またニキビ?大人ニキビの原因と対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思春期だけでなく、大人になってからもニキビで悩まされている人は多いのではないでしょうか。
思春期にできていなかった人でも、大人になるとニキビができやすくなってしまったという人も少なくありません。
大人ニキビと思春期ニキビの違いやできる原因、対策・改善法について、ご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

大人ニキビの症状とできるメカニズム

ニキビを気にする女性

同じニキビと言っても、思春期にできていたニキビと大人になってからできるニキビは少し違いますよね。
次のような症状ニキビは大人ニキビです。

  • 口やアゴ周辺にニキビができる
  • 生理前は特にニキビができやすい
  • ぽつぽつとしたニキビができては治るの繰り返しで、治るのも遅い
  • 乾燥したニキビができる

どうして大人ニキビはできるのでしょうか。

原因

  • 古い角質の蓄積
  • お肌の乾燥

お肌の代謝が悪くなるとお肌のターンオーバーも遅れてしまいます。
すると古い角質で毛穴をふさいでしまいます。
また、ターンオーバーが低下すると、お肌は乾燥しやすくなります。
お肌の乾燥は角質を分厚くしてしまうため、ふさがった毛穴はかたくなり、大人ニキビはさらに頑固になってしまいます。
このふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、大人ニキビになっていきます。

 

大人ニキビは生活習慣や食生活が原因のことも!

食事会
大人ニキビができてしまうのは、お肌のターンオーバーが遅れてしまったり、お肌の乾燥してしまったりすることが原因ですが、それだけではありません。
お肌のターンオーバーやお肌の乾燥を招いてしまう原因について、説明していきます。

ストレス

膝を抱える女性
大人ニキビの大きな原因のひとつです。
女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンの2種類があります。
エストロゲンはお肌のうるおいを保つ働きをし、プロゲステロンは皮脂の分泌を促す働きがあります。
通常はうまくバランスが保たれていますが、ストレスによりホルモンのバランスが崩れてしまうと、お肌のうるおいを保つ働きがあるエストロゲンが減少してしまいます。
また、ストレスが溜まると「アンドロゲン」という男性ホルモンの分泌が増加し、皮脂の分泌が促されてしまいます。
男性ホルモンが原因でできるニキビは、男性のひげが生える部分に作用するため、口やアゴ周りにできることが多いと言われています。

また、ストレスは交感神経を刺激し、自律神経を乱してしまう原因にもなります。
自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れやすくなり、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。
自律神経が乱れてしまうと、寝てもうまく副交感神経が作用せず、お肌や体の不調などを引き起こしてしまいます。

睡眠不足

ベッドに横たわる暗い表情の女性
お肌の修復は睡眠時に、副交感神経が優位になっているときに行われます。
夜更かしや寝不足、不規則な生活などにより、睡眠が十分に取れないとお肌の機能の低下、お肌のターンオーバーが乱れやすくなるため、ニキビができてしまいます。

 

食生活の乱れ

ハンバーガーとポテト
外食やファストフード、など簡単なもので済ませていませんか?
肉中心の食生活などの栄養の偏った食生活や、お菓子ばかりを食べているとニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ニキビができやすい食事・食生活

  • ファストフード
  • 野菜が少ない
  • 肉中心の食生活
  • 自分の好きなものばかり食べる
  • スナック菓子やチョコなどのお菓子をよく食べる
    など

クレンジングや洗顔法

350 洗顔
クレンジングをするのに時間をかけてしていませんか?
ニキビが気になってゴシゴシしたり、角栓や黒ずみを落とそうとクルクル指でマッサージしタリしてしまいがちです。
クレンジングはお肌に負担がかかるため、長時間してしまったり擦り過ぎたりしてしまうと、お肌を傷める原因になります。
過度のクレンジングは必要以上に皮脂を落としすぎてしまい、乾燥やニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、逆にクレンジングを短時間で雑に行ってしまうと、メイクが落としきれずに残ってしまいます。
メイクが落としきれていないのも、大人ニキビの原因になります。

