カサカサかゆかゆ肌知らずのロマンチックな秋冬のボディケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カサカサかゆかゆ肌知らずのロマンチックな秋冬のボディケア

さむ〜い季節になると決まって始まる、カラダかゆかゆとカラダぽりぽり。
乾燥のかゆみで掻いては粉吹き、夜な夜な地味なクリームを一人でせっせと肌に塗る・・・なんて寂しい姿でしょう!
大人の女性たるもの、ボディーケアはもっと優雅に、上品に、クリームを肌に滑らせ良い香りを纏うロマンチックな時間になってよいはずです。
香り高いハイブランドの保湿とアンチエイジングを兼ね備えた高機能ボディケアアイテムで、冬の白い肌に磨きをかけて陶器肌になりましょう!

寒い季節のカサカサかゆかゆ、だからと言って保湿重視の地味〜なボディーケアはつまらない

足湯
いつもつるつる♪な自慢のもち肌も、カサカサ粉吹いてしまう乾燥の季節が今年もやってきましたね。
脚や腕はまだ良いものの、20代後半からは首やデコルテなど皮膚の薄いパーツの乾燥やたるみも気になり始めます。
香り重視のボディーケアアイテムでは保湿が足りず、地味〜な保湿成分重視のアイテムを仕方なく塗り重ねるばかりの切ない夜・・・そんなの正直つまらないですよね。
そこで!
ただ保湿するだけじゃない、リフトアップ効果もバッチリな高機能&高級感のあるいい匂いに包まれる、贅沢でロマンチックなボディーケアに切り替えて見てはいかがでしょう♪

「質の良いものは女性の心と肌を美しくする」と言います。
もう大人ですもの。
良いものがあるのに使わないのは、キレイになれるチャンスを逃しているようで少し勿体無い。
肌につけた瞬間からロマンチックで手放せない、一生もののアイテムを見つけてみませんか?

なんかいい匂いする!憧れハイブランドの贅沢ボディークリームは女度が上がる

350 ボディケア 脚 女性 体
ふと道端ですれ違う「なんかいい匂いがする人」そんな人は決まって美人ですよね。
ハイブランドのボディークリームは、憧れハイブランドのオーデトワレをほんのり思わせる上品で優しい香りが一日中持続し、保湿力はもちろん美容液並みの高機能エイジングケアにも優れています。
肌の露出が控えめになる季節だからこそ首やデコルテ、手首周りや足首などチラ見せポイントになる素肌に磨きをかけて、愛の国フランスのパリジェンヌの様なステキな女性になりましょう♪

おすすめ★

CHANEL ボディ エクセレンス ファーミングクリーム

女性なら誰もが憧れるCHANEL。
エスセレンスファーミングクリームは年齢を重ね、毎日時間に追われる肌と心をうるおいと安らぎで満たしてくれます。
肌を乾燥から守るだけでなく、一日中持続するくどさのないほのかな甘い香りは男性ウケも良く、お手入れの時間が至福のひと時になる♪と人気の商品です。
”女性のしなやかな生き方に寄り添い、この先もずっと、いきいきとした美しさを至福の心地よさで包み込む”
流行り物を追いかけることに少々お疲れの方も、きっと納得できるクリームのはずです。

おすすめ★

GUERLAIN オーキデ アンペリアル ザ ボディクリーム

まるで美術品のような美しい香水ボトルが有名なGUERAIN。
オーキデアンペリアルザボディークリームは女性を美しくする黄金の生命力を持つ神秘的な蘭の花(オーキッド)のエキスを科学的に封じ込めた「ゴールドオーキッド テクノロジー」に加え、ボディケアのためにオーキッドウォーターや3種の蘭を配合した最高峰のボディークリームです。
シルキーでしなやかなテクスチャーのクリームは肌にすっと溶け込むようになじみ、年齢の出やすい首やデコルテをみずみずしく、そして若々しく引き締めます。
蘭の花びらに包み込まれるような至福のボディケアは特別な日を迎える女性にそっと自信をもたせてくれます。

カサカサ老け肌対策にはバスタイムの見直しも大切!柔らかボディブラシで垢抜け肌になろう!

