あなたは間違った運動をしていませんか?自分に合う運動方法で効率よくダイエットしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは間違った運動をしていませんか?自分に合う運動方法で効率よくダイエットしよう!

皆さんは運動する時、歩いていますか??
走っていますか??
最近は老若男女問わずランニングが流行っていて、休みの日に走る事が好きな方もたくさんいますね。
そこで、一つ質問なのですが、自分にあった運動方法はご存知でしょうか??
激しい運動をすると体調が良くなる方もいれば、呼吸が荒れてしまって体調が悪くなる方もいるかもしれません。
自分に合った運動方法をすると同じ時間の運動でも有効的に運動する事が出来るかもしれませんよ。
ここで自分に合った運動方法のヒントを見つけて普段の運動に活かしてみてはいかがでしょうか??

女性はもともと激しい運動に向いていない

運動をする女性
女性は昔から子供を産んで家の中を守っていく存在としてありました。
そして食べ物を調達に行くのは男性で外で獲物と激しく戦う事もあったでしょう。
もともとの原点はそこですが、今は時代も変わっていき男性のように四六時中働いている女性も多く見かけますよね。
でも実は働き続けて動き続ける事は女性ホルモンを乱してしまうことに繋がります。
女性はストレスに弱く、ストレスを受け過ぎて精神的にも肉体的にも使い過ぎる事によって男性ホルモンの分泌が多く出てしまいます。
ですので、ストレスを受け過ぎるとホルモンのバランスが乱れてニキビが出来たりイライラしたり、ひどい場合には生理が止まる事もありますよね。
このように女性が社会進出してきた今、仕事でも毎日動いているのに更に激しくトレーニングをすると過剰に身体を使い過ぎてしまうこともあります。

 

激しい運動はダイエットに向いていない?!

350 体重計 ダイエット
実は激しく運動すると一時的に心拍数も上がって疲れて運動した!!
という気持ちになれるかもしれませんが、実は一時的な激しい運動は血糖値を一気に下げてしまう原因となります。
血糖値が下がるという事は実際にもしお腹が空いていないとしても、お腹が空いた現象に陥ってしまうのです。
だから消費エネルギーがそこまでなくても運動の後に食欲が出て来てしまって食べてしまいます。
ですので、激しい運動はダイエットに向いていないと言われています。

 

ランニングが体質に合う方

350 ランニング 女性 運動 ダイエット 日本人

便秘がある

ウォーキングでも全身運動になりますが、ランニングをすることによって上半身をしっかり動かしていく事が出来ます。
その影響で腸の中がしっかり蠕動運動してくれるようになるので、普段便が出にくい方は軽いランニングをしてみてはいかがでしょうか??

下半身がむくみやすい

下半身がむくみやすい方は腎臓機能が低下している可能性があります。
腎臓は身体の中の老廃物をしっかりキャッチして尿として外に排泄していく機能ですが、腎臓機能が低下すると老廃物が溜まりやすくなり下半身に滞ってしまいますので、腰回りからしっかり身体を動かす事によって腎臓機能をUPしてむくみにくい身体作りをしていくことが出来ます。

普段からクヨクヨしやすい

ランニングをすることによって瞑想に似た状態に陥る事が出来ます。
座って瞑想をすると色々考えてしまって瞑想に集中出来ないと言う方は走りながら瞑想状態に入る事をオススメします。
歩いてでも瞑想状態には入る事が可能ですが、脳に余裕ができてしまいこれも色々考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。
ですので、無理矢理脳の中を空っぽにするのも一つの手だと思います。

筋肉量が少ない

筋肉量が少ない方は歩くよりも少し走るようにして全身の筋肉量を増やしていくようにしましょう。

 

ゆったりとした運動が体質に合う方

350 ヨガ ダイエット

普段イライラしやすい

普段からテキパキと動く方で仕事も出来て完璧主義な方は激しい運動やマラソンなどをすると義務感のように『しなければ』という風に考えてしまいがちです。
仕事でも気を張りつめているので普段の運動まで義務になってしまうと初めは良くても義務感になるとストレスになってしまうので、出来る時に体を動かしたいように動かすくらいが調度良いでしょう。

筋肉量が多い

女性でも筋肉量が多い方はヨガなどのリラックス出来るよな運動をするようにしましょう。
もともと筋肉がある状態で体重が増えたり太ったからと言って激しい運動などをしてしまうとセルライトが霜降り状態になるので更に脂肪が落ちにくい状態になってしまいサイズが落ちていかない原因となるので、ウォーキングやヨガ・ストレッチなどの有酸素運動をするようにしましょう。

疲れやすい方

疲れやすい方は普段から気のエネルギーが不足がちになってしまいます。
ですので、激しい運動やランニングをすると更に気が消費されてしまい疲れてしまう結果となりますので、疲れやすい方はお風呂でゆっくりしてストレッチをしておく程度にした方が良いでしょう。

 

おわりに

たくさん運動方法がある中で自分がどのように運動する事が一番身体に合っているのか悩む方も多いでしょう。
まずは自分の体質を知る事が大切です。
ランニングをして気分爽快で身体の機能が向上する方もいるかもしれませんが、全員が全員そうとは言えません。
もしかしたら疲れきってやる気が起きなくなる方もいらっしゃいます。
自分の体質がわからない方はエステや鍼灸院などで身体を見てもらいアドバイスをもらうことも一つでしょう。
闇雲に運動するよりもまず自分に合った運動方法を見つけましょう。
そうすることによって同じ時間の運動でもより効率よく運動していく事が出来ます。

本気のウォーキングが明日の体を作る本気のウォーキングが明日の体を作る
最高のランを実現するために。ランニングのコツ7つ
ヨガのポーズをとる女性これなら続けられる?一日5分のチベット体操でヘルシーボディを手にいれよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る