洗顔も同様で、ゴシゴシ洗いすぎたり、拭く際にタオルでゴシゴシ拭きすぎたりするとニキビなどの肌トラブルの原因になることがあります。

他にも次のような原因があります。

  • 喫煙による血行不良が原因の場合
  • 過度なダイエット
  • 冷え性

思春期ニキビ

ニキビで悩む少女
思春期のニキビは主に額から頬など、Tゾーン周辺にできやすい傾向があります。

原因

過剰に分泌された余分な皮脂が毛穴に詰まることが原因とされています。

思春期ニキビの特徴は、ギトギトとした脂っぽいニキビで、洗顔をきちんと行い清潔に保っていれば治ると言われています。

 

ニキビができやすい体質の人とは?

ニキビを潰す女性
ニキビができやすい体質の人は、次のような人です。

  • 皮脂が分泌されやすい人
  • 毛穴が小さい人
  • 肝臓の解毒機能が低い
  • 便秘しやすい人

皮脂の分泌は男性ホルモンや副腎皮質ホルモンにより促されるため、これらのホルモンが多い人は皮脂が分泌されやすい体質と言えます。
毛穴が小さい人も毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため、ニキビができやすいといえるでしょう。

また、肝臓の解毒機能が低い、腸内の善玉菌が少ないなどの理由により便秘しがちな人は、うまく毒素を体外に排出できず、老廃物が溜まりやすくなるため、ニキビができやすくなります。
体質は遺伝によるものですが、ニキビができる原因は体質だけではありません。
他にも生活習慣や食生活などの環境的要因がプラスされることにより、ニキビができてしまいます。
ニキビができやすい体質の人は、できにくい体質の人よりも生活習慣や食生活に気を付ければニキビを対策できます。
諦めずに対策して、ニキビをなくしていきましょう。

 

大人ニキビを対策・改善しましょう

スキンケアをする女性
たとえニキビができやすい体質でも諦める必要はありません。

生活習慣や食生活などを見直して、対策をしていきましょう。
ニキビの原因はひとつとは限りません。
むしろいくつか原因がある場合が多いので、できるだけ原因を改善していくことが大切です。

大人ニキビの改善には次のような方法が効果的です。

  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスをできるだけ減らす
  • バランスの取れた食事を心がける
  • クレンジングや洗顔法、スキンケアを見直す

十分に睡眠をとる

ぐっすりと眠る女性
睡眠はお肌にダイレクトに影響します。
まずは生活リズムを整えることが大切です。
早寝早起きを心がけ、できるだけ寝る時間や起きる時間は同じ時間帯にしましょう。

規則正しい生活リズムを身に付けることは、自律神経やホルモンバランスを整えることにも有効です。
リラックスして寝られるように、寝室の環境も整えましょう。

 

ストレスをできるだけ減らす

ランニングをする女性
ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因になります。
ストレスが過度にかかると、自律神経が乱れ、なかなか寝られない、あるいは寝ても疲れが取れなくなってしまいます。
すると寝られないストレス、疲労などにつながり悪循環に陥ってしまいます。
夢中になれるような趣味を見付けたり、ぬるめのお湯に浸かったりして、できるだけストレスを減らしていきましょう
定期的にストレスを発散するように心がけましょう。

また、適度な運動はストレスの解消にもなり、適度の疲れや睡眠の質をよくしてくれる効果があります。
運動することで超など内臓に刺激を与え、お通じがよくなる効果もあります。
便秘はニキビの原因にもなるので、軽い運動をすることで多くのニキビの原因の改善に効果的です。

バランスの取れた食事を心がける

日本の朝食
栄養が偏った食事は、ニキビの原因になるだけでなく、身体の不調や抜け毛など様々な症状を引き起こします。
自分ではちゃんとバランスよく食べているつもりでも、野菜が少ないなどバランスが偏っていることがあります。
食生活を見直していきましょう。

