープにすれば小量でもお腹いっぱいになるのでもっと量を減らせるし、野菜なども加えれば栄養バランスも上がります。
さらに春雨は、食物繊維が豊富で、カリウムの効果でむくみ防止にも役立ちます。
やっぱりダイエットに向いている!と思ってしまうかもしれませんが、忘れてはいけないのが糖質です。
春雨はGI値(血糖値が上昇するスピード)は低いのですが糖質が多いのには変わりないので、総合的に見てそれほどダイエット向きとは言えません。
ただし食べ応えがるので、上手に食べれば痩せられるかもしれません。

 

3.豆腐


絹ごし100gあたり:56kcal
木綿100gあたり:72kcal

豆腐ダイエットは実践している人も多いのではないでしょうか。
カロリーは決して高いわけではないですが、思ったよりかは低くない・・・と感じる方も多いようです。
スーパーなどで売っている普通の豆腐のパックは大体300g前後あります。100gだけ食べるとするとその1/3。お腹が満たされる人は少ないのではないでしょうか・・・。
ではちょっと多いですが300g全部食べたとしたら、「絹ごし:168kcal」「木綿216kcal」です。ごはんとそれほど変わらないですね。

【豆腐のダイエット効果】

白米を豆腐に置き換える方法が豆腐ダイエットの主流です。
300g全部食べてしまうとごはんとあまり変わりませんが、半分くらいにしておけばごはんの約半分のカロリーに抑えることが出来ます。たとえ300g食べても、豆腐はとても抵糖質なのでごはんを食べるよりよっぽど太り難いです。
また、カロリーセーブのほかに栄養面でも健康効果があります。
それは主に豆腐に含まれるタンパク質イソフラボンです。
特にイソフラボンは女性ホルモンを整えるにに有効なので、女性にとって欠かせない栄養素です。
さらにダイエット効果として、食欲の低減、中性脂肪を抑える効果、基礎代謝アップなどもあります。
しかも豆腐は年中スーパーで売っていて安い!というのもありがたいところですね。
ですが、3食全の食事を豆腐に置き換えてしまうと、炭水化物不足になってしまいます。
1食、多くても2食までの置き換えをおすすめします。

 

4.枝豆


100gあたり:135kcal

枝豆はお酒のお供としてよく出てきますよね。「太らないイメージ」でついついたくさん食べてしまいがちです。ですが100gあたり135kcalって、野菜にしては高カロリーですよね。
枝豆は熟す前の大豆を摘み取ったもの、要するに大豆の子供です。
野菜といえども豆なので、それなりにカロリーがあるのは当たり前ですね。

【枝豆のダイエット効果】

「枝豆ダイエット」なるものはご存知ですか?間食はお菓子ではなく枝豆を食べるというダイエット方法です。または1食分、枝豆だけにする方法もあります。
もっと低カロリーな野菜はいくらでもありますが枝豆は、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、むくみ防止効果のあるカリウム、タンパク質、鉄分や食物繊維が豊富で美容効果も高いです。
スナック感覚で食べられるも、間食向きですよね。
そもそもお酒の席に枝豆がよく出されるのも、二日酔いや悪酔い防止に役立つからといった面もあります。とくにビールには糖質が多いので、ビタミンB1が豊富の枝豆を食べるのはダイエットにも繋がります。
少なくとも、から揚げやポテトなどをつまみにするよりか枝豆を食べていたほうが全然いいです。

 

5.アボガド


1個:262kcal

アボガドを低カロリーだと思っている人はあまりいないかもしれませんが、美容効果や味が女性に人気ですよね。
「森のバター」と言われるだけあってカロリーは1個で262kcalとそこそこあります。

【アボガドのダイエット効果】

アボガドはカリウムや食物繊維が豊富で、むくみや便秘解消に効果があります。
また、脂肪を燃焼、分解するオレイン酸や消化酵素が入っているので、ダイエット効果も高いとされています。
ですが注意したいのはやっぱりカロリーです。
食事の前にアボガドを1/2個食べるという「アボガドダイエット」が人気でしたが、成功例は少ないとのこと・・・。アボガドを食べた分のカロリーを消費する運動を取り入れないと痩せるのは難しいです。

