【乳首・デリケートゾーンの黒ずみケア方法】薄くして予防する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳首やデリケートゾーンの黒ずみは本当は気になっているのに、誰にも相談できない、どう対処していいか分からないという方もいるのではないでしょうか。
また、そのせいで
海やプール、温泉などは行きたくない
彼氏と思いっきり楽しめない
なんて思ってしまってはいませんか?
大丈夫です、黒ずみは改善出来ます!
大事なのは早い段階で気付いて早く対処することです。
自信を持ってレジャーや恋愛を楽しめるように、嫌な黒ずみを解消しましょう!

 

黒ずみが出来る原因

乳首


メラニンが活発でとてもデリケートな部分。よって色素沈着を起こしやすい。
下着の摩擦による刺激や、思春期のホルモンの変化、加齢によるターンオーバーの変化で黒ずみやすくなる。
また、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化や、授乳によって急激に黒ずんでくる場合もある。

デリケートゾーン


まぶたよりも薄い皮膚で出来ているデリケートゾーンは、乳首と同様、そもそもメラニンの活発な部分。
下着やタイトなスキニーパンツによる摩擦や圧力、ナプキンによるかぶれ、力を入れてゴシゴシ洗うなどの行為により黒ずみが出来やすくなります。
また、乳首と同じように、ホルモンバランスの変化や加齢による黒ずみも起こしやすい。

 

肌が黒ずむ上で共通した原因は、「メラニン」です。
メラニンとは本来、外的な要因から肌を守るために発生します。
なのでメラニンは紫外線の影響だけでなく、摩擦、刺激、圧力など日常で無意識に発生してしまっていることも大きな原因のひとつです。

さらに乳首やデリケートゾーンの場合、ホルモンバランスや加齢も影響してきます。
女性は思春期、妊娠、出産、閉経など、ホルモンバランスが急激に変わる瞬間が何度も訪れます。その影響は女性の身体の様々なところに出てきますが、黒ずみもそのひとつなんですね。
加齢によって黒ずんでくる場合があるというのは、幾分仕方がないことのようにも思えます。肌のターンオーバーは年齢に重ねるにつれダウンしてくるのは当たり前のことです。
ですが平均以上、必要以上にターンオーバーを遅らせないように気をつけることは出来ますね。

 

生まれつき黒い人もいる?


肌の色が人それぞれ違うように、遺伝によってメラニンが発生しやすい人もいます。
日焼をした時に、赤くなって黒くならない人はメラニン生成が活発でないタイプ。
反対に、すぐに黒くなるという人はメラニン生成が活発なタイプです。

後者の方が黒ずみが出来やすく、幼い頃から前者に比べ乳首などが黒かったという場合があります。また、出来てしまった黒ずみを解消するのに前者に比べ時間が掛かってしまうことが多いようです。
「そんなの不公平だ!」と思うかもしれませんが、色白の人の方が黒ずみが出来たときに目立ってしまうというデメリットもあり、前者は前者で悩みを抱えているようです。

 

このように肌が黒ずむ原因は様々で個人差があるものです。
よく「性的な経験が多いと乳首やデリケートゾーンが黒ずむ」なんて言われていますが、それははっきり言って嘘です!
ですがこの噂ってけっこう信じられてますよね・・・。(特に男性陣っ!)
言い訳したり言われてもいないのに誤解を解くのも変だし、本当に困ったものです。
ここから先は、こんな困った黒ずみを解決していく方法をご紹介します。
自分で出来る黒ずみを薄くする方法や、これ以上黒ずみを悪化させない方法を取り入れて自信をつけていきましょう!

 

黒ずみケアに欠かせない!おすすめのクリームを紹介


まず最初に取り掛かりたいのは、今ある黒ずみを薄くすることですよね。
クリニックや皮膚科で診察してもらったり、整形外科で手術するという方法もありますが、まずはセルフケアでどこまで出来るか試してみたくはないですか?
市販の黒ずみ対策用クリームでも、「思った以上に効果があった」という口コミがたくさん寄せられています。
そんな中でもとくにおすすめのクリームをご紹介させて頂きます。

 

(ざっくりと)黒ずみケアクリームについて

黒ずみケアクリームって?

様々な薬用成分や美白成分、保湿成分などで出来てしまった黒ずみを改善し、予防することを目的に作られたクリームを指します。
基本的には全身に使えるものが多く、全身の美肌ケアに活用できます。

使用方法は?

基本的にはお風呂やシャワーに入ったあと、清潔な状態で黒ずみの気になる箇所に塗りましょう。

どのくらいの期間で効果が現れる?

