今からの紫外線対策で半年後の肌が変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今からの紫外線対策で半年後の肌が変わる!

冬も終わって春の季節がやってきましたね。
いよいよ紫外線が強くなってくる季節です!
紫外線はお肌のあらゆるトラブルの原因になります。
そして、この春の季節にしっかり紫外線対策をして強いお肌作りをしておくことが夏の紫外線を跳ね返し、その後に来る冬に向けてバリア機能の高い潤いのあるお肌を作り出していく事が出来ます。
紫外線がお肌にどんな影響が出るのかと強いお肌作りの方法をご紹介していきたいと思います。

 

紫外線が強くなるのは何月から?

夏 太陽 日差し 麦わら帽子 サングラス 空
夏に紫外線が強くなるのは皆さんご存知のことだと思います。
2月と3月は気温もほとんど変わらなくてまだ冬のような感じもしますが、実際に紫外線が一気に強くなるのは実は3月です!
ですので、今の時期からしっかりケアしていくことが肌トラブルを防いでいく重要な時期となります。

 

肌トラブルの多い春

後姿の女性
春は少しずつ温かくなって来て乾燥もましになるのでお肌にとって過ごしやすい時期になるような気もしますが、少しずつ温かくなるということは皮脂分泌も増えていき紫外線が強くなり、更に花粉なども飛んでいるのでお肌表面で融合して肌トラブルになりやすくなります。
春先にお肌がかぶれたり赤くなったりした経験のある方は意外と多いと思います。
これもしっかりケアしていくことにより防いでいく事が出来ますので後ほどご紹介していきたいと思います。

紫外線がお肌に及ぼす影響

シミを気にする女性

シミ

紫外線=シミの原因というイメージがあるように実際に紫外線が原因でシミは出来ます。
シミはメラニン色素が反応して黒くなり出来るのですが、お肌を守ろうとしてるからこそメラニンが黒くなります。
シミが出来るという事はお肌がしっかり紫外線から守ってくれているということになります。

シワ・たるみ

紫外線にはUVA波とUVB波という2種類の紫外線が存在します。
UVB波はお肌表面の炎症を起こしやすくシミの原因になったりお肌表面が赤くなったりする原因となりますが、UVA波は真皮層にまで影響がありコラーゲンの状態を悪くしてしまう事によって、お肌表面を支えきれなくなりその部分が緩くなる事でお肌にシワやたるみができてしまいます。

ニキビ

紫外線でニキビが出来るというイメージはあまりないかもしれません。
しかし、紫外線はニキビに大きく影響します
春先になると皮脂分泌が増えますが、その皮脂をお肌表面から取り除いておかないと紫外線が当たることによって皮脂がお肌の上で酸化してしまいます。
酸化した油はお肌トラブルの原因になり、ニキビの原因ともなりますしお肌全体のバリア機能も弱くしてしまうので紫外線をしっかり跳ね返す事のできないお肌となってしまいます。

活性酸素が増える

紫外線は活性酸素も増殖させてしまいます。
活性酸素はお肌の細胞を傷つけてしまい、お肌の生まれ変わりを妨害します。
お肌の生まれ変わりが妨害されるということはお肌のあらゆるトラブルを引き起こす原因となりますので、活性酸素はできるだけ除去する事が綺麗なお肌作りをしていくことに繋がります。
活性酸素はたばこ・睡眠不足・野菜不足・酸化した油を食べる・激しい運動・ストレスなどで増殖してしまうので気をつけておきましょう。

 

紫外線からお肌を守る方法

クレンジングをしっかりする

スポンジで洗顔をする女性
春は皮脂分泌も増加し、その上に花粉や黄砂なども付着してしまうのでしっかりそれを取り除く必要があります。
お肌表面の汚れをしっかり取り除かなければどれだけ良いお化粧品をお肌に乗せたとしても浸透していきません。
だからといってオイルクレンジングをして必要なお肌の保湿成分まで取り除く必要はありません。
下地を塗ってファンデーションをするような普段のお化粧であればジェルクレンジングやお粉だけの場合はミルククレンジングで十分です。
ただ、洗顔とクレンジングが一緒になっているようなものはメイク汚れ、自分から出た皮脂の汚れがしっかり取れないので、洗顔とクレンジングは必ず別で使用しましょう。

保湿はしっかり

クリームを指にのせた女性
乾燥しているお肌は紫外線の影響も受けやすくとても敏感な状態になります。
皮脂分泌が増えてくる季節なので乾燥していないと勘違いしがちですが、皮脂分泌が盛んになると水分は不足してくるので、しっかり水分を補うように化粧水は入念に塗るようにしましょう。

ビタミンCをとっておく

たくさんの果物
紫外線の影響を受けてからビタミンCを補う事も大切ですが、受ける前にしっかりビタミンCを摂っておくことで紫外線の影響を軽減する事が出来ます。
レジャーやマリンスポーツなどする予定があるのであればその1週間程前からしっかりビタミンCを摂っておきましょう!

日焼けをしたら冷す

頬に氷をあてる女性
日焼けをしたら必ず冷すようにしましょう。
冷す事によってメラニンの活動を抑える事が出来ますので、シミになりにくくなります。
その日のスキンケアは冷えた化粧水をたっぷり浸透させるようにしましょう。
コットンパックなどは角質を柔らかくする作用があるので日焼け当日はお肌表面のバリア機能が落ちているので避けるようにして、赤みやひりひりがましになった数日後に行うようにしましょう。

バリア機能を守る

日焼け止めを持った女性
バリア機能とは表皮と真皮の間にあるもので、水やお化粧水の分子が大きいものはこれ以上浸透しません。
このバリア機能が弱ってしまう事により赤みが出やすくなってしまったりかぶれたりする原因になってしまいます。
バリア機能を守ることが紫外線の影響を受けにくいお肌作りをすることに繋がりますので、上記のことをしっかり行いバリア機能を守るようにしましょう。

 

おわりに

老化の原因を大きく占めるのは紫外線老化です。
紫外線を受けてしまった影響はスキンケアなどで少しましになったとしてもゼロに戻す事は出来ません。
美肌でいる秘訣は紫外線の影響を出来るだけ受けないようにすることが懸命です。
洗濯物を干すときや窓から入り込んでくる紫外線を甘く見るとその影響が溜まっていき大きなトラブルとなるので、紫外線にはちょっと神経質になるくらいがちょうどいいでしょう。

肌トラブルでお困りの方必見!春を美肌で過ごす方法肌トラブルでお困りの方必見!春を美肌で過ごす方法
今からでも遅いくらい?日焼け対策は早ければ早いほどいい!今からでも遅いくらい?日焼け対策は早ければ早いほどいい!
内側から美肌づくりを!春とキレイとビタミンCの関係内側から美肌づくりを!春とキレイとビタミンCの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る