意外と見られている脇の黒ずみ!肘や膝は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温かくなってくると肌の露出が増えます。
肌あれやムダ毛が気をするのはもちろんですが、肘や膝、脇などの黒ずみも気になりませんか?
すごく綺麗な女性がいても、ふとしたときに見えた脇や、肘や膝がかさかさして黒ずんでいたら、同じ女性から見てもちょっとがっかりしちゃうかも・・・。
コンプレックスがあるとそれを隠すような服装ばかりするようになって、思いっきりファッションを楽しめなくなりますよね。
今のうちに体の黒ずみケアをして、楽しい夏を迎えましょう!

 

脇・肘・膝が黒ずむのは何故?

何故身体の中でもとくに脇・肘・膝が黒ずみやすいのでしょう?それには理由があるはずです。
黒ずみの原因は何なのでしょうか・・・?

脇の黒ずみ原因

1.ムダ毛の自己処理

脇は皮膚が薄くデリケートなため、肌を守るために濃い毛が生えます。
そのためムダ毛ケアの欠かせない部分ですが、剃刀や毛抜きなどによる自己処理は肌に大きなダメージを与えます。
肌がダメージを受けると、肌は自らを守ろうとしてメラニンを発生させ黒ずみを作ります。
また、間違った方法によるムダ毛処理で肌や毛穴が傷ついて、傷跡が色素沈着してしまうこともあります。
ムダ毛処理で与える肌へのダメージは脇の黒ずみの最大の原因となっていることが多いです。

2.制汗スプレーの影響

汗をたくさん掻く夏場は制汗スプレーを手放せないという方は多いかと思います。
とくに脇は汗腺が多く蒸れやすいので、制汗スプレーで臭いを防いだり、肌をサラサラにするのは大事なエチケットのひとつです。
ところが、制汗スプレーは霧状になったパウダーで汗腺にフタをしてしまうこと。これは毛穴が詰まったり菌が繁殖しやすくなり、衛生面から考えるとかなりデメリットがあります。
脇の毛穴のトラブルから黒ずみが出来ることがあります。

3.正しい方法で洗えていない

脇は擦れたり、蒸れたりする場所。
入浴の際には念入りに洗わなければいけない箇所ですが、意外と意識されていない場合があります。わきに汚れや垢などの古い角質が溜まってしまうと黒ずんで見えることがあります。
反対に意識しすぎて、ゴシゴシ力を入れて洗ったり、スクラブ入りのボディソープなどでな頻繁に洗っていると肌に負担がかかります。
とくに脇は皮膚の薄いデリケートな箇所です。過剰な洗い方は炎症や乾燥を起こし、黒ずみの原因となります。

肘・膝の黒ずみ原因

1.乾燥によるもの

肘や膝は皮脂腺が少なく、水分や皮脂がほとんど出ない箇所です。
肌は潤いが足りていないと外部からの刺激をとても受けやすくなり、メラニンを発生しやすくします。
肘や膝は関節部分にあたるため、動かすことが多く服との摩擦などが生じやすい部分なので、乾燥した状態を放置しておくと黒ずみが出来やすくなります

2.クセやファッションの影響

摩擦や圧力が加わると黒ずみが出来やすくなります。
例えば固い床に毎日長時間座る人はおしりの一部が黒ずんだり、正座ばかりしていると足の甲が黒ずんきます。
肘の場合は頬杖、膝は立て膝の体制をよくとる方は、黒ずみが出来やすいので注意しましょう。
また、スキニーパンツなどのぴったりした服装は、身体を動かす際に摩擦が起きやすく黒ずみの原因となっている場合もあります。

3.きちんと洗えていない

古い角質が積み重なって黒ずんでいる場合があります。
とくに肘は腕をひねらないと自分では見えないため、身体を洗う際にも見逃しがちに。
丁寧に洗って、古い角質が溜まらないようにしましょう。

 

出来てしまった黒ずみの解消法、正しいものはどれ?