ボディブラシ
ゴワゴワ老け肌の原因はおそらくゴワゴワのナイロンタオルのせい。
夏は大丈夫だったよ?と言っても、それは日本の高温多湿という気候のおかげです。
空気中の湿度が低い秋冬は、自分の肌の水分だけが頼り!
カサカサかゆかゆにお悩みの方には、肌を傷つけず優しく汚れだけを洗ってくれる柔らかいボディーブラシがおすすめです。

バスミルクの良い香りと湯気の広がるバスルーム。
ボディーブラシをくるくる肌に滑らせる自分は、まるで映画のワンシーンのよう。
ふ〜んふふ〜ん♪と思わず鼻歌を口ずさみたくなるご機嫌なバスタイムです。
ボディブラシはこのように気分が上がるだけでなく、ブラシの柔らかな毛を軽く肌の上に滑らせるだけでリンパドレナージュに相当するマッサージ効果があり、お尻や太ももの凸凹セルライトまでケアできます。
全身を洗い終える頃にはすっかり体が軽くなり、リラックスして湯船につかる余裕も取り戻せることでしょう。
洗い上がりの一皮むけたつるんとなめらかな極上の垢抜け肌に「自分の肌が気持ちよくて仕方ない♡」と自分にトリコになっちゃいます♪

ブラッシングは心臓から一番遠い足先から始めて

ボディブラシには馴染みのない私たち日本人。
どう使えばいいのか分かりませんよね。
ボディーブラシの使い方はタオルやスポンジと同じで、ブラシにボディソープをつけ全身を丁寧に洗います。
今回はせっかくですのでリンパドレナージュやセルライトケアのエステ効果を高めるためにワンランク上のブラッシングを覚えておきましょう。

ボディブラシのブラッシング方法

  1. 心臓から一番遠い足には重力の影響でむくみの元になる余分な水分や老廃物が溜まっています。
    足元に溜まった疲れを全てを心臓に戻す様に、足先からふくらはぎ、太ももへとブラッシングします。
  2. そのまま足の付け根、ウエスト、ヒップ、背中と上に向かいます。
  3. 次に腕を洗います。手のひらから肘へ、そして二の腕から腕全体の疲れを脇の下(腋下リンパ)に流しこむ様にブラッシングしましょう。
  4. 最後にデコルテ、首、バストを丁寧にブラッシングして鎖骨下リンパを流します。

**一箇所あたり7回ほど円を描く様にくるくるブラッシングすると、むくみやセルライトを改善する効果が高まります。**

おすすめは敏感肌もOKな柔らかい豚毛のブラシ!

さて、いざボディブラシを選ぶとなるとたくさんの毛質の種類や大きさ、形があってどれを選べばいいか迷いますよね。
ボディブラシデビュー最初の一本目は肌に優しく、使いやすい、敏感肌にも安心の豚毛のブラシがおすすめです。
豚毛は柔らかくしなやか、そしてハリのある毛質なので指の間や背中など細かいところから広い面までオールマイティーにきちんとブラッシングすることができます。
毛が柔らかく、磨いたものを艶やかにし、そして繰り返し使っても毛がへたりにくいと言う特徴があるため高級ヘアブラシに使われたり、歯ブラシにも使われています。

おすすめ★

TOWA 素feelボディブラシ曲柄

こちらのボディブラシは「いかに楽に体を洗えるか」を第一に考え、人間工学を取り入れて設計されたそう。
柄をキツめのカーブ形状にすることで背中が楽に洗えたり、いろいろな姿勢でより多くのブラシ面があたるように洗いやすくなっています。
お肌に優しい天然木柄・豚毛ブラシを使用していますので、雑菌が繁殖しない様に使った後は水気を切り通気性の良い場所に干しておきましょう。

