ストレス太りの原因と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストレス太りの原因と解消法

現代社会を生きる女性にとって、ストレスは切っても切り離せない厄介な物ですよね。
場合によっては、ストレスで体や心を壊してしまう事も。
そんなストレスが、ダイエットの大敵であるのはご存知の方も多いと思います。

「ストレス太り」と言う単語はよく耳にするのではないでしょうか。
ストレスを感じるだけでも辛いのに、更に太ってしまうなんて悲しすぎますよね。
ストレス太りを予防する為には、そのメカニズムを知って、しっかりと対策する事が大切です。

 

ストレス太りとは?

では、ストレス太りとはどのようにして起こるのか、そのメカニズムを解説します。

①暴飲暴食してしまう

350 日本人女性 ケーキ ダイエット
まずストレス太りと聞いて頭に浮かぶのが、暴飲暴食ではないでしょうか。
イライラすると、甘い物が欲しくなったりつい食べ過ぎてしまいますよね。

人は、ストレスを感じると脳の大脳辺縁系が興奮します。
大脳辺縁系が興奮すると、『ドーパミン』というホルモンをたくさん分泌させます。
このドーパミンは、摂食中枢に働きかけ、食欲を増幅させます。
これにより必要以上に食欲が湧き、食べすぎてしまうのです。

また、ストレスを感じると、満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きのあるレプチンというホルモンの動きが鈍くなります。
いくら食べてもお腹がいっぱいにならないので、やはり食べ過ぎてしまうという訳です。イライラすると、甘い物や脂っこい物など、見るからに太りそうな食べ物が欲しくなりませんか?

②脂っこい食べ物が欲しくなる

ジャンクフード/パーティーフード
イライラすると、甘い物や脂っこい物など、見るからに太りそうな食べ物が欲しくなりませんか?
これは、脳がそういった物を欲しがっているからです。

ストレスを感じると、脳は体が危険な状況だと判断し、脳に必要な栄養素をたくさん確保しようとします。
ブドウ糖を確保する為に甘い物、コレステロールを確保する為に脂っこい物、といった具合です。
脳からこのような指示が出ると、自分の意志で我慢しようとしても難しいですよね。
ついついこういった物を選んで食べてしまい、結果太りやすくなってしまいます。

③コルチゾールの働き

お腹をつまむ女性
そんなに暴飲暴食していないのに太ってしまう!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
先に述べたように、ストレスを感じると食欲が増すので、食べていないようでも実は食べているという事もあります。
ですが、本当に食べる量が変わらないのに太るという方は、『コルチゾール』のせいかもしれません。

コルチゾールもまた、ストレスを感じると分泌されるホルモンです。
このホルモンは、ストレスによる体の危険を察知して、脂肪を積極的に蓄えようとします。
あまり食べていなくても、コルチゾールの働きにより、ストレスのない人より脂肪がつきやすい体になってしまうのです。

④睡眠不足

目をこする女性
ストレスを感じると、不眠症など睡眠に支障をきたす事もありますよね。
眠っているつもりでも、イライラしたり気になる事があって何度も目が覚めたり。
人は熟睡している時に成長ホルモンを分泌するのですが、このホルモンには脂肪を分解する働きがあるのです。
眠っている時に消費するカロリーはほとんどがこの成長ホルモンによる物と言われているので、ストレスにより不眠になると、それだけで脂肪が分解されず、太りやすくなってしまうのです。

 

ストレス解消のために

こういったストレス太りを防ぐ為には、なによりもまずストレスを溜めない事が大切です。
それでは、ストレス解消の為に出来る事をご紹介します。

①運動

350 運動 ランニング 女性二人 日本人
運動をすると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンやエンドルフィンなどを増幅させる事が出来るので、ストレス解消につながります。

②睡眠の質を上げる

布団で眠る女性
成長ホルモンの分泌を促す為にも、質の良い睡眠をとれるよう心がけましょう。
あまりお酒は飲みすぎず、寝る前に読書をしたり、アロマをたくなど精神を落ち着かせると良いでしょう。

③ビタミンCをとる

グレープフルーツ
ビタミンCには、脂肪がつきやすくなるホルモン「コルチゾール」を減少させる効果があると言われています。
果物や野菜など、ビタミンCをたくさん含む食材を積極的にとって、コルチゾールを減らしましょう。

④きっちりしすぎない

日記をつける女性
ストレスを溜めやすい方にありがちなのが、何事にもきっちりしすぎてしまうという事。
もちろん、真面目に物事をこなすのは大切な事ですが、それによってストレスが溜まり体を壊しては元も子もありません。
手を抜ける所は抜いて、メリハリを大事にしましょう。

⑤自分の時間を大切にする

部屋で音楽を聴きながらリラックスしている女性
日々の仕事や家事などでいっぱいいっぱいになってしまい、自分の時間がとれないという方も多いのではないでしょうか。
そんな生活ではストレスが溜まるのも仕方ないですよね。
忙しくても、自分の趣味に少し時間を割いたり、ぼーっとする時間を作るなど、自分の為の時間を確保しましょう。

 

おわりに

道
忙しい現代社会だからこそ、ストレス太りに陥ってしまっている女性は非常に多いと思います。
生きている以上ストレスはつきものですが、出来るだけストレスを取り除くよう意識して、スリムな体をキープしたいですね。

600骨盤矯正ダイエットで下半身スリム!歪みの症状と原因をチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:yuka

著者の記事一覧

1989年生まれ。
昔からファッションや美容に関する事が大好きで、大学卒業後は好きな事を仕事にしたい!とネイルスクールに通い、現在ネイリスト兼ライター。
お酒、スイーツ、美味しいものなど食べる事が大好きで、好き放題すると太る→ダイエットするを繰り返し、経験したダイエットは多数。
Lierでは、この経験を活かして正しいダイエットに関する記事を中心に、美容、ライフスタイルまで幅広い知識を記事にしていきます。
現在ダイエット検定受験の為勉強中。

関連記事






ページ上部へ戻る