自分をくまなくチェックしよう!意識するだけでも痩せる効果はある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分をくまなくチェックしよう!意識するだけでも痩せる効果はある!

みなさんは普段鏡はよく見ますか??
家に姿見があるという方はどのくらいいるでしょうか。
自分の体形にコンプレックスを持っている人は、自分を見たがらない傾向にあります。
鏡を見るのはメイクをする時くらい。
お風呂場の鏡が嫌で仕方ない、なんて話はよく耳にしますが、美容院でも、目の前に自分の姿があることが嫌だというお客様が稀にいらっしゃいます。

私も自分にはここが嫌だなというところがたくさんあります。
体形に関しても、モデルさんのようにスタイルがいい訳でもないので、鏡を見るのは正直気が進みません。
ですが、私に関しては毎日鏡を見るのが仕事といってもいいですし、服装に気を遣わなければいけない職業柄、姿見を毎朝見るのは習慣になっています。
毎日自分の姿を見ると、少しの変化にも気づけるのは確かです。
あれ、なんか太ったかも、あれ、今日はなんか顔がこけてるな、あれ、私こんなに足短かったっけ、なんて目につくのはマイナスな事ばかりになりますが、この気づくということが非常に大切なのではないかなと思います。

350
私はデニムが大好きで、普段デニムを履くことが多いのですが、デニムも体形に合ったものしか履きたくないというこだわりがあるためにお尻が垂れないか、ということばかりが気になります。
お尻が垂れてしまうとやはり体形はだらしなく見えてしまいますし、お尻や太ももが大きいという印象になってしまいがちです。
後姿は特に、なかなか自分では見ない場所ですので、たまたま誰かが撮った写真に自分の後姿が写っていてびっくりした!なんてこともあり得ます。

毎日自分の全身の姿をチェックしていると、ふと空いた時間にちょっとした運動をしてみようかななんて意識が出てきたり、今日はエレベーターじゃなくて階段にしよう、という気持ちが生まれます。
意識しなければなかなか身体を動かすということは出来ないので、自分の実態にショックを受けるということはかなり効果的なきっかけになります。
なので、自分チェックはダイエットしようという意識を持つためにはかなり重要な役割を果たしてくれるのです。

自己修正機能が働く

350 困る 悩む 悩み ストレス
人には自己修正機能というものが存在するそうで、自分の欠点を認識することによって、それを何とかしようという心理が働くように出来ているそうです。
これは容姿だけに関わらず、性格的な部分でも同じで、自分のこういうところがいけないんだなと理解すれば、それを何とか直そうという努力をするのです。
頭がそう思わなければ行動には移せないのが人間の性です。
まずはこれではいけないということを脳に認識させることが、理想の自分になる第1歩だと考えてください。

まず自分の実態を知る

セルライト 尻 もも
1度全身を鏡で見てみてください。
なるべく客観的に冷静な気持ちで見てみましょう。
どこに課題があるでしょうか。
足が太いのか、お腹が出ているのか、それとも全体的に痩せなきゃいけないのか・・・。
これを知ることによってどこを中心にダイエットすればいいのかが明確に把握できます。

どうなりたいのかイメージする

350 考える 女性
自分の姿にショックを受けたついでに、ではどうなったら嬉しいかというイメージをしてみましょう。
イメージというのはものすごい力があります。
こうなりたいと強く思えば、そうなるということも実際あるのです。
明確な目標をイメージするということで、脳が行動しやすくもなります。
イメージすることによって具体的にどうしたら良いのかという行動計画が出来るのです。

鏡の前で運動をする

エアロビクスをする女性
ダイエットでなくても、鏡に自分の姿を映して運動をするというのはより効果があります。
ただ運動をするだけではなくて、きちんと作用させたい場所に効果的な動きが出来ているか、ヨガやストレッチであれば、理想の高さまで腕や足が上がっているか、など。
せっかくやるなら意味のあるような正しい方法で運動したいものです。
その確認をするためにも鏡はとても役に立つアイテムだということが言えます。

私も空手をする時は鏡を見るように指導されたりしますが、やはり実際見てみると出来ていると思っていた事が出来ていなかったという発見もあるのです。
鏡を使うことによってより効果的な運動が出来るのですよ。

食べる姿も見てみる

食事をする女性
ここまでしなくても・・・というようなことになりますが、食べている自分の姿を目の当たりにして、食欲が失せたという話があります。
何気なくいつものように食事をしていても、自分がどんな風にどれだけの量を食べているかということは、食べている間は意識しませんよね。
これも客観的に“食べている自分”を見ることによって食べ過ぎるということに罪悪感が生まれるため、食べる量をセーブ出来るという効果があります。
見られているという意識は、自分を良く見せようという気持ちも生まれるので食事の際に目の前に鏡を置いてみてはいかがでしょうか。

見られるということ

5人グループ女友達
つい、自分のコンプレックスは隠してしまうもの。
少し太ったなと思えば、ワンサイズ大きな服を買ったり、身体のラインが出ないものを選んでしまいがち。
実は、これこそが太る原因となるって知っていましたか?
隠したから太るというより、見られることで痩せると言った方が正しいでしょう。

