飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」体験レビュー!1日1回でUV対策ができる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

理想的な日焼け止めの塗り方は意外と面倒!
老け顔一直線…紫外線が肌に与える怖い影響
飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」って?
肌の損傷を防ぐ注目の成分・Nutrox Sun
クロセチンとルテインで目も紫外線から守る
日焼け対策だけでなく、美肌効果もあり
初回限定価格980円で実際に体験してみました!
・定期コース・初回限定パックの中身は?
・錠剤の大きさや飲みやすさは?
・実際に飲み続けてみた結果
ホワイトヴェールのメリット・デメリット
ダブル使いで内側と外側からUVケア!

 

理想的な日焼け止めの塗り方は意外と面倒!


肌の大敵、紫外線。夏場しか対策をしない方も多いですが、美しい肌を保つためには一年を通して対策をしたいものです。
ですが、日焼け止めを正しく塗るのって実はとっても手間がかかること。朝に1回だけしか塗っていない方は要注意です。

本来、日焼け止めは数時間おきに塗り直すものです。実際にやってみるとわかりますが、数時間おきというのは意外と高い頻度ですよね。
朝7時に日焼け止めを塗ったとしましょう。3時間おきなら、日が落ちるまでに少なくとも3回か4回は塗り直すことになります。
その間に手を洗うことや汗をかくこともあるでしょう。その都度塗り直すならば更に回数は増えます。

そもそも、大半の女性は日焼け止めを塗る量が足りないと言われています。例えば顔全体をカバーできる日焼け止めの量は500円玉大。実際に顔と首の一部をカバーできる程度に手に取るとこのくらいの量です。

これを丁寧に塗り込んでいくのが正しい日焼け止めのつけ方。普段つけている量よりも多く感じるのではないでしょうか?
面積の少ない顔だけでこの量です。首全体やデコルテ、腕や脚と全身ケアしようと思うと結構な量になると思いませんか?

気温が高くなれば汗もかきますから、どうしても日焼け止めが流れ落ちやすくなります。ジェルやクリームの日焼け止めなら塗りムラも気になるところです。
顔はシミなどのトラブルを最も避けたい部分ですが、メイクをしていると数時間おきにたっぷり日焼け止めを塗り込むなんて現実的ではないですよね。
メイクの上から簡単に使えるスプレータイプの日焼け止めは便利ですが、吹きつけた後の崩れも気になりますし、持ち歩くとなると鞄の中でかさばってしまいます。

考えるだけで面倒になってきますね。
UV対策が大切だというのは分かっているけれど、ただでさえ忙しいのに日焼け止めを頻繁に塗り込んでいる時間なんてないという方が多いのではないでしょうか。
実際、正しく日焼け止めを使用できている女性はほんの一握りだと言われています。

 

老け顔一直線…紫外線が肌に与える怖い影響


紫外線は人間が体内でビタミンDを生成するために必要であり、1日に15分ほどは日光を浴びることが推奨されています。
ですが、紫外線は非常に影響が強く、肌荒れやシミ、肌の老化、免疫力の低下、皮膚がんの誘発などの原因にもなりえます。
肌の老化を促す原因の約9割が紫外線だという説があることをご存知でしょうか。紫外線は必要なものではありますが、浴び過ぎると悪影響が強くでるものなのです。

紫外線を浴びると、肌はDNAを守ろうとしてメラニン色素を含む表皮細胞でバリアを作ります。これが日に焼けると肌色が黒くなる理由です。
こうすることで紫外線による刺激や皮膚がん発症のリスクを下げようとしているのですが、メラニンが過剰生成されると、今度は色素沈着を起こしてシミができてしまいます

通常、メラニンはターンオーバーによって排出されるためシミにはなりません。ですが、紫外線を大量に浴びることによってメラニンが過剰に生成されると、排出しきれないメラニンが出てきます。これが色素沈着を起こし、シミとなってしまうのです。

紫外線の影響で現れる肌トラブルは、症状がすぐに表れる急性障害と、蓄積された紫外線の悪影響が時間をおいて現れる慢性傷害に大別されます。
具体的には下記のような肌トラブルが紫外線によって起こるとされています。

急性障害
日焼け、皮膚炎など
慢性障害
シミ、シワ、皮膚がんなどの肌老化

こうしたトラブルを避けるためにも、紫外線を浴び過ぎない・紫外線によるダメージを軽減する必要があります。
だからこそ、日頃のUV対策やUVケアが大切になってくるのですね。

 

飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」って?

