体温を上げる事は最高の美容方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の平熱はご存知ですか??
女性は一ヶ月の中でも体温の変化がありますよね。
近年は平熱が36度を下回る女性も多いのが現実です。
私自身3年前までは36度を下回っていました。
ですが、色々な事を試して自分に合うケア方法を続ける事により今では36.5度を下回る事は少なくなりました。
体温を上げる事はダイエット・美肌作り・健康的な身体作りをする上で一番の近道とも言えます。
逆に言うと、平熱が低ければ不調がたくさん出てきます。
ニキビ・シミ・たるみ・肩こり・リンパのつまり・むくみ・セルライトの増加・脂肪細胞の拡大…
更に免疫力も30%低下してしまうので病気にもかかりやすい身体になってしまいます。
平熱を上げる事だけでたくさんの美容効果を得る事が出来ますので、体温が上がると身体の状態はどう変化していくのかを見ていきましょう。

 

痩せやすくなる

350 体重計 ダイエット
体温が高くなれば基礎代謝量もUPします。
基礎代謝量とは何もしなくても代謝されるエネルギーのことを言い、そして一日の運動エネルギーがそこにプラスされた量が一日の消費エネルギーとなります。
運動すれば消費量が増えダイエットに効果的だと考えるかもしれませんが、実は一日の消費エネルギーの7割は基礎代謝だと言われています。
ということは基礎代謝を上げるだけで毎日消費エネルギーが増えるということになります。
何もしなくても痩せる人と痩せない人の差は基礎代謝量の違いです!
私自身、体温が36.5度を上回るようになってからはたくさん食べても2~3日の間に体重も自然と戻るようになったような気がします。
更に身体の中の脂肪代謝をしてくれる『リパーゼ』という酵素があるのですが、この酵素は体温が37度以上になる事によって活発になり脂肪を分解してくれる効果があります。
これは是非見方にしておきたい酵素ですよね!
37度以上となると少し高いような気もしますが、お風呂に入ったり運動したりするとそのくらいまで上がるので出来るだけ毎日お風呂に20分以上は入っておきましょう。
脂肪がついていて気になる部分をマッサージすると、その部分の血流が良くなりリパーゼが活発になるのでサイズを落としていきたい部分をマッサージすると直接的にサイズダウンに効果があるので、これもお風呂に入った時ついでにしておきましょう。

 

美肌になる

スキンケアをする女性

美肌になる為に体温を高く保つ事はとても大切です。
お肌はターンオーバーという28日のサイクルで生まれ変わっていきます。
下から細胞が作られて表面まで上がり、いらなくなった角質は垢となってはがれ落ちていきますが、この過程で血流が悪く体温が低いと良い細胞が作られなくなってしまうので、ターンオーバーが乱れる原因になります。
ターンオーバーが乱れてしまうとニキビ・シミ・シワ・たるみ・乾燥などあらゆる肌荒れの原因になりますので、お肌を綺麗に保つ上でも体温が高いという事はとても大切な事となってきます。
更に毛穴詰まりは体温と深い関係にあり、冷えてしまうと毛穴の中で汚れが溜まって固まってしまい更に酸化して黒くなるので、毛穴の黒ずみにもなってしまいます。
体温が高いだけで毛穴の汚れも改善されます。
美容機器などの肌表面を温めるような『ラジオ派』『高周波』なども効果的なので一度試してみてはいかがでしょうか?

 

内臓機能がアップ

お茶を飲む女性

手と足がいつも温かいから冷えてないように感じる方もいるかもしれませんが、実は女性は深部の体温が冷えている場合も多くあります。
深部とは内臓やコアの筋肉の事です。
内臓が冷えてしまう事により内臓機能が下がってしまうので、上手くホルモンを分泌出来なくなったり酵素が働きにくくなったりと身体の不調を招く原因となってしまいます。
ですので、体温が高く内臓機能がアップする事によりしっかり代謝の出来る身体へと変わっていきます。

 

自律神経が安定する

350
仕事に対してやる気が起きないことや毎日生活していてもなんとなく楽しくないと思うときはありませんか?
実はその考えも実は冷えのせいでマイナス思考になっている可能性があります。
身体が冷えてくると脳は身体を温めようと指令を出します。
しかし、そこで内臓機能や筋肉が正常に働いて温かくならなければ、身体は言う事を聞いてくれず脳は混乱し、イライラしたり、考え方がマイナス思考になってしまったりと身体が冷えているだけで脳にまで影響が出るようになってしまいます。
イライラして自律神経が乱れてしまう事により、頭痛・便秘・更年期障害・生理不順など女性が持つトラブルが増えてしまう事に繋がります。
そしてそのトラブルがイライラを引き起こしたりと悪循環に陥っていってしまいます。
更年期障害がきつい方は下半身をしっかり温めてあげることにより少し症状が落ち着く事もありますので一度試してみて下さい。

 

