アロマでホルモンバランスを整える(更年期)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アロマでホルモンバランスを整える(更年期)

近年、女性の社会での活躍が増えている一方でストレスも増えています。
就職、結婚、出産などの環境の変化でストレスを受けやすくホルモンバランスを崩しやすいため、20代から30代の若い女性でも更年期のような不定愁訴を訴えているケースが多くみられるそうです。
また閉経をはさむ前後15年間は更年期障害ちいわれるさまざまな体の変調に見舞われます。
更年期は、生理痛やPMS同様に症状に個人差があります。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少が深く関わっているようです。
エストロゲンが減少することで、自律神経が乱れ、頭痛・腰痛・肩こり・ほてり・のぼせ・イライラ・うつ状態などの症状が出てきたりします。
アロマセラピーはそんな更年期症状の補助療法として、注目されつつあり婦人科の治療で取り入れている病院もあるそうです。
体内で女性ホルモンと同じような働きをする精油を使って、ホルモンのバランスを整え、症状を和らげるのにお役に立つレシピをご紹介しますね。

 

ほてりや・のぼせ・発汗の改善にアロマバス

アロマバスソルトのレシピ

  • ゼラニウム2滴
  • サイプレス2滴
  • クラリセージ1滴
  • オレンジスイート1滴
  • 天然塩大さじ2

更年期の症状には、上半身はほてっているのに、下半身は冷えて冷たいことが多いので、
ぬるま湯にゆっくりと浸かりましょう。
手足の末端を温めるのによいオレンジ、ホルモンバランスを整えるゼラニウム、サイプレスで余分な水分を排出します。
サイプレスが発汗しすぎるのを調節してくれます。
寝る前に38度の温めのお湯に、アロマソルトを入れて、ゆっくりつ浸かりましょう。

ゼラニウム

女性ホルモンのバランスを整え、むくみを改善
更年期によるだるさや倦怠感を緩和。

サイプレス

ホルモンのバランスを正常にします。
いらだってしまう時に安心感・安定感を与えてくれます。
発汗過多を防ぐ働きがあります。

アロマキュア

アロマオイル サイプレス

内容量:10ml
参考価格:1,188 円(税込)

クラリセージ

スクラレオールという女性ホルモン様物質が含まれ、体内でエストロゲンと同じように働きます。
鎮痛作用のある酢酸リナリルも豊富で下腹部痛の軽減に。
子宮の強壮剤として。
妊娠中と生理中は使用不可

オレンジスイート

血行の流れを促し皮膚温度を上昇させ、気分をリラックスさせてくれます。

 

発汗を和らげるアロマオイルマッサージ

  • クラリセージ2滴
  • グレープフルーツ2滴
  • サイプレス
  • キャリアオイル15ml

クラリセージ

スクラレオールという女性ホルモン様物質が含まれ、体内でエストロゲンと同じように働きます。
鎮痛作用のある酢酸リナリルも豊富で下腹部痛の軽減に。
子宮の強壮剤として。

グレープフルーツ

リンパの流れを良くし、利尿作用も高いのでむくみを解消してくれます。

サイプレス

発汗過多を防ぐ働きがあります。

動悸やめまいはリラックスと血行改善アロマバス

  • ジュニパー2滴
  • サイプレス2滴
  • 天然塩大さじ2

起き上がったり、立ち会がったりのめまいは、心肺機能が低下していて頭に血液が送られていない状態の時が多く、血行を良くするケアが必要です。
動悸は自律神経のバランスが崩れることで起こることが多いので、温めのお湯でゆったりとアロマバスをして改善を。

ジュニパー

尿の出を良くしリンパの流れを促し、むくみをとってくれる精油

サイプレス

ホルモンのバランスを整えるのでPMSや更年期のトラブルに有効

動悸・頻脈にオイル湿布

鎮静作用のある精油を使って、自律神経を調整している視床下部に働きかけ、神経の興奮を抑えていきます。
そして心拍をゆったりさせて頻脈や血圧の上昇を抑えていきます。
胸や下腹部に塗ってください。

  • マンダリン2滴
  • プチグレン2滴
  • イランイラン1滴
  • キャリアオイル15ml

マンダリン

鎮静作用があり、気分を明るくしてくれます。

プチグレン

更年期のトラブルに良い精油で、鎮静作用があります。

イランイラン

血圧降下作用があり、ホルモンバランスを整え、更年期のトラブルに有効

不定愁訴(ふていしゅうそ)

「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状があって、検査をしても原因となる病気が見つからないこんな場合の不調に。
女性ホルモンの減少が要因な事が多いので、ホルモンバランスを整える作用がある精油でサポートしましょう。