商品によって、または体質などによって個人差はありますが、基本的には1ヶ月~3ヶ月くらい使用し、変化が表れる方が多いようです。

薄くなったら使用をやめるべき?

日常生活における外的刺激で、黒ずみは発生しやすいものです。
今後の黒ずみ予防のためにも、できるなら使い続けたほうがいいでしょう。
ですがあくまでも個人の判断です。

 

おすすめ黒ずみケアクリーム5選!

黒ずみケアおすすめクリーム①

ホスピピュア

【通常価格】9000円(税抜・送料無料)
【定期価格】5500円(税抜・送料無料)
※定期コースの3回まで
【特典】90日間返金保証
【おすすめ使用箇所】バストトップ(全身も可)

湘南美容外科と共同開発されたこの商品。
ユーザーの生の声を日頃から聞いている、美容や肌のプロの下でつくられ、雑誌などへの掲載も多いです。
メラニンの生成をブロック→メラニン色素に直接アプローチ→肌サイクルを整えるという、黒ずみの原因を徹底的に解消していくサイクルを作り出しました。
さらにシアバターやスクワランなどの保湿成分が入っていて、潤いにも気が配られています。
パラベンフリー、香料フリー、着色剤フリー、アルコールフリー、シリコンフリーの5つの無添加処方です。
90日の返金保障付き!

黒ずみケアおすすめクリーム②

HAKUBI-ハクビ

【定期価格】初回:実質無料(送料630円購入者負担)2回目以降:5,980円(税抜・送料無料)
※定期コースの縛り3回まで
【特典】90日間返金保証
【おすすめ使用箇所】バストトップ(全身も可)

黒ずみ解消に必要なのは、「メラニンの生成を抑え、美白し、ターンオーバーを整え、保湿する
」こと。フェイススキンケアをでも注目されている美容成分が、たっぷり配合された商品です。
活性酵素を除去する「アスタキサンチン」、美白効果や栄養価の高い「プラセンタ」を筆頭に「ヒアルロン酸」や「ローヤルゼリー」、その他植物エキスなどがぎゅっと凝縮されています。
そして初回価格が実質無料になり、90日の返金保障もついてるという太っ腹ぶり。
もちろん、無添加処方で安心です。
顔の肌ケアをするように、黒ずみケアにも力を入れていきましょう!

黒ずみケアおすすめクリーム③

ホワイトラグジュアリー

【通常価格】9980円(税込・送料540円)
【定期価格】5980円(税込・送料無料)
※定期コースの縛り2回まで
【おすすめ使用箇所】バストトップ(全身も可)

もともと顔用の美白化粧品として開発された商品ですが、テレビや雑誌で紹介されるにつれ、「顔以外の全身にも使える!」「効果が高い!」という口コミが増え、今では乳首の黒ずみケアとしても人気の商品です。
肌の奥まで届くように3種のビタミンCを配合させたことにより、角質層のさらに奥、メラノサイトにしっかり働きかけます。
その他にも、7種の美白美容成分を配合。
厚生労働省認可の医薬部外品で無添加処方です。

黒ずみケアおすすめクリーム④

ホワイトヴェール ディープクリアジェル

【通常価格】7560円(税込)
【定期価格】初回3780円(税込)2回目以降4980円(税込)
※定期コースの縛り3回まで
【特典】90日間返金保証付き・肌ケアサプリ WHITE VEILプレゼント
【おすすめ使用箇所】デリケートゾーン(全身も可)

デリケートゾーンの黒ずみの解決を考えて作られた医薬部外品のクリームです。
デリケートゾーンに何かを塗るのは抵抗がある・・・なんて方にもおすすめしたいのがこのクリームです。
香りが付いてないので混ざって変な臭いになる心配なし。
透明でベタベタしないので、下着を汚す心配もなし。
低刺激なので肌の弱い人でも使えます。
「無香料、無添加、無色透明」が揃っているのはありがたいですよね。
メラニンの生成を抑える2種の薬用成分、肌を保湿し刺激から守る3種の天然植物エキスが配合されています。
90日間もの返金制度があるのは、商品に自信のある証拠かも!

