下へ下へとたるんでく…【頭皮のコリ】を放っておくと老け顔の原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首・肩・腰などがこると辛いですよね?マッサージに行ったりストレッチをしたり、日頃からケアをしている人は多いと思います。
ですが頭皮もこるって知っていました?
頭に「?」マークが浮かんだ人も、実はこっていることに気づいていないだけかも。
頭皮が凝ると健康だけでなく美容方面にも悪影響を及ぼします。
逆を言えば頭皮のコリを日頃からケアしていると若返りも可能ということ!
見過ごしがちな頭皮のコリ、是非チェックしてみてください。

 

こんな人は頭皮がこりやすい


頭皮がこる原因はなんでしょうか?
以下に頭皮がこりやすい人の特徴とまとめてみました。

●パソコンやスマホを1日何時間も見ている
●ずっと同じ姿勢でいることが多い
●猫背である
●精神的なストレスを抱えている
●めまいを起こしやすい
●頭痛を起こしたとき温めると治る
●歯を食いしばるクセがある
●歯のかみ合わせが悪い

頭皮のコリは基本的に血行不良が原因です。
血行が悪くなると肩や首などがこるのと同じように頭皮もこります。
目を酷使したりストレスも血行不良につながります。
また、歯を食いしばるクセがあったりかみ合わせが悪いのも、顎や肩、首の筋肉が緊張し、頭痛や頭皮のコリを引き起こしやすくなります。

 

あなたの頭皮は大丈夫?頭皮のコリチェック方法


早速自分の頭皮がこっているかどうかをチェックしてみましょう。

チェック方法1

頭皮全体をボール持つように両手で持って、頭皮を前後左右に動かします。
動きが弱い程頭皮がこっている証拠です。
全く動かないようなら相当凝り固まっているかも。

チェック方法2

頭のてっぺんの頭皮を、親指と人差し指でつまみます。
痛い場合や全くつまめない場合、頭皮がこっています。

チェック方法3

1や2を試しても自分のコリ具合がよく分からないという人は、自分のおでこの皮膚と比較してみてください。
おでこの皮膚を指で動かしたときと同じくらい頭皮が動くようであれば全く問題ありません。頭皮がこっている場合はおでこの皮膚よりかなり動きが弱いはずです。

 

頭皮のコリは老けにつながる!美容に与える悪影響とは


普段あまり意識しませんが、顔と頭皮の皮膚は一枚皮でつながっています。
顔の筋肉がこる→マッサージをする、ということは美容を意識する人は当然のように行っているかもしれませんがそれだけではケア不足!
同じように頭皮もケアしてあげないと顔の老化を止めることはできないかもしれません…。
一体なんででしょうか?

頭皮のコリで原因で起こる一番の老け顔要因は「顔のたるみ」です。
頭皮のコリを放っておくとその周辺の皮膚は弾力性を失います
上記したように、頭と顔の皮膚が一枚皮でつながっているので、弾力を失った頭皮が顔に影響してくるのは当然のことです。

顔に現れる具体的な影響とは


・おでこや目元がたるんでしわができる
・ほうれい線が現れる
・フェイスラインが崩れる
・目が小さくなる
・肌がくすむ
・メイクののりが悪くなる
・顔がむくむ

などの影響が現れます。
弾力性を失った皮膚は重力にどんどん勝てなくなってしまうので、下へ下へと引っ張られます。
皮膚がたるむとハリがなくなってくるので、しわを作る原因になります。
下に引っ張られているのでフェイスラインがぼやけて崩れてくるのは当然ですね。
また、年を重ねると目が縮んで小さくなってくる場合がありますが、これも目元の皮膚がたるんでくるからです。
また、肌のくすみやメイクのりに関しては血行不良が影響しています。
頭皮がこって血行が悪くなると当然顔にもそれが表れてきます。
また血流が悪く老廃物が溜まると頭皮だってむくむんです。頭皮のむくみはそのまま顔のむくみにもつながります。
もちろんこれらは年齢を重ねると誰の顔でも起こること。原因の全てが「頭皮のコリ」にあるわけではありません。
ですがその要因のひとつとなっているのであれば、フェイスケアをするように頭皮のケアもしていくことで老化の予防になります。

 

また、頭皮のコリは髪の毛にも影響します。
頭皮の毛穴から生えている毛なので、頭皮の健康が髪の毛にダメージを与えるのは容易に予測できますよね。

頭皮のコリが髪の毛に与える影響


・髪の毛のハリやコシ、ツヤが失われる
・抜け毛が増える
・白髪が増える

老けて見えるかどうかは髪の毛の印象も大きく影響してきますよね。
ボリュームがあってフワっとしている、ツヤがあってキラキラしている、というのは若々しい印象を与えますが、その逆は老けて見えてしまいます。
白髪もあまり増えると白髪染めが必要になり、ヘアカラーを自由に楽しめなくなってしまいます。

 

健康面に与える影響は?