  • クラリセージ2滴
  • スターアニス1滴
  • サイプレス1滴
  • バジル2滴
  • キャリアオイル15ml

下腹部に塗ってください。

クラリセージ

スクラレオールという女性ホルモン様物質が含まれ、体内でエストロゲンと同じように働きます
鎮痛作用のある酢酸リナリルも豊富で下腹部痛の軽減に。
子宮の強壮剤として

スターアニス

八角の事です。
エストロゲン様作用 女性のPMSや月経痛などにも良く、利尿作用、代謝促進。

生活の木

アロマオイル スターアニス

内容量:10ml
参考価格:1,620円 (税込)

サイプレス

ホルモンのバランスを整えるのでPMSや更年期のトラブルに有効。

バジル

鎮痛・鎮静作用があり、イライラを鎮めて落ち着かせてくれます。ストレス性の頭痛、偏頭痛にも効果的。
体の様々な機能を高めてくれる精油です。

規則正しい生活を心がけ、甘いものを控えめにして、ビタミンEを多くとるようにしましょう。

女性ホルモンのひとつエストロゲンの減少により様々な不定愁訴が起こります。
自律神経の働きが乱れ、頭痛、腰痛、肩こり、ほてり、イライラ、うつ症状など・・・
女性ホルモンと同様の作用のある精油を用いてアロマテラピーを行うと、エストロゲンの血中濃度が上昇するケースが確認されているそうです。
不定愁訴の中の細かい症状別にアロマテラピーのレシピをご紹介します。

 

肩こり・頭痛にアロマバス

花びら浮かぶバスタブ
肩が凝っていて、同時に肩こりから頭痛を引き起こしているような場合に、
頭痛によいラベンダーやバジルの精油と、血行を良くし肩のコリをほぐしてくれるジュニパーの精油でゆっくりお風呂に浸かり、リフレッシュします。

材料

  • バジル1滴
  • ラベンダー2滴
  • ペパーミント2滴
  • ジュニパー1滴
  • 天然塩大さじ2

精油を天然塩によくまぜて、40℃程度のお湯にアロマバスを溶かして、浸かりましょう。

  • バジル・・・鎮痛・鎮静作用があり、イライラを鎮めて落ち着かせてくれます。
    ストレス性の頭痛、偏頭痛にも効果的。
    体の様々な機能を高めてくれる精油です。
    筋肉痛などの症状の緩和にもよいですよ。
  • ラベンダー・・・リラックス効果が高い精油です。
  • ペパーミント・・・冷却・鎮静作用があります。
  • ジュニパー・・・尿の出を良くしリンパの流れを促し、むくみをとってくれる精油で体内の老廃物を出す作用があります。

 

肩こりアロマ温湿布

肩こり/女性
温湿布で血行を良くし体をほぐしましょう
洗面器に熱いお湯を張り、精油を垂らして、タオルを絞って肩にのせます。
その上にラップをのせ、さらに別のタオルをのせて温度が下がらないようにして、体を温めてみましょう。
血行がよくなり痛みが和らぎますよ。

材料

  • ジュニパー2滴
  • ラベンダー2滴
  • ユーカリ・ラジアタ2滴
  • ジュニパー・・・体内の老廃物を出す作用があり、尿の出を良くしリンパの流れを促し、むくみをとってくれる精油です
  • ラベンダー・・・リラックス効果が高い精油です。筋肉を温める作用があります
  • ユーカリ・ラジアタ・・・鎮痛と温める作用があり、筋肉をリラックスさせ、痛みを楽にし落ち着かせます。

腰痛にアロマバス

入浴する女性
筋肉痛を緩和する作用のあるローズマリーやレモングラスに
痛みを和らげ疲労回復に良いラベンダーをプラスしましょう

材料

ローズマリー2滴
レモングラス1滴
ラベンダー2滴
天然塩大さじ2
温めの38℃くらいのお湯にゆっくりつかりましょう

ローズマリー・・・筋肉痛や肩こり、腰痛、神経痛を緩和。
レモングラス・・・疲労した心を癒すと同時に、筋肉痛を和らげるので、肩こり、腰痛、運動後のマッサージなどにもおすすめの精油です。
ラベンダー・・・リラックス効果が高い精油です。筋肉を温める作用があります

 

なかなか疲れが取れない、全身がだるい

ストレスを抱えた女性
心身の疲労をとるには免疫力をアップさせてくれ、強壮作用があるユーカリ・ラジアタが良いです。
胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。

材料

  • ユーカリ・ラジアタ1滴
  • ゼラニウム2滴
  • キャリアオイル10ml
  • ユーカリ・ラジアタ・・・エネルギーを与え、やる気を起こさせ、集中力をアップさせます。
    鎮痛と温める作用があり、筋肉をリラックスさせ、痛みを楽にし落ち着かせてくれる精油です。
  • ゼラニウム・・・ホルモンの働きを調整するのでPMSや更年期障害の改善に。
    更年期によるだるさや倦怠感を緩和してくれます。