黒ずみケアおすすめクリーム⑤

薬用イビサクリーム

【通常価格】7000円(税込)
【定期コンビニ後払い】4970円(税抜・送料無料)
【定期クレカ決済】 4470円(税抜・送料無料)
※定期コースの縛り2回まで
【特典】28日間の返金保証・送料無料
【おすすめ使用箇所】デリケートゾーン(全身も可)

身体を見せる機会の多い、グラビアやモデルの愛用者も多い商品。
当初はIbizaWaxでサロン専売をしていた商品ですが、購入希望が多くて商品化された医薬部外品のクリームです。
くすみをケアする2種の薬用成分と、美白効果のある4種の植物成分、それに加え8種の保湿成分が配合されています。
配合成分の種類が充実していて、安心の無添加です。
雑誌などのメディアに取り上げられることも多く、人気、知名度共にトップクラスの商品です!

 

これ以上黒ずみを悪化させないために気をつけたい3つのこと

せっかく黒ずみを薄くしても、日常生活のちょっとした積み重ねでまた黒ずんでしまうかもしれません。ちょっとした日常生活の積み重ねが黒ずみの原因となるからです。
そうならないために気をつけたい3つのことをご紹介します。

1.下着やファッションを見直す


下着や洋服の摩擦は黒ずみの原因となります。
ブラジャーのサイズは大きすぎると胸とブラの間に隙間が出来、動くたびに乳首が擦れてしまします。小さすぎても圧力が加わり、乳首だけでなく背中や脇周りの黒ずみに繋がるかもしれません。
サイズの合っていないブラは胸の形を崩す原因にもなりいいことなしです。きちんと胸のサイズを計り、サイズのあったブラジャーをつけましょう。
ショーツも小さいものを履いているとゴムの締め付けや擦れで、黒ずみが出来てしまいます。余裕をもってワンサイズ上の下着を履くことをおすすめします。

また、下着の素材選びも重要。ポリエステルや化学繊維を使った素材はおすすめできません。
通気性も悪く、黒ずみだけでなく蒸れて被れるなどの肌トラブルも起こしやすいです。
綿やシルクなど、やわらかく肌に優しい、通気性の良い素材の下着がおすすめです。
ポリエステルなどに比べると、多少お値段も張りますが、繰り返し使えるものですしキレイな体を保つためです。決して無駄にはなりません。
さらに、スキニーパンツなどをよく履く方も要注意!締め付けや摩擦が強いので、頻繁に履くのはあまりおすすめできません。

2.正しい方法で洗う


黒ずみを作らないためには正しい方法で洗うことも重要です。
とくにデリケートゾーンなど、清潔にしたいからとゴシゴシと洗ってしまっていませんか?
洗いすぎてしまうと、大陰唇や小陰唇の肌を守るための常在菌まで落としてしまいます。それにより臭いが強くなったり、かゆみやかぶれ、性病になるリスクまで上がります。
本来デリケートゾーンは石鹸を使わずにお湯だけで洗うべき、とも言われいるくらいですがそれは抵抗があるという方も多いはず。そんな場合は弱酸性の石鹸を使うことをおすすめします。
洗う際は、体を洗うタオルやスポンジなどは使用せず手で洗いましょう
泡立てネットや手のひらでよく泡立てた石鹸を、指の腹を使って傷つけないように丁寧に洗います。
乳首もデリケートゾーンと同様に、ゴシゴシ洗いはNGです。

3.ムダ毛自己処理は危険!?


剃刀や毛抜きなどで繰り返し自己処理をするのは、肌に刺激や負担を何度も与えてしまうことになるので黒ずみを作る原因になります。
また、開いた毛穴や埋没毛が黒ずみのように見えてしまう場合もあるでしょう。
出来るなら、サロンやクリニックのプロに脱毛してもらうをおすすめします。
もちろんそれはそれで肌に負担をかけますが、自己処理を続けていくよりも遥かに負担が少なく済みます。
なんらかの理由で自己処理を続ける場合は、必要以上に処理回数を重ねない、剃刀を強く当てない、無理に毛をひっぱって抜かないこと。
処理した後は冷やしたり保湿クリームを塗るなどし、肌を労わってあげましょう。

もはや常識!?【VIO脱毛】気になる男性の意見は?

 

おわりに

普段人に見せない部分なので、こんなに悩んでいるのは私だけかも・・・と思ってしまいがちですが、乳首やデリケートゾーンにコンプレックスを持っている方は意外とたくさんいます。それに多少の黒ずみなどは皆あるもの。気にしすぎても仕方ありません。
だけど、出来ることがあるならやってみて損はないですよね。
自分の理想に近づいて自信を持つことで、もっと積極的になったり、楽しく思えることが増えるかもしれません。
コツコツ気長に続けることが黒ずみ解消のコツです。早く始めることに越したことはありません。
あなたも今から黒ずみケア、始めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る