夏のケアは髪にも必要?紫外線対策とヘアケアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏のケアは髪にも必要?紫外線対策とヘアケアのポイント

夏が近づいてくると、慌てて日焼け止めクリームなどを塗り始める人も多いのではないでしょうか。
1年中紫外線は地上に降り注いでいますが夏は特に紫外線が強いため、1年の中でもっとも紫外線対策を行うべき季節であります。
お肌の紫外線対策はバッチリ行っている人でも、髪の毛の紫外線対策やヘアケアはしていないという人は多いようです。
紫外線の強い夏だからこそ、髪にも紫外線対策が必要です。
髪の紫外線対策が必要や理由やその方法、ヘアケアのポイントについてご紹介していきます。
今まで気にしていなかった人は、今年の夏から髪の紫外線対策も行っていきましょう。

 

髪にも紫外線対策が必要な理由

髪の毛を引っ張る女性
どうして髪にも紫外線対策が必要なのでしょうか。
その理由を説明していきます。

キューティクルの働き

ダメージヘア
髪の毛の表面はキューティクルで覆われているのは、ほとんどの人が知っていると思います。
よくウロコ状をしていると言われていますね。
このキューティクルは髪の主成分であるたんぱく質などの栄養分や水分などが失わないように保護していて、そのほか紫外線などの外部刺激からも髪を守ってくれます。
それだけでなく、キューティクルがキレイに整っていることで、髪をしなやかにしたりツヤを出したりしてくれます。

キューティクルは紫外線に弱い

毛先を気にする女性
外部刺激から髪や頭皮を守ってくれるキューティクルは、摩擦や熱に弱いという性質があります。
もちろんカラーリングやパーマなどでもダメージを受けます。
この熱というのはドライヤーの熱や太陽光(紫外線)のことで、特に紫外線が強くなる夏場に長時間浴びてしまうと、キューティクルはダメージを受けてしまいます。

このような刺激によりキューティクルがダメージを受けてしまうと、たんぱく質や水分などが失われてパサパサの髪になってしまい、枝毛や切れ毛になったりハリやコシ、ツヤがなくなったりしてしまいます。
さらに髪の毛は死んだ細胞でできているため、一度傷付いてしまうとお肌のようには再生されません。
ダメージのない髪になりたい場合は、新しい髪の毛が生えてくるまで待たないといけなくなります。
ダメージを受け続けるとパサパサになるだけでなく、薄毛や抜け毛の原因になることもあるので対策をしっかり行いましょう。

 

髪の紫外線対策法

帽子や日傘を活用する

日傘をさす女性
髪の毛に直接紫外線を浴びないように、外出する際は帽子をかぶったり日傘をさしたりすることをおすすめします。
帽子はつばの広さが7センチ以上あるものが理想的だと言われています。
日陰があるときは日陰を歩くようにするだけでも違ってきますよ。

髪用のUVスプレーなどを使う

ヘアスプレーを使う女性
やはり日焼け対策にはUVスプレーなどを使うのが有効です。
スプレーするときは髪の毛だけでなく、頭皮にも付けるようにしましょう。
スプレータイプは手軽につけることができるのでおすすめですが、洗い流さないタイプのトリートメントなど色々なものが売られているので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

おすすめのUVスプレー

資生堂プロフェッショナル

デープロテクター UVスプレー

内容量:100g
価格:¥1,800(税抜)

ウォータープルーフポリマー配合で、夏の強力な紫外線から髪をしっかりガードします。
白くなることもなく、スプレータイプなので手軽に付けられます。

 

海やプールでの日焼けは特に注意が必要


夏になると海やプールに行くという人が多いと思いますが、海水やプールの水は塩分や塩素を含んでいるため、浸透圧により髪内部の水分が失われ、放っておくとどんどん髪は乾燥していきます。

この状態で紫外線を浴びてしまうと髪のたんぱく質は破壊され、さらにダメージを受けやすくなってしまいます。
髪の毛が海水で濡れた場合は、こまめにタオルで拭き取りできるだけ早めに洗い流すことが大切です。

夏のヘアケアのポイント①

夏に紫外線対策が必要な理由はわかったと思いますが、夏に特別なケアは必要なのでしょうか。
日焼け後のヘアケア方法や夏のヘアケアのポイントについて説明していきます。

日焼けした後のヘアケア

日焼けした女性
対策をしていても日焼けしてしまうこともあると思います。
日焼けした場合はダメージケア用のシャンプーやトリートメントなどを使うのがおすすめです。
ダメージケア用のものはキューティクルを保護する効果があるものが多いため、日焼け後のヘアケアに効果的です。
ドライヤーの前にオイルやトリートメントなどを付け、ブラッシングは摩擦が起こらないように髪が乾いてから丁寧に行いましょう。

夏のヘアケアのポイント②

夏場はこまめにトリートメントを行うことが大切です。
髪が塗れているとトリートメントが浸透しにくいので、軽く水けを拭き取ってから付けて時間を置きましょう。
また、外出前にオイル系などのアウトバストリートメントを少量つけて、外出中も持ち歩くと髪のダメージを軽減できますよ。
付け過ぎるとベタつきの原因になるので、少量を手の平でなじませて毛先から付けていくとべたつきにくいです。

 

おわりに

夏場にしっかりと髪の紫外線対策を行っていないと、秋になるとパサパサになったり枝毛や切れ毛ができたりしてしまいます。
ヘアケアを見直して、髪の毛の紫外線対策も行って健やかな髪をキープしていきましょう。

夏直前!同じ過ちを繰り返さないためのヘアケアアドバイス夏直前!同じ過ちを繰り返さないためのヘアケアアドバイス
それって間違ったヘアケアのせいかも?パサついた髪を改善する方法それって間違ったヘアケアのせいかも?パサついた髪を改善する方法
髪や頭皮も日焼け対策がアンチエイジングの基本♪UVカットスプレーでカラーケア対策も☆髪や頭皮も日焼け対策がアンチエイジングの基本♪UVカットスプレーでカラーケア対策も☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る