もう限界、逃げてしまった時の罪悪感はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう限界、逃げてしまった時の罪悪感はどうすればいい?

誰だってどうしても克服できない苦手なことってありますよね。たとえそれが社会人として乗り越えなければいけない最低限の常識でも、逃げ出してしまうほど自分にとってはつらいことです。
我慢して、我慢して、我慢して、もう限界!と逃げてしまった時。
これから先の生活の不安やら家族に顔向けできないやら同僚に申し訳ないやら、不安と罪悪感でパニックかもしれませんが、まぁまぁとりあえず落ち着いて。
どんなに立派な会社の社長さんでも、いつも厳しい上司でも、逃げたことのない人なんてまずいません。
逃げてしまうほどに大変だった。まずは疲れてしまった自分を受け止めてあげましょう!

仕事辞めたいもう限界!無断欠勤してしまったら

寝不足
みなさんは無断欠勤の経験はおありですか?
私はあります。
しかも無断欠勤でそのままフェードアウトしてしまったこともあります。
私が逃げてしまった原因は人間関係です。
仕事自体は可もなく不可もなく普通にこなしていましたが、当時の勤め先はとにかく人に気を使う職場でくたびれてしまったんですよね。

「仕事は好き。
でも仕事を進めるためにものすごく気を使わなくちゃいけない。
もう無理、仕事辞めたい。」

毎日こんなことを思いながら何とか出勤しておりました。
ところがある朝うっかり寝坊してしまったんです。
そこでプツンと糸が切れ「嫌なら辞めればいいんだ」と無断でフェードアウトしてしまいました。

頑張りすぎて疲れちゃった。
これって無断欠勤の立派な理由だと思いませんか?
それに一番困ってしまうのは自分ですよね。

感情のままに無断欠勤してしまったはいいけれど、ふと冷静に考えてやっぱり会社に戻りたい!と思ったらまず会社の同僚にメールしてみましょう。
きっと上司とあなたの架け橋になってくれるはずです。
もう絶対戻りたくない!というのなら同じ経験をしない様に次の職場は慎重に選びましょう。
生活に不安があれば両親や友人に相談しましょう。
ピンチな状況は変わらないかもしれませんが、それでもきっと何かしら力を貸してくれるはずです。

仮病でずる休みしても罪悪感を背負う必要はありません!

膝を抱える女性
たとえ仮病を使ってもなんとか会社に連絡したのなら今日は会社公認の立派なお休みです。
安心してゆっくり休んでください。
仮病を「逃げ」と考えるのはあなたが会社に対してとても誠実で自分の仕事に責任を持っている証です。
今まで出勤すべき日はきちんと出勤して会社からの信頼を得て来たからこそ、仮病の当日欠勤がとんでもなく申し訳ないことをした様に思えるだけではないでしょうか?

世間をよく見渡してみてください。
体調管理が苦手でよく休む人がいます。
子供がまだ小さいからと何があっても定時で帰ったり、シフトに協力できない人もいます。
旅行に行きたいからと忙しい時期でも堂々と連休をとる人だっています。
あなたはこんな人たちをどう思いますか?
きっと「人それぞれ理由があるんだから仕方がないよね」くらいにしか思いませんよね。
時間を気にするOL
毎日真面目に出勤しているあなたが仮病でずる休みしたことはあなたしか知りません。
確かに会社の人には多少なりとも心配をかけるかもしれませんが、疲れてしまったあなたを誰も責めたり迷惑に思ったりはしないはずです。

急に遊びに誘われたから休んじゃった!というのも個人的には悪いことではないと思います。
お給料よりも心のリフレッシュを選ぶくらいストレスが溜まっていたのでしょうから。
天気が悪いから外に出たくなくて休んじゃった!
これも悪天候から自分の身を守ろうとする当然の考えだと思います。
筆者は管理職でしたが、台風直撃など体が気圧の変化についていけないときはベッドから起き上がれなくて何回も休んでいました。

風邪で、高熱で、大きな怪我で、堂々と当日欠勤できる理由ってこれくらいですよね。
気が重い、情緒不安定、外に出たくない、十分つらい症状なのに世間一般では「仮病」という言い方になってしまうのです。
どんな理由であれ、仮病のずる休みはあなた自身が休む!と決めた立派な休日なのですから罪悪感なんて背負う必要はないんです。

仕事で失敗ばかりで自己嫌悪、そして長引くずる休み

寝不足
一日くらいのずる休みなら翌日いつも通りに出勤すれば気持ちも自然と元どおりになりますが、何日も何週間もずる休みしてしまうとさすがに自分が嫌になって自己嫌悪に陥りますよね。
そして困ったことにこれがなかなか立ち直れない。

さて仕事に失敗はつきものです。
頭ではわかっていても実際に失敗した時は嫌な空気になったり、すみませんでした!と頑張ったはずのあなたが頭を下げなければいけなかったりとネガティブのオンパレードです。
そんな状況が続くと「自分は毎日会社に何をしに行ってるんだろう?」とぐるぐる考える様になってしまいます。
この時点で軽い鬱状態ですから、まず「ずる休み」ではありませんよね?