きめ細やかなモコモコ泡!ボディーブラシと相性◎なボディーソープ

350
真夏に比べてあまり汗をかかない秋冬は、体の毛穴が詰まりがちです。
気温が低く、家にこもりがちになるため運動不足が原因で背中やお尻にブツブツができてしまうことも。
お肌の乾燥する秋冬の季節こそ、お肌に安全な成分で作られ、きちんと洗浄力のあるボディーソープを使うことが大切です。
もちろん心ほどける素敵な香りもお楽しみください♡

おすすめ★

AYURA 快感洗浄アロマティックウォッシュ

AYURAのテーマは「みずみずしく のびゆく 美しさ」。
アロマティックウォッシュは1日の疲れとストレスですっかり萎縮してしまった体とカサカサに乾いてしまった心を、オリエンタルな香りとなめらかな泡の快感洗浄で潤してストレスからすべてを解き放ってくれます。
湯船にのんびり浸かる時間が無い方や、深夜帰宅の早朝出勤などリラックスタイムが足りない時も、ほんの数十分のバスタイムを極上SPAにしてくれる珠玉の1本です!

おすすめ★

Leivy ボディシャンプー ゴートミルク

乾燥によるかゆみでお悩みの敏感肌さんに大人気のLeivy。
ボディーケア商品の保湿成分と言うと種子オイルやシアバターなどの植物系スキンケアが主流の中、こちらの商品はゴートミルク(ヤギのお乳)が使われています。
秋冬になるとお風呂上がりはいつもかゆかゆに悩まされてしまう方はぜひ使ってみてください♪
敏感肌さん用のボディーソープというと少々味気ないものが多い中、Leivyの商品は柔らかな甘い香りとモコモコの泡で思う存分ロマンチックなバスタイムをお楽しみいただけます!

おすすめ★

POLA オードフルール フレグランスボディーシャンプー

アンチエイジングが得意で有名なコスメメーカーPOLAから秋冬新作のボディーウォッシュ、オード フルール(EAU DE FEUR)ローズとカサブランカの2種類が登場です。
感想した肌をしっとり優しく包むダマスクローズ(左)・さっぱりみずみずしく洗い上げるカサブランカ(右)はどちらも蜂蜜のようにとろりと濃厚!少しの量で十分泡立ちます。
ちなみに筆者はローズを愛用中♪
人工的でない、本物の摘みたてローズの青みを感じる香りと、わざとらしさのない自然なしっとり肌の洗い上がりはさすがPOLAという感じです。
着物をイメージさせる上品なボトルはバスルームを華やかにしてくれ、上質なものを日常的に使う贅沢気分を存分に味わえます♡

あれこれ安いものばかりを試すより、自分に合う上質な1本を見つけることがキレイの近道

女性 白い歯
マスカラやアイライナーに消費期限があるって知っていますか?
お化粧品のほとんどは、化粧水なども含めておおよそ期限は2カ月以内とされています。
それは、私たちの肌にいる常在菌がお化粧品の容器に付着したり、開封して空気に触れた瞬間から成分の劣化が始まるからです。
「安いものをあれこれ試してたくさん持っていて、いつも使い切るまで半年以上かかる。」
それはキレイへの遠回り、せっかく持ってる自分のキレイが花開かないままの勿体無いことです。
高級クリームが高価で量が少ない理由は、目に見える効果を発揮する良質で安全な成分を使い、なおかつ品質が劣化してお肌のダメージにならない消費期限内に使いきれる容量だからこそのこと。
体の汚れを落とす。
保湿する。
引き締める。
ボディケアもお顔のお手入れと同じように、一つ一つ意味のあるものを選んで使えば、草木が枯れてしまう秋冬でも、みずみずしく潤って香ることができるのです♪

冬に取り入れたい植物(アロマ)の力冬に取り入れたい植物(アロマ)の力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。

関連記事






ページ上部へ戻る