脇・肘・膝などの黒ずみ解消法として、ネットや雑誌などでいくつかの方法が紹介されています。どの方法が一番効果があるのでしょうか。
また、認識を間違えると黒ずみを余計に悪化させてしまう場合もあるので目的に合った方法を選びましょう。

ピーリング 

肌の表面を「酸」で剥がす効果のあるピーリング。黒ずみの原因が「古い角質によるもの」であれば効果があります。
ですが、摩擦や刺激によるメラニンの黒ずみであれば逆効果です。メラニンは肌の奥深くから発生しているのでいくら表面を剥がしても効果がなく、逆に肌に負担をかけ黒ずみを悪化させてしまう可能性があります。

垢すり 

ピーリングと同様、肌の表面の角質を摂る方法なので、やりすぎはメラニンを余計に増やします。
肌のターンオーバーの周期(20代平均28日周期)に合わせてするのがおすすめです。

重曹 

重曹をボディソープに混ぜて洗うという方法です。
重曹には汚れを取る効果があるので、古い角質を洗い落とすことが出来、さらにコスパが良いので一時話題になりました。
ですが、ザラザラとした感触が肌への刺激になるため、メラニン黒ずみには逆効果となる場合があります。

ニベア 

ニベア缶は万能!とされ身体だけでなくフェイスケアでも注目されていますが、保湿効果は高いものの、美白効果や肌細胞を促進する効果などはとくにありません。
よく保湿しておくことは、黒ずみ予防にはなりますので、今後の予防のため摂り入れるのはおすすめです。

オイル 

オイルで黒ずみケアをする方法があります。
オイルは保湿効果が高いので、乾燥しやすい肘や膝のケアに向いています。
とくにココナッツオイルやアルガンオイルのは、ターンオーバーを促進させ、メラニンの生成を抑える効果があります。
そういったオイルと使ったマッサージは効果的です。

黒ずみ専用のクリーム 

市販の黒ずみケア用のクリームがたくさん販売されています。
黒ずみ解消を目的として作られているので当たり前ですが、美白、メラニンの抑制、肌細胞の促進、保湿など、様々な角度から黒ずみケアに必要な効果がぎゅっと詰まっています。
自分で出来る黒ずみケアとしては、一番おすすめでですが、市販で販売されいるものは商品によって効果に差があるものなので、どの商品を選ぶかも大事です。

皮膚科、クリニック 

ハイドロキノンとトレチノインなど、美白効果のある薬を処方してもらうことが出来ます。
医師の指導がつくので安心感もありますよね。
また、薬の処方ではなく「ケミカルピーリング」や「イオン導入」、「レーザー治療」などの施術を受けることもできます。
中には即効性の高いものもありますが、通う必要があったり、費用が思った以上に掛かってしまったという例もあるので、時間の都合やコスパをよく考えましょう。

 

市販の黒ずみ専用クリーム おすすめの商品3選

自宅で出来る黒ずみケアとして一番のおすすめ方法は、やっぱり黒ずみ専用のクリームを使うことです。
黒ずみ専用クリームは、脇・肘・膝以外の乳首やデリケートゾーンなど、全身の気になる黒ずみをケアすることが出来ます。
口コミ評価の高い人気商品を3つご紹介します。

おすすめ黒ずみ専用クリーム①

ピューレパール

【通常価格】7600円(税抜 送料別)
【定期価格】4750円(税抜 定期縛り3回)

モンドセレクション銀賞を受賞した人気商品です。
使い心地良く潤いが続くのにサラサラしていて、朝つけても気になりません。
潤い成分のトリプルヒアルロン酸、プラセンタや、美白成分のビタミンC誘導体などを配合。
また、天然ビタミンE配合でニオイケアも出来ます。
国内工場で製造されていて、無添加、低刺激です。日本人の敏感な肌のことを考えられています。
初回購入のみ返金保障制度もついています。

おすすめ黒ずみ専用クリーム②

薬用イビサクリーム

【通常価格】7000円(税抜 送料600円)
【定期価格】コンビニ後払い4970円(税抜)・クレカ決済4470円(税抜)
定期縛り2回・送料無料

タレントやモデルの愛用者が多く、雑誌などのメディア掲載も多い人気商品です。
2種の薬用成分配合(トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K)や、メラニンの生成を抑える4種の植物成分配合(サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキス)が、濃い黒ずみも薄くしていってくれます。
デリケートゾーンの黒ずみ解消で評判の高い商品ですが、全身に使っているという方が多く、その効果もお墨付きです。

おすすめ黒ずみ専用クリーム③

ホスピピュア

【通常価格】9000円(税抜)
【定期価格】5500円(税抜)
定期縛り3回・送料無料

湘南美容外科と共同開発した商品。
乳首の黒ずみに悩む女性たちの生の声を元に、皮膚の専門家が本気で作り出した商品です。
メラニンの生成を抑え徹底的に美白していくので、全身はもちろんフェイスケアとして愛用している方も多いです。
もちろん無添加処方。使った方の満足度は94%と高い水準を守っています。
90日間もの返金保証がついているので万が一肌に合わなくても安心です。

 

