デリケートゾーンの黒ずみ、基本的な予防とケアの方法を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デリケートゾーンの黒ずみ、基本的な予防とケアの方法を知ろう

みなさんは、自分のデリケートゾーンを見てみた事はありますか??
なかなか、わざわざ見るという事はしないかもしれませんが、やはりこの部分のお手入れを滞りなく行うためには1度確認をしてみた方が良いかもしれません。

デリケートゾーンの悩み、常に上位に挙がってくるのは“デリケートゾーンの黒ずみ”だそうです。
黒ずんでいるのかなぁ、そうかもしれないなぁ、でも見たくないなぁ、なんて思ってしまうのですが、これからの季節、海やプール、ショートパンツの季節に向けて見直してみる必要は大いにあります。
黒ずみが気になるようであれば早急に対処しなくてはなりません。

そもそもデリケートゾーンが何故黒ずんでしまうのか


それは下着や衣服、生理用品などとの摩擦が圧倒的な原因だそうで、その刺激に反応してメラニン色素が多く作られてしまうということ。
またデリケートゾーンのトラブルも同じで、痒みや痛み、かぶれなどによって刺激が起こりだんだんと黒ずんでしまうということ。
女性はどうしても下着が小さな作りであったり、生理によって蒸れや擦れが発生しやすいです。
また、デリケートゾーンの皮膚は触って頂ければ分かりますがかなり薄くて柔らかいです。
摩擦にはかなり弱いはず。
女性にとって大切な場所である訳ですから、かなり大切に扱わなければいけないです。
この刺激から守る為に起きてしまう黒ずみ。
出来てしまった黒ずみはどうケアするべきなのか。
また新たに黒ずみを作らせない為にはどんな対策が必要か、今日は一緒に考えていきましょう。

まず黒ずみを悪化させないために

赤い下着を身に着けた女性のヒップ
先程書いたように、デリケートゾーンが黒ずんでしまう最も大きな原因は刺激。
下着や衣服、生理用品などとの擦れのほかにも、カミソリでの自己処理や、洗う際にボディーソープを使っていたり、ゴシゴシと擦りすぎていたりというのも黒ずみを引き起こす原因になります。
他にはホルモンのバランスが崩れるというのも原因となるそうですが、妊娠中に乳首やデリケートゾーンが黒ずんでしまうという現象はホルモンが関わってのことだという話もあります。

摩擦はなるべく与えないようにする


下着に関しては、サイズの小さなものを使用すると足の付け根に食い込んでしまいそこから黒ずみが発生してしまうという例が最も多いです。
ソングタイプのようなちょうど接触する部分が細くて食い込んでしまうものも、長時間長期間の使用は避けた方がいいでしょう。
就寝時や何も予定のない、のんびりしたい日などはボクサータイプのようなデリケートゾーンに下着が食い込まないようなものを併用して使用するのもいいと思います。

生理用品は少し肌触りが硬いようなものも稀にあります。
硬さやチクチクしたような傷み、違和感を感じるものは絶対に使用しないようにしましょう。
使用されている繊維については各個人で合う合わないがあると思います。
蒸れや痒みなどのトラブルが起きる場合は直ちに使用を中止しましょう。
最近は布ナプキンというのが主流になってきています。
蒸れや臭いなどのトラブルは紙ナプキンの化学繊維が原因ではないかとも言われています。
生理用品で肌トラブルを起こしやすいという方は特に、肌に優しい布ナプキンを試してみるのもいいかもしれませんね。
顔剃り/カミソリ
アンダーヘアの自己処理について、カミソリで肌を傷つけてしまうことも黒ずみの原因になってしまいます。
デリケートゾーンは皮膚が薄く柔らかいため、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。
カミソリのような鋭利な刃物は尚更です。
カミソリ負けを起こしてしまった部位から雑菌が入り、赤みや痒みを引き起こします。
それを強い力で掻いてしまうと、さらにトラブルが悪化してしまうのです。
ですが除毛剤やワックスなどのもっと刺激が強い方法はお勧め出来ません。
なるべく自己処理は回数を減らすなどにし、さらに正しい剃毛の方法で実行するように気を付けてください。
それでは追いつかないという方は、サロンでの脱毛も視野に入れておいた方がいいかもしれませんね。

正しい剃毛の方法


ここで正しい剃毛の方法をご紹介しておきます。

  1. まずは湯船で十分身体を温めて毛を柔らかくしましょう。
  2. 毛が長いという人は剃毛する箇所の毛を短めにカットしておきます。
  3. ローションやクリーム、シェービングフォームなどを必ず塗ってしっかりと毛と肌に浸透させます。
    この時にボディーソープは肌に負担をかけてしまうので使わないようにしましょう。
  4. 処理する周辺の皮膚をカミソリを持っていない方の手で引っ張って押さえておきます。
    皮膚にたるみやよれがあると切ってしまう恐れがあるので気を付けてください。
  5. 毛の生えている方向に沿ってカミソリを滑らせて剃ります。
    あまり力を入れないようにしてください。
  6. 基本は1度で剃ってしまいたいですが、どうしても剃り残しが気になる場合はシェービングフォームをつけなおしてから剃ってください。
  7. 最後気になる箇所のみに一度だけゆっくり慎重に毛の流れと反対に滑らせます。
  8. シャワーの冷水で処理した部分を冷やし、毛穴を閉じます。
  9. タオルは新しい清潔なものを使って優しく押さえるように水分を取ってください。
  10. 拭き終わったら必ず保湿をしてください。ボディークリームや化粧水などでも構いません。
  11. 時間が経って患部がヒリヒリするなど違和感があれば、再度保湿をしてあげてください。

