キレイ好きもほどほどに!あなたのからだを守る常在菌のお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キレイ好きもほどほどに!あなたのからだを守る常在菌のお話し

人付き合いをする上で清潔感って何よりも大切ですよね。
特に女性は寝癖や体の匂いが気になったりでプライベートでも仕事でも人と会う前は必ずシャワーを浴びるという方は多いと思います。
ただ菌活的に言いますと、朝シャワーを浴びるだなんてこれから病原菌やカビがうようよしてる外の世界に出るというのにあなたなんてことしているの!というのが今回の内容です。

私たち人の体内には「常在菌」という人と共存する細菌が皮膚に約100万個、腸内に100兆個、口の中には100億個も存在し私たちが病気にならないように体に免疫のバリアを張ってくれています。
菌活!腸内フローラ!肌の天然の保護膜!など常在菌は様々なキーワードで注目されていますが、これらは流行りものどころではなく、ずっと注目し続けて欲しい大切なことなんです。
菌なんて目では見えないしあんまり興味ない、と言う方も今回のお話が常在菌を知るきっかけになれば幸いです。

朝シャワーや肌の洗いすぎがよくないのは『常在菌』を失ってしまうから

シャワーで髪を流す女性
私たちは頭のてっぺんから爪先まで全身皮膚に包まれています。
皮膚の大きな役割は骨、神経、内臓、筋肉など人の肉体を怪我や細菌感染などから守ることです。
けれど皮膚はちょっと擦っただけで簡単に傷がつくとても頼りない薄い皮です。

空気中には私たちの健康を脅かす「病原菌やカビ」がたくさん浮いています。
皮膚は常に外の空気と触れています。
もしも皮膚常在菌がいなければ、皮膚に付着したカビは増殖してあっという間に顔も体も全身カビだらけになってしまいます。
もしも体内に常在菌がいなければ、皮膚に付着した病原菌は小さい傷から体内に侵入してあっという間に病気に蝕まれてしまいます。

菌の感染力を知っている私たちは自分の体を清潔に保とうとします。
目には見えないけれど繊細な皮膚感覚で「汚れた」と感じ、手洗いや入浴で肌をキレイにするのはとても良いことですが、体を守ってくれる常在菌まで洗い流してしまうのはよくありません。
朝シャワーなど肌を洗うタイミングによっては健康を脅かす菌だらけの外界に「ボディーガードはいらないよ♪」と無防備で体を投げ出すことになるからです。

肌の清潔を守る表皮ブドウ球菌

女性の首とデコルテ
ブドウ球菌と聞くとギョッとしませんか?だって食中毒もしくは皮膚疾患のとびひなど、人の体内で相当ないたずらをする悪名高き病原菌ですものね。
ブドウ球菌には体内で悪さをする「黄色ブドウ球菌」と、皮膚常在菌「表皮ブドウ球菌」の2種類があります。

私たちの体にいる表皮ブドウ球菌は病原性の低い菌と言われていますが、一体どんな働きをする菌だと思いますか?
「お肌には弱酸性」肌トラブルのない肌は弱酸性に保つことが大切というのは誰もが知っているスキンケアの基本ですよね。
実はこれが表皮ブドウ球菌のお仕事なんです。

私たちの全身にある毛穴からは皮脂と汗が分泌されていてますよね。
表皮ブドウ球菌はその皮脂と汗をパクパク食べて弱酸性の脂肪酸を生産します。
表皮ブドウ球菌の良質な脂肪酸でコーティングされた肌は弱酸性の状態になり、肌に病原菌やカビが付着しても増殖しづらい環境になるのです。

体臭と吹き出物対策

運動をする女性
表皮ブドウ球菌に元気がなくなると肌のpHバランスが崩れて酸性に傾きます。
すると病原菌やカビが増殖しやすくなるため、肌が不衛生になって肌が臭ったり吹き出物ができやすくなります。
肌を弱酸性に整えるためには表皮ブドウ球菌の餌になる皮脂を含む質の良い汗をかくことが大切です。

