自宅でアロママッサージ♪アンチエイジングにオススメのベースオイル3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅でアロママッサージ♪アンチエイジングにオススメのベースオイル3選

ベースオイル(キャリアオイル)は、精油を希釈する植物油の事です。
マッサージなどで、精油の力を使って肌につけたい場合は、必ずベースオイル(キャリアオイル)で1%濃度以下になるように薄めて使います。
ベースオイル(キャリアオイル)は、精油を皮膚の深層部まで運ぶ働きがあることから、キャリアオイルと呼ばれることもあります。
このベースオイルに使う植物オイルにも色々な種類があるのですが、今回はアンチエイジングに良いベースオイルと、そこに足すとさらに相乗効果を期待できる精油を合わせてご紹介します。

 

しわ・たるみにアボガドオイルがオススメ

アボガドオイル

アボカドを持つ女性
森のバターとも呼ばれるアボガドオイル。
とても栄養価が高く、私たちの体内では作れない必須アミノ酸・カリウムをはじめとするミネラル類が豊富に含まれています。
アボカドオイルには、少量でも多くのビタミンEが含まれており、この栄養成分は若返りのビタミンとして注目を集めています。
肌が酸化するとシミやシワなどの原因になりますが、その肌の酸化を防いでくれる「抗酸化作用」が期待できると言われています。
抗酸化作用は、老化や病気の元凶となる活性酸素からカラダを保護してくれます。
皮膚や血管、細胞などの衰えを防ぎ、血のめぐりがスムーズになるよう促してくれるオイルです。
角質層への浸透性に優れ、肌を柔らかくし、保湿作用がありますので、乾燥で衰え始めた肌の人向けにエイジングケアがとても期待出来ます。
オリーブオイルの約2倍ものビタミンEが含まれていますので、気になる部分に直接塗って、シミ・シワの予防に役立ててください。
アボガドオイルの高い保湿力は、頭皮の保湿にも役立ち、保湿によりフケの予防にも良いですよ。
シャンプー前にアボガドオイルで頭皮をマッサージすることで、頭皮の保湿をし、同時に毛穴に詰まった汚れも浮かして落ちやすくしてくれます。
シャンプー後ドライヤーで乾かす際に、毛先に少量つけることで、ドライヤーからの熱による毛先の傷みを予防してくれます。

シワ・たるみの改善にフランキンセンス

フランキンセンスのアロマオイル

フランキンセンスは、相乗効果を得るためにプラスすると良い精油です。
皮脂細胞の再生を促す働きにより、シワやたるみを予防し張りを与える作用があります。
古代から珍重され続けている精油で、近年若返りの精油としてテレビの番組で取り上げられた時は、一時品薄になったことで有名な精油です。
皮膚の若返りだけでなく、肺を浄化してくれるなど、呼吸器系にも良い精油です。

おすすめのマッサージオイルの作り方

  • アボガドオイル・・・15ml
  • フランキンセンスの精油・・・2滴

アボガドオイルにフランキンセンスの精油を混ぜたマッサージオイルを、お風呂上りに、肺の辺りから首へ、首から顔へ、上へゆっくりとたるみを引き上げるようにマッサージしながら肌を保湿していきましょう!

インセント

フランキンセンス(オリバナム/乳香) 

内容量:10ml
参考価格:1,241円(税込)

 

肌の老化でできるイボや乾燥肌にアプリコットオイルがオススメ

アプリコットオイル(杏仁)

アプリコットオイル
肌の老化、ダメージ、摩擦、血行が悪くなってくると老廃物が体内に溜まり、皮膚の新陳代謝が悪くなり、細胞が異常増殖してイボができやすくなると言われています。
老化でできてしまった、首のまわりや、顔のイボは、アプリコットオイル(杏仁オイル)をイボに浸透させで皮膚の新陳代謝を促しましょう。
杏仁は古くから生薬として利用されています。
咳や、痰、吐き気などに効くとされてきました。
漢方薬の、麻黄湯などにも杏仁が使われています。
アプリコットオイルは、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を含み、フェイシャルマッサージに最適です。
乾燥肌や、くすみのお手入れに良いです。
敏感肌の方にもオススメです。

相乗効果を得るためにプラスすると良い精油

おすすめのマッサージオイルの作り方

  • アプリコットオイル・・・15ml
  • ティートゥリーの精油・・・3滴
  • ラベンダーの精油・・・2滴

ティートゥリー

ティートリーのアロマオイル
オーストラリアの先住民アボリジニーが、ティートゥリーの木の葉でお茶を入れていたことから、お茶の木 tea treeという名前がつけられたそうです。
この精油には、免疫を強化する力と、強力な殺菌力・抗菌力に優れています。
皮膚の消毒や、化膿止めにも利用されます。
日焼けした肌を落ち着かせます。

ラベンダー

ラベンダー
ラテン語の洗うという意味のラベンダー
古代ローマ人は、浴槽にラベンダーをいれて沐浴したり、傷を洗ったりするのに利用していたそうです。
やけどをした肌もスムーズに改善したという話もあるほど、細胞の再生力を高める力があります。アプリコットオイルにティートゥリーの精油とラベンダーの精油をまぜて、老化した角質部分に湿布しましょう。
老化などで古くなった角質が残ってイボになっている場合、シャワー後もしくはホットタオルでイボを温め角質が柔らかくなったところにアプリコットオイルを湿布させ浸透させていきましょう。

 

日焼けした肌や、シミ・くすみにローズヒップオイルがオススメ

ローズヒップオイル

Rosehip ローズヒップ
アンチエイジングの美容オイルとして人気の高いオイルです。
紫外線が高いといわれている、オーストラリアやニュージーランドなどの地元の化粧品ブランドには、必ずと言って良いほどローズヒップオイルが含まれています。
日焼けや、紫外線で傷んだ肌を修復してくれる作用があり、乾燥や老化などの肌のダメージにも良く、シミやそばかすを防いでくれます。