もし、夏に、だいすきな彼と海に行く事になったら、あなたは即座に痩せる努力を始めますよね?
これは、水着姿を見られるという意識が出てくるからです。
見られていると感じれば、人はよく見せたいと思う生き物。
このよく見せたいという意識が、ダイエットに効果的なサイクルを作り出します。

ダイエットに成功した女性
例えば、デニム1つ取ってもパツパツで見苦しいかも?くらいの状態で街を歩けば、少しでもそう見えないように、姿勢や歩き方などに意識が行きます。
お尻やお腹にも自然と力が入り、常に運動をしているような状況になるのです。
それに加えて、見られて恥ずかしいという気持ちが、絶対なんとかしようという意識に代わるので、食べる量をセーブしたり、運動を開始したりとダイエットに意欲が芽生えます。
そうしているうちに、だんだんとデニムがスッキリ履けるようになる。
これが、見せるダイエットと呼ばれるもの。

とはいえやっぱり身体を見せるのは無理!という人は着やせ法

 × バツ
やっぱり身体を見せるのは無理だ!という方もいると思います。
ここで活躍するのが着やせ法。
痩せて見せるという服の着こなし方でコンプレックスとなっている身体の部分をカバーしてくれるのです。
この着こなしを上手に利用すれば見せるダイエットも周りを気にしすぎることもなく行うことが出来ると思います。

着やせファッションのポイント

ピースをする女性
着やせファッションというのは目の錯覚を利用した着こなし術のこと。
自分のコンプレックスをカバーすることと、スタイルを良くするという2つが叶う魔法のような技ですね。

ポイント1 自分にぴったりのサイズを選ぶ

大き目の服で身体を覆うというのは本来の自分の身体よりもさらに太く見えてしまいます。
なので、気になる場所を隠すというのは逆効果となっているのです。
また、少し小さいものを選んでしまうと、衣服が身体に食い込むこととなるのでお肉が強調されてしまったりとこれも良くない結果となってしまいます。
無理なく着れるサイズの合った服を選びましょう。

ポイント2 ウエストがくびれたデザインのものはウエストが細く見える

ワンピースやチュニックでもそうですが、ウエスト部分がきゅっとしまったものはそれだけで着やせ効果があります。

ポイント3 ウエストの位置は重要

ボトムスが何であっても、上からだぼっとしたインナーを合わせてしまうのはNG!
バランスを見た時に、くびれがない場合はそれだけで太く見えてしまうものです。
この場合、スカートやパンツにシャツなどをインしてうウエストが高い位置にくるような着方をしましょう。
ワンピースであっても、なるべくくびれが高い位置にくるものは着やせ効果が高くなります。

ポイント4 パンツはストレートタイプ

パンツもなるべく自分に合ったものを。
普通のパンツスタイルやデニムを履く場合はストレートやストスリなどのなるべく細身のものを選んでください。
また、アンクル丈などの足首が見えるものは足が細く見える効果があります。
これにヒールを合わせることで足が長く見えるので、更なる着やせ効果が期待出来ます。

ポイント5 二の腕はゆったりしたノースリーブ

二の腕の出るノースリーブは脇が閉まりすぎないゆったりとしたデザインが良いです。
脇にゆとりを持たせることで二の腕が細く見えるという効果があります。
これをさらに着やせさせるには、大き目のネックレスやスカーフなどを首元に持ってくることで、目線がそちらに向くため、二の腕が強調されません。

ポイント6 ボーダーはNG?

よくボーダーは余計に太く見えるということを聞きます。
確かにボーダーより、ストライプを選ぶ方が痩せて見える効果はあります。
ですが、どうしてもボーダーが着たい!という場合は細めのボーダーを選ぶことと、ワンピースやスカートであれば膝より少し短い丈を選ぶことで目線が上に行き、痩せて見せることも出来ますよ。

ポイント7 首元は開ける

ハイネックのような首元を隠すものは首が太く見えてしまい、全体的に太って見えてしまいます。
鎖骨が綺麗に見えるものや襟のあるシャツは少し首元を広く開けて着るのがいいでしょう。
鎖骨が見えるスタイルは全体的にスッキリ見えるだけでなく、小顔に見せる効果もあるのですよ。

おわりに

女友達/仲良しグループ
さて、【見る、見せる】これを意識するということがダイエットに大きな影響を与えるということが分かっていただけたでしょうか。
まずは姿見を部屋に置いてみてはいかがでしょうか。
自分自身をチェックするということは非常に大切です。
これによって体のラインがスッキリすれば、今度は自分を見るのが楽しくなるはずです。
そうやって自分を好きになるということも、美しくいるためには重要なポイントとなってきます。
コンプレックスは見せることで無くなります。
勇気をもってチャレンジしてみてください。

半年で➖8㌔のダイエットを成功させた秘訣半年で➖8㌔のダイエットを成功させた秘訣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事






ページ上部へ戻る