近年、日差しにあまり耐性のない白人女性を中心に話題になり、日本でも徐々にブームが起こりつつある商品があります。
それが「飲む日焼け止め」。従来の日焼け止めは肌に直接塗ることで紫外線をブロックするものでしたが、飲む日焼け止めは内側から紫外線に対抗することができます。
飲む日焼け止めの最も大きなメリットは「塗り直しが必要ないこと」。また、「日焼け止めの成分で肌が荒れてしまう敏感肌の方でも安心して使用することができること」です。

「ホワイトヴェール」は美の専門家(美容家・キレイナビ代表 飯塚美香さん)がプロデュースした国産の「飲む日焼け止め」です。
植物由来の有効成分・Nutrox Sunが紫外線からお肌を守り、植物由来の美容成分が更なる美肌へと導く…という夢のようなサプリ。
毎朝1日1回、2粒飲むだけで日焼けによる肌の損傷を防ぐことができます。

ホワイトヴェール

飲む日焼け止め・ホワイトヴェール

美の専門家がプロデュース・話題の飲む日焼け止め。
毎日たった2粒で紫外線対策ができる!
99.9%植物由来・Nutrox Sun(ニュートロックスサン)配合
今なら定期コース15日間返金保証キャンペーン実施中!

≪商品価格≫
・定期コース(4回以上)
 初回限定980円(税込・送料無料)
※2回目以降は34%オフ4,980円(税込)

・単品7,560円(税込・送料無料)

グラビア撮影などで日差しを浴びることの多いモデルや女優にも愛用者がいるというホワイトヴェールですが、どのような成分が含まれているのでしょうか。
「日焼け止め効果」を担う有効成分・Nutrox Sunについて調べてみました。

 

肌の損傷を防ぐ注目の成分・Nutrox Sun


飲む日焼け止めサプリに含まれている有効成分は大きく分けて2つ。Fernblock(フェーンブロック)Nutrox Sun(ニュートロックスサン)。Fernblockはシダ植物を原料としている成分です。

ホワイトヴェールに配合されているのは地中海産のシトラスとローズマリーのエキスを原料とする99.9%植物由来の有効成分・Nutrox Sun紫外線から肌を守る天然ポリフェノールで、2016年ごろから注目されている成分です。
Nutrox SunはスペインのMonteloeder S.L.という企業を中心に、ミゲル・エルナンデス・デ・エルチェ大学やムルシア大学などが関わった研究チームで開発されました。

具体的に得られる最も大きなメリットは下記の3点。

  • 紫外線の原因となる活性酸素をコントロール
  • 炎症を抑える効果
  • お肌の老化を防止

日焼けによる肌の損傷を防ぎ、紫外線を約60%制御することが実証されていることから、その高いUVケア効果がうかがえます。
ミススペインもこのNutrox Sun配合のサプリを愛用しているそうです。

 

クロセチンとルテインで目も紫外線から守る


日焼けというとどうしても肌のことばかりを意識しがちですが、実は目から入る紫外線による影響もなかなかに大きなものです。
目が紫外線から刺激を受けると、脳は「今、日差しが強いんだ!」と感じ取り、肌へ体を守るように指令を出します。その結果、肌を守っていても日焼けしてしまいます
また、目そのものも紫外線によって傷つき、眼精疲労や炎症を起こしてしまうことがあります。

そうなると肌だけでなく、目にも紫外線対策を施したいところですが、サングラスやUVカット眼鏡をかける習慣って日本ではあまり一般的ではありませんよね。
かといって、目に日焼け止めを塗り込むわけにもいきません。であれば、立てるべきは内側からの紫外線対策です。

ホワイトヴェールには有効成分であるNutrox Sun以外に、クロセチンルテインを配合。
どちらも目を紫外線から守り、目の健康を守る効果が高い成分です。

クロセチン
クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素。血流改善によって眼精疲労を軽減し、光による目の障害を抑える。
ルテイン
マリーゴールドの花から精製される天然素材。目の水晶体を紫外線から、そして網膜を活性酸素から守る。

肌だけではなく、見落としがちな目も保護してくれるのは嬉しいポイント
色々なサプリを個別に取るのは面倒なものです。これなら日焼け対策として一度に摂取できるので、忙しい女性でも続けられそうですね。