 

不安やイライラを解消

落ち込む女性

材料

  • プチグレン1滴
  • オレンジスイート1滴
  • ラベンダー1滴
  • キャリアオイル10ml
    胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。
  • プチグレン・・・鎮静作用
  • ラベンダー・・・交感神経の緊張を緩めて、リラックスさせてくれる精油
  • オレンジスイート・・・憂鬱な気分を緩和

 

気分にムラがあり情緒が不安定かなと思う時

悲しそうに泣く女性
生理前のPMSや、更年期のトラブルなど、女性ホルモンのバランスの乱れで気分の安定に大きく差が出てしまうとき、バランスを整える精油を使ってみましょう。
胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。

材料

  • ゼラニウム2滴
  • イランイラン1滴
  • キャリアオイル10ml
  • ゼラニウム・・・鎮静と刺激の両方の作用があり、気分のムラを抑えます。
    女性ホルモンのバランスも整える作用があります。
    副腎から分泌されるホルモンは、体の機能を整える役目があります。
    エストロゲンなどの女性ホルモンもここの副腎から分泌されます。
    ゼラニウムにはこの副腎を刺激する作用があるそうです。
    生理前や更年期障害でホルモンのバランスが崩れている時に最適の精油です。
  • イランイラン・・・ホルモンのバランスをとる作用に優れ、リラックス効果があります。

 

不安やイライラからくる不眠に

頭を抱える女性

材料

  • プチグレン1滴
  • ネロリ1滴
  • ラベンダー1滴
  • キャリアオイル10ml
    胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。
  • プチグレン・・・鎮静作用
  • ネロリ・・・不安や恐怖を和らげリラックスさせて幸福感を運びます。
    深く心地よい眠りへと誘う精油です。
  • ラベンダー・・・精神をリラックスさせてくれます

 

過度なストレスによる不眠に

ベッドに横たわる暗い表情の女性

材料

  • ローズウッド1滴
  • ゼラニウム1滴
  • キャリアオイル10ml
    胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。
  • ローズウッド・・・心と体のバランスをとって幸福感を高める精油で、更年期のトラブルに。心のストレスが体の不調をきたしたときに良い精油です。
  • ゼラニウム・・・女性ホルモンのバランスを整える作用があります

 

緊張からくる不眠に

350

材料

  • ラベンダー2滴
  • スイートマジョラム1滴
  • カモミール・ローマン1滴
  • キャリアオイル10ml
    胸周りからお腹にかけてやさしくマッサージしながら湿布してください。
  • ラベンダー・・・交感神経の緊張を緩めて、リラックスさせてくれる精油
  • スイートマジョラム・・・心配事が募るとき気持ちを楽にしてくれます。悲しみや孤独感からデリケートな心を守ってくれ不眠の改善に。
  • カモミール・ローマン・・・高ぶる神経や動揺を鎮め安眠へ誘う精油として有名です。PMSや更年期のトラブルにも。

精油ご使用時の注意点

精油は飲まないでください
お肌に精油を直接つけないでください
妊娠中の方、病気をお持ちの方、使用前に医師にご相談ください

 

おわりに

一般的にこれらの症状で婦人科に通うと、更年期障害の治療としてホルモン充填療法などが行われます。
女性ホルモンを補って、バランスを整えていく治療です。
アロマセラピーはホルモンの充填療法にかわる補助療法として注目され、取り入れている婦人科もあるそうです。
ホルモンバランスの乱れを改善するレシピで快適な毎日を送れると良いですね。
定期検診などは、忘れずに病院で受けてくださいね。

アロマでホルモンバランスを整える(月経前・月経中)アロマでホルモンバランスを整える(月経前・月経中)
ハーブティーを上手く利用して1ヶ月で体調を整えようハーブティーを上手く利用して1ヶ月で体調を整えよう
アロマセラピーでストレスを軽減、リフレッシュしましょう!!アロマセラピーでストレスを軽減、リフレッシュしましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ERIKA

著者の記事一覧

リフレクソロジーサロンの経営・美容機器の販売に携わり、
その後芸能プロダクション・タレントスクールの経営に11年携わりながら、アロマインストラクターの資格を取得しアロマテラピーを用いたタレント・モデルのスタイル維持・美容と健康・気持ちの向上をテーマにレッスンも担当。
季節や心の状態に合わせ、気分を明るく朗らかに保つアロマオイルのレシピ作りや、
体調に合わせて組み合わせるハーブティーレシピ、 肌のお手入れ美容法などをお届け予定です。







関連記事











ページ上部へ戻る