ズボラ女子の時短美容法7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

寝ることが大好きで、セットした目覚まし時計も何回も何回も止めるということが毎朝の日常であるあなた。
寝る時間を削れないのなら、朝の準備の時間を短縮する以外ありません!

怠け者な女子じゃなくても、何事も極力短時間で済ませたい女子にもおすすめ。
美容にかける時間を短縮させる方法をいくつかご紹介します。

ぜひ明日から試してみてくださいね!

 

1.メイク落としシート

朝起きて洗顔する時間も惜しいというあなたには、メイク落としシートがおすすめ!
寝ている間にお肌に溜まった汚れや、余分な油分を拭き取ってくれます。

朝は最低限で済ませて、手の込んだ肌のお手入れは、夜に回しましょう!
そうすれば、朝まで輝くようなお肌が続き、シートだけでいいということになります。

 

2.フェイスミスト

それでもまだ肌にうるおいが足りないという時は、手軽なフェイスミストを使って見てください!

化粧水と違い、手を汚すことなく顔にふきかけるだけですぐに保湿できてしまいます。
それに、すぐに肌に浸透するので、肌になじむまで待つ必要はありません。

乾燥する冬の日にはぴったりですよ。

L:oil(ロイル)

フェイスミスト

14種類の美容・保湿成分を配合。
メイクの上からも使用できる美容オイルinフェイスミストです。

 

3.BB/CCクリーム

一つの中にいろいろな美容成分がギュッと凝縮したBBあるいはCCクリーム!
保湿もしてくれ、CCクリームなら色味も調整してくれます。

あまり肌をカバーしすぎる必要のない日には、ファンデーションの厚塗りの代わりにCCクリームを使いましょう。
お肌への負担も減少します。

なんといっても一番良いところは、お肌を保湿してくれ、ドライダウンもしてくれるところです。
ですのでパウダーを塗る必要がありません!

清潔な手で、フェイスローションを塗るように顔につけましょう。
ブラシで塗る方法もありますよ。

 

4.眉マスカラ

繊維のたくさん入った眉マスカラは、塗るのがとっても簡単!
あっという間に眉メイクが完成します。
それなのに明らかに印象を変えられるという優れものです。

パウダーやジェルを使わなくても眉にボリュームと色をつけることができます。
怠け者女子には必需品です。

シュウウエムラの眉マスカラは、豊富なカラー展開があるのでおすすめです!

シュウウエムラ

アイブローマニキュア

手軽に思い通りの眉になります。
どんな眉にもフィットするアイブローマニキュアはウォータープルーフタイプなので汗や水にも強いです。

 

5.色付きリップクリーム

朝時間がなくて走るようにドアを出るとき、リップライナーで唇を縁取って、リップカラーを塗って、さらにグロスをつけて…
なんて時間、ありませんよね。

しかし色つきリップクリームなら、鏡を見る必要もありません!
普段リップクリームを塗るのと同じように唇に塗るだけで、色をつけてなおかつ保湿もしてくれます。
健康的で自然なリップがお好きな方にはおすすめ。

ジェーン・アイルデール

リップクリームSPF15/PA++

唇にうるおいを与えながら、ミネラルが紫外線をカット。
乾燥が気になる目元にも使用できます。

 

6.ヌードポリッシュ

地爪はちょっとみすぼらしいけど、ゴテゴテのネイルや色味の強いマニキュアは剥がれてきたらみっともないし嫌だな…
と考えるそこのあなたにおすすめなのが、ヌード色のネイルポリッシュ!

剥がれてきても目立たないし、ズボラ女子のみなさんにはおすすめですよ!

ヌード色なら、うまく爪に塗れなくてもわかりづらいし、仕上がりが綺麗に見えます。
オフィスにも適していて、爪を美しく見せてくれますよ!

選ぶべきはヌード色です。

 

7.浴室の中でオイルを塗る

朝シャン派のみなさんは、朝忙しいのに全身にクリームを塗っている暇なんてありませんよね!

そんなときは、濡れたままの体にオイルを塗りましょう。
水分を残したままなら、伸びもいいですしあっという間に終わります!
寒い冬は、裸で過ごしているだけでも寒いですから、浴室の中が勝負です!
とりあえず、オイルを買ってきましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
なるべく少ない時間できれいになれるなら、こんなに良いことはありませんよね!
ズボラ美容法こそが綺麗への近道。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る