なるべくペースは1、2週間に1度くらいが好ましいと思います。
必ず保湿は欠かさないようにしてください。

今ある黒ずみをケアする


現在存在する黒ずみはどうケアすべきなのか。
いろいろ調べていくと、1番効果がありそうなのはデリケートゾーン用のクリームを使ってケアするという方法。
黒ずみの元となっているメラニンを除去しなければなりません。

メラニン除去に重要なのがターンオーバーという肌の生まれ変わりです。
肌は若い人では28日で生まれ変わるものです。
しかし、年齢とともにその周期が長くなってしまったり、生まれ変わる働きが鈍くなってしまったりします。
これが黒ずみの原因になるのです。

次に紹介するのは、ターンオーバーを回復させてくれる作用を持った市販のクリームです。
人気が高いおすすめのケアアイテムなので是非お試しください。

黒ずみケアに

イビサクリーム

イビサクリームにはターンオーバーを回復させ、正常に動かす働きをするグリチルリチン酸を配合。
美白に有効なトラネキサム酸やなどのほか、ヒアルロン酸、サクラ葉エキス、ローズ水エキスといった保湿成分もふんだんに配合されています。
香料、着色料、アルコール、パラベンなどの刺激物質は一切入っていないため、デリケートゾーンにも安心して使用することが出来ます。
万が一合わないという場合は60日返金保証制度もあるようなので安心して試すことが出来そうですね。

専用石鹸を使う

乾燥肌におすすめの固形石鹸
デリケートゾーンは基本的にはボディーソープで洗ってはいけません。
界面活性剤はアルカリ性なので、デリケートゾーンには刺激が強すぎてしまい、デリケートゾーンを守るために保たれているphバランスが崩れてしまい、痒みや臭いの原因ともなってしまいます。

最近は、デリケートゾーン専用のボディソープも出ているようですが、特に洗剤を使わなくてもお湯で洗えば本来は充分だそう。
ですが中には、どうしても洗剤を使いたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。
デリケートゾーンのケアとして、黒ずみを除去するまでの効果は期待出来ませんが、臭いやかぶれなどのトラブルを軽減し、黒ずみの元となる原因を減らす働きをしてくれる石鹸をご紹介します。

ジャムウソープという石鹸をご存知でしょうか。
ジャムウとはインドネシアに古くから伝わる伝承薬であるハーブや植物の実や根を調合したもののこと。
雑菌の繁殖を抑えたり、汗やニオイを抑えたり、色素沈着を防いでくれます。
他にも肌荒れや 乾燥も防ぐ効果があり、女性にはかなり強い味方になってくれる石鹸です。
ジャムウのハーブにはピーリング効果もある為、使っていくうちに少しずつ黒ずんでしまった古い角質などを除去してくれます。
ですが、これは普通の石鹸です。
速攻性はありません。
長く使っていくうちに、だんだん綺麗な肌を取り戻すというイメージで使用してくださいね。

デリケートゾーンに

ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ

メラニン生成を抑えるマグワ根皮エキス、カミツレ花エキス、ツボクサエキスなど、黒ずみの原因をしっかりケアしてくれる有効成分がたっぷり入っているタイプのジャムウソープです。
デリケートゾーンだけでなく、乳首や身体全体に使ってワントーン明るくなったなんて声も聞かれます。
クリームと併用しても効果が上がりそうですね。

ほかにも・・・

350
美容クリニックや皮膚科に行けば、レーザーやピーリングなどの処置をしてくれたりハイドロキノンやトレチノインといった美白クリームが処方してもらえるそうです。
やはりクリニックは効果も高く、短時間で黒ずみが綺麗になるというメリットはありますが、同時に肌への負担が大きいのと費用が結構かかってしまうというデメリットもあるようです。
コストや時間というのは人によって価値観も違いますし、専門のお医者さんであればいろいろな面で安心感はあるのかなとも思います。
とにかく早く解決したい!という方は1度相談に足を運んでもいいかもしれませんね。

おわりに

350 水着
今日ご紹介して商品や方法はごくごく1部に過ぎません。
今回お話させてもらったデリケートゾーンという場所は、普段取り上げている髪の毛や顔、身体の皮膚とは全く違うと考えていただきたいなと思います。
デリケートゾーンはその名の通りかなりデリケート部分です。
何を使うにしても、必ずデリケートゾーン専用と書いてあるものを選ぶようにしましょう。
デリケートゾーン専用であっても使用した際に違和感や異常を感じた場合は直ちに使用をやめ、注意書きの通りに対処するようにしてください。
自分の肌に合ったもので綺麗なデリケートゾーンを目指しましょう!

乳首・デリケートゾーンの黒ずみを美白!黒ずみ解消におすすめケア!乳首・デリケートゾーンの黒ずみを美白!黒ずみ解消におすすめケア!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る