 

日焼け対策だけでなく、美肌効果もあり


ホワイトヴェールに期待できるのは日焼けに対する効果だけではありません。
ザクロエキスパウダーメロンプラセンタリコピンなど、植物由来の美肌成分が多数配合されているため、美肌効果も期待できます
それぞれの美容成分が肌に与える効果をみていきましょう。

ザクロエキス
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た構造をしていることで有名なザクロエキス。肌の水循環をスムーズにし、肌の弾力やキメに効果があるとされています。
メロンプラセンタ
植物性プラセンタは植物が発芽する時に必要な「胎座」という部分を利用して作られています。動物性プラセンタと違い、病気の心配や免疫反応を気にする必要がなく安心です。アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているため、肌を美しく保ちます。
リコピン
メラニンの生成を抑制し、コラーゲンを増やす効果があります。また、日焼けによる赤みやごわつきの抑制、角質層の状態改善に効果が期待できます。

更に、女性に不足しがちなビタミン、ミネラルなども配合されており、トータルケアにも役立つサプリだと言えます。
配合されているマルチビタミン・ミネラルは100%オーガニック。自然派の方も安心して摂ることができます。
忙しく、栄養状態も崩れがちな現代女性にとっては嬉しいポイントですね。

 

初回限定価格980円で実際に体験してみました!


ここまでホワイトヴェールの効果についてお話してきましたが、使い心地や効果はどうなのでしょうか。せっかくお金を出す以上、効果が無ければ意味がありませんよね。
今なら定期コースが初回限定980円で、なおかつ15日間の返金保証があるということで実際に試してみました。

私は敏感肌よりの混合肌。調子が悪い時に刺激の強いものを肌に乗せると荒れるタイプです。食品アレルギーは特にありませんが、香りの強い食べ物は少し苦手です。

 

定期コース・初回限定パックの中身は?


初回限定パックには、商品説明のリーフレット定期購入についてのリーフレットが各1枚ずつと、パウチに入ったホワイトヴェールが入っていました。


商品のパウチはスマートフォンより一回り大きいくらい。厚みもなくかさばらないので、旅行の時などには重宝しそうです。
980円という特別価格ではありますが、サンプルやトライアルセットのような少ない量ではなく、約1か月分の60錠がきちんと入っています。
サプリメントは長期間飲まなければ効果が実感できないものだと考えているので、ここは嬉しいポイントです。


定期購入についてのリーフレットには、現在定期お届けサービスに申し込んであることと、定期購入の詳細が書かれていました。
裏面にはホワイトヴェールに寄せられた利用者の口コミ。当然良い感想が掲載されているのですが、やはり「手軽であること」「塗り残しや塗り直しが必要ないこと」を喜んでいるという意見が印象に残ります。

商品説明リーフレットに書かれていたのは、紫外線による光老化についての説明、光老化対策ができているかどうかについてのアンケート、ホワイトヴェールの作用やこだわりについての説明など。
顔の片面にのみ長期間紫外線を浴び続けたトラック運転手の写真がなかなか衝撃的でした。片面だけシミ、しわ、たるみが圧倒的に多い!怖い!
紫外線に対する防御効果や光老化の抑制効果はもちろんですが、ホワイトヴェールは続けやすさ≒飲みやすさにもこだわっているとのこと。
女性でも飲みやすいよう、小粒の錠剤になっているそうです。実際に商品を開封して見てみました。

 

錠剤の大きさや飲みやすさは?

パウチの小ささや薄さから何となく予想していましたが、確かに小粒です。
たまに海外の大きなサプリメントを飲んでいるため錠剤に対する苦手意識はあまりないのですが、これは嬉しい。
錠剤の大きさまでこだわることができるのは、やはり国産だからこそ。海外の大きいサプリメントって飲みにくかったり、喉にひっかかったりするんですよね…。
このくらいの大きさなら、錠剤が苦手な方でも続けやすいのではないでしょうか。

ほんのり薬草っぽい香りがしますが、水で飲む分には全く気にならない程度。
錠剤が小さいので喉にひっかかることもなく、匂いも味も特にしないので飲みやすいと思いました。

 

実際に飲み続けてみた結果


焼けるのを覚悟で、塗る日焼け止めを併用せずにしばらくホワイトヴェールを飲み続けてみました。
朝起きてすぐに白湯を飲むタイミングで一緒に飲むようにしたため、飲み忘れはなし。

元々すぐに日焼けして肌が黒くなるタイプなので内心不安だったのですが、特に焼けることもなく1週間
その間、晴れた日に1日ずっと外にいたこともありましたし、日差しが強い中でベランダに長時間居たこともありました。
さらに検証を続ける間、いつ焼けるかとドキドキしていたのですが…。

結果、目で確認する限りでは日焼けせず!