嫌なこと、つらいこと、苦しいことを我慢しずぎて外の世界が怖くなってしまうのは当然のこと。
人は恐怖を感じると自分を守るために逃げるか隠れるか、どちらかの行動に出る生き物なのです。
仕事で失敗したことが原因でずる休みが長引いてしまうのはこれ以上心を傷つけたくないからです。
誰だってわざわざ自分の心が傷つく場所になんて行きたくないですもん。

会社
ここからは個人的な意見になりますが、もしこれを読んでいるあなたの生活がピンチな状況でそろそろ働かないとまずいところまで来ているのなら、正直に「なんか疲れてしまって・・・」と長期お休みの理由から復帰したいことを上司に打ち明けて良いんじゃないかなと思います。
上司もあなたと同じ人間ですから、一度逃げてまた戻ろうとすることがどれだけ勇気が必要なものかもちゃんと理解してくれますし、そもそも部下の面倒を見るのが上司の仕事なんですからはっきり言って問題ありません。
もし復帰してまた無理を感じてしまうなら、ちょっと大変かもしれませんが時期をみてアルバイトに変えてもいいと思います。

ちなみに私は一ヶ月間ズルズルと引きこもった挙句、やっぱ戻りたい!と復活した経験があります^^;

自己嫌悪を克服して立ち直る方法

やる気が出ない女性
凹むことがあってもピンチでも、生きるためにはどうにか前を向かなければならないのが大人です。
自己嫌悪を克服してもう一度立ち直る方法はたった一つ!
理想の自分と現実の自分、両方の自分を受け入れてあげることです。

逃げてしまった自分が嫌で仕方ないのはどうしてでしょう?
「理想の自分はしっかり者で絶対に逃げるなんてことしない」
そんな考えが頭のどこかに置かれているからではないでしょうか?
理想の自分と現実の自分の差が大きければ大きいほど自己嫌悪に陥りやすいんです。

落ち込んでいる女性
心と体が元気な時、理想が高ければ高い人ほど向上心がありますので努力を重ねてどんどん成長します。
では元気が出ない時はどうでしょう?
理想の自分はキラキラ高いところで輝いているというのに現実の自分はベットで寝てばかり。
自分は一体何をしているんだろう・・・。
これが自己嫌悪です。

もし理想の自分が現実の自分よりもずっと高いところにいるようなら「ちょっと降りてきてくれる?」と自分のそばに引き戻してあげましょう。
私なんてダメ人間だ!と現実の自分を下げたりしないで、キラキラ輝きすぎている理想の自分をちょっとだけナチラルな自分にしてみてください。

自己嫌悪に陥る人は成長できる人です。
自己嫌悪に陥ってしまうのはあなたの中になりたい自分がいるからです。
早く自己嫌悪を克服しなきゃ!立ち上がらなきゃ!と焦りがちですが、自己嫌悪そのものはちっとも悪いものではないんですよ。

女性はダイエット失敗が一番自己嫌悪に陥りやすい

体重計に乗る女性
仕事で逃げちゃった!という話の流れからなぜダイエットの話に?と思うかもしれませんが、大切なことなのでお付き合いください。
実は女性がもっとも「自己嫌悪」に陥りやすいのがダイエットに失敗した時なんです。

女性は3つの顔を持っています。
1つめは仕事の顔、2つめは少女の顔、3つめは母の顔。
仕事の顔と母の顔は自分以外の人のために頑張る顔ですが、2つめの少女の顔は自分の本心そのものです。

350 笑顔
どんなに歳を重ねても女性は少女の様にピュアで一途な気持ちを持ち続けています。
いくつになっても恋していたい、愛されたいと思うのです。
きれいになって愛されたい、そんな思いから女性はみんなダイエットをします。
ところが、せっかく頑張って食事制限をしてきたのに目の前にある美味しそうなケーキを一口食べたら止まらなくなってダイエットに失敗してしまった!
そんな時みなさんはどう思いますか?
私はダメな人間だ、私なんてきれいになれるわけがない、こんな私じゃ愛してもらえない・・・など必ず自己嫌悪に陥ってしまうと思います。

ダイエット失敗
仕事も頑張る、ダイエットも頑張る!
こんな風にキラキラ輝く女性が今とても多いのですが、その反面プツッと突然電池切れになってしまう女性も同じくらい多いのです。
仕事での自己嫌悪はほとんどの場合時間が癒してくれるものですが、ダイエット失敗の自己嫌悪は鏡を見るたびどんどん深みに陥るケースが非常に多く、摂食障害のきっかけになってしまうこともあるのです。

もしあなたが仕事もダイエットも両方頑張るタイプの女性なら、心が疲れ切ってしまう前に少しだけダイエットをお休みしてみましょう。
ちょっとばかり仕事の要領が悪くても、ちょっとくらいお腹がぷよぷよしていても自己嫌悪してしまうほど深刻に考える必要はありません。
仕事もダイエットもほどほどに、少しずつ丁寧に時間をかけて磨いていけばいいのですから。

過去の失敗を隠すのは悪いこと?

350
人生を再スタートするにあたって自分の過去を相手に話せざるを得ないわけですが、果たして無断でやめてしまった会社や勤めた期間が極端に短い会社の経歴は隠していいものなんでしょうか?
正直隠せるものなら隠したいことですが、法律的な答えはノー。
正社員で勤めていた場合、保険や年金などの手続き上でまれに履歴書との矛盾が発覚することがあります。
もしそうなった場合、最悪自分の信頼が失われてしまう可能性がありますので履歴書は正直に書きましょうね。

ただし退職理由を聞かれた時はあなたの自由に答えることができます。
普通の退職でも無断欠勤でも解雇でも、どんな理由にしても「退職」ただそれだけの記録しか残りません。
詳しい退職理由はあなた自身でどうにでも考えることができるのです。

350
大切なのは自分を守りながら何度でも這い上がることです。
思いきって職種や業務形態を変えて再チャレンジするのも良いと思います。
逃げることは自分を守ること、そして現実の自分を受け止めてあげることは実はとても勇気のいること!
何度逃げても失敗しても、自分の味方でいてあげることだけは忘れないでくださいね。

嫉妬と妬みの嵐!女の職場でうまくやっていくための上手な付き合い方嫉妬と陰口の嵐!女の職場で面倒な人と上手く付き合う方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事











ページ上部へ戻る