クマ対策でどんより疲れ顔脱出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クマ対策でどんより疲れ顔脱出!

どんより疲れた印象や、見た目年齢を上げてしまう目元のくすみやくま。
黄色のコンシーラーを使っても浮いてしまったり、色々しているのに思ったように対策ができていないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
不機嫌な女性
今回は、くまの種類の見分け方や種類によってメイクでカバーする対策などを紹介してまいります。

1.なぜ、クマができるの?

350 日本人女性
ストレスや睡眠不足など、疲労がたまっているときに現れやすいと言われています。
目のまわりは皮膚が薄いことに加え、くまのできやすい下まぶたは、血液が流れる速度がゆっくりなのに血液量が多い為、血液の流れが滞りやすい状態になることからだとされています。

2.アナタはどのタイプ?

考える女性
「見た目で、黒っぽいと思っていても実は茶くまだった!」
長年くまに悩む私の実体験ですが、ドライのカモミールで作るカモミール美容液をコットンに浸してパックすると効果的だと聞けば試したり、黄色のコンシーラーがよいと口コミで見て購入したりと、色々な事を過去に試してきました。
しかし、しっくりくるものが無く…。
自分のくまのタイプを知るきっかけになったのは、美容の勉強を始めた時でした。
自分のくまのタイプを知らなくては、有効な方法を試すことができません。
実際の自分のくまは、どのタイプなのかチェックしてみましょう。

タイプ1 青くま

クマ対策でどんより疲れ顔脱出!
青くまは、血行不良により起こると考えられており中医学でいう、血が滞っている瘀血(おけつ)という状態が原因。
目尻に指を当てて軽く耳の方向に皮膚を引っ張ることで、薄くなるように感じればこのタイプである可能性が高いでしょう。

タイプ2 茶くま

クマ対策でどんより疲れ顔脱出!
茶くまは、メラニン色素の沈着や、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが正常に行なわれないことで、古い角質が重なってしまった状態の角質肥厚も原因です。
鏡を手に持ち、上を向いてみても、青くまの見分け方のように目もとの皮膚を引っ張ってもかわらない場合は、茶くまだといわれています。

タイプ3 黒くま

クマ対策でどんより疲れ顔脱出!
黒くまは、年齢を重ねることによってコラーゲンが減少し弾力やハリ感が失われることで、たるみがおこり、影になることで黒く見えるタイプなので、上を向くと薄くなります。
年齢を重ねられたエイジングケアが必要な世代の方は、こちらの黒くま対策をされることがおススメです。

また血行不良による青くまと色素沈着による茶くまなどがあわった複合タイプもあります。

3.スキンケアによるタイプ別お手入れ方法とおススメアイテム

目元ケア

青くまのお手入れ

血行不良が原因となる青くま対策として有効なのは、目もとの血流を促すこと。
例えば、ホットタオルで目もとを温めるなどが有効だとされています。

青くまのおすすめアイテム

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

心地よいたっぷりの蒸気とじんわりあたたかい約40度の温熱でリラックス効果を与え、あたためることで、血流を促すアイマスクです。
使い捨てですが、袋から取り出して装着するだけで使える手軽さから、旅行のお供にする方も多いアイテムです。

茶くまのお手入れ

色素沈着タイプの茶くまには、美白有効成分のビタミンC誘導体配合アイテムを使ってみましょう。
また普段から、アイメイクをオフする際などにゴシゴシとこすらないように摩擦を
最小限に抑えることで、より濃くなることを予防できます。

茶くまのおすすめアイテム

パーフェクトC ビタミンC誘導体アイクリーム

より浸透しやすい新型ビタミンC誘導体と言われているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(別名APPS)。
コラーゲンの産生を促進する油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビル。
安定性にすぐれたアスコルビルエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)などのビタミンC誘導体類に加え、肌の保湿を担う成分セラミドも配合されています。

黒くまのお手入れ

黒くまは、下記のおススメアイテムのようなエイジングケア用アイクリームなどを使い、目のまわりの眼輪筋を鍛えるトレーニングに加え、コラーゲン飲料を摂取するなど複合的なアプローチが必要になります。

黒くまのおすすめアイテム

イデアアクトR プロジェマックス アイボトセラム

細胞レベルで働きかける成分プロジェリンを配合したこちらのアイテムをいち早く発売した
シーボディ。
大人気商品で、無香料・無着色・肌が敏感になっている時に刺激になるアルコールを配合していないところもポイント。

4.メイクでカバーする方法

350 化粧 メイク 日本人
メイクでカバーする場合に使うコンシーラー。
実際に私が試して使いやすかったアイテムを紹介します。

青くま・茶くまのメイク

青くま・茶くまにお悩みの方におススメ

フローフシ エリアファンディ Cover

見た目年齢や肌の美しさを決めるとまで言われている両目の下のVVエリアの為のファンデーションです。
ぼってりとカラーで覆い隠すのではなく、光を味方につけてフレッシュで美しい肌を演出する効果が高いと感じています。
茶くまに悩む私が、『やっと出会えた!』と思った愛用アイテムです。
花粉・PM2.5ブロックで、花粉シーズンも頼れるコンシーラー。

黒くまのメイク

たるみによって影になることで黒く見えるこのタイプは、光効果を使うのがおすすめです。
かためのファンデーションではなく、やわらかなリキッドで普段お使いのカラーのやや明るめを選び、影になっている部分にトントンとなじませます。

おわりに

眉毛を指す女性
春夏は、パステルピンクや明るいふんわりとしたカラーで目もとを彩ることが多くなる
季節。
目元もパッと明るく、素敵なカラーが似合う自分になって出会いの時期を楽しんで下さいね。

ローズと美女目元のハリ回復+まつ毛も生き生き!オラクルの目元美容液
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:コスメコンシェルジュLIZ

著者の記事一覧

コスメと猫が大好きなコスメコンシェルジュLIZ(リズ)です。
美容好きがこうじて、1期生としてコスメコンシェルジュ資格をはじめ漢方スタイリスト・サプリメントマイスター資格などを取得。
美容ライターとして活動しています。

『女性達の肌をきれいにしたい!』との思いから、化粧品だけではなくドラックストアで購入できるOTC医薬品の専門家を目指し、2017年に登録販売者試験を受験し合格しました。

Lierでは、美容・セルフメディケーションの増進に加え、キャットケアスペシャリスト/キャットシッターとしての知識を活かし『コラムを通して多方面からの幸せサポート』コラムをお届けいたします。

運営ブログ:コスメコンシェルジュLIZのWORLDコスメ図鑑etc...







関連記事











ページ上部へ戻る