見た目に関することだけでなく、頭皮のコリは健康面にも悪影響をもたらします。

・頭痛を起こしやすくする
・情緒不安定になる
・集中力が低下する
・不眠になる

ます第一に頭痛です。
病気や風邪でもないのに起こる頭痛には「緊張型頭痛」や「偏頭痛」があります。
血流やリンパが滞って老廃物が溜まる、血行不良が原因で毒素が溜まることなどによって引き起こされる頭痛です。
これらは頭皮のコリが大きく関わっていて、コリによる頭皮のむくみなども原因のひとつです。

また、頭皮のコリは「ぼんやりする」「イライラする」などのメンタル面にも影響してきます。頭皮の血流が滞ることで脳の働きが活性化されず、仕事や勉強に集中できなくなったり、リラックスできなくなり不眠症などを引き起こす場合もあります。

 

放置しちゃダメ!頭皮のコリのほぐし方


どうやら頭皮のコリを放っておくと恐ろしいことになってしまうようです…。
そこで頭皮のコリを簡単にほぐせるセルフマッサージをご紹介します。
ただし1回で完全に改善するわけでもないですし、日常的に行うことが肝心です。
コリがほぐれたと思っても、サボっているとまたすぐにこってしまうということもお忘れなく。

頭皮マッサージのポイント

・爪を立てない
・痛いと感じるほど力を入れない
・髪の毛の間に指を入れて、なるべく頭皮に直に触れるように行う
・なるべく下から上へと意識して動かす
・自分の気持ちいいと思う箇所や動きを重点的に行う

基本的な頭皮セルフマッサージ

頭皮マッサージには決まりがなく自分の好きなように行えばいいのですが、ここでは基本的なセルフマッサージ方法をご紹介します。
頭にあるツボを知っていれば一緒にツボ押しをしたり、自分が気持ちいいと思う方法を見つけたら取り入れて、改良していくともっといいマッサージが出来るかもしれません。

1.こめかみに両手の親指を置く
2.他の指を広げた状態で後頭部のほうへ置く
3.頭皮を上に持ち上げるようなイメージで円を書くように動かす
4.少しずつ指の位置をずらして、頭全体のマッサージをする
5.首の付け根、頭の後ろ側も忘れずに
6.こぶしを作って気持ちいいと思う箇所をグリグリとマッサージする
7.こぶしを作った指の第二関節を首やリンパもマッサージする

 

頭皮のコリを慢性化させないために気をつけたいこと


頭皮がこらないように気を付けたいと思っていても、パソコンやスマホなどと切っても切れない生活を送っている方は多いですよね。現代人の3人に1人は頭皮がこっていると言われているほどです。
現代人なら頭皮がこるのは仕方ないこと。そのコリと慢性化させなければいいのです。
頭皮のために、気をつけたいことをまとめてみました。

シャンプーは髪を洗うだけでなくマッサージも兼ねて

頭皮のコリは自覚症状がないためついマッサージを忘れがちに。
毎日のシャンプーのときに、一緒にマッサージすることを習慣にしてしまえば、少なくとも一日一回は頭皮マッサージが出来ます。
ですが長時間のシャンプーを使ったマッサージは必要な皮脂を奪ってしまうので、シャンプーの際のマッサージは軽めにするよう注意しましょう。

ブラッシングも効果的

髪をブラシで溶かすだけでも、マッサージに効果的です。
頭皮を傷つけないように、木製やクッション性のあるブラシを使用しましょう。
もちろん頭皮に当てるようにブラッシングする必要がありますが、力を入れすぎると頭皮をひっかいてしまうので程よい力加減で行いましょう。

首や肩を回す

仕事などで長時間同じ姿勢を強いられるときは、意識的に時折首や肩を回すように心がけましょう。そうすることで血流の流れを少しでも促すことができます。

歯を食いしばらない

無意識で歯を食いしばるクセのある人は、意識的に改善していきましょう。
口を閉じた状態でも力を抜くように意識します。
また、寝ている間に歯ぎしりをしてしまう人は、マウスピースの装着など改善していける策を考えましょう。

美容室でヘッドマッサージやヘッドスパを

やっぱり定期的にプロにマッサージしてもらうのが一番効果的です。
ヘッドスパにもマッサージ効果があるのでおすすめです。
コリをほぐすと同時に髪の毛も健康にすることが出来ます。

おわりに

なんだか今日はむくんでいるなぁとか、顔色が悪いなぁという日は、一生懸命フェイスマッサージをすることもありましたが、それだけでは不十分だったんですね。
今まで頭が痛いときとか、集中できないときなんかに頭皮マッサージをしていましたが、顔のたるみにも関係しているなら絶対にやるしかない!と思いました。
ですが、自覚症状がないからついつい忘れてしまいそうです…。
「老けないために頭皮を揉め!」という言葉を頭に叩きつけて頭皮マッサージを習慣化していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る