飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り

甘酒は、美容にも健康にもとても良い飲み物です。
江戸時代には、夏になると死亡率が高くなるめ、夏バテ防止に飲まれていたそうです。
現代でいう栄養剤ですね。
今のように、スポーツドリンクや栄養剤がなかった時代に、夏バテを乗り切り、体力を回復させるために重要な役目を担っていました。
現在、甘酒は色々な種類が製品化されていますが、その中でもお勧めは、お砂糖不使用のお米と麹だけから出来ている甘酒です。
今年は酒屋さんで売られている、酒蔵が造っている砂糖不使用のお米と米麹だけで造られた甘酒(ノンアルコール)が、とてもよく売れているそうで、先日甘酒を買いに行くと、人気で売れ切れでした。
それで、自宅でも簡単に作れるので、手間を惜しまず作ることにしました。
まずは、甘酒が体にどれだけ良いかをご説明した後、甘酒の作り方を紹介します。

 

飲む点滴?栄養豊富な甘酒

甘酒と白米

ダイエット中のかたにも良いお砂糖不使用のお米と・米麹だけの甘酒を作ります。
疲労回復効果に優れ、美肌美白効果・シミ・くすみ防止効果・保湿効果もあるので女性にはとても嬉しい飲みものです。
オリゴ糖成分により、アミノ酸・食物繊維・オリゴ糖(善玉菌が活性化されて大腸が活発に活動するので便秘解消に良い)・ブドウ糖・食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整えてくれ肌荒れや便秘も解消、新陳代謝が良くなり免疫力も高まりますよ。
葉酸などの成分からなり、とても体に吸収されやすいため、疲労回復を助けるブドウ糖が多く含まれ、点滴の栄養成分と同じようなことから、飲む点滴と呼ばれています。

安眠にも

眠る女性

寝る前に飲む甘酒は、ストレス解消に!
パントテン酸はビタミンB群の一つで、副交感神経を優位にしてストレスを緩和してくれます。
副交感神経が優位に働くとリラックスでき、体温もあがり、睡眠に適した状態になります。
100ml程度を、ホットにして寝る一時間前くらいに飲まれると良いです。

ダイエットに

飲み物を飲む女性

お砂糖を一切入れずに作る米・麹の甘酒でビタミンB群が含まれているので脂質の代謝を促す効果があり、エネルギー代謝を上げて脂肪の燃焼を助けるのでダイエットにも良いです。
ダイエット中には栄養不足になりがちで、肌荒れなどもきになるところですが、甘酒の成分で肌荒れも防げます。
朝は、野菜ジュースやフルーツジュース、グリーンスムージーなどを飲んでいる方もいらっしゃるかとおもいますが、甘酒にかえると高い栄養効果と満腹感がえられます。
朝ご飯を、甘酒に置き換えるのも良いとおもいます。

 

作りかた

甘酒
お米と麹をご用意ください。
麹はスーパーなどで色々な麹が売られています。
購入した麹の量によって、お米や水加減が変わってきますので、細かい量は購入した麹の裏に甘酒の作り方が書いてありますので、そちらを参考にしてください。

今回は私の購入したこちらの麹500グラムで作っていきます。
飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り

飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り

まずは、炊飯器でお米1.5合をおかゆにします。
おかゆが出来上がったら、おかゆの温度が60度になるまで少し混ぜながら冷まします
60度になったところで、麹をパラパラにほぐし、おかゆに混ぜていきます。

飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り
麹菌が活発になる温度が55度~60度です。
70℃を超えると、麹菌が死んでしまいますし、温度が低すぎても麹菌が活発に活動しませんので、
55度~60度が最適温度です。

甘酒のポイントは温度管理です。
温度が低すぎると、甘みが出ずに酸味がつよくなります。
温度が高すぎると、甘みのないのり状になり、麹菌は死滅します。
炊飯器の蓋をあけたまま、保温にして、時々かき混ぜてください。

飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り
温度が60度を超えそうになったら保温を消して、温度が下がってきたら、また保温のスイッチをいれて、温度を調節してください。
蓋をあけっぱなしにしますので、布巾をかけてください。
飲む点滴甘酒で免疫力アップ・酵素の力で美肌作り

10時間程度60度を保ち、ときどきかき混ぜてください。
甘味が増し、麹の芯が取れたら、できあがりです。

常温に冷ましてから、冷蔵庫で保存し一週間以内にお召し上がりください。
そのままでは濃いと感じる場合は、お湯で薄めてください。
私は、牛乳や豆乳で割って飲んでいます。
1週間以上経過すると、酸っぱくなってきてしまいますので、お早めにお飲みください。

甘酒のアレンジ

私は、毎朝の朝食がわりに甘酒をのむのですが、毎日同じ味では飽きるので、アレンジしています。
豆乳で割ったり、牛乳で割ったり、冷える朝は、しょうがをすって混ぜたりします。
自分で作る時間が無いときに、お気に入りで購入している甘酒をご紹介します。

マルコメ

プラス糀 米糀から作った甘酒

参考価格: 2,337円(税込)
内容量:125ml×18本
味噌屋さんで発売の甘酒で、砂糖は不使用です。

麹の粒がくだかれていてどちらかというとさらさらな飲み口ですので、すっと飲めます。

マルコメ

プラス糀 甘酒 豆乳ブレンド

参考価格:2,556円(税込)
内容量:125ml×18本

マルコメ

プラス糀 甘酒生姜ブレンド

参考価格:3,980円(税込)
内容量:125ml×18本

篠崎

国菊甘酒 

参考価格:1,800円(税込)
内容量:900ml
米と麹のみでつくられた、麹の粒が残っているトロッとしたタイプです。
お米の形が残っているので、朝食のかわりに最適です。

山﨑合資会社 

一糀。ノンアルコール甘酒【抹茶入り】 

参考価格:810 円(税込)
内容量:500g

抹茶味の甘酒です。味に変化がほしいときに良いとおもいます。

森永製菓

五穀と麹の甘酒

参考価格:1,027円(税込)
内容量:6個(1個あたり181 g)

お砂糖が入ってしまっていますが、出張や旅行、職場に置いておくのには便利で、お湯を注ぐだけなので、小腹がすいたときにも便利です。

 

おわりに

今回は、甘酒の魅力をしっていただくために、栄養価が高い事や、美肌、便秘解消など女性によいことをお伝えしてきました。
アレンジもしやすく、飽きずに続けられますので、ぜひ始めてみてください。
今の時期は寒いので、温まるためにもとてもよいです。
夏の暑い時期には、冷蔵庫で冷やして、冷やし甘酒で夏バテを解消してください。
一年を通して楽しんでいただけると良いなとおもいます。

ダイエットに!美容に!栄養豊富な甘酒の効果とは?
冬だけじゃない、夏も甘酒で元気になれる!江戸時代からの風物詩!甘酒には夏バテ防止効果があった!
夏に甘酒?!“菌活”レシピで美味しくキレイ!簡単おいしい!おすすめの甘酒カクテルの作り方レシピ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ERIKA

著者の記事一覧

リフレクソロジーサロンの経営・美容機器の販売に携わり、
その後芸能プロダクション・タレントスクールの経営に11年携わりながら、アロマインストラクターの資格を取得しアロマテラピーを用いたタレント・モデルのスタイル維持・美容と健康・気持ちの向上をテーマにレッスンも担当。
季節や心の状態に合わせ、気分を明るく朗らかに保つアロマオイルのレシピ作りや、
体調に合わせて組み合わせるハーブティーレシピ、 肌のお手入れ美容法などをお届け予定です。

関連記事






ページ上部へ戻る