1日外出していた日は雲一つない空だったので本当に心配だったのですが、黒くならず。
すぐに焼けて黒くなる私にとって、塗る日焼け止めを使わずにこれだけ効果があるのは驚きでした。

花粉が増えてくる時期なので肌のゆらぎも気になっていたのですが、ホワイトヴェールを飲んでいる間は肌荒れもありませんでした
飲んですぐ目に見えるような効果が現れる、ということは当然ありません。
が、ちょっとした刺激やストレスで肌がガサガサになる自分としては、悪影響が出ない肌荒れしないのはかなりのプラスポイントでした。

 

ホワイトヴェールのメリット・デメリット


しばらく使用してみて私が感じた・気付いたホワイトヴェールのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • うっかり焼けで痛い思い・悔しい思いをせずに済む
  • 日焼け止めが塗りにくい箇所もカバーできる
  • 塗り直しが必要ない・落ちない
  • クレンジングが必要ない
  • 敏感肌でも荒れる心配をせずに使える
  • 内側からUVケアができる
  • パウチパックなのでかさばらない(そもそも日中は持ち歩かなくて良い)

デメリット

  • 完全に日焼けを防ぐことはできない
  • 全ての人にアレルギーが起きないとは限らない
  • 通販限定なので店頭では買えない(定期購入なので買い忘れはないけれど…)

総合評価

個人的に「これは良いな」と感じたのは、「朝1回飲むだけ」というシンプルな点と、「外部刺激で荒れる心配がない」という点。

朝の時間帯はどうしてもばたばたするので、今までは日焼け止めを塗るのが遅くなってしまうことがしばしばありました。
ですが、ホワイトヴェールなら朝起きて水を飲む際、一緒に2錠服用してしまえばそれで準備完了。この手軽さは大変な魅力でした。

また、肌がゆらいでいる時期だったにも関わらず、荒れることが無かったのも嬉しかったポイント。
効果の高い日焼け止めは成分が強いので、物によっては肌が荒れてしまうことがあったのですが、こちらは肌につけるものではないので肌を傷めることなく使用できました。

塗るタイプの日焼け止めにも言えることですが、完全に日焼けを防ぐことは難しいと思います。ですから「これさえ飲んでいれば」というものではありませんが、やはり対策をしている安心感はあります。
最終的に私は塗る日焼け止めや日傘などの外側からの対策と、内側からの対策であるこちらを併用することを決めました。

 

ダブル使いで内側と外側からUVケア!


私は週に1度、休みの日などを利用して「肌休めの日」を作っています。
「肌休めの日」は化粧をせず、いつもより丁寧なスキンケアをして肌をいたわってあげる日。
化粧品も日焼け止めも肌を守るものですが、やはり異物であることには変わりありません。時折、何もつけない日を作ることで肌の健康を守ることができます

「とはいえ、肌休めの日でも日中の紫外線対策はしておきたい。」

このジレンマに長い間悩まされていたのですが、今回飲む日焼け止めを試してみたことで解決の糸口が見えました
室内の日差し程度ならこれだけ飲んで、塗る日焼け止めはおやすみしても問題ないように感じます。

日差しの強い日は塗る日焼け止めとホワイトヴェールを併用して、内側と外側から紫外線対策をすると安心です。
春の紫外線は実は真夏にも負けないくらい強いものなので、UVケアはいわば「春からが本番」。気を抜かず念入りにしておきたいものです。
日焼けしやすい上に汗っかきなので、今までは塗り直しまでの間に焼けないか心配だったのですが、こちらを飲み始めてからはまだ「焼けちゃったなぁ…」ということはありません。

「飲む日焼け止め」ホワイトヴェール、個人的には常備しておきたいものの1つになりました。
何ごとにおいても、使える手は多いに越したことはありません。
これからどんどん強くなる紫外線対策に、新たな一手を加えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪

関連記事






ページ上部へ戻る