ニキビに効果的な栄養素

ニキビに効果がある栄養素はビタミンやミネラルです。
特にビタミンBには皮膚の新陳代謝を促して、皮脂の分泌を抑制する作用があるため、効果的です。
アルコールを分解する際に、ビタミンBが使われるため、ニキビができてしまって改善したいときはお酒を控えましょう。

ニキビに効果的な食べ物

玉ねぎやトマト
りんご、キウイ、バナナなどの果物
レバーや豚肉
など

ニキビに効果的と言ってもそればかりを食べていると、バランスが偏ります。
まんべんなくバランスよく食べることが大切なので、「これを食べなきゃ」と意識しすぎる必要はありません。
野菜を中心にバランスよく食べるように心がけましょう。

 

クレンジングや洗顔法・スキンケアを見直す

クレンジングをする女性
クレンジングや洗顔の際にクルクルとマッサージをしたり、時間をかけたりしていた人はすぐにやめましょう。
少し難しいですが、できるだけ短時間で、丁寧にやさしくすることがポイントです。
お肌に必要な皮脂まで、落としてしまわないように注意しましょう。
また、タオルで拭くときはゴシゴシ拭かずに、やさしく押さえて水分を吸い込ませるようにしましょう。

 

ニキビの効果的なスキンケア

クリームを塗った女性

ビタミンC誘導体

ビタミンCの効果
・皮脂を抑える作用
・炎症を抑える作用

ビタミンCにはこれらの作用があるため、お肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が配合された化粧水などがおすすめです。

おすすめのビタミンC誘導体ローション

ビーエスコスメ

安定型ビタミンC誘導体10%ローション

内容量:100ml
参考価格;¥2,352(税込)

原材料・成分 アスコルビルリン酸Na、ヘキサンジオール(防腐剤無添加)
そのままでも、他の化粧水などに混ぜても使えます♪
「毛穴が薄くなった」、「ハリや弾力が出てきた」と評判もいい、安定型ビタミンC誘導体です。

 

ティーツリーオイル

ティーツリーという木からとれるオイルで、抗菌作用が強くアクネ菌にも効果があります。
独特なにおいがあり、刺激の感じ方は商品の違いや、人に世っても違うのでパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

使い方

  • オイルを直接綿棒につけ、ニキビに塗る
  • 化粧水などに1~2滴混ぜて使う

もちろん個人差はありますが、塗った翌日に治っていたという人もいるほどニキビに効果的です。

おすすめのティーツリーオイル

Thursday Plantation

オーストラリア産 100%ピュア ティーツリーオイル

内容量:50ml
参考価格:¥1,520(税込)
素晴らしい殺菌消毒力をもち、組織細胞に刺激がなく、毒性がありません。
様々な皮膚のトラブルや、口腔、膣内の感染症などの治療に♪
うがい、ニキビ肌、アトピー、吹き出物の洗顔にも使えます。
ニキビに悩んでいる人にはかなりおすすめです。

 

NOVシリーズ

NOV(ノブ)はニキビや敏感肌などの悩みを抱える人のために、皮膚科の医師と共同で開発された低刺激化粧品です。
薬局やドラッグストアだけでなく、皮膚科にも置いてあるほど、皮膚科医にも認められている化粧品です。

NOV(ノブ)

ノブ ACアクティブ トライアルセット

参考価格 ¥1,620(税込)

お得なセットコフレ
クレンジング、洗顔料、にきびに効果的な化粧水、乳液のトライアルセットです。
全て一気に揃えるのには勇気も費用も掛かりますよね。
まずはトライアルセットで試してみましょう。

 

おわりに

大人ニキビは生活習慣や食生活の改善を行わないと、スキンケアの見直しだけでは治らないことがほとんどです。
スキンケアの見直しとともに、規則正しい生活とバランスの取れた食生活などを心がけて、美しい肌を取り戻しましょう。

ニキビの悪化、原因は「洗顔」にあり!?本当にニキビに効く洗顔料とは?
ニキビやシラミ、その他たくさんにも効果あり!ティーツリーオイルの使い方
美白&ニキビケアに!ビタミンC誘導体配合のおすすめ化粧水美白&ニキビケアに!ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水&美容液

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る