質の良い汗とは体温調節の汗ではなく岩盤浴など内臓を温めてじんわり出てくる皮脂を含んだ汗のことで、表皮ブドウ球菌にとって最高の餌になります。
肌の調子が気になった時はたっぷり良い汗をかいてパクパク食べさせてあげましょう。
気をつけて欲しいのは、汗をかいた直後にシャワーを浴びてしまうとせっかくの餌が肌から流れ落ちてしまいます。
なので汗をかいた後は1時間ほど入浴は控えてタオルで汗を軽く拭き取る程度にしておきましょう。

肌を病原菌と紫外線から守るアクネ菌

ニキビを気にする女性
ニキビの原因でおなじみのアクネ菌。
とくに思春期の若者達からは完全に悪者扱いされていますが、彼らもまた私たちのすこやか肌を保つために必要な皮膚常在菌なのです。
本来、私たちの肌には「悪玉アクネ菌」と「善玉アクネ菌」がバランス良く存在しています。
どちらのアクネ菌も皮脂が多く空気に触れない密閉された場所を好む習性があり、おもに角栓に塞がれた毛穴の中にひっそり棲んでいます。

悪玉アクネ菌のいる所にニキビ有り!と毛穴をぎゅうぎゅう絞りたくなりますが、「善玉アクネ菌」も同じ場所にいることを忘れてはいけません。
先ほど表皮ブドウ球菌は餌として「皮脂と汗」が必要とお話しましたよね。
厳密に言うと表皮ブドウ球菌は、アクネ菌が皮脂を分解して作った脂肪酸と汗を餌にして肌の保護膜を作ります。
アクネ菌が角栓毛穴を好んで棲むのは彼らの餌が皮脂だからなんですね。

350
アクネ菌の作る特別な脂肪酸は病原菌の増殖を防ぎ、紫外線ダメージ防ぐ効果があります。
表皮ブドウ球菌と善玉アクネ菌がコラボすることで肌の清潔を保ち、外的刺激からも守ってくれる最強のバリアが完成するわけです。
頭皮から出る皮脂もまた肌と同じように髪をコーティングして紫外線ダメージから守ってくれています。
紫外線の強い時期の朝シャンは髪に良くないと言われるのはこのためです。
どうしても朝シャワーを浴びないと、という方はシャンプーやボディーソープは使わずお湯でゆすぐ程度にしておきましょう。

ニキビ対策

鼻にきび
ニキビを改善するには要は皮脂の詰まった角栓毛穴を作らないようにするのが一番です。
まずは毛穴を開かせる原因になる脂っこいジャンクフードやお砂糖たっぷりのお菓子を控えるなど食生活から見直してみてください。

また、ニキビができやすい肌は雑菌が増殖しやすい酸性肌の可能性が非常に高いです。
弱酸性に保たれた肌ならばちょっとやそっとでは増殖しない雑菌やカビが酸性肌ではみるみる増えてしまう状態ですので、枕カバーや布団カバー、バスタブなど肌に触れるものは常に清潔にしておきましょう。
スキンケアを頑張ってもなかなかニキビが治らない方はこんな風に食生活と肌に触れる身の回りものを一度見直してみると良いですね。

常在菌を元気にする一番の方法は自分を元気にすること

笑顔の女性
決して一日に何回も手を洗うなとかお風呂で毎日体を洗うなと言う訳ではありません。
菌活してるはずなのに甘いものを食べただけで肌にブツブツができたり、冷えるとすぐに風邪引いちゃう。
そういう方が今とても多いんです。

確かに常在菌は免疫力を高めてくれますが、それは規則正しい生活あってのこと。
健康食品やサプリメントを飲んでるからと不摂生しても平気ってわけではありませんよね。
あなたの元気がなくなれば当然常在菌も元気がなくなってしまいます。
常在菌はあなたと健康を共有する大切なパートナーであることをいつも忘れないであげてくださいね。

女子力アップの前に免疫力アップしなきゃマズイ!!女子力アップの前に免疫力アップしなきゃマズイ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事











ページ上部へ戻る