体温を上げていく方法

お風呂に浸かる

350
家で出来る最高のエステとも言われています。
お風呂に浸かるだけで深部からの体温が上がるので内臓機能も上がりますし、先ほどご紹介しました脂肪代謝してくれるリパーゼの働きも良くなるので痩せやすい身体作りもしていくことが出来ます。
半身浴も流行っていますが、お風呂に浸かる事は汗をかくことももちろん良いですがそれよりも日中冷えてしまった身体をしっかり温める事が目的ですので、お湯に全身浸かる事をオススメします。
全身浸かる事により肩こりも改善されるのでお顔の血流も良くなり美肌効果もあります。
温度は39度くらいにしましょう。
40度を超えるお湯になると冷えてしまっている人は熱くて逆に身体の筋肉が収縮する可能性もあるのでなるべく体温に近いお湯の方が筋肉は柔らかくなりますので、心地いいくらいのお湯に20分以上はいるようにするとぬるいお湯でも汗が出てくるようになります。
海塩を入れると更に効果はアップします。
なるべく着色料や香料は入っていない純粋な海塩を使用しましょう。
海塩を入れると浸透圧で体内のいらなくなった老廃物を排出していく効果もありますので、熱くないお湯でも汗をかくことができます。

伯方の塩

伯方の塩

内容量:1kg
参考価格:317円(税込)

塩は色々な種類がありますが、精製された塩は加工される段階でミネラル分が少なくなっている可能性があるのでミネラルが豊富な粗塩を使用するようにしましょう。
お値段が高いものはたくさんありますが、粗塩はスーパーでも売っているのでまず自分の身体に合うか試してみましょう。

ジーピークリエイツ

アナザートリップN デッドシ-ソルト 

内容量:155g
参考価格:432円(税込)

日本の塩だけではなく海外の海塩などもあるので、少し気分を変えて海外の海塩を使用してみるのも良いですね!
ミネラル分などが豊富なものもあるので汗の出る量も増えるのでこちらも一度試してみてください。

 

インナーマッスルを鍛える

ヨガをする女性
インナーマッスルとは身体の深部にある筋肉で横隔膜・多裂筋・腹横筋・骨盤底筋群などを指しますが、このお腹周りの筋肉を鍛える事により内臓下垂を防止したりしてくれ、更に骨盤周りを支えてくれるので綺麗な姿勢を保つのにとても大切な筋肉になります。
内臓が下垂してしまうと機能が上手く出来なくなり消化・代謝が悪くなって血液循環が悪くなり体温が下がる原因の一つとなってしまいます。

この体勢はインナーマッスルをしっかりトレーニングすることが出来ます。
家でも簡単に出来るトレーニングなのでテレビを見ながらでもいいので一日の中で時間見つけて行うようにしましょう。
トレーニングをする時間がない方でも腹式呼吸をするだけでもインナーマッスルを使いトレーニングする事が出来ます。
腹式呼吸は日常の中で癖付けていくと自律神経も整い、インナーマッスルも使う事になるので出来れば普段行っている呼吸も深くしていきましょう。

身体を冷すものは避ける

飲み物を飲む女性
冷たいものを飲んだり、アイスを食べたりするのはもちろんのこと精製された砂糖や小麦粉も身体を冷してしまう原因となります。
日本人は特に小麦粉などの消化能力が低いため出来るだけパンを食べる生活は避けていく方が良いでしょう。
その他、野菜なども身体を冷す作用があるもの温める作用があるものがありますので、こちらの記事をご覧下さい。

22時~2時の間に寝る

350
この時間は成長ホルモンの分泌が盛んになる時間です。
この時間に起きていると日中一生懸命働いた内臓やお肌が休まりません。
内臓をしっかり休めてあげることにより綺麗な血液が作り出されますので、体温を上げる為にとても大切な事です。
テレビやパソコン・スマホは交感神経を活発にし、身体が日中と勘違いし起きてしまうので、出来るだけ見ないようにしましょう。
そして、その日中に深い睡眠に入れるように23時にはベットに入るようにしましょう。

 

おわりに

運動をしたりお風呂に浸かったりするとその時は身体が温まると思います。
しかし、本来目指すところは自分の身体から自家発電のように温かくなることが目的です!
靴下を履いたりたくさん着込んだりすることも大切ですが、自分自身が今持っている筋肉や内臓をしっかり丈夫なものにしていき中から熱を発していけるようにしましょう。
しかし、その為には時間はかかります。
上記の事をしたからといってすぐに体温は上がるものではありません。
しかし、毎日確実にケアをしていけば身体は正直に答えてくれます。
諦めずに色んな事を試して自分に合うケアが見つかればそれを毎日の習慣にしていきましょう!

低体温は肥満のもと?体温を上げて痩せやすい体質になる方法低体温は肥満のもと?体温を上げて痩せやすい体質になる方法
お風呂で体の中からきれいに♪発汗を促すおすすめ入浴剤お風呂で体の中からきれいに♪発汗を促すおすすめ入浴剤
美肌もダイエットも叶う!簡単お風呂美容方法美肌もダイエットも叶う!簡単お風呂美容方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る