夏以外の季節や曇りの日でもUV対策はするべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏以外の季節や曇りの日でもUV対策はするべき?

「UV対策をするのは夏だけでいい」、「曇りの日は紫外線対策をしなくても大丈夫」と思っていませんか?
紫外線の種類や季節や天気によりどのくらい紫外線が変動するのか、おすすめのUV対策グッズについてご紹介していきます。
「夏じゃないから」、「曇りだから」と油断していると、将来シミが大量にできてしまうかもしれません。
日頃からUV対策を行って、シミのないお肌をキープしていきましょう。

 

夏以外の季節や曇りの日にもUV対策はするべき?

日焼けした女性
夏や腫れている日はUV対策をする人が多いかと思いますが、夏以外の季節や曇りや雨の日はUV対策をしなくても大丈夫なのでしょうか?
結論から言うと、夏以外の季節や曇りや雨の日でも紫外線はあるので、夏以外の季節や曇りや雨の日にもUV対策は必要です。

「近所のコンビニにちょっと買い物に行くだけだから」、「洗濯物を干すだけだから」と日焼け止めを塗るなど対策をせずに外に出てしまう人は多いのではないでしょうか。
紫外線は少しの時間でも体内に蓄積されてしまうため、将来シミができやすくなってしまいます。

 

紫外線の種類

日傘を差す女性
私たちが紫外線と呼んでいるのは太陽光の種類のひとつで、太陽光は波長が長いものから順に、「赤外線」、「可視光線」、「紫外線」の3つに分類されます。
紫外線は生理的な作用の違いにより、波長の長いものから順にA・B・Cに分けられます。
この3つの中でも地上に届いているのは、紫外線A波と紫外線B波で、紫外線C波は波長が短いためオゾン層などで完全に遮られ地上には届かないと言われています。

最近オゾン層の破壊が話題になっていますが、オゾン層が破壊されてオゾンホールができてしまうと、地上に届くUVBの量の増加や、今まで地上には届いていなかった紫外線C波が届いてしまうのではないかと懸念されています。
実は紫外線は波長が短いものほど有害作用が強く、紫外線A・B・Cの3つの中でUVCの作用が最も強く細胞組織を損傷してしまう可能性があると言われています。

 

季節や天気によってどのくらい紫外線の量は違うの?

350
季節や天気によって紫外線の量はどの程度変動するのでしょうか。

UVBは季節によっての変動が激しく、5月頃から増え始めて、6~8月頃にピークになると言われています。
UVBは夏と比較すると、春や秋はその半分ほど、冬は5分の1ほどになります。
UVAのピークは5月頃で、最も少ないのは12月ですが、12月でもピークの5月の半分くらいの量はあると言われています。
冬は紫外線はほとんどないようなイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、2月でも紫外線の量は真夏の80%もあると言われているので、UV対策は1年中必要です。

雨の日は紫外線がないと思っている人もいるかもしれません。
実は曇りの日でも晴れの日の60~80%の紫外線があり、大雨の日でも30%もあると言われています。
そのため、曇りの日でも雨の日でもUV対策はした方がいいと言えます。

紫外線の落とし穴とは

歩く女性
UV対策をしているつもりでも、意外と知られていない落とし穴があります。
紫外線は反射するため私たちは頭上から降り注ぐ紫外線だけではなく、反射された紫外線も浴びています。
それぞれの反射率は次のようになります。

アスファルトやコンクリート:10%
水面:10~20%
雪面:80%
砂浜:10~25%

コンクリートやアスファルトも紫外線を反射しますが、色の薄いコンクリートの地面の方が紫外線の反射率が高くなります。
冬は夏に比べると紫外線の量は少なくなりますが、雪が積もった場合は雪による反射で紫外線の量は2倍近くにもなるそうです。
また、建物の中でも屋外の10%程度の紫外線があるとも言われています。

 

おすすめUV対策グッズ

日焼け止めを塗る女性
UV対策には日焼け止めクリームが一般的です。
日頃の紫外線対策であればそんなにSPFは30くらいのもので大丈夫ですが、日焼け止めクリームは完全に紫外線を防げるというわけではなく、服でこすれたり汗をかいたりすると落ちてしまうのでこまめに塗りなおすことが大切です。
その他おすすめのUV対策グッズをご紹介していきます。

UVパウダー

カネボウ

サラ ボディパフパウダーN UV

参考価格:¥1,296(税込)
内容量:40g
SPF20、PA++

ふんわりとしたやさしいサラの香りがするボディパウダーです。
そのまま塗っても◎
日焼け止めを塗った後や汗をかいた後に♪
持ち歩くには少し大きめですが、たくさん入っているので長持ちしますよ。
日焼け止めクリームよりも塗り直しも簡単で、べたつかずサラサラなのでおすすめです。

日傘

一般的な日傘で90~95%の紫外線をカットすることができると言われています。
日傘と肌の距離を30cmくらいにするとさらに効果的です。

VIOMO

折り畳み傘

参考価格 ¥2,000(税抜)
晴雨兼用
UVカット 紫外線遮蔽率99%
収納ポーチ付き

二層仕組み加工された生地で、しっかりとUVカットしてくれます。
折りたたみ式なので持ち運びに便利です。
女性らしくかわいいデザインなので、プレゼントにもおすすめです。

 

おわりに

冬や雨の日には日焼け対策を怠りがちですが、UV対策は1年を通して必要です。
日焼け止めクリームだけでなく、パウダーや日傘、帽子、サングラスなどを活用して、将来シミが大量発生してしまわないように対策を行っていきましょう。

今からの紫外線対策で半年後の肌が変わる!今からの紫外線対策で半年後の肌が変わる!
春からが本番・正しい日焼け止め使いで紫外線対策!
絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る