 

6.ナッツ類


100g:585kcal

間食にはナッツを。とよく言いますが、カロリーは100gで585kcalと高いです。
非常に栄養価が高く身体にいいので、チョコレートやスナック菓子よりももちろん身体にいいですが、食べ過ぎると逆効果です。
また、「ナッツを食べるとニキビが出来る」なんてよく言われていますが、ナッツそのものとニキビの関係性は証明されていません
ニキビが出来る理由として考えられるのは、油やバター、塩や砂糖などで加工されているなナッツを食べているのが原因と考えられています。

【ナッツのダイエット効果】

ナッツは血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるので、食事前に小量のナッツを食べるとダイエット効果があるとされています。
また、小量で満腹感を得やすいので、食事の量も抑える効果もあります。
オメガ3やオメガ6などの不飽和脂肪酸で代謝アップが出来ることや、抗酸化力の高いビタミンEが豊富で美肌効果があるなど、美容に嬉しいことがたくあります。
ナッツの一日の摂取目安は25gまで。オーバーするとダイエットに逆効果なので注意が必要です。

 

7.バナナ


1本:86kcal

バナナは1本約86カロリーと、フルーツの中ではカロリーの高い方ですね。
水分が少ないので当然といえば当然です。
ですが、バナナは正にダイエットの定番食材!その理由はなんでしょうか・・・。

【バナナのダイエット効果】

バナナは、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富で、美容や便秘解消、腸内環境改善に効果的です。
そんな栄養価の高さ魅力ですが、なんといっても得られる満腹感が他のフルーツよりも断然大きいですよね。
朝ごはんや小腹が空いた時の間食にピッタリです。
また、他のフルーツと比べて低価格なので、毎日食べたとしてもお財布への打撃も少なく済みます。

 

8.ヨーグルト


プレーン100g:63kcal

加糖100g:75kcal
ヨーグルトもダイエットの定番ですよね。
1日のヨーグルトの摂取目安は約200gです。
プレーンで100g約63kcalなので、倍にすると126kcal。加糖だと150kcalです。
フルーツやシリアルなど、何かしら加えるとしたら更にカロリーは増えていきます。
さらに乳製品なので脂質や飽和脂肪酸が入っています。
本当にダイエットの向いているのでしょうか・・・。

【ヨーグルトのダイエット効果】

ヨーグルトの効果で一番期待されているのは、やっぱり便秘解消や腸内環境の改善ですよね。腸内環境が整えば、ダイエットだけでなく、美肌、アンチエイジングなど様々な美容効果があります。
カロリーオーバーが気になるようであれば、プレーンタイプのもの、脂質ゼロのものを選ぶ、甘みを加えるときは砂糖ではなくオリゴ糖を使うようにしましょう。
また、腸内の善玉菌のえさとなる、食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂り入れると効果的です。
善玉菌は好みに合う乳酸菌しか食べてくれないので、いくつもの商品を試して自分の腸に合うヨーグルトを見つけることも大事です。
一日200gヨーグルトを食べるとなるとそれなりにボリュームがあります。
間食で食べるにしても、他のお菓子やスイーツよりも低カロリーです。
また、ヨーグルトは夜食べると効果が更に上がるとされているので、夜ご飯を控えめにしてヨーグルトを食べるなどをしていれば、ダイエット効果はかなり高いものが期待出来ます。

 

おわりに

ダイエットの定番の食べ物であったとしても、意外とカロリーが高い食べ物をご紹介しました。
ですが、それでもダイエットに活用されるのにはそれなりの理由があります。上手に取り入れれば痩せられる食べ物なんですね。
カロリーと効果をなんとなくでも知っていれば、大げさな情報や広告に騙されることなくダイエットを成功させることが出来るはずです。
ダイエットに効果的!とされていても、食べ過ぎにはくれぐれも注意していきましょう。

今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!







関連記事











ページ上部へ戻る