黒ずみを作らないために注意したいこと


黒ずみ専用クリームなどでのケアを平行して、これ以上黒ずみを悪化予防のため注意していきたいことがいくつかあります。
今後、黒ずみが悪化したりしないよう、以下のことに気を付けてください。

1.ムダ毛処理について

自己処理をする場合、剃刀を使うのがおすすめです。
必要以上に肌に当てなくていいように4枚刀などのものを使い、毛の流れに沿うように優しく当てましょう。
毛抜きで毛を抜くのは毛穴が広がったり傷ついたりしがちで、埋没毛も出来やすいです。
また除毛クリームやワックスなども肌への負担が大きいのであまりおすすめできません。

何度も繰り返し行わなければいけない自己処理は肌への負担が大きいので、できればサロンやクリニックのプロによる脱毛をおすすめします。
とくに濃い毛の生える脇やデリケートゾーンは、長い目でみて<strongサロン脱毛をしてしまったほうが楽ですし黒ずみの原因も大幅に減らすことが出来ます。
ムダ毛処理をした後はアフターケアが大切です。
肌が乾燥しやすいのでボディクリームなどでしっかり保湿してあげましょう。

2.制汗スプレーの使い方

脇の黒ずみ原因のひとつとして挙げられる制汗剤ですが、夏場はどうしても使いたくなるものですよね。
スプレータイプは吹きかけるときに肌に近づけすぎない、塗るタイプも使用目安以上に塗らないようにしましょう。
また、脇汗パッドなどの使用は肌への負担が少ないです。
とくに使い捨てタイプは、汗をたくさん掻いたら外したり交換することができるので衛生面でもおすすめです。

肉類ではなく野菜中心に、洋食より和食に、アルコールや喫煙を減らす。
抗酸化食品(ビタミンC、カテキン、ポリフェノール)などを積極的に摂る。
便秘を解消するなど、ニオイが気になる人は食生活から汗のニオイを改善していくこともできます。

3.脇・肘・膝の洗い方

きちんと洗えていないと古い角質が溜まってしまう、でも肌を傷つけてはいけない・・・と考えるとちょっと難しいですが、ポイントを押さえておけば簡単です。
まず、湯船につかったり、シャワーなどを体にあて汗腺を開いておきましょう。
石鹸やボディソープをよくよく泡立てます。汚れはこすって落とすのではなく、泡の吸着力で十分洗い落とせます
ナイロン製のタオルなどは使わず、天然素材の優しいもので洗いましょう。
とくに脇は皮膚が薄くデリケートなので手洗いでも丁度いいくらいです。

4.クセを改善する

日常生活での度重なる摩擦が黒ずみの原因となります。
机に肘を立てない、頬杖をつかない、立膝の体制を取らない、足を組まない、正座をしないなど、肘や膝の摩擦の原因はクセの中にたくさんあります。
無意識でやってしまいがちなことですが注意しましょう。
またスキニーパンツなども立ったりしゃがんだりするときに摩擦を起こしますので、頻繁に掃くのはおすすめできません。

5.黒ずみ解消効果のある食材を食べる

黒ずみやくすみに効果的な食材を摂り入れていきましょう。

【ビタミンC】
メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCは、美白には欠かせない栄養素です。
赤ピーマン・黄ピーマン・ゆず・パセリ・ブロッコリー・ゴーヤ・キャベツ・カリフラワー・れんこん・キウイ・いちご・アセロラ・のりなど、緑黄色野菜やフルーツなどたくさんの食材に含まれています。

【たんぱく質】
たんぱく質は健康な肌を作り出してくれます。
肉類、魚介類、卵、乳製品(チーズ、牛乳など)、大豆製品(納豆、豆腐など)、ナッツ(ピスタチオ、アーモンドなど)、動物性と植物性たんぱく質をバランスよく摂り入れましょう。

【鉄分】
鉄分が足りなくなると肌がくすみがちになります。
1日の摂取目安は12mgですが、慢性的に不足しているうえ、生理中は更に必要になります。
プルーン・ひじきや牡蠣やあさり・小松菜・レバーや赤身肉・マグロなどに多く含まれますが、サプリなどを摂り入れるのも手軽で続けやすいです。

 

おわりに

ふとしたときに意外と見られている脇、肘、膝。
夏は薄着になるのでいろいろと気が抜けませんね。
でも夏らしい涼し気なファッションは楽しみたいものです!
今からきちんとケアしておけば、今年の夏は自信をもって楽しめるかもしれません。
電車のつり革も堂々と持てる!そんなキレイな脇を私も目指したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る