あなたのシワ対策間違ってるかも?正しいシワ対策とポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたのシワ対策間違ってるかも?正しいシワ対策とポイントとは

年齢を重ねると、シワやたるみが気になってきますよね。
いろいろとシワ対策を行っている人も多いかと思いますが、正しいと思ってやっているシワ対策は間違っていることが多いです。
正しいシワ対策やポイントについてご紹介していきますね。参考にしてみてください。

 

間違いがちなシワ対策とは?

頭を抱える女性
加齢に伴いシワはある程度仕方のないものですが、できることなら1つでも減らしたいですよね。
間違ってやりがちなシワ対策について説明していきます。

コラーゲンを食べる・飲む

サプリメントを飲む女性
コラーゲンはシワに効果的だからと、コラーゲンを含む食べ物をたくさん食べたり、サプリメントで補ったりしていませんか?
コラーゲンを摂れば、そのまま肌のコラーゲンになるというわけではありません。
コラーゲンはタンパク質で、アミノ酸に分解されます。
その後小腸から吸収され、骨や筋肉、皮膚など、体のさまざまな部分が作られていきます。

このときに何をどの程度作るかというのは、ホルモンなどが調整しています。
肌のコラーゲンを維持する女性ホルモンは20歳がピークとも言われており、20代から減少し始め、閉経すると急激に減少してしまいます。
いくらコラーゲンを摂ったとしても、肌のコラーゲンがたくさん増えるという簡単な問題ではないのです。

 

コラーゲン配合の化粧品を使っている

メイクブラシ
コラーゲンが配合されている化粧品と聞くだけでも、モチモチしたお肌になれそうだと思ってしまいますが、実はこれはシワ対策としてはあまり有効ではありません。
コラーゲンは分子が大きく、コラーゲンが配合されている化粧品をお肌に直接塗ってもお肌の真皮までは浸透することはありません。

さらに化粧品に含まれるコラーゲンは魚などから作られているものがほとんどで、浸透したとしても人間の体にとっては異物であり人のコラーゲンとして定着はしません。
コラーゲンを増やしてシワを対策するという意味ではあまり効果的ではありませんが、化粧品に含まれているコラーゲンは角質層の水分を保持してくれる働きがあるためお肌を保湿するという意味では効果的です。

 

正しいシワ対策とは?

スキンケアをする女性
では、シワ対策をしたい場合はどうしたらよいのでしょうか。
シワ対策に効果的なのは、コラーゲンをそのまま摂ったり塗ったりするのではなく、コラーゲンを増やす作用がある成分が含まれている化粧品を使うことです。
コラーゲンを増やす作用のある成分には、次のようなものがあります。

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • レチノール(ビタミンA)

これらの成分はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの真皮の成分を作り出す「繊維芽細胞」を活性化させ、コラーゲンの合成を促進します。

 

シワ対策に有効な成分の選び方のポイント

ビタミンC誘導体

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいと言われており、お肌に浸透しやすい形に変えた物がビタミンC誘導体です。
コラーゲンの合成に必要な成分で美白作用や抗酸化作用、皮脂を抑える働きなどがあり、シワ対策だけでなく様々な肌トラブルの対策やアンチエイジングに効果的です。
クリームよりも水に配合したほうが安定すると言われているため、化粧水で使うようにしましょう。

ナイアシン

水溶性のビタミンの一種で、コラーゲンの合成を促し、お肌のターンオーバーを活性化して、お肌にハリを与えてくれる効果があります。
ビタミンC誘導体やレチノールと比較すると、刺激も少ないため敏感肌の人にもおすすめの成分です。
ビタミンC誘導体と同様、水溶性のため化粧水や美容液などに配合されているものを選びましょう。

レチノール

ビタミンAの一種で、人の体内にもある成分なので安心して使えます。
レチノールもナイアシン同様肌のターンオーバーやコラーゲンの合成を促進させる効果があります。
レチノールは目元の小ジワや浅いシワに効果的と言われ、深いシワには効果を実感できないかもしれません。
効果は高いとされていますが、刺激が強いため敏感肌の人などは注意しましょう。
油溶性のためクリームなどに含まれているのもを選びましょう。

他にもビタミンE(トコフェロール)は抗酸化作用が強くシワの対策に効果があり、肌のターンオーバーを整える働きもあります。

 

シワ対策におすすめの化粧品

ビーエスコスメ

安定型ビタミンC誘導体10%ローション

内容量:100ml
参考価格:¥2,352(税込)

ニキビやニキビ跡、シミや毛穴にも効果があったと口コミの評判も高いビタミンC誘導体ローションです。
肌が弱い人はパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

ビタミンワールド(Vitamin World) 

レチノールクリーム 

内容量:226g
参考価格:¥3,400(税抜)

レチノール(ビタミンA)が約30グラム当たり100%2C000IUも配合されたクリームです。
シワが目立たなくなったというレビューも♪

 

おわりに

今まで正しいと思って間違ったシワ対策を行っていた…という人は多いのではないでしょうか。
シワ対策をしたいのであれば、お肌にコラーゲン入りの化粧品を塗るよりも、コラーゲンの合成を促す成分が配合されている化粧品を選びましょう。
正しいシワ対策を行って、シワ知らずの美肌を目指しましょう。

このシワ何とかしたい。おすすめのスキンケア商品とシワ予防方法を紹介!
600年齢が出やすい瞼のたるみ・シワにおすすめアイクリームランキング
若返りホルモンの分泌を促す方法とポイントとは若返りホルモンの分泌を促す方法とポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る