弾力とハリのある卵肌になりたい!美肌の秘訣はたんぱく質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピチピチぷるんぷるん、プリン肌になりたい

◆最近肌がプリンと弾まなくてイライラする

肌は年齢とは関係なく、粗末な扱いを続けると若くても肌が衰えます。
かっさかさの肌にざらざらべとべとの肌、消えないクマと戦って数十年。
目尻のしわも年々気になってくるし、肌の透明感なんて実感したのは小学生くらいまでかな…。
なんて、自分の肌がひどくて落ち込む事が増えてはいませんか。

沢山のアイテムを使い時間もかけているのになぜか、あまり効果は感じられない、と嘆くそんなあなたの悩みは良く理解出来ます。
なぜなら、私自身が肌で悩んでいる張本人だからです。

私は昔から無防備に太陽に当たり無駄にシミやしわを量産してきました。
今さら後悔なんてしても遅いのですが、その紫外線の恐ろしさに気付いたのはつい最近の出来事です。
紫外線に当たり続けると肌のハリを保つのに必要なコラーゲンやエラスチンと呼ばれる物質がいとも簡単に壊れていくのです。
肌のハリが失われると毛穴も目立ちますし、皮膚が薄くなるのでしわも目立ってきます。
私はその状態になってしまってから気付いたのです。
みなさんはそうならないように気を付けてくださいね。

 

◆コラーゲンを補うより、たんぱく質を

コラーゲンを食事で補っていく事はもちろん大切な事です。
しかし、栄養のバランスが偏ってたんぱく質が体内に足りていないと、もしコラーゲン成分を摂取したとしてもコラーゲンの成分が分解されて身体のたんぱく質を補うために吸収されます。
ですから、たんぱく質が無い状態でコラーゲンを摂っても肌には反映されませんから、そのような状態でコラーゲンを取り続けても肌にとっては無駄になってしまう可能性があります。
これは全てに言える事ですが、栄養のバランスが整っている事が肌にとっても身体にとっても嬉しい効果が期待できるという事なんですね。
身体にとって必要な成分の先に摂っておく事をしないと、肌ではなく、まず生命の維持に必要な部分に栄養素が回されることになります。
ですから、コラーゲンのサプリや食品を摂る事は良いのですが、その前に十分理想的な栄養バランスを毎日続けているという自信が無い限りはこのようなコラーゲンは摂らない方が栄養の無駄にならなくて良いでしょう。

 

◆ビタミンが不足するとコラーゲンが生成されない

ビタミンCが不足するとコラーゲンも不足します。
コラーゲンは細胞の集まりを結び付ける非常に重要な存在です。
ビタミンCはコラーゲンの合成や細胞同士の結び付きを強めてくれる働きがあるのですが、このビタミンCが足りないと、コラーゲンを上手く細胞の間に留めておくことが出来なくなります。
ですから、ビタミンCは免疫力強化や健康以外でも、肌にとっても欠かしてはならない栄養素の一つなのです。
普段から意識してビタミンCを摂るようにしていきましょう。

意外と簡単な方法で肌のハリは保てるのですね。
今までの自分への扱いによって今という現実の肌が作られているのだな、と実感しております。
私はビタミンCもたんぱく質もあまり十分に取れているとは言い難かったので、これからはコラーゲンだけに固執することなく様々な食材や栄養素をバランス良く摂って肌のハリを取り戻したいなと思いました。
もし、あなたが肌のハリがなくて状態もあまり良くないのでしたら、栄養バランスをしっかりと整える事から始める事をおすすめ致します。
肌には直接関係ないように見えたとしても、これがプリン肌を作る為に無くては完成出来ない大事な要素なのですから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事


ページ上部へ戻る