ビタミンcが豊富で、ハーブティーとしてもお馴染みのローズヒップですが、
オレンジの約20倍のビタミンcが含まれています。
ビタミンcには美白効果があります。
老化を予防するリノール酸と、αリノレン酸という必須脂肪酸の含有量が多く、皮膚組織の再生を促して、水分を保持し炎症を抑えてくれます。
リノール酸が不足すると代謝組織に影響がでると考えられ、皮膚の再生や、傷の治りが遅くなると言われています。
αリノレン酸は、私たちにとって、とても大切な細胞を覆っている細胞膜と呼ばれる膜を構成していて、細胞の内外を隔て、バリア機能の役目をしています。
細胞膜がしっかりと構成されないと、老化の促進につながってしまいます。
さらに、ローズヒップオイルには、育毛作用もありますので、このオイルでシャンプー前に
ヘッドマッサージもおすすめです。

トリロジー

ローズヒップ オイル

内容量:20ml
参考価格:2,569円(税込)

皮膚の細胞を活性化させるミルラ

ミルラは、傷痕やケガの回復に有効で、妊娠線のケアひび割れにも良い精油です。
古代エジプトでは寺院でたかれ瞑想にも使われました。
ローズヒップオイルと一緒に使用することで、相乗効果が期待できます。

  • ローズヒップオイル・・・10ml
  • ミルラの精油・・・2滴

インセント

ミルラ[没薬]

内容量:5ml
参考価格:1,188円(税込)

 

レモン精油は肌に艶や透明感がないくすみ肌に

レモン
レモン精油もローズヒップオイルと一緒に使用することで、相乗効果が期待できます。
シミそばかすの原因は紫外線の刺激によるメラニン色素の増加、血行不良、ストレス、ホルモンバランスの崩れによることが多いです。
肌機能が低下すると、古い角質が残ってターンオーバーのサイクルが遅くなります。
ターンオーバーのサイクルを早め、シミや老化細胞を表面に押し上げ、古い角質としてどんどん押し出して、剥がれ落とすためには、ローズヒップオイルにミルラの精油をプラスしてゆっくりとやさしくお肌に湿布すると良いです。

  • ローズヒップオイル・・・10ミリ
  • レモンの精油・・・1滴

シミが肌にできて日にちが経過し、消えていかない場合には、漂白成分のあるレモンの精油をローズヒップオイルに加えると良いです。

レモン精油の効能

オイルの研究
脂っぽい肌や頭皮をさっぱりさせてくれる作用があります。
古い角質を除去し、くすみがち、日焼けで焼けた肌をクリアにする作用があります。
セルライト防止や、ニキビのケアにもおすすめです。
消毒作用と収れん作用もあります。
強壮作用があるので、シワ防止にも良いです。

 

日焼けでダメージを受けた髪をオイル・ケア


普段のシャンプーの前に、頭皮から毛先にかけてローズヒップオイルとアロマ精油で、マッサージします。
ダメージが酷い場合は、マッサージ後に蒸しタオルで包みこみ、10分ほど時間を置いてください。
その後、シャンプーでよく洗い、すすいでください。

頭皮のケアと、髪の毛のケアが同時にでき、頭をマッサージすることにより、眼精疲労や頭痛の改善、リフレッシュできます。

ヘアケアオイルの作り方

  • ローズヒップオイル・・・15ml
  • ラベンダーの精油 髪の強化・・・2滴
  • ティートリーの精油 保湿…1滴

ローズヒップオイルは酸化しやすい精油です

少量での購入をおすすめします。
酸化するのを遅らせるために、酸化しにくいホホバオイルを混ぜて保存期間を少し伸ばすこともできます。

長持ちさせることのできるキャリアオイルの作り方

  • ローズヒップオイル・・・5ml
  • ホホバオイル・・・5ml
  • ミルラの精油・・・2滴

これはあくまで一例ですが、キャリアオイルどうしを混ぜて使う事もできます。

 

おわりに

ご紹介してきたように、キャリアオイルは、それ自体単体で使っても肌に良い成分がはいっています。
アボガドオイル・アプリコットオイル・ローズヒップオイル
それぞれ美容液代わりに普段のスキンケアに加えて頂くとそれぞれの効果と保湿が期待できます。
そこにアロマ精油の力を加えて相乗効果を引っ張り出すこともできます。
自分のお肌にあったキャリアオイルを選んで、お悩みに合う精油を混ぜることで、オリジナルの美容オイルを作ってご活用くださいね。

※精油ご使用時の注意点
※精油は飲まないでください
※お肌に精油を直接つけないでください
※妊娠中の方、病気をお持ちの方、使用前に医師にご相談ください

今さら聞けない!美容オイルの種類と効果今さら聞けない!美容オイルの種類と効果
これからは全身オイル美容の時代?!今人気おすすめのオイル6選これからは全身オイル美容の時代?!今人気おすすめのオイル6選
エッセンシャルオイルおすすめ!エッセンシャルオイルの効能と使い方8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ERIKA

著者の記事一覧

リフレクソロジーサロンの経営・美容機器の販売に携わり、
その後芸能プロダクション・タレントスクールの経営に11年携わりながら、アロマインストラクターの資格を取得しアロマテラピーを用いたタレント・モデルのスタイル維持・美容と健康・気持ちの向上をテーマにレッスンも担当。
季節や心の状態に合わせ、気分を明るく朗らかに保つアロマオイルのレシピ作りや、
体調に合わせて組み合わせるハーブティーレシピ、 肌のお手入れ美容法などをお届け予定です。

関連